黍生山の村夫子 (きびゅうやまのソンプウシ)

黍生山の村夫子が「蜂を追っかけた」とか「山が笑った」とか言ってます。

諏訪合宿(3)

2017年07月22日 04時18分28秒 | 日記
諏訪合宿の最終回です
宴会は盛り上がって終了時間を2度警告されてやっとお開き
と思ったら何故か面さんの部屋に集まって尽きないヘボ談義のつづき


流石にもう誰も飲まなかったけど話は尽きないこんな話を聞くのはヘボ追いよりも好きです
否やっぱりヘボ追いかな


翌日は朝から生堀先ず会長さんが#$%さんがやったと言う新方式を披露


ところが急にやったものだから準備が出来て無かったり箱が合わなかったりで大苦戦

面さんと私は昨日見つけたのを各々掘り始める
1時間ほどで面さんがやって来たが私の巣が見つからない
追って行った穴は2つに分かれて居たが両方とも行き止まり
何処かでもう一本あった穴を見落としたらしい
面さんも一緒に掘るが見つからない面さんは「時間の無駄」と言うし、皆さんに迷惑が掛かるので諦める


皆の所に戻ると師匠とOさんはキレイに掘り上げたらしい
やがて会長も3つ掘り上げて来たが3つ共壊れたとここの巣は恐ろしく脆い
私だけ1つも掘ってないので取り合えず近くにある巣を掘れと
ところがこれがまた見つからない面さんとOさんが手伝って呉れるが判らない
やがて鎌を使い始め姫笹の根を切っている時雑な切り方で巣を切ってしまった


巣は2段だけだが1段目はソコソコ大きい2段目は空


女王と1段目の巣は納めたが働き蜂が5,6羽と少ない
でも掘った以上最後まで面倒見なきゃでもどうなるだろう

この後私がもう1つ掘る巣は少しの苦戦で見つかった
巣に着いて居た笹の根を切る取り除く時髪の毛より細いひげ根が巣に着いていた
それを引っ張っただけで外被は上下に割れた脆いにも程がある
ここの掘り上げはもう少し経験しないと師匠に合格点は貰えないだろう
しかし良い経験をさせて戴きました
これ以上掘って壊すのはヘボの虐待になるので止めました
しかしここはもう一度挑戦したいと思いますこんなまま終わらす訳にはいかない
私と面さんで見つけられなかった巣は師匠とOさんが行ったらもう通い始めていたそうで
掘り上げて来て呉れました
楽しいヘボ追いと貴重な経験をさせて戴いたヘボ合宿はこうして来年にバトンを渡しました
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

諏訪合宿(2)

2017年07月21日 04時18分28秒 | 日記

<今日の1枚>石見神楽・鍾馗                    石見大田たぶみ倶楽部会長・作
<今日の1枚>は今日が最終回ですでも鷹さんの絵葉書はまだまだ沢山あるようです


諏訪合宿の続きですこの花を見るとなぜかエゴノキ、タブノキ、ザイフリボクが浮かんできます
今回も中々思い出せず漸くイボタノキ黍生山にも何本かあります


Tombeeさんも先日UPしていたキバナノヤマオダマキ


今年初めて見たシモツケ今年はもう見られないかと思っていました


卯の花も未だ咲いていました流石信州


ウグイスカグラの実会長も食べました甘かったです


あっヘボ追いをやっていたのでした
最初に撒いた餌に戻ってみると会長と面さんが尾根に撒いた餌に着いていたのを1発で発見
でも全然通ってないそうです
一番手前の餌に着いていたのを師匠が飛ばす100m程斜めに下って林に消えた
師匠が尺取虫でそこまで持ってくるも高い所を飛んで林を抜けた
今度は尾根から下りて来た会長が尺取虫で飛ばす
何度か飛ばして「否、林から抜けてない!」と言う事に
そこに難場に餌撒きに行っていたOさんが戻ってくる
散々尺取虫をやって疲れた会長に代わりOさんが尺取虫
「バカと煙は高い所に登る」の通りバカは近くの檜に登る
ここなら200m先の高所から尺取虫をするOさんがよく見える
するとOさん信じられない程のスピードで林道を下って来る
余りのスピードに驚きを越えて笑い出しちゃいました
それでもオヤが逃げないのは膝が柔らかいんでしょうね羨ましい限りです
全員が見ている前で放すとヘボはバカの登った檜から2m程の所に落ちた
この後Oさんの撒いた難場でピンを1つ見つけて本日のヘボ追いは終了
愈々宴会ですがそれは明日

<お知らせ>
今日は大蔵高丸に登りその後ヘボの生息調査
明日は東大山中湖演習林でヘボの講習会帰って来るのは日曜日です
明日は予定投稿しますが日曜日までは皆さんの所にお邪魔出来ないかも知れません
その節はどうかご容赦ください
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

諏訪合宿(1)

2017年07月20日 04時18分28秒 | 日記

<今日の1枚>石見神楽・大蛇(おろち)               石見大田たぶみ倶楽部会長・作

連日のヘボ漬けでUPが遅れましたが15~16日とヘボの大家・極トン師匠と
師匠お気に入りのOさんのお招きで信州にスガレ追いに行って来ました
スガレは信州でヘボの事井伏鱒二の随筆に「スガレ追ひ」と言うのが有ります
一昨年の中日新聞・中日俳壇の年間賞は「伊那谷に生まれて男スガレ追ひ」でした
Tombeeさんもこういうのを作ればいいのに…「石見」では語呂が合わないかな


諏訪湖SAに午前8時それが集合時間でも面さんとバカが着いたのは7時
先ずは蕎麦を食べて腹ごしらえなのだそれにしても素晴らしい天気


北アルプスがここから見えるとは知りませんでした気付いたのは当然面さん


東を見ると八ヶ岳にプテラノドンが迫っている様な雲7時50分には全員揃う


私以外は根っからのヘボキチ話より「早くヘボ追いをやろう」
挨拶もそこそこにOさんのとっておきの場所に案内される会長はもうスガレ追ひモード


笹の中に倒木が隠れていて歩き難いのですがOさんは鼻唄で餌のウグイを吊るして行きます


餌を撒いて20分もすると師匠が「ここは薄いから移ろう」と
移動中師匠とOさんが見つけて置いた巣を幾つか見せて頂く
これはその中でも一番大きいと思われる巣


まずまずの巣を2つ見つけた所で昼食Oさんが手早く鶏チャン?と焼うどんを作って呉れる
これが手際よくって美味なんです


師匠の写真を撮る会長これだけでどれだけ楽しい昼食だったかお判り頂けるでしょう


午後になって少し花を撮る余裕も出来て来ました何しろ大御所、大家のお供ですから
                                                        つづく
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

憂さ晴らし?

2017年07月18日 04時18分28秒 | 日記

<今日の1枚>富山より三瓶山                     石見大田たぶみ倶楽部会長・作

15,16の両日、楽しい諏訪遠征に行って来ましたが14日~17日までどっぷりヘボ漬けの毎日で
更新も儘ならずすみません
本来なら諏訪遠征の記事をUPですが昨日午後バカの為に面さんと俊さんが追い込み
面さんと面さんには勿体無い婿殿が確定した巣を掘らせて頂きました


そしたらそれがOHCにとっては今シーズン最大14㎝のデカ巣
持って行った移送箱は13㎝が最大ヘボが1匹も出ずキレイに掘れた巣でしたが
外被を擦りながらおさめました
面さんの「取り敢えず号外で載せろ!」とのお達しでUPです
詳細は後日ですが今日も7時半出発のヘボ追いですので更新できるかどうか…
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

疾風怒涛

2017年07月15日 04時18分28秒 | 日記

<今日の1枚>大森の町並                       石見大田たぶみ倶楽部会長・作
鷹さんに戴いた絵葉書は全部載せたので
今日からは去年の遠征の折に三瓶荘で鷹さんに選んで貰って購入したもの
いわば鷹さんのお気に入りです


7月10日今年初めての夕立でした「梅雨明けだ~!」って一瞬浮かれましたが
このまま梅雨が明けたらやばいんじゃないか


今頃で恐縮ですが6月23日の中日新聞に名古屋のアマチュアカメラマンが
伊吹山で小鹿を捕まえて飛ぶイヌワシの撮影に成功したそうです
一瞬「トンビがバンビを捕まえたか!」と思ってしまいました
Tombeeさんは今頃ヒグマと格闘中かも
このイヌワシ、獲物が重すぎたようで上昇気流に乗りきれず
結局小鹿を落としてしまったようです

疾風怒涛の3日間で仕事を終わらせ移送箱を6つ準備し巣箱を5つ並べました
さあこれで今日と明日は極トン師匠の招待で諏訪遠征です
師匠お気に入りのOさんと会長に面さんの5名でスガレ合宿です
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加