大10同好会

普通の高齢者の生活と情報

2009年回顧(土井)

2009年12月31日 08時17分37秒 | Weblog
いろいろあった2009年も今日を以ってジ・エンドとなります。
皆様にはどんな一年であって、どんな年末年始を過ごされるのでしょうか。
私は当地区が年番に当たっているので、近くの神社で午後10時から午前3時まで篝火焚きと参拝者の接待に当たります。

2009年を一庶民の感覚でというか「感じ」だけで振り返ってみましょう。
先ずサムライ・ジャパンのWBC連覇、イチローの9シーズン連続200本以上安打の大リーグ新記録、松井のWシリーズMVPとプロ野球界に明るい話題が相継ぎました。

世間では天災や事故による大惨事は無かったものの、給料もボーナスも年金も物価も下がりっぱなし、景気低迷の一年でした。
デフレ傾向は年金生活者にとっては有利なのですが、トータル価値の低下を呼び、活気も無く、いいこととは言えません。
株価も年末に来て少しながら上昇気配を見せ、来年に淡い期待を持たせました。

そして最大の出来事は政権交代が遂に実現したことです。
長年の自民党政権下の旧弊打破を期待する国民の声に応えるべく発足した新政権ですが、出足からかなりもたついています。
加えて首相、幹事長共にその資金管理団体の件で秘書が起訴されるという脛に傷持つリーダーとなり、どこまで指導力が発揮されるか心配な面もあります。
しかし国民の負託を受けたのだから誰がリーダーになっても頑張ってやって貰わなければなりません。

   新政権期待半(なか)ばの年暮るる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グラウンドゴルフ(土井)

2009年12月29日 09時56分48秒 | Weblog
かつては長嶋茂雄が名誉会長になったりしてゲートボールが高齢者の間に広く普及していました。
しかしこの遊びはチームプレーで、相手を個別に攻撃するもので、相手方やチーム内に於いても感情的対立を生み易く、懇親の主旨から外れて次第に下火になり、今では殆ど見かけなくなりました。

代わって今盛んなのがGゴルフです。
これは個人競技ですが、ホールイン・ワンとか、ノーボギーとか、ハイスコア等の技を競い、その日だけのトップ賞および各賞の成績発表と、年間累計での表彰があり、意欲を継続させ、懇親にも役立つところから全国的に広く行き渡っています。
殆どの地域に協会があり、全国組織にもなり、Gゴルフツアーも盛況で消費拡大にも少なからず役立っています。

日曜日と雨の日と別に予定のある日を除いて私も毎日出掛けていますが今年の日程も昨日で終り、来月3日までの正月休みに入りました。
今日はこの後、毎日Gゴルフの後喫茶店に寄っている熟年美女(?)5人と昼食会です。

通常の参加者は7~80人ですが、100人を越えるメンバーとなると役員を巡る対立や運営に対する不満もいろいろあって声にする人もいますが、役員がよく頑張ってくれていて概ね皆楽しんでやっています。
私も一日のスタートを規則正しく切れ、世間話にも参加させてもらう恩恵にも預かっているので、PCによる会場予約の手伝いと監査役としてささやかに貢献しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俳句・この一年(土井)

2009年12月26日 07時49分43秒 | Weblog
地面はまだ濡れていますが夜中に降った雨は既に上がり、これから天気は急回復し昼前には晴れてくるという予報です。
何時ものようにこれからGゴルフに出掛け喫茶店に寄って帰ってきますが昼食後、今年最後の小さな句会に行きます。
この句会は大先輩の自宅で行われていましたが、彼女が今年亡くなり、参加者がどうしても続けたいと近くの公共施設を借りて継続しているもので私がリーダーを務めています。

地元の俳句会はこの大先輩の逝去や、他の参加者の高齢や病気による不参加が増えているのに新規の加入者は無く、段々と寂しくなってきています。

私自身について言えば仲間との吟行も楽しみ、また今年は作品がTV放映されるという思わぬ幸運に恵まれるという記念すべき年になりました。

   阿蘇五岳望む峠や下萌ゆる(NHK俳句5月号・安原 葉選)

   老鶯の姿見えねどかく間近(NHK俳句9月号・片山由美子選)

   織子らの溢れし街ぞ星祭る(NHK俳句10月号・三村純也選)

   薫風に向ふよちよち歩きかな(NHK俳句7月号・高野ムツオ特選1席)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳩山首相の厚顔二枚舌(土井)

2009年12月24日 21時37分34秒 | Weblog
今日はクリスマスイヴとかで盛り上がっている人達もいるようですが、全く関係の無い我等名古屋三人組プラス1は今年の打ち納めをして来ました。
半年に3回スコアカードを出せば森林公園ゴルフ場のハンディキャップが貰え、月例会に出場出来るということで、私も今回条件を満たし来月付与されることになりました。
ということで、大会には大きなハンディの方が有利なので今日はスコアは二の次、オリンピックに重点を置いたこともあり、僅差で私が勝ち頭、城谷君が一人負けとなり、先回とは逆の結果になりました。

帰ってテレビをつけてみたら鳩山首相の記者会見をやっていました。
その主旨は「信じて貰うのは難しいかもしれないが、全く知らなかったという事実は事実である」、「私腹を肥やすようなことはしていない」、「辞任せず国民の為に政権を維持担当するのが自分のとる責任である」という全く以ってノーテンキなものでした。
嘗て「秘書がやったことだと逃げることは許されない。秘書の犯罪は政治家が責任を取らなければならない」と偉そうに大声で言っていた人の釈明です。

巨額の不実記載だけでも許すべからざる犯罪であるのに、更に6億円にも上るという大脱税行為も事実が判明したので(バレたので)遡って税金をお支払いしますのでそれで済ませて下さいという厚顔ぶりです。
民主党政権の政策ややり方には大いに期待するものがありますが、立場によって言うことが変わるような人がリーダーでは国民の理解は得られず、従ってまともな政権運営など出来る筈がありません。
国民を愚弄するのもいい加減にして貰いたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末ジャンボ宝くじ(土井)

2009年12月22日 07時47分01秒 | Weblog
「売れ筋で今年買ったのマスクだけ」という川柳が目にとまりました。
自虐的とまでは云わなくても自嘲的な響きがあって、庶民の声を代表しているように思いました。

年末の「紅白」に知らない歌手が登場するようになって久しくなりますが、昨今では知らない人が殆どで知っている人はほんの僅かという状態になりました。
しかもその知っている歌手の歌う歌がこれまた随分古い歌ばかりというのは一体どうしたことなのでしょうか。

紅白だけに限らず芸能界、文学界を始め世の中の全ゆる分野で我々の与り知らぬことが進行しているのは間違いありません。
一例としては今年流行した言葉として取り上げられたものでも「新」は別として多くは聞いたことも、ましてや使ったこともないものばかりです。

誰でも世間のことを自分中心に考えますが、我々年配の庶民はパソコン、携帯電話、カメラやデジタルテレビでさえ膨大な機能の内の極々一部を使っているだけで十分用が足せるように、時代の中のまた世の中のほんの一瞬一事にしか関わってしかいないことを思い知らされます。

しかし多少の程度の差はあっても、それは誰にでもいえることであってその集成が時代であり、世の中なのだから何も偉そうなことを言うことも、くよくよすることもないと思います。

今日は年末ジャンボ宝くじの販売締め切り日です。
庶民等しくこの社会的事業(?)に参加し、日本国民の一人であることを再認識し明日の夢に賭けますか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪(土井)

2009年12月19日 10時17分43秒 | Weblog
この冬は比較的暖かかったのですが一昨日頃から急に冷え込んできました。
それでも雪は降らないままに昨日まできていましたが今朝窓を開けてみるとかなり積もっていて、まだ降り続いていました。
今は日が射して融け始めていますが、初雪がかなりの大雪になりました。







      初雪の融く電柱の裏表







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大人気無い(土井)

2009年12月18日 16時45分22秒 | Weblog
一般的には子供の喧嘩に大人が出て行くようなことを言いますが、最近の大人気には我々の想像を超えたものもあります。

その端的な例が、学校で子供がいい役につけないとか、怪我をしたとかで親が学校に怒鳴り込んで行くのが珍しくないということです。
そんなことだからもし、馬鹿者!などと言って頭をゴツンとでもしようものなら、暴言を吐いたとか、暴力を振るったとかいって大変な騒ぎになるそうです。
我々の感覚ではこんなことがあったら、親は子供を叱り、子供は親に叱られるのが怖いのと恥ずかしいのとで言わないのが普通だと思うのですが・・・・・・
そして尚も願うことはこんなのは極々極端な例で大半はそうではないということですが果たしてどんな割合なのでしょうか。

聞くところによると教師もその親達に対して家庭での躾について注意するようなことは皆無で、ひたすら謝り、子供達に対する態度もオッカナビックリになっているというから情けない話です。
出来るだけ波風を立てずに引き続いて給料が貰えればそれが一番いいという風潮が特に教師の間に強いという話もよく聞きます。

庶民クラスがそうだからという訳でもないでしょうが、国のトップクラスでもありました。
見識の並外れて高い筈の宮内庁長官が天皇陛下会見の経緯(いきさつ)をばらしました。
与党幹事長が声を荒げてそれを糾弾しました。
外国の賓客が来日中の出来事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神タイガース来期の展望(土井)

2009年12月16日 07時08分50秒 | Weblog
ある意味で阪神の野球のあり方を変えたといってもいい程攻守に大きな存在感のあった赤星の電撃的な引退発表がありました。
残念なことですが怪我のことだから仕方がありません。
まだ先の長い人生ですから選手としてではなくても、これからも活躍してくれると思います。

赤星の後継第一候補は新外人のマートンですが、期待通りならセンターは決まりで、レフトは来期も金本、ライトが問題で桜井、林(リン)、浅井、平野、柴田、野原それにルーキーの藤川あたりで争うことになり、誰かが余程頑張らないとレギュラー定着は見えてきません。

投手陣では今年能見の急成長だけが目立って、他は誰もパッとしませんでした。
下柳は年齢的に無理があるので、安藤、岩田が本来の力を取り戻し、新人で即戦力として期待される二神、藤原と久保田、小嶋、杉山、薾以下の伸び悩んでいる連中の中から第二の能見が出てくることが期待されます。

代打陣は矢野、狩野が加わることになりぐっと厚みを増します。

外人はウィリアムス、アッチソンに代えてメッセンジャー、フォッサムを獲りましたが前任者以上に働いてくれそうな予感です。

ドラフトの目玉菊池は、毎度のことで、抽選で外しましたが、ストーブの目玉城島の獲得に成功し、一挙に臨戦体制が整いました。

贔屓目にみても、そうでなくても、来期のタイガースは優勝が狙えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚えられず思い出せない(土井)

2009年12月14日 18時43分10秒 | Weblog
歳と共に記憶力が弱くなることは今更言うまでもありません。
その第一が暗記力で、簡単な電話番号や人や物の名前等も聞いたハナからすぐ「何だっけ」となるので必要なものは必ずメモしなければならなくなりました。
昔覚えた名文や名句、物や事柄は今でも覚えているのに、最近ではいいなと思って感心するものがあっても日を経ずして忘れてしまいます。
もう一つが思い出す力で、本来なら知っているべき字や名前やその他のことでも「えーと、アノアノ」となってなかなか出て来ず、何時間か何日か経って出て来ることもあり、全く忘れ去ったものも多くあります。

しかしこれらのことで嘆くことはないと思います。
程度の差こそあれ似たようなことは誰にでもあるのだからと、自分の衰えを徒に悲観することなく、何かに挑戦したりして抵抗力をつける努力を自分なりにすること位で十分という気がします。

今年は米国でも我国でも劇的な政権の交代があり、高支持率の下に新政権がスタートしましたが、既に翳りも見せ始めています。
このことに対しても思うのですが、比較的若い人たちは激烈に期待し、少しでも不都合があればガックリ失望するのに対し、年配者は長年のシガラミもあるので、そう簡単には行かないだろうが、方向は間違えずにボチボチやってぇなという感覚が強いのではないでしょうか。

あまり極端に走らず中庸を選択することも、記憶力の消長と長年の経験がさせる技かも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳末の一日(土井)

2009年12月11日 18時29分35秒 | Weblog
久しぶりの雨でGゴルフは中止になりましたが例のメンバーは何時ものように朝喫茶店に集まり、私は床屋に寄って帰って来ました。
長く通っていた床屋が高齢の為に廃業したので新しい所に代えて2回目です。
先回思うようにやって呉れなかったので今回はかなり細かく注文をつけたら8分通りはよくなりました。
次回の注文で思い通りになったら、その次からは調髪中安心して眠って居られるので気が楽になります。愛知県の公定料金は3700円です。

昼食は一宮駅前のクラシックホテルに行きました。
肉、魚、ハンバーグ、えびフライ等の一品料理プラスバイキングで1380円とかなりお値打ちなので雨にも拘わらず順番待ちの状況でした。

一宮駅の名鉄百貨店はボーナス後のお歳暮シーズンというのに客足は疎らで、売り場によっては販売員が手持ち無沙汰を託ち、こちらが近づくと「いらっしゃいませ」とか「どうぞ羽織ってみて下さい」などと言って寄ってくるので、かえってゆっくり見難い有様です。

それでもお歳暮売り場ではそこそこの客が熱心に品定めをしていました。
2、3000円から5,6000円までが主流の感じでした。

おせち料理も色んな種類のものが並んでいて聞いてみたら、配達は12月31日の10時から17時迄の間でそれ以上の時間指定は出来ないそうです。
調理については何時、何処で、どのようにするのか販売員も知りませんでした。
値段は全部一万円以上で何十万のものもあり、庶民感覚では高過ぎると思いました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加