プサとダルの日々~時々鉄子

GもDもわからない音楽ド素人がハンマーダルシマーとプサルタリーの2つの楽器に挑戦中!
どうなることやら…

稲岡大介&井口敦ライブ おーるどタイム

2016-01-12 11:10:40 | ハンマーダルシマー

1月11日月曜日祝日、ワークショップ後稲岡さんのライブ。ちゃんと聴くのは初めて。知ってる曲が多く、親しみやすい。ニックブラントンのダルシマーが大きく響く音が出るのは知っていたが、ライブでは優しい音に。柔らかい印象。本当に人それぞれだと再確認。

 

井口さんはブズーキ、アパラチアンダルシマー、ニッケルハルパ、ギターと4種の楽器で。ブズーキとギターは自作だそう。1部の最後にのえるちゃんも飛び入りで参加。2部は最新のCDから日本の曲も。元から和の楽器のように合っている。なんでもあり、な楽器だと納得。

  

  

終演後のセッション。より楽しそう。ニックブラントンも本領発揮、迫力ある音で圧倒。

 

 

ワークショップもライブも本当に楽しかった。次回が楽しみだ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ 稲岡大介先生 おーるどタイム

2016-01-12 09:49:30 | ハンマーダルシマー

1月11日月曜日成人の日の祝日、おーるどタイムで稲岡さんによるワークショップに参加した。朝からちょっと緊張。2部構成で、まずはソロ演奏編。初心者不可に恐れをなしていたが、基本から始まって一安心。ボックスと臨時の音、おー理解できるぞ! なんかついていけそうな予感。ところが、楽譜を読むのに時間がかかり、さらには伴奏に入ると慣れていないので、頭ではわかっても体がついていかない。基本がくずれて右手が動かず固まってしまう。言っていることはわかるのだが、頭からの指令が追いつかない。自分でもどこもかしこも固くなった老化と生来の不器用さが嫌になる。沁み込むにはまだまだ時間が必要だ。

2部はアイリッシュダンス編。ホーンパイプとポルカとリール。これも曲者。リズムとアクセント。リズム感がないので、至難の業。ふむふむと思っても、実際に曲を演奏するとアクセントを意識していても間違えるし、意識するあまりメロディがわからなくなる。セッションでは大事だが、曲を知らない以上にリズムがとれないのが入っていけない理由のひとつだったのだな。

稲岡先生は教えるのが上手く、わかりやすい。左利きなのに右利き用にやって見せてくれたり、しかも反対側から弾けるって……。凄さを実感。ソロもダンスチューンもどちらもやはり繰り返し練習と慣れることが必要だ。また、4月に来てくれるそうで、楽しみだ。それまでに今より少しはできるようにしておこう。

必死で、写真を撮る暇などなかった。誰も撮っていてくれなかったし。残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加