なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

あの頃:めぐりて  

2014-04-30 19:41:08 | 短歌・俳句
太陰暦:三月廿一日   
芍薬の  つぼみが二種に  施肥をした    鉢植えは小  地生えは大に     例年は  鉢植えのほう  白い花   咲かせてくれて  和みを与う     今年度...




1年前の記事。


昨年から、白い芍薬は咲かなくなって、真紅の芍薬が咲くようになりました。


密集のしすぎ。


わかっているのですが、まだ手をつけてません。


今年は、夏に分けつをやってみようかと。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃:ひたひたと   

2014-04-30 19:31:06 | 短歌・俳句
迷探偵:コンナンの推理   

   <放射線パンデミックか>   魚介類  大手スーパー  販売の    東日本の  市場の汚染      拡散が  すでに始まり  危機迫る   NGO調査  定期...




1年前の記事。


東日本の震災後から、騒がれたのは、まず食品の安全性の問題でしたね。


今も、シビアなのですね。


とくに、太平洋産の魚介類が問題に。


セシウム134と137の合算で、問題視するほどに。


政府は、ようやく100ベクレル以下に。


規制してもできぬこと、明白に。

 
100以下でも、被爆に閾値(しきいち)は、ありません。






   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰途について   

2014-04-30 19:00:51 | 短歌・俳句
<ヒマラヤユキノシタの今>    
花はもう  枯れ落ちてるが   葉はいまも    
スクスク伸びて   垣根を凌駕      





川の土手   枝垂れ枝から   紫の      
花をユラユラ   川面(かわも)になびく    





初夏の色  川にも田にも   家々の    
庭先からも  香りを運ぶ      


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外出でー2

2014-04-30 18:36:16 | 短歌・俳句
アヤメ科の   花が随所に  満開の     
ときを迎えて  雨を喜ぶ     






大樹にも  白い小花が   歓迎の    
あいさつされて  思わずバシャリ


 


名も知らぬ   花が次々  道路脇      
プランターにも   多種類豊富      






(ローダンセマムと判明しました。)





(松葉ボタンの一種です。)  












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外出で   

2014-04-30 18:10:26 | 短歌・俳句
局はじめ   用事で出かけ   たくさんの    
発見は花   営巣ツバメ      


   (花ミズキが、高々と。)   






   (シャクナゲが、満開に。)



(ツバメの巣のアパート群。)   


   (栴檀の若葉。)    

  



   (ツツジです。)

  

   (ヒラドツツジで、花弁が大きいです。)      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加