黍生山の村夫子 (きびゅうやまのソンプウシ)

黍生山の村夫子が「蜂を追っかけた」とか「山が笑った」とか言ってます。

暑くなって来たので

2017年06月16日 04時18分28秒 | 日記



14日の朝7時50分 今日もキビタキがやって来ました多分毎日来ているのでしょうが
来た時一瞬低い枝にとまり後は高い枝に移り葉っぱで見えなくなります
何時もカメラを持った時にはもう居ませんでしたがこの時は偶々持っていたので漸くこの1枚です


同じ日の昼前庭にオニヤンマ


怪我をしているようでもないので病気か寿命でしょうか


カッコいいオニヤンマもヘボが居れが憎き敵で獲ってヘボの餌なんですが
ヘボが居ない今は一寸憐れ 死臭がするのでしょうかもう蟻が集まり始めました


昨日最後まで残っていたヘボの巣箱胴丸を解体しました
ピンを入れたのですがグンに乗っ取られていました
しかも秋に雄棚を作り始めた所で巣が落ちてしまった様です
8段ありましたが2㎏は無かったろうと思います

今日からまた引きこもります今回は今年の正念場です
その最中に三瓶遠征がありますが中旬の諏訪遠征までには目鼻を付けたいと思います
その間皆さんの所に訪問出来ないと思いますがご容赦ください
ここのコメント欄も明日からは閉じておきます

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

コクワの実

2017年06月15日 04時18分28秒 | 日記
昨日のつづきで黍生山にいます


林道まで下りて来ると たしかコウゾだったとこれがオレンジ色の実に生るんです


今年はサルナシが豊作かも 


収穫は秋ですからまだまだ先が長いです


花も少し残っていました


雄花の様ですね


ニガイチゴにしては赤すぎる様なしかも食べたのはカミなので


ニガイチゴと思って食べたら全く苦みが無かったのでモミジ全然自信が無くなって来た


テイカカズラもあちこちで


車で帰る途中に


キレイなヤブムラサキ


今年のツチアケビはどうだろう


何時もの場所に5本生えていました


沢山花を着けていたので思わず車を止めたホタルブクロ


序でに近くで咲いていたウツボグサを撮ると


あれお前は下から咲いて来たのか


下からだねえでも↑最初のは上から咲いてたよ節操が無いねえ
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の中日新聞

2017年06月14日 04時18分28秒 | 日記
昨日黍生山のササユリをUPしましたが
同じ昨日中日新聞が黍生山のササユリを豊田版に載せて来ました


しかもこんな洒落たコメント付きでこれではバカの立場が無いではないか
血圧が上がるのでこんなモノは相手にせずに昨日のつづきを


今年は見られないだろうと諦めていたヤマボウシ


思いがけず頑張って残っていて呉れました


ハゼの実


西ルートを下りるとササユリに呼び止められる


これでは中々帰れないのだ


今はこのネジキの花がピークの様です


誰かと違ってお行儀の良い事


座禅石でクマンバチに呼び止められた


何が気に入ったのか離れて呉れない


ネジキが「撮って」って言うんです


新聞に載っていたのはこのササユリのようです


テイカカズラも1年振り 当たり前か


ヤブムラサキもうそんな季節なんですね


これが今年最後のササユリかも


オジンは見たり山中のバラ                    まだ明日もあるでよ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

黍生山のササユリ

2017年06月13日 04時18分28秒 | 日記
データーが来ないので仕事が出来ません
納期が心配なのですがデーターが無いとと心配しながら一寸だけ黍生山に車で出掛けました


山頂付近はササユリが4~50輪


Tombeeさんが心配して呉れたあの株もササユリでしたでも一寸遅かった


もう萎れた花もあるけれど全体としては今がピークの様です


暮れにバカがキレイに刈った土手は草が繁茂してワヤだが


午後2時2分 山頂の気温は23℃


こんな草の中に結構隠れています


咲き掛けもあり


一番遅いのはこの程度です


陽が当っている所為もあるでしょうが今年は全体的に白っぽい感じがしました


ほら、こんなのは真っ白


ササユリを見る為山頂を一周してから 未だ眺望の確認がしてないのに気付く
何時もの定点


名古屋の高層ビル群は急に幾つも建ったのでもうどれが何やらワヤだが


伊吹山もシルエットの様ですがこの時期としてはよく見える方です


この春は中々姿を見せて呉れなかった御嶽山山頂は雲の中


中央アルプスが見えるんですが白くないので一寸違和感です


恵那山もお久しぶり


新名神の名港トリトン(名古屋港に架かる3つの斜張橋)も肉眼で判りました
明日もあるでよ







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

地蜂博士誕生祝賀会

2017年06月12日 04時18分28秒 | 日記
昨日は巴川(ともえがわ)の鮎の解禁日でした


「独り釣る 巴川(はせん)の夏」
越して来た頃は初めてやったバカでも2時間で10匹程釣ったのに…寂しい解禁です


昼からは3月23日に東京大学で博士号を取得した佐賀さんの祝賀会でした
当然OHCは3人とも出席です


全国地蜂連合会から学位記を入れる額とヘボのプレートが送られました。


その学位記です


参加者の皆さんにも喜びのお裾分けでボールペンが配られました


バカ!成り行きで学位記を持たせて頂きました


Tombeeカット!久々の復活です
一昨日土手の月桂樹を写真真ん中より少し上でバッサリTombeeカット


去年の秋の写真です
この中央の濃い緑の月桂樹の葉っぱの部分を殆どTombeeカットしました
結婚の記念樹だけど大丈夫かなあ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加