プサとダルの日々~時々鉄子

GもDもわからない音楽ド素人がハンマーダルシマーとプサルタリーの2つの楽器に挑戦中!
どうなることやら…

ギターコンサート 浜田隆史&伊藤賢一  おーるどタイム

2015-08-31 18:20:57 | その他ライブ

8月29日、おーるどタイムでギターのライブに行ってきた。浜田さんは健さんと一緒にやっているのは何回も聴きに行ったが、ソロは初めて。伊藤さんも健さんと一緒の時に1回だけ。そういえばギターだけをじっくり聴いたことはなかった。私はギター全然弾けないし知識もないし、実を言うとあまり興味はなかった。でも、場所もホームグラウンドだし、たまにはいいかなと。行ってよかった!

プサだったので早くから居座っていると、ちょうど弾奏の練習をしてるところに2人到着。準備をしていた伊藤さんが曲を爪弾く。たどたどしい私とは大違い。あー、きれいな曲なんだー。

健さんと来るとギターを持ってない写真ばっかりになってしまうのはなぜだろう? それではあまりに失礼なので、今日はちゃんとギタリストらしい写真を撮らなきゃ。伊藤さんには自然でと言っておきながら自分はしっかり作る浜田さん。

 

 2人揃ってのリハーサル。

19時、ステージ衣装に着替えて、いざ開演。前半浜田さん。安心してリラックスして聴ける。奥様が選んだ淡青のシャツがお似合い。唄ものから始まり、自作や耳慣れた曲まで。聴きなれてるとはいえラグタイムってやっぱりまだよくわからないけど(ごめんなさい)、らしさがぎゅっと詰まってた。後半伊藤さん。えー、こんな感じだったっけ? いきなりアイリッシュやってくれてサービス精神旺盛。自作でしっとりからおーっ!と目を見張らせるテク。幅の広さ、懐の深さを感じた。なんでもできちゃうすごい人なんだ!

 

そして最後は2人で。もう何曲か聴きたかったなー。アンコールでジ・エンド・オブ・ザ・ワールド。素敵!知ってる曲をやってくれたのも嬉しい。

 

雨だったので、客足が伸びず、もったいなかったな。とってもよかったのに。聞き覚えのある曲をやってくれたり、浜田さんらしい歌詞の唄、伊藤さんの画が浮かんでくるような自作曲などなど。ギターを知らない素人でも十分楽しめた。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチ合宿 那須

2015-08-15 11:27:49 | 旅行

8月12日~13日、楽器を持って那須のペンション、山のわが家に行ってきた。木々に囲まれた静かな、熊の注意情報が回覧で回ってくるようなところ。階段を登らなければならず、楽器を運ぶのがちょっと難儀だったが…。楽器練習OKなので、行ってみようということになったのだ。満室だったがやはりみなさん音楽好きとみえて、どこからも苦情は出ず、練習できた。

↓合宿に参加したみなさん。ハンマーダルシマー、プサルタリー、コンサーティーナ、ブズーキ、バンジョー

 

何も決めないで出発したので、ケータイで検索しながら昼食場所を探す。フィンランドの森というのがヒットし、行ってみることに。ムーミンショップ、薪ストーブ展示&販売、レストラン2か所、パン屋などがあり、チーズフォンデュをチョイス。おいしかったー。外のテラスで食べたので、蜂が来なければもっとよかったのに…。

  

宿に着き、ひとっ風呂浴びてさっそく練習。ママさんが珍しい楽器に反応し、ぜひ紹介してくれという。晩御飯のあと、ヴァイオリンで遊ぼうという時間があるので、そのあと楽器を鳴らして欲しいということだった。楽器宣伝のいい機会だ。子どもたちが予想外に興味津々で大盛況。楽器もこんなにモテて本望だろう。これを機にやろうとする子が出てくればいいなー。でもいかんせん値段が高い! 気軽に始めるにはそこがネックだな…。

朝、残念ながら大雨。そのせいかみんな出足が鈍く、チェックアウトちょい前にバタバタ出ていく。うちも例外にもれずギリギリに。少しは練習できたし、ご飯はおいしかったし、楽器紹介もできて、天気は悪かったけど大成功!

↓夕食と朝食

 

帰りはどこか寄りたいのだが、雨降りなのでステンドグラス美術館へ。みんな同じことを考えているらしく、混んでいた。パイプオルガン、オルゴール、金管の演奏が時間別に行われ、飽きさせない。ゆっくりできてちょうどよかった。すぐそばに教会があり、ふつーに結婚式も行われる。友達の結婚式を思い出してしまった。

 

帰りのお昼も検索で探す。これはと思うところに行ってみたのだが、見つからない。あきらめて別のところに。クーシというパスタの店。偶然そこもフィンランド風ログハウス。そこも混んでいた。外で待っていると子犬がちょろちょろ。テラス席にいた人のわんちゃんだった。大喜びで遊ぼうといってくる。遊んであげたいのはやまやまだが何も持っておらず、走り回るわけにもいかず、困惑。すぐ呼ばれたので中に入り、かわいい子とお別れしたのだった。

雨が降ったせいか、肌寒いくらい涼しかったのだが、うちのほうに戻ってくると夜なのに相変わらずもわっとした暑さ。また蒸し暑い日が続くのか……。短い避暑地のプチ合宿は無事終了した。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鬼怒川温泉hahifu旅

2015-08-07 12:45:55 | 旅行

8月1日~2日、幼馴染と鬼怒川温泉に行ってきた。前にも一緒に来たが、江戸村と今はもうないウエスタン村に行ったっけなぁ。今回は東武ワールドスクエアと江戸村に行くことにした。鬼怒川温泉には、行きやすいのと運賃が安いのでこれまでにも結構来ている。その度に違う宿なので飽きることはない。しかも今回は初めて新宿発のJR~東武乗り入れのスペーシアだ。1日2往復(日によっては3往復)しかないので時間も決まってくる。

駅ホームで待ち合わせ。お昼の弁当は「夏のたっぷり野菜弁当」を購入。

 

着いたら宿に荷物を預けて、バスで東武ワールドスクエアへ。なんとなく空模様が怪しいなと思ってたら途中で雨が…。着いた時には大雨!とりあえず中に入り、屋根のあるウエルカムスクエアのベンチで様子をみることに。ところが稲妻光り、雷鳴轟き、雨は激しく降り、樋からはき出される滝のような雨水。いったん止んだかに見えてまた降り出したり。小一時間身動きとれなかった。まだ雷は鳴ってるのだが、雨は止んで晴れ間も見えてきたのでまわってみた。豪雨の脅威に怯えて心なしか早足になり、いつでも避難できるように目は屋根のあるところを探しながら歩いた。どうなることかと思ったが、結局雨は降らず、少しは涼しくなったものの、やはり暑かった。

 

 

↑前に来た時にはいなかった、トムとマイムというキャラクターも農村にさりげなくいた。

宿に着き、お風呂に入って夕食。「1週間を食べる」がコンセプトだという。盛り沢山で、おいしかったのだが、普段少食なのでどうしても食べきれず、申し訳ないが残してしまった。デザートも4種。果物はパイナップルとメロン、豆(花豆か?)のコーヒー味、炭のチーズケーキ。一つ一つがもう少し少なかったらなー。

 

いろいろ話そうと思ってたのに、やっぱりなんとなく時間が過ぎて朝になってしまった。朝はやっぱり早く目が覚めてしまう。風呂に行き、着替えて川沿いを散歩してみた。朝食まで時間がなかったので吊り橋まではいけなかったが、川の流れと山を見ることができた。朝食はちょうどいい量で残さず食べられた。昨日残しているので心苦しかったのだがよかった。

 

コインロッカーに荷物を預けてバスで江戸村へ。今日は雨ふらないだろうな…

平日にもかかわらず、たくさんの人が…。子どももいっぱいで、変身して体験やら入門やら大騒ぎ。この暑いのに元気だ……。やはり忍者が人気のようで、劇場なども時間前に満員札止め。若松屋と北町奉行所、時間までの暑さしのぎに入ったニャンまげ劇場。矢場では4本命中し、ニャンまげ貯金箱をもらった。若松屋ではお大尽になる人が素人とは思えない度胸と愛嬌のある人で、面白かった。前にも見てるはずだが、覚えていない。遠山の金さんは外なので、見てるほうも暑いがやってるほうは着物着て立ち回り、砂利は日に当たってやけどしそうな熱さになってるはず。ニャンまげはあれ、立ってるだけでサウナ状態だよねー。食べるところもいっぱいで、早めに戻って駅前で食べようということになり、帰ろうとすると、神輿が通った。水をかけながら進んでゆく。子どもたちが大きな椀で水をかけようとサンダルびしょびしょにしながら後を追っていった。

 

 

 さすがに日陰にいるニャンまげ。

駅に戻り、はちやの2階でお昼食べてお土産を買って…あっという間だった。いつも楽しい時間は早く過ぎる。

今度はランチだねーと夏の旅は終わった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加