東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

選択:「科学研究費」の闇不正にまみれた「学者ムラ」

2002-04-06 21:06:02 | 報道一覧

「科学研究費」の闇不正にまみれた「学者ムラ」

大学などの研究費として一番代表的なものは「科研費」と呼ばれる文部科学省が分配する科学研究費補助金だ。これ以外にも、厚生労働省と環境省なども個別に科研費を持つ。税金を使いオープンに運営されているかのように見えるが、実はその選考方法から使途にいたるまでベールと疑惑に包まれている。東北地方の国立大学工学部の教授の一人は語る。

「科研費選考の過程で学会のボスの意向が反映されることはどの分野でもある。そして現場での使い方や研究が適正かどうかは最終的に研究者の善意に任されてきた。実際にはさまざまな不正がある」
 科研費の闇は、民間を巻き込んだ研究費全体の利権や不正にも繋がっているという。

まともな審査が行われない

「研究費・不正」といって真っ先に挙がるのは医学の世界だろう。京都府立医科大学元教授による捏造論文に端を発した、ノバルティスファーマ社製の降圧剤「バルサルタン」を・・・


http://www.sentaku.co.jp/category/culture/post-2919.php

http://megalodon.jp/2013-0805-0943-29/www.sentaku.co.jp/category/culture/post-2919.php


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日新聞:東大43論文に改... | トップ | Science Insider: Whistleblo... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。