なでしこBLOG

短歌と俳句のおもしろコミュニケーション広場

あの頃:気候と原発     

2013-06-30 19:11:43 | 短歌・俳句
一日所感     
原発の  反対デモは   15から    20万人   大規模なりと       応援の  声高々に  原発の     再稼動阻止  民意忘るな       老朽化...




1年前の記事です。     


太陽光発電の買取の案内が、とどいた日でした。


6月のデモは、大勢の参加あり。


再稼動も、新設も、無理に。


今ほど、危機に直面してる。


原発が、瞬時に海水の温度を7℃上昇。


これぞ温暖化。


無駄な電力を、2/3(三分の二)捨てて、不夜城に。


その結果、日本は、とっくに亜熱帯地方になったのである。


気象庁と政府が認めないだけ。    


団塊世代が子供のころは、夏でも28℃が最高気温。


台風は  二百十日とか、二百二十日のころに来るものだった。    


今の雨は、台風の不連続前線に左右されているだけ。


気候変動は、日本にこそ問題がある。


世界は、すでに、日本が亜熱帯であるとみなしている。    



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陰暦:五月廿二日  

2013-06-30 08:24:25 | 自由日記
アマテラス   オオミカミ様  6時には   
天高く照り  遍(あまね)く通る          





白花の  千日草が  光うけ     
通る女(ひと)へと  無言の癒し   



姫扇  スイセン姿   現して    
おじぎと朝の  あいさつ交わす      






<夕暮れは>     
6時台  夕暮れどきの  入日観て     
残光放ち  別天地へと   




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今の核戦争は   

2013-06-29 18:34:27 | 短歌・俳句
一日の所感 と脱原発へ     
 <急場しのぎは>   炊き上がり   朝7時には  朝食の   準備完了  アラさにあらず    息子君   7:30には  朝食を   ないよご飯が  まあスイッチ...



1年前の記事です。

脱原発のうねりは、国民の意志となって、デモの中に。

今のほうが、もっと危機的状況になっているかも。


政府の表の顔は、原発で電力を!


裏の顔:国際マフィアにあやつられて、日本を盾にして、


地下核納庫を、日本海に作って、ガンジガラメに。


日本人の子孫は、どうでも良いと。


福井が、しかも、大飯が危険。


それを推進してるのが、文科省や経産省であると。   


そして、海底地下の核納庫のボタンを、預けるとは。


もはや、日本人はどうでも良いと。    






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陰暦:五月廿一日    

2013-06-29 07:59:07 | 自由日記
久しぶり  東天高く  朝日出て
あまねく大地  イノチ輝く     




三角の  角地公園   夏の花    
朝日を受けて  梅雨を満喫      











(千日草です。)      


路肩には  無花果の木が  青い実を   
つけてひっそり  食べごろ近し       



<午後の外出で>   
街角を  ウオッチャーして   駅までの   
道のり途中   白い花あり    



(ルリマツリです) 

 

遠くから  見たのと近く  接近を   
して覗き見を   会釈で返す    

<夕暮れ>     
夕ぐれの  7時台には   山入端(やまのは)に    
光条放ち  イエローゾーン    



フワフワの  白いキノコが   アスファルト    
硬い隙間に  ポコポコ芽だし    




 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あのとき:川柳

2013-06-29 06:29:28 | 短歌・俳句
ナーシングマンボウ回遊記   
 <ある日の病室劇場版:川柳>         下(しも)からの  出血あれば   月のもの  (卒業生さん)    この部屋は   みな卒業よ    いまさらネ  (祭...




1年前の記事。


入院中の人間模様を、回想。


深刻そうな問題も、毎日の笑いのリハビリで、明るく、楽しい生活に。


そんな1場面など。


おかげで、皆さん喜んで次々と、退院に。


川柳にしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加