全国地蜂連合会

全国の地蜂愛好会やグループで組織する、全国地蜂連合会のホームページです

ヘボに関する佐賀達矢さんの論文

2016年12月04日 | ニュース
東京大学大学院でヘボを研究中の佐賀達矢さんがこの度ヘボの巣の乗っ取りについて考察した論文を
出版されたそうです。その概要について寄稿して下さいましたので以下に掲載いたします。



里山で巣を乗っ取り合うクロスズメバチ属2種を発見 ―伝統文化の勝利!―

中部日本の山間地ではクロスズメバチ属の蜂の子を採集し、飼育して食べる世界的に珍し い文化があります。佐賀らは、地元の蜂愛好家による「クロスズメバチの巣の下にはいくつも女王蜂の死体がある」との情報を元に調査を行い、世界でも珍しい社会寄生[注1]の実態を解明しました。

中部日本では、クロスズメバチは平野~低山地に、その近縁種のシダクロスズメバチは中 山地に生息し、両種は低山地で分布が重複します。両種ともに女王は初夏に一匹で巣を作 り始めます。

佐賀達矢は、蜂愛好家の金井實氏、東京大学の嶋田正和教授、岡田泰和助教らと協力し、両種の分布が重複する低山地の女王の中には、自ら巣を作らず、巣を乗っ取り合う[注2]個体がいることを明らかにしました(調査地は岐阜県下呂市萩原町、長野県諏訪郡富士見町)。スズメバチ類では、今回のような、2種の女王が互いに巣を奪い合う現象については、スズメバチ類では世界で初めての報告です。

カッコウの托卵やサムライアリの奴隷狩りで知られるように、異種の巣の乗っ取り行動で は、寄生者(搾取する側)と宿主(搾取される側)の優劣関係は一方的に決まっています。と ころが、クロスズメバチとシダクロスズメバチの間では、巣をめぐる闘争の優劣は決まっていません。この現象は、平野からはクロスズメバチ、中山地からはシダクロスズメバチの、そ れぞれの新女王がやって来て分布が重複する低山地で観察することができました。里山の伝統文化に支えられた本研究の結果は、19 世紀から続く巣の乗っ取り行動の進化と種分化に関する論争に重要な示唆を与えると考えられます。

なお、本研究は、武田科学振興財団、藤原ナチュラルヒストリー振興財団、長野県科学振 興財団、「夢応援」企画(有限会社 COME ON UP)の研究支援を受けて行われました。

用語解説;
[注1]社会寄生:寄生の一種。寄生者が宿主の体から直接栄養接触するのではなく、寄生 者が自身の生存と繁殖のために、他種あるいは同種の資源や労働力を搾取すること。
[注2]巣の乗っ取り:社会寄生の一種。本研究で取り上げた2種では、晩春に、女王が他の女王が作った巣へ侵入し、宿主の女王を殺し、その巣へ居座り、巣とその巣にい る子(働き蜂)の労働力を利用する。

詳細な記事がお読みになりたい場合には、http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/topics/files/20161014topics.pdf
で記事(PDF)をダウンロードすることができます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016ヘボコンテストの重量分布

2016年11月16日 | ニュース
昨日掲載した本年度のヘボコンテストに於ける巣の重量分布をグラフにしてみました。
出品総数は238でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

各地のヘボコンテスト結果

2016年11月15日 | ニュース
各地のヘボコンテストの結果が出揃いましたので6位までの結果を掲載致します。

10月30日  伊那 巣コンテスト    出品数 23巣   
1位  松本 徹    3166g   箕輪町
2位  中山 一    2910g   富士見町
3位  吉村 昇    2756g   駒ヶ根市
4位  杉崎収一   2714g   駒ヶ根市
5位  小澤芳栄   2658g   松本市
6位  菊川史郎   2368g   日影


10月30日  付知 はい蜂コンテスト   出品数 35巣
1位  早川貴典   6230g   付知町
2位  早川貴典   4660g   付知町
3位  田口好美   3990g   付知町
4位  早川貴典   3400g   付知町
5位  三尾平八郎  3370g   付知町
6位  早川拓樹   3330g   付知町


10月30日  坂下 ヘボコンテスト    出品数 10巣
1位  楯美津男   3400g   
2位  鎌田  勉   3300g   
3位  田口一夫   3200g   
4位  原   武   3100g   
5位  加藤清己   2650g   
6位  楯  茂生   2100g   


10月30日  東白川 ヘボコンテスト   出品数 11巣
1位  早川貴典   6490g   中津川市
2位  安江  尚   3870g   加子母
3位  岡崎勝義   2690g   加子母
4位  日下部英三  2630g   下呂市
5位  日下部明男  2380g   下呂市
6位  村雲芳樹   2370g   東白川村


11月3日 串原 全国ヘボの巣コンテスト 出品数 116巣
1位  早川  徹   5560g   中津川市
2位  早川貴典   5410g   中津川市
3位  三宅千恵子  4810g   豊田市
4位  横井辰美   4730g   土岐市
5位  三宅弘展   4680g   豊田市
6位  三宅義孝   4560g   豊田市


11月13日 足助  地蜂コンテスト    出品数 43巣
1位  早川貴典   7500g   中津川市付知町
2位  早川  徹   5400g   中津川市付知町
3位  山下和夫   4300g   豊田市川面町
4位  安藤春夫   4100g   豊田市五反田町
5位  鈴木  十   4020g   豊田市五反田町
6位  松井一つね  4000g   豊田市川面町


お忙しい中、情報をお寄せ下さいました各愛好会の皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SHC:新しいヘボ仲間

2016年11月05日 | ニュース
何度か紹介した島根県大田市のヘボ愛好家が私達の持って行った巣箱のヘボを燻しました。
その様子が何とも好感ですので宜しかったら11月3日のこのブログをご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人と自然の共生国際フォーラム・後編

2016年11月03日 | ニュース
昨日のつづきで海上(カイショ)の森で活動発表です。


10時 木製プレートの除幕式で発表会は始まりました。


インタビューを受けているのがこの岩絵具で着色されたプレートを作られた方です。


上村先生が持って来たカシューナッツの蜂蜜漬けの写真を撮っているのは昨日のパネリストの東北大学大学院教授。
蜂を食べると言う事に非常に興味を持って居られました。
また「東北でヘボ追いをやっている所は無いか?」との質問も戴きました。
先生とコラボして東北支部が出来るといいですねえ!


全国地蜂連合会の室内ブース、左の窓の外で10月10日までクロスズメバチを飼っていました。


このブロックの上に巣箱が置いてありましたが、今は丸めた新聞紙だけ…。


その新聞紙がよく見ると2番巣でした!
ブロックを解体した時巣のかけらが有ったので載せて置いたらしいです。 
オスが出るしかない切ない定めですが健気に通っていました。


愈々活動発表会! 全国地蜂連合会の発表は6番目。


三宅副会長の発表は中々堂に入ったものでした。


素敵な母子が見えたので、許可を戴いて撮影させて頂きました。


左がセンターの玄関ですから、全国地蜂連合会のブースは玄関を出た正面にあります。


2時過ぎに発表会が終わると名刺を持ってマリ・クリスティーヌさんが再訪して下さいました。
一生懸命説明しましたが小鳥が柿を突いた様な取り留めもない説明になってしまったようで反省です。
最後に記念写真を撮らせて頂いたのですが、クリスティーヌさんが自分のスマホを出されて、
「このスマホでも撮って下さい。」って仰ったのは義理で撮ったんじゃないって言う事なのでしょう。
その気遣いに感動でした。                                            

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人と自然の共生国際フォーラム・前編

2016年11月02日 | ニュース
10月29日 中日新聞愛知県内版に全国地蜂連合会も参加している「人と自然の共生国際フォーラム」
の記事がのっていました。


全国地蜂連合会・鈴木副会長のインタビューも載っています。


初夏にヘボの巣を山から獲って来て庭先の巣箱に入れ、餌や蜜を与え飼育する。


晩秋には手塩にかけたヘボを収穫し、ヘボ飯や甘露煮などにして美味しく戴く。
或いはそのまま放蜂させ自然に返す人、新女王を捕獲し越冬させ春に山に返す人もいるでしょう。


我々ヘボ愛好家がやっている事は将に人と自然の共生そのものです。
近年、行き過ぎた捕獲を耳にすることもあります。我が会員にはそのような方は見えないと思いますが、
節度ある捕獲で、末永くヘボ文化を伝えて行きたいものです。

10月29日ウィルあいちでのフォーラムには全国地蜂連合会はパネルの展示だけでしたので、
30日海上(カイショ)の森での活動発表の様子を報告致します。


8時半 外のテントブースに先ず野中顧問力作のパネル40枚を貼りました。


海上の森で飼育に使った4面アクリルの巣箱と胴丸の巣箱、防護服、ヘボの巣盤、
試食用の甘露煮などを並べました。
また料理研究家の上村先生も試作品のヘボを試食用に持って応援に来て下さいました。


一般者が来場する前、他のブースのスタッフが興味津々で準備中にも拘わらずがチラチラ訪れます。


更に室内のブースにもパネルの展示をしましたが、こちらも興味津々の方がチラチラ。


A3版20枚の大作もやはり野中顧問に依るもの。


10年前から名誉館長のマリ・クリスティーヌさんが会場に行く途中で足を止めて呉れました。
色んな説明をしたかったのですが、スタッフの方が「時間ですから」と呼びに来たので、
全国地蜂連合会の名刺だけお渡ししました。                           つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京大学・山中湖演習林(Ⅱ)

2016年10月30日 | ニュース
前回の続きで東大・山中湖演習林です。


午後からは燻しました。


1つ目の巣です。意外と小さかったです。


持っているのは恵那農業高校ヘボ倶楽部の部員です。


解体しました。


新女王が出ていました。


後から実習に来た東大生に恵那農業高校の女子部員が幼虫の生食をお勧めです。


その東大生の前で恵那農高の部員が掘り上げの実演です。


素晴らしい環境にも拘わらず、これも小さな巣です。


移動して巣箱を会長が燻しました。


立派な巣ですが、これで1,350gしかありません。


最後の巣は女子部員が掘り上げ、予定終了です。


午後3時解散となった帰途富士山がぼんやり顔を見せて呉れました。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京大学・山中湖演習林(Ⅰ)

2016年10月29日 | ニュース
遅くなりましたが10月22日 東大の山中湖演習林に有害虫の駆除に行って来ました。
依頼する側には危険生物ですが、我々には楽しいヘボ追い! 
その辺りの誤解を解く為にも必要な活動だと思います。
今回が3回目ですが、初回に厳しかった規制も2回目には東大の先生も一緒にヘボ追いをするようになり、
今回は学生の授業の一環に組み込まれました。


午前8時30分 挨拶や注意事項の説明です。


その後集合写真を撮りました。今回も恵那農業高校のヘボ倶楽部の方々が参加して呉れました。
また、東京地蜂クラブの方と浜松の愛好家の方も各1名参加して呉れました。
浜松に新しい愛好会が誕生するといいですね
皆さん笑顔なのはレンズの廻りにヘボが纏わりついているからです。


7月に持って行った巣箱に入れたヘボは元気、元気。


標高1000mの山中湖周辺はもう晩秋の気配です。


ツタウルシの紅葉


7月に駆除を依頼されるが可哀想なので大きな移送箱に入れ、地面を少し掘り、そこに移送箱を置き、
上に板を載せただけの半土中飼育の巣も元気に通っていました。


通い穴を覗いてみました。


寒くて活性が低かったですが10時過ぎに漸く付き始めました。


宿泊施設。


ヤマボウシの実


少し甘かったですが、言われるほど美味しくは有りませんでした。


マムシグサがキレイに色付いていました。                                   つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ・バーモント州のヘボ

2016年10月18日 | ニュース
東京大学・大学院でヘボの論文執筆中の佐賀達矢さんがアメリカ・バーモント州から彼の地の2種類のヘボの画像と動画を送ってきて呉れました。
佐賀さんのコメントです。

素人なりに同定したところ、黄色いヘボがVespula maculifronsで、白黒はVespula consobrina
だと思われます。間違っていたらすみません。
日本のキオビクロスズメバチVespula vulgaris(キイジスと呼ばれている)とは別種ですね。
V.consobrinaはおそらく新女王で、V. maculifronsは働き蜂です。



アメリカはキオビクロスズメバチの類ばかりかと思っていましたら白黒も居るんですね。


所変われば…でしょうが、それにしても奇妙なヘボですね。


現地は最低気温が-1℃まで下がるそうです。


西洋蜜蜂とツーショット。




佐賀さんが新女王じゃないかと仰るこのヘボ、
日本ではオスにしか見られない触角の極楽紋が有るようです。






左にキイジスが居ます。


蜜蜂の巣箱に来ていたそうです。




佐賀さん、貴重な映像を態々お送り下さいましてありがとうございました。

2016 November 12, Shelburne, Vermont, USA
Copyright (c) 2016 Tatsuya Saga All right reserved.
これらの画像と動画は佐賀達矢氏によって製作され氏のご好意によりUPされました。
引用・転載は自由ですが、ご使用の際は本動画のURLと著作者(佐賀達矢 Tatsuya Saga)を明示してください。


今日は18日、イーハチの日ですのでもう一つヘボの話題を。

来春地蜂連合に加盟して呉れる島根県のヘボ仲間が西日本にもヘボ文化を根付かせようと頑張っています。
その模様がTombeeさんさんの今日のブログ「清治の花便り」に載っていますので宜しかったらご覧ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘボ飯料理体験

2016年10月16日 | ニュース
予ねてお知らせした通り10月10日(月)愛知県・海上(カイショ)森で「ヘボ飯料理の体験」を実施しました。


午前8時からのヘボ探しは残念ながらヘボが1羽も付かずヘボ追いが出来ませんでした。


数年前にはここで捕獲したそうですが、初夏も今回もヘボを見ることが出来なかったのが心配ですね。


玄関のチラシ。下の方に我が全国地蜂連合会の「ヘボ飯料理体験」もありました。


展示していたクロスズメバチの巣箱はこの日で撤去しました。


10時からのヘボ飯料理、美味しそうにヘボ飯が炊けました。


ヘボ飯は地域によって、家に依って微妙に違うのでこの日は3種類です。


愈々試食会です。


試食会には一般の来館者も参加で賑やかになりました。




展示していたクロスズメバチの巣盤です。良い環境ではありませんでしたが、意外に大きかったです。
この巣盤はこの後ヘボ抜き体験に使われました。


ヘボ料理でお馴染みの上村先生と恵那農業高校の柳原先生に講演して戴きました。


最後に集合写真です。恵那農業高校HEBO倶楽部の生徒さんは今回も参加して呉れました。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加