アブソリュート・エゴ・レビュー

書籍、映画、音楽、その他もろもろの極私的レビュー。未見の人の参考になればいいなあ。

やまいだれの歌

2017-03-27 23:55:42 | 
『やまいだれの歌』 西村賢太   ☆☆☆☆☆  またしても西村賢太の寛多もの。『蠕動で渉れ、汚泥の川を』がとても良かったのでこれはどうかと思ったが、個人的には更に上回る面白さだった。いやー西村賢太は侮れない。  今回は19歳の寛多、横浜の造園会社に勤めるの巻である。江戸っ子としての矜持に強いこだわりを持つ寛多だが、『苦役列車』の事件で自分の生活につくづく嫌気がさしたらしく、新天地を求めて横浜へ . . . 本文を読む
コメント

瞳の奥の秘密

2017-03-24 22:22:45 | 映画
『瞳の奥の秘密』 ファン・ホセ・カンパネラ監督   ☆☆☆☆  アルゼンチンの映画をiTunesのレンタルで鑑賞。2010年のアカデミー賞外国語映画賞受賞作品。レイプ殺人を扱ったサスペンスものだが、そこに25年の歳月の流れを挟む大河ドラマ的手法で関係者の人生の変転を織り込んだり、人生も後半にさしかかった大人たちの恋愛模様を混ぜたりして膨らませてある。また事件の方も単に犯人探しや捜査だけでなく、司 . . . 本文を読む
コメント

ダブル/ダブル

2017-03-21 23:57:12 | 
『ダブル/ダブル』 マイケル・リチャードソン編集   ☆☆☆☆★  分身をテーマにしたアンソロジー。切り口としてなかなか面白いと思うし、実際に面白いアンソロジーになっている。当然ながら幻想文学系の作品が多い。どれも読みごたえがある短篇ばかりだが、特に面白かった短篇について簡単に説明したいと思う。  ランドルフィ「ゴーゴリの妻」。これは異色作家ランドルフィの名刺代わりと言ってもいい有名な短篇だが . . . 本文を読む
コメント

ニウロマンティック

2017-03-18 22:19:10 | 音楽
『ニウロマンティック』 高橋幸宏   ☆☆☆☆☆  高橋幸宏の『ニウロマンティック』、1981年発表。YMOの『BGM』と同じ年である。「ロマン神経症」との副題がついており、「ニウロマンティック」がニュー・ロマンティックとニューロティック=神経症的な、をかけた造語であることは言うまでもない。アルバムジャケットもそうだが、サウンドも『BGM』と非常によく似ており、双生児的なアルバムといっていいだろ . . . 本文を読む
コメント

香りの逃亡

2017-03-16 22:29:14 | 作品
          香りの逃亡  香水の瓶をあけて初めて、私は香りが逃げてしまったことに気づいた。オパール色の液体はそのまま残っているのに、まったく何の香りもしない。私は愕然とした。もちろん、そのままにしておくつもりはなかった。その香水を手に入れるために、私は大変な犠牲を払ったのだ。すぐに探索を開始する。幸運なことに、最初の重要な情報は簡単に手に入った。香りは私のアパートの窓から逃げ出し、ベラン . . . 本文を読む
コメント

Her

2017-03-14 09:56:28 | 映画
『Her』 スパイク・ジョーンズ監督   ☆☆☆  iTunesのレンタルで鑑賞。近未来のLAを舞台に、孤独な男とAIが恋に落ちるちょっとSF的な物語である。といってももはやAIがどんどん実用化されつつある現在、映画の中の世界は今の私たちの世界をほんのちょっと先に進めたぐらいのリアル感だ。すなわち、スマホも兼ねた小型のタブレット、音声認識、ホログラムのゲーム画面、AI制御の住居、などなど。   . . . 本文を読む
コメント

オシリスの眼

2017-03-11 23:58:43 | 
『オシリスの眼』 オースティン・フリーマン   ☆☆☆☆☆  ソーンダイクものの長篇『オシリスの眼』を読了。最高傑作と言われることもある本書、確かに面白かった。本書にはいろんな意味で他のミステリにはないフリーマンの独自性が凝縮されている。その独自性については訳者あとがきに詳しく書いてあるが、まずは何といってもずば抜けた論理性。あのレイモンド・チャンドラーはフリーマンのミステリをそのロジカルな整合 . . . 本文を読む
コメント (2)

アンジェリカの微笑み

2017-03-08 21:37:10 | 映画
『アンジェリカの微笑み』 マノエル・デ・オリヴェイラ監督   ☆☆☆☆  日本版のブルーレイを購入して鑑賞した。オリヴィラ監督101歳の時の作品だというから驚く。  幻想的な映画という評を見て買ったのだが、幻想的とかシュールレアリスティックというよりも、むしろ浪漫主義的といった方がぴったりくる映画だと思う。雰囲気もストーリーも古めかしいし、観客を挑発したり翻弄したりするようなところはなく、ひた . . . 本文を読む
コメント

蠕動で渉れ、汚泥の川を

2017-03-05 13:39:11 | 
『蠕動で渉れ、汚泥の川を』 西村賢太   ☆☆☆☆  定期的に矢も楯もたまらず読みたくなる中毒性を有する西村賢太の未読の長篇を、ハードカバーを購入して読了。『苦役列車』と同じく主人公は北町寛多だが、今回は少し時系列を遡って、まだ17歳の時分の話。寛多洋食屋に勤める、の巻である。あいかわらずエゴと卑屈とみみっちさをむき出しにして這いずり回る寛多の姿に読者は笑い、呆れ、ほとほと愛想がつき、やがては痛 . . . 本文を読む
コメント

さよなら、人類

2017-03-02 23:24:54 | 映画
『さよなら、人類』 ロイ・アンダーソン監督   ☆☆☆★  スウェーデンの映画監督ロイ・アンダーソンの『さよなら、人類』を日本版ブルーレイを購入して鑑賞。この監督はまったく初見だったが、ヴェネツィア映画祭のグランプリ受賞作ということで興味を惹かれたのである。実際観てみると相当ユニークなフィルムだった。これまで私が観たどんな映画にも似ていない。言ってみれば寸劇の集合体で、一つ一つはとぼけまくった不 . . . 本文を読む
コメント

1934年

2017-02-27 22:12:18 | 
『1934年』 アルベルト・モラヴィア   ☆☆☆☆★  これも古本で入手したモラヴィアの文庫本。読んだ記憶がないので初読だと思うが、もしかしたら10代の頃に読んでいるかも知れない。モラヴィア74歳の作品で『倦怠』『軽蔑』よりだいぶ後となる。晩年の作ということで角が取れてマイルドな、ある種達観した作風かと思いきやさにあらず。きわめてトリッキーかつ作為的なプロットの小説であった。モラヴィアの小説で . . . 本文を読む
コメント

人生万歳!

2017-02-24 20:56:38 | 映画
『人生万歳!』 ウディ・アレン監督   ☆☆☆☆☆  英語版ブルーレイで再見。前にiTunesで観てすっかり気に入り、セリフが多いし難しいしで日本語字幕付きのブルーレイを買おうと思ったら、日本ではブルーレイが発売されていない。いい映画なので日本でもブルーレイを発売すればいいのに。  主演のラリー・デイヴィッドはもともと人気コメディドラマ『Seinfeld』の脚本家だが、最近じゃHBOの『Cur . . . 本文を読む
コメント

無宿人別帳

2017-02-20 20:17:30 | 
『無宿人別帳』 松本清張   ☆☆☆☆☆  『かげろう絵図』が大変面白かったので、松本清張の時代劇をもうひとつ読んでみた。こちらは短篇集である。  タイトル通り、すべて「無宿人」を題材とした短篇。無宿人とは江戸時代に存在したある階層の人々をさす言葉で、要するに社会のすべての構成員が「人別帳」で管理されていた時代にその「人別帳」に載っていない、つまりはなんらかの事情で社会の枠組みから零れ落ちてし . . . 本文を読む
コメント

旅情

2017-02-17 21:47:51 | 映画
『旅情』 デヴィッド・リーン監督   ☆☆☆★  日本版ブルーレイで再見。主演、キャサリン・ヘプバーン。秘書で生計をたてるアメリカ人の独身女性が一人旅でヴェニスを訪れ、現地で骨董品店を経営する男と恋に落ちるというお話。ヴェニスの観光映画にして大甘のメロドラマと言われても仕方がない映画だけれども、それだけで切って捨てるには惜しい部分もある。普通のメロドラマにはない、ビターな味わいがあるのだ。   . . . 本文を読む
コメント (2)

海に投げこまれた瓶

2017-02-13 23:26:16 | 
『海に投げこまれた瓶』 コルタサル   ☆☆☆☆☆  コルタサル最後の短篇集。なぜか絶版になっているので古本で入手した。晩年の短篇集らしく、コルタサルの超絶技巧をたっぷり堪能できる素晴らしい作品集だ。何が超絶技巧かというと、何はともあれこの文体。アイデアももちろん相変わらず冴えているのだが、もはや融通無碍となったこの文体をもってすればこの世に可ならざるものはなし、ということを思い知らされる。村上 . . . 本文を読む
コメント (2)