シクル・マーモット(Cycles Marmotte)

ロードバイク専門のプロショップ~松戸駅と江戸川サイクリングロードから至近!!

セライタリアのサドル計測システム「idmatch」の講習を受けてきました!

2013年02月27日 | 2. 特価・新商品入荷情報!

Idmatch2今日は、残念ながら雨天のため水曜山練が中止となってしまい時間が空いてしまったので、日直商会本社で行われていたセライタリア社のサドル計測システム「idmatch(アイディーマッチ)」の講習を受けてきました!

これまでも説明書やDVDを観ながらテスト的に何人か計測させていただいていたのですが、より正確に計測するためのノウハウを今日はしっかり聞いてきました。

セライタリアのシステムの大きなポイントは計測箇所が3つあり、まず一つ目は、坐骨幅をより正確に計測するために大転子(だいてんし)と呼ばれる大腿骨の一番外側の出っ張っている部分の幅からサドルの座面幅を導き出す方法です。

写真は、ちょうど同時に説明を受けたライトサイクルのKさんが計測されているところですが、大転子の位置はちょっとわかりにくく、骨盤の最も突き出た部分から推測する方法と脚を上下に動かして確かめる方法があり、レーシングウエアを着た状態で測るのがベストですが、服を着たままでも誤差を考慮することで計測は可能なので、女性でも気軽に本システムをご利用いただけます。

次に、大腿の周囲長を測りますが、これは内モモがサドルに擦れてペダリングしにくくなることを避けるために、サドルを選ぶ上で重要なポイントとなります。ちなみに自分の計測結果では、モノリンクという1本レールを使用した幅の狭いサドルの使用が推奨され、今度早速試さなくては・・・と思案中です。

最後に、骨盤の前傾角度を測るのですが、専用デジタル傾斜測定器を使用して、仙骨という尾骨に一番近い場所の角度を測ることで、サドルへの圧迫具合を計測します。これにより、穴あきサドルか否か、また、穴あきサドルでもその大きさについて導きだしてくれます。

以上のデータと身長などの基本データをコンピューターに打ち込むことで、セライタりア社のどのタイプのサドルが最適なのかが簡単に分かるので、ご興味のある方は是非本システムをご利用ください!(所要時間約10~15分)

なお、本計測に係るコストは1,000円とさせて頂き、3カ月以内にセライタリアのサドルを当店でご購入(注文)頂いた方には、キャッシュバックさせていただきます。

スポーツバイクショップ「シクル・マーモット」のメインHPはこちら(店頭在庫やイベント情報、営業予定表などがご覧いただけます。)

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/

↓松戸から遠くにお住まいの方はこちらの通販ページも是非ご覧ください!

http://www2.ocn.ne.jp/~marmotte/tsuhan.html

↓ブログランキングに参加しています。下のロゴに1クリックのご協力お願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リドレーFENIXにはカン... | トップ | カンパ80周年アニバーサリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事