なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

秋晴れのときだった

2014-09-30 19:46:47 | あのころ回顧録
太陰暦:八月廿六日   
秋空に  柿も実りの  季節がら   しだいに黄色  空にはウロコ     壮大な  無限宇宙の  キャンバスに   ウロコ満載  有限...





1年前の記事。


ウロコ雲が、青い広大な空に。


彼岸花とか、フヨウカタバミも。


秋らしく、咲き誇ってました。


鋤田の始まる季節。



早いですが。


季節の循環が、楽しみごとに。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れの街で  

2014-09-30 18:33:40 | 秋の出会い
北西の   秋風吹いて   心地よく    
農夫さん鍬   担いで帰宅      










   (  ルリマツリ。 )     




   (  夕顔。 )     



   (  槿。 )    




   (  寄せ植えの花。 )      




   (  花トウガラシ。 )   


   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじける

2014-09-30 18:23:21 | なでしこ千変万化
ザックリと   石榴の実から   はじけると   
おちてる物も   アルほどマッカ       


   (  マッカに熟した石榴。 )  


椿の実   順番よろし   パックンと   
はじけて風に  種が吹き飛ぶ         




   (  椿の種がはじける。 )   






桃・栗3年。


柿8年よ。


椿はサテ何年かしら?


石榴は?   


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蓑虫の一日は   

2014-09-30 17:56:38 | 撫子の昆虫記
蓑虫は   一日どんな   すごし方    
葉っぱをムシャリ   食べつくすこと      




  (  朝の蓑虫。 )     









午後からは   風にユラユラ  巣の外を   
覗いてみては  入ったりする      


蓑がの巣   いたるところに   ブラブラと   
忙しそうな   秋の夕暮れ   


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御嶽山は、他山の石か  

2014-09-30 12:34:36 | 天変地異
噴火では   御嶽山と   それ以外   
乗鞍岳も   怪しいという   


富士山も  火山帯では   ひずみアリ    
騒がれている   いつと分からぬ   


鹿児島の   川内さらに   カルデラ湖   
帯状地帯   スッポリ入る     


噴火予知   人間さまに   無理なこと   
されど自然は   賢い知恵を     


御嶽山では、


爆発の約1週間前に、気付いた異変とは。


山登り   した人がハテ   おかしいと   
野鳥が1羽   さえもいないと    


野生猿   子供を抱え   ダッシュして   
他の猿たち   一目散に   


逃げるように、他へ移動して行ったのを目撃してた。



カンとコツ   さにあらず知恵   地下異変   
電磁波などの   感受性かと     



淡路・阪神大震災のときも。   


震災の  数日前に   野鳥たち  
移動し始め   おかしいことと  


野良犬は   メスと子犬を   守るよう   
隊列組んで   ナニワ方面    



それぞれの秩序ある行動で、避難したのを見た人があったとか。



いずれにしても、日本列島。


どこで、活火山が、いつ、どうなることか。


地下の地図  あるわけないよ  穴掘れば   
熱水もあり  熱風危険      



     


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加