なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

あの頃;自然流通

2015-01-31 21:52:12 | あのころ回顧録
 
太陰暦:一月朔日市
旧暦の  元日になり  寒中に   日差しのどかに  ゴミ出し済ませ     友の宅  ママレードとか  ヨーグルト   フルーツ和えを  元気付けにと   届けれ...
 

1年前の記事。

 

頂きもので作った保存食。

 

たくさんできて、友の宅へと持参して。

 

逆に、いただきものが増えました。

 

ワラシベ長者になった気分でした。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅の構内で

2015-01-31 20:39:57 | 撫子の閑話休題

帰路の駅   生け花展よ   足止めの   

鑑賞癒し   心潤い     

 

 

 

 

駅の外   粉雪が舞う   夜となり   

今夜あたりは   積るつもりか      

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰りの道草

2015-01-31 20:16:25 | 冬のステップ

息子宅   帰り道では   道草を   

植物すでに  春の準備よ    

 

   (  チャリティーの花と実。 柊南天に似てますが、葉が違う。 )        

  (  君子欄の実。  )   

 

 

  (  名前不詳。垣根の樹の芽。 )

 

  (  チロリアンランプ。 )  

 

  (  キク科。  )    

 

  (  キク科の芽。 )   

 

   (  沈丁花の蕾。 )   

 

帰路の街  夕暮れどきは  ブルブルと   

肌寒いころ   完全装備      

 

 

 

   

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

往復路にて

2015-01-31 19:36:55 | 目的の外出で

息子宅  出かける朝は  陽光の   

輝き広く   雪雲遠慮    

 

ヘルパーの  役目でパッド   マットレス   

息子とリレー   干してホットす     

 

洗濯は   山積みとなり   物干しと   

乾燥機とを   フル回転よ   

 

パッド類   干してヤツ時   粉雪が   

チラチラと舞う   すぐに止んだよ   

 

取り込みや   ベッドの整理   見た目には   

掃除の甲斐が   あったとみなす       

  (  16時半ごろの月。十二日月。 )  

 

帰路に着く   空にくっきり   お月さま  

十二日月   日は西にあり    

 

 

街角の  桜がポツリ   ポツポツと    

ウソじゃないよと   咲き出しにけり      

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陰暦:十二月十二日  

2015-01-31 07:48:14 | 社会と自然の中  

夜明けから  寒太郎さん   吹き始め   

雪雲覆う   空模様なり   

 

本日は  準備整い   しだいには   

手弁当にて   外出するよ    

 

味ごはん  炊く準備して  具とダシを   

水とミリンと  しょう油味付け   

 

炊きあがり   大きなケース   ラップにて  

包んで蓋を   使ったものは   

 

人参・ごぼう・タケノコ・水煮豆・わかめ・シラス・十六穀米・ゴマ・カツオ節粉

調味料;しょう油・みりん

 

昨晩の   作り置きした  おでんとか  

再度煮込んで   容器に詰める   

 

  (  ホウレンソウとキウイフルーツのすりごま和え。 )   

 

  (  一ケースにまとめた。  )   

  (  豆腐入り味噌汁。 )   

 

手弁当   バッグに詰めて   息子くん  

陣中見舞い   ヘルパー兼ねて   

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加