なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

あの頃:マーシャル群島のその後

2013-01-31 20:04:48 | 短歌・俳句
太陰暦:一月九日    
寒太郎   戻り旭日を  隠しそう      勢いあるも  春遠からじ      <マーシャル諸島・ビキニ環礁の米国核実験で>       アメリカの   核実験で   ...



 かつてアメリカが、太平洋上のマーシャル群島で、水爆実験をしました。


そのとき、ビキニの人たちは被爆。


日本の漁船が、1000隻ほど、その周辺で、魚業に出ていました。


ほとんどの船が、被爆し、その代表が福竜丸でしたよね。


おびただしい被爆者になりました。    


ビキニの住民は、白い泡が海岸に流れ着いたことを、石鹸だと勘違いしたのです。   


わざわざ、体にこすりつけて洗いました。   


もう、わかりますよね。重症の被爆です。     


1年後、大変なことに。    


それを、見るにみかねた当時のグリンピースが、木の船を調達し、避難させました。


まだ、帰還できていないのです。    


アメリカは、除染したから・・・と、勧めるようですが。    


水爆実験の怖さを、世界が知ったのです。   



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陰暦:十二月廿日  

2013-01-31 06:38:00 | 自由日記
しらじらと  夜明けを迎え   うす明かり      
野鳥の声が  処々に聞こえる    



<働き者は>    

ナギの空  うす雲ありて  トラクター   
3台ありて  集結したり   

 

 


同じ田に  2台入って  アレほんと    
目的違う  畦造りへと    








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃:迷い橋は

2013-01-30 19:18:08 | 短歌・俳句
迷い橋    
戻ろうか   残ろうかなど   二分して      川内村の   迷いごとなり     被曝への   危険度高く   住民の      塩飽さまざま  帰村は無理と   ...




1年前、原発の事故から、福島県の川内村では、村の機能とともに帰村するかどうか?


揺れ動きましたね。


放射線のことを考えれば、若い人たちは、避難したほうが良い。


復興を早くしたいというあせりとの葛藤。


だれも、結論を勧めることは出来ず、各人が判断せざるをえませんね。


このことは、他の原発立地自治体も、同じ憂き目に。    


他山の石ですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迷探偵:コンナンの推理  (狂った獣)    

2013-01-30 11:13:05 | 自由日記
大阪は  2月にガレキ  焼却を     
開始するとか  狂った維新      


6000も  焼却予定  完全に    
大阪は危機  子供ら避難       


(数値は、トン単位で。)    


府民たち  知らぬが仏  危ないよ    
風の向き  神戸付近へ      


三宮  このあたりまで   確実に    
化学物質  ストロンチウム       


セシウムの  放射線など   強烈で     
すでに被害が  出てるはずだよ       


(6000トンのガレキを、計算すれば・・・・)      
キログラム=㎏に変換すれば     

1トンは  1000キログラム(千キログラム)    


6000×1000=6000000㎏    


つまり、1トンにつき、平均1ベクレル/㎏でも、

   総量が600万ベクレルとなる。   


これより多いことは、明白。なぜなら、他の地域での試験焼却で、証明済みだから。   


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陰暦:十二月十九日   

2013-01-30 09:04:58 | 自由日記
あさぼらけ  弱い日差しに  スズメたち      
三々五々に  集まり会議      


きのうより  心持ち暖  体感し    
もうすぐ春の  気配を感ず   


<ながら族で>   
台所  ホットカリンの  一杯を    
所望しながら  関東炊きを    


ぐつぐつと  煮込む大根  里芋と    
人参・煮干  黒豆と汁      


他の具財  おでん具財で  カニ入りの      
生つみれやら  ちくわ・海鮮       




  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加