銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2700作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

フューリー

2015年03月22日 23時41分33秒 | 洋画アクション
FURY
2014年
イギリス
135分
戦争/アクション
劇場公開(2014/11/28)




監督:
デヴィッド・エアー
『サボタージュ』
製作:
デヴィッド・エアー
製作総指揮:
ブラッド・ピット
脚本:
デヴィッド・エアー
出演:
ブラッド・ピットドン・コリアー(ウォーダディー)
シャイア・ラブーフボイド・スワン(バイブル)
ローガン・ラーマンノーマン・エリソン(新兵)
マイケル・ペーニャトリニ・ガルシア(ゴルド)
ジョン・バーンサルグレイディ・トラビス(クーンアス)
ジェイソン・アイザックスワゴナー大尉
スコット・イーストウッドマイルス軍曹



<ストーリー>
第2次世界大戦下、最後の抵抗を繰り広げるドイツ軍に“フューリー”と命名された戦車で無謀ともいえる戦いに挑んだ5人の米軍兵士の絆を描く。

1945年4月――
たった5人で、300人の
ドイツ軍に挑んだ男たち。


-感想-

自分の誕生日(23日)に自分の一番大好きな俳優ブラピが出ている映画を観る!ちゅうことでレンタル開始日から我慢していた本作をようやく観賞。

敵兵撃ち殺すのは消極的なのに、綺麗な女相手となると積極的ですな新兵くん。
さては童貞ではないな!
どうでもいいか(笑)。

砲弾がモロに命中して頭吹っ飛ぶ場面イイな。
頭部に直撃はテンション上がる。

それにしてもアメリカの戦車って装甲度低かったんだね。
RPGまでもが貫通してるやん。
だから乗っている兵士の体もズドンと貫通。
ありゃあ苦痛の果ての死でしょうなぁ。

対してドイツ軍戦車の頑丈なこと。
カキンカキンと砲弾を弾いちゃって無敵やん!
でも何故か背中は弱点って。
いやそこも強化しとけよっ。
これが無数で対抗してきていたら鬼に金棒なのに、一機!?
このほぼ無敵戦車とオンボロ戦車との一騎撃ちは「背後に回れ!」「回らすか!!」の背中にタッチ鬼ごっこみたいで正に白熱戦。
画面に食いついちゃったな~。

終盤はナチ300人相手に走行停止した戦車に留まった5人が十字路で向かい撃ち。
ムチャだろぉ、数が多過ぎやて。
そんな不利な中でも善戦する5人の姿に、殺れ!殺れ!な気分になるも、弾が尽きて万事休す。
「これが俺の家だ!」ブラピの勇ましきその戦いと散りっぷりに涙。

悲しいけど、これ戦争なのよね。。。

ベロベロに舐められた卵焼きの味は如何でしたでしょうかブラピさん(オエェ~)。

死しても英雄。
生き残っても英雄(新兵くんが敵に見逃されたのはなんで?)。

国の為に戦うとは云え、幾ら英雄呼ばわりされても戦争は悲しみしか齎さない。
戦場で受けた心の傷は永遠に癒えないんだろうなぁ。

今作の美女図鑑

新兵くん(マシンと命名)とハッスルしてそのまま恋に落ちるエマさん。
2人は良い関係になるも、同胞の奇襲を受けて絶命。
愛した女性が突然死ぬのもまた戦争が生み出す悲劇。

評価:★★★★
15/03/22DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-03-11
メーカー:KADOKAWA 角川書店

オフィシャル・サイト(日本語)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アップルシード アルファ | トップ | アノマリー »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦争はこういうもの (ミス・マープル)
2015-03-23 11:30:44
戦争、戦地、兵士はこういうものだということをいやというほど見せつけてくれました。
ドイツ女性とのわずかな交流も
「女はいくらでもいる」
という言葉で片付けられたあげくの爆撃で終結。
ラストはナチスの新兵だったのでしょうね。それで命拾いしたけれど、戦争の現実をリアルに再現した映画です。
おもしろかった。
こんにちは (maki)
2015-03-23 14:59:22
曳光弾の扱いが気にくわなかったものの、
戦車戦は熱いものがありました
世界最強を誇るドイツ戦車、ティーガーがでてくるだけでもテンションあがります

ただ、みどころはそこだけで、十字路での戦いは自分たちのエゴのように感じてしまい、
結局戦争ってむなしいものだよねという普遍的なメッセージしか受け取れなかったのが残念です
どうやらスタッフ的にはたぎって欲しいものがあったようですが…そこまではいきませんでした(><)
お誕生日おめでとう♪ (Puff)
2015-03-23 21:13:06
共に闘うチームの仲間、そして激しい戦車戦、
ブラピ演じる骨太軍人を軸に、実は新人君の成長物語でもありましたね。
いやあ、これは良かった!見応えある映画でしたねぇぇ!

そそ、ドイツ軍戦車はいや、全般的にドイツ兵器は優れた性能を持ち無敵というイメージがありますね(実際もそうだったと思いますが。)
対して、米軍の方は、ラフでおんぼろで、内部には必ず色っぽい姉ちゃんや恋人の写真がペタペタ貼ってある感じです。笑)

いや、しかし、お誕生日に良い映画を観れて良かったですね!
これでトホホ…な映画だと凹みますものね、、
直ぐには手を出さず我慢の甲斐ありました。エライ!
>ミス・マープルさんへ (ヒロ之)
2015-03-23 23:18:19
こんばんは!
コメントありがとうございます。

戦争の悲惨さを映像で物語っていましたね。
一時の恋で終わってしまうのも戦争故の悲劇なのかもしれません。
あれは相手の新兵だったのですか。
なんで助けたんだろう、見えなかったのか?とか思ってしまいました。
見応えのある作品で面白かったです。
>makiさんへ (ヒロ之)
2015-03-23 23:28:34
こんばんは!
余り軍事関係には詳しくはないのですが、無敵に近い戦車が登場したので、かなりワクワクして観ちゃいました。
あそこのシーンは面白かったです。

十字路の所はそういうメッセージが込められていましたか。
私は何もそういうのは思えず、あー皆死んでいくんだなぁと悲観的な視点で観てましたねぇ。
>Puffちんへ (ヒロ之)
2015-03-23 23:35:46
こんばんは~
コメント共にお祝いメッセージありがとうですぅ
今日は贅沢に高級寿司を堪能しておりました~。
1年に1度位はね!

ヘタレな新兵が戦場で鍛えられて少しずつ成長していく話でもありましたね。
アクション、ストーリーととても見応えがありました

うわぁ、それ分かります。
アメリカの軍事車両の中にはセクシー姉ちゃんのポスターが貼ってあるイメージがありますよね~。
ドイツ軍の戦車があんなにも高度な装甲ってのは自分が無知なだけなんでしょうけども、初めて知りました。

誕生日に観る映画は、この映画だ!と決めていたので、実に良い作品で満足しています!
大好きなブラピも変わらずカッコ良かったですし~
素敵な誕生日を過ごせました
今晩は (morkohsonimap )
2015-03-25 01:46:01
日本では上映が色々な意味で難しいかと思える
「ザ・インタビュー」では
北の戦車はヘリ搭載の重機関銃掃射でスコンスコン撃ち抜かれていましたが
いくら装甲が弱いと言え70年前の米軍戦車は弾痕は付いてもRPG以外は保ってましたねぇ

それにしてもクライマックスのカタルシスは走行不能の戦車1台VS300のドイツ軍とは

ドイツ軍のはタイガー戦車っていう認識でしたが、もう古いいのかな自分
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2015-03-25 02:19:05
こんばんは!
コメントありがとうございます。

『ザ・インタヴュー』は気になります。
北の軍事機はモロい感じはします。
ミサイルもしょっちゅう日本海に向けて試し撃ちしている位ですし。
経済的には豊かではない国ですけど、北の将軍は金持ってそうですよね。
それを大量生産に使っているんでしょうけど、数はあれどもどれもが弱い気はしますねぇ。

余り軍関係の事は詳しくない私ですが、確かにドイツ軍の戦車=タイガーていうイメージですね。
ティーガーてのは正直初めて知りました。
お誕生日 (sakurai)
2015-04-02 20:49:55
おめでとうございます。
と言っても、随分と間が抜けてしまってすいません。
年度末でいろいろと忙しく、まじめに働いてます。
なかなか見ごたえありましたね。
戦車の戦い方なんてさっぱり知らなかったので結構なトリビアでした。
さすが変わり種の監督さん、次の作品も戦争もんですかね。
>sakuraiさんへ (ヒロ之)
2015-04-04 15:06:47
こんにちは!
お祝いメッセージありがとうございます。
高級寿司をたらふく食べただけの誕生日でした(笑)。
アクションもドラマ部分も良く描けた作品でしたね。
ほんと、戦車ってああいう戦い方するんですねぇ。
私も軍事関係には乏しいので勉強になりました。
次回作もアクション映画なんでしょうか。
こんばんは! (スパイクロッド)
2015-04-07 23:12:49
やはりこの映画最大の見せ場は、
激硬の怪物ティーガー戦車との、
圧倒的能力差を超えた死闘ですよね!
もう燃える燃える!

このあとはちょっと言い訳が過ぎてボクはダメでしたけど、
モノホンの怪物ティーガーを拝めただけで良しとしましょう!
>スパイクロッドさんへ (ヒロ之)
2015-04-08 21:44:09
こんばんは!
見せ場は戦車VS戦車でしょうね。
私もここが一番燃えましたよ。

ま、私は久しぶりに渋いブラピが見れたのでそれだけで満足です^^

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
フューリー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ブラッド・ピット主演でローガン・ラーマンや シャイア・ラブーフが共演、監督は『サボタージュ』 などのデヴィッド・エアーが務める戦争ドラマ 『フューリー』が公開されましたので観に行って きました。 FURY / フューリー [Blu-ray] フューリー 原題:FURY 製作:20...
フューリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『フューリー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争映画はあまり好みではありませんが、ポスターに「アカデミー賞最有力」とあるのにつられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の時代設定は、1945年4月(注2)。  「フューリー」と名付けられたM4中戦車シャ....
映画「フューリー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『フューリー』 (公式)を昨日(映画の日)、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 1945年4月、第二次世界大戦の最終局面のドイツ。ナチスが大暴れするドイツ軍に侵攻...
フューリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 第二次大戦を舞台にした映画で、戦車兵を題材にしたものって最近では珍しいかな。ちょっと突っ込みたくなる描写もありましたが、最後まで迫力あるアクションシーンにやられっぱなし。アクション映画はこうでなくちゃ、という見本でもありました。  作品情報 2014年イ...
『フューリー』 (2014) (相木悟の映画評)
凄惨なる戦場の体感! 戦場とはどういうものなのか?想像すらつかない一般観客に端的に示す戦争映画であった。 本作は、俳優業だけでなく昨今はプロデューサー業でも手腕を発揮し、『ワールド・ウォーZ』(13)、『それでも夜は明ける』(13)と娯楽、社会派面と絶...
劇場鑑賞「フューリー」 (日々“是”精進! ver.F)
残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無...
『フューリー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「フューリー」 □監督・脚本 デビッド・エアー□キャスト ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフボイド・スワン、      ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャトリニ・ガルシア、      ジョン・バーンサルグレイディ・ト...
「フューリー」 Fury (2014 SONY) (事務職員へのこの1冊)
冒頭とラストに、白い馬が登場する(最後のはちょっとしか出てこないので気をつけて)。ペガサスに代表されるように、白馬はきわめて神話的存在なので、この過激な戦争映画も、実は神話ですよという縁取りがなされている。ストーリーはきわめて単純。1945年4月というか....
『フューリー』 2014年11月15日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『フューリー』 をジャパンプレミアで鑑賞しました。(本日の2本目) 相変わらずのブラッド・ピットのファンサービスは素晴らしい! それに倣ってのローガン・ラーマンも素晴らしかった 【ストーリー】  1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に...
FURY / フューリー (いやいやえん)
【概略】 1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍す...
『フューリー』 悔しいほどの3つのこと (映画のブログ)
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5人...
フューリー/ブラッド・ピット (カノンな日々)
『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督がブラッド・ピットの主演で第2次世界大戦下のヨーロッパでたった一台の戦車"フューリー"で300人のドイツ軍部隊に戦いを挑んだ5 ...
フューリー~プライベート・ノーマン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Fury。デヴィッド・エアー監督。ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・フォン・リッ ...
「フューリー」、アメリカ軍戦車部隊の対ドイツ作戦、当時の重量級戦車の激突です (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 戦争映画好き ☆☆☆☆ furyとは「激しい怒り」で、アメリカ軍戦車に名付けられた名前。 この映画に登場する「Fury]という、戦車部隊は実在した。 1945年4月、第二次世界大戦・ヨーロッパ戦線の終結4週間前。死にもの狂いで最後の...
フューリー (だらだら無気力ブログ!)
ティーガー、固いなぁ。
フューリー ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
まともな神経じゃいられない 公式サイト http://www.fury-movie.jp11月28日公開 製作総指揮・主演: ブラッド・ピット監督: デヴィッド・エアー  「エンド・オブ・ウォッチ」 
フューリー (Akira's VOICE)
血と涙が轍となり命になる。  
フューリー (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:洋画 「フューリー」 原題:Fury 監督:デビッド・エアー 2014年 アメリカ映画 135分 キャスト:ブラッド・ピット      シャイア・ラブーフ      ローガン・ラーマン      マイケル・ペーニャ      ジョン・バ...
戦地の父、その息子たち~『フューリー』 (真紅のthinkingdays)
 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマン...
フューリー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追う。『欲望のバージニア』な...
映画「フューリー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/12/1、ユナイテッドシネマ豊洲。 最大の10番スクリーン。H列を選択。一度I列を選んでみたい。 *   ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、マイケル・ペーニャ、 ジョン・バーンサル、ローガン・ラーマン。 * 第2次大戦、欧州戦線も末期の194....
映画:フューリー FURY  史上初の モノホン タイガー戦車が登場!の迫力 & ドラマ性は認めつつ... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今作の話題は やはり何と言っても、映画 史上初の、モノホンのタイガー型戦車(写真)が登場すること。 ボービントン博物館に保存されていていた、世界で唯一の動くタイガー! アメリカ軍の戦車を圧倒するその「脅威」を、超リアル に感じさせるのに非常に効果的だった....
フューリー (キノ2)
★ネタバレ注意★  デヴィッド・エアー監督作品。  製作国は英米中の三カ国がクレジットされている模様です。  タイトルは主演のブラッド・ピットが搭乗する戦車の名前ですが、意味は「激おこぷんぷん丸」。文字通りブラピが激怒しているお話。  1945年4月...
『フューリー』('14初鑑賞82・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 12月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 15:35の回を鑑賞。
フューリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) デヴィッド・エアー監督、次はロマンス映画を!(爆)
フューリー  監督/デヴィッド・エアー (西京極 紫の館)
【出演】  ブラッド・ピット  シャイア・ラブーフ  ローガン・ラーマン 【ストーリー】 1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、“ウォー・ダディ”というニックネームのアメリカ人兵士がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自ら...
フューリー (♪HAVE A NICE DAY♪)
戦争作品は辛くて観れないのだけど 今回、ブラピとローガン・ラーマンが出ていたので 気になって迷ったけど!観に行って来た。 戦争で、最初は勿論、人を殺すことなど出来なかったノーマンが どんどん平気で殺してしまう。 この作品、ドイツ兵だって人間なのに・・・....
フューリー (映画と本の『たんぽぽ館』)
「お前ら行け。ここが俺の家だ・・・」 * * * * * * * * * * ブラッド・ピット製作総指揮かつ主演ということで 期待していた本作ですが、まさに期待に違わず、迫力満点の力作でした。 1945年4月。 ドイツ侵攻を果たした連合軍ですが、苦戦して....
映画 『フューリー』 (向う岸)
allcinema 『フューリー』 戦車が活躍する戦争映画を初めて見た気がする。 大体地雷で立往生している所を歩兵にやられちゃうよね。 歩兵の盾となり、進撃して行く。 戦車はあんな風に戦うんだ。 クライマックスはティガー戦車とのタイマンバトル。 ティガーの装甲が...
これが戦争。『フューリー』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の米軍兵士たちの物語です。
『フューリー』 (時間の無駄と言わないで)
第二次大戦モノ。 全年齢向けとは思えない描写満載だから 小さい子供とかにうっかり観せちゃうとトラウマになるんでない? 戦車のドンパチシーンが満載だから劇場の音響だと迫 ...
『フューリー』 (こねたみっくす)
平和は理想だが、歴史は残酷だ。だからこそ、未来ある若者には見せたくない光景がある。 これは稀に見る濃厚な戦争ドラマです。戦車映画という括りで見るにはあまりにももったい ...
フューリー・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この世の、地獄の果てに。 第二次世界大戦末期、“FURY(憤怒)”と名付けられた一台のM4シャーマン戦車に乗り組んだ、5人の戦車兵を描く、デヴィッド・エアー監督の超ハードな戦争大作。 物語を引っ張るのは歴戦の車長を演じるブラッド・ピットだが、実質的な主人公...
「フューリー」 (2014) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/Grisbi Productions, QED International配給:KADOKAWA 原題:Fury 監督:デビッド・エアー脚本:デビッド・エアー製作:デビッド・エア
フューリー (そーれりぽーと)
ブラッド・ビットの肝いりプロデュース作『フューリー』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ 幾多の戦場をくぐり抜けてきたフューリーの仲間たち。 くぐり抜けてきたという事は、数多の狂気の中で自我を保ってきたわけで、戦争の恐ろしさや醜さを一番知っていて、それ...
「フューリー」☆最後の聖戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見る限りでは、今までの戦争映画とさほど変わらなそうにみえるのだけど、とても深いとかアカデミー賞有力候補などと言われると、やはり気になってしまう。 さてさて、どこがそんなにに違うのかな??♪
フューリー/FURY (我想一個人映画美的女人blog)
「U-571」の脚本家で、キアヌ主演「フェイクシティ」(わたしはこれダメ)、現在公開中のシュワの「サボタージュ」 監督のデヴィッド・エアー監督&脚本×ブラピ主演、製作総指揮の戦争映画。 これまで沢山の戦争映画を若い頃から観て来たけど ここ...
フューリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
フューリー '14:米 ◆原題:FURY ◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」 ◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サ...
フューリー (はるみのひとり言)
試写会で観ました。第二次世界大戦末期、戦車"フューリー"で300人のドイツ軍に立ち向かった5人の兵士たちのお話です。ブラピの映画でとっても楽しみにしていて、てっきり1台の戦車で頑張っちゃう感動のお話なのかなと思ってたんですが、そんな生易しいもので....
フューリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【FURY】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で、300人の...
フューリー (心のままに映画の風景)
1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。 アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリア...
フューリー (迷宮映画館)
男たちがやけにかっこいいのだけど、戦争だからか、戦争じゃなくてもそうなのか・・
[映画『フューリー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・二週連続で名作に恵まれました^^(『インターステラー』に続いて。来週は『ヤマト2199』もある^^) その戦場の臨場感たるや、映画館を出たときは、身体が固くなっていました。 戦闘時の時間は、限りなく現実の時間の流れと近いです。 激闘のインターミッショ...
『フューリー』(2014) ~鋼鉄の家族、地獄を往く~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ・イギリス/135分 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット    ローガン・ラーマン    シャイア・ラブーフ    マイケル・ペーニャ    ジョン・バーンサル ■概要 原題は『Fury』。アメリカ・イギリス合作による2014年の...
フューリー (Sato's Collection)
見ました。 1945年4月、ナチスに総攻撃を仕掛ける連合軍に、ウォーダディーというニックネームのアメリカ人(ブラッド・ピット)がいた。ベテラン兵の彼は、自らフューリーと名付けたアメリカ製の中戦車シャーマンM4と3人の兵士と共に激戦を戦った来た。そんなある日、ウ...
『フューリー』(2014年) (@KOBAのムービー!ムービー! )
『フューリー』FURY(2014年イギリス、アメリカ、中国) 監督          デヴィッド・エアー 脚本          デヴィッド・エアー 出演          ブラッド・ピット             シャイア・ラブーフ           ...