リンポウアカデミア

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

斜陽161105

2016-11-05 18:49:21 | 日記

太宰治「斜陽」を読んでいます。1947年の小説だから、69年前の小説である。水の存在比。淡水湖、0.009.河川水、0.001、地下水浅0.31。このなかで、淡水湖、河川水、地下水浅が、人間が直接に利用可能な水で、総量の1%未満である。飲料水として利用できるものはさらに少ない。パリ11区。カフェボンビエール。傾眠とは、意識の消失していく、睡眠に似た状態のことである。2016年8月分の電気使用量は、30日で、559kWである。1日18,000Wである。1日、750Wである。「斜陽」のお母さんは、伊豆の山荘へと引っ越した。JR常磐線。福島県相馬から、試運転を開始した。仙台駅と、小高駅が結ばれた。「おじさま」の体温が、39度あったそうだ。医者は、「肺炎になるかもしれないでございます」と言ったそうだ。「お母さま」は、お休みのまま3さじお召し上がりになった。熱は、37度に下がっていた。鶏卵を半熟にして、お母さんに差し上げた。最後のお米が、2016年11月4日だった。ねむの花。ねむの花は、夏の花である。藤の花は、もう終わっていた。川の水は、数日で、源から海へと流れる。地上に降った雨や雪の一部は、地面の傾斜に沿って流れ、谷をうがち、また一部は、いったん地下に浸透し、湧水として、再び地上に表れる。川は源頭から、、河口まで成長しながら、流れ去り、さまざまな物質を海に運ぶ。河川の水は。、雨水のそれとは異なっている。「とうとうバラが咲きました」。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長門市深川161105 | トップ | 斜陽161105-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。