猫と惑星系

押し記事 小石の結合塊の重力崩壊による彗星形成の証拠。 惑星系、探査機の翻訳他、ELRIS、宇宙少女、花の写真を掲載。

何も無い環

2017-05-03 13:46:07 | 土星系
土星本体とDリングの間が想像以上に何もない。カッシーニがダイブする際はメインアンテナを楯代わりにするのだけど、毎秒数百個のリング構成粒子の衝突を検出するはずがほぼ零。理由が不明のためさらにダイブを続ける予定です。たまたま何もない空間を通過したわけじゃないだろう。多分、土星本体の重力と熱で掃き清められてるんだろう。以下、機械翻訳。
2017年5月2日
カッシーニ、土星に近い「ビッグエンプティ」を発見
NASAのカッシーニ宇宙船がGrand Finaleで土星とそのリングの狭い隙間を2度目に撮影する準備をすると、カッシーニのエンジニアは喜んでいる。リング科学者は

サイエンス・オブ・サイエンス:カッシーニ環交差点の比較PIA21446
これらの2つのビデオの音とスペクトログラムは、NASAのカッシーニ宇宙船のラジオとプラズマ波科学(RPWS)によって採取されたデータを、2つの別々の軌道で土星のリングの平面と交差させたものです。
クレジット:NASA / JPL-Caltech /アイオワ大学
その地域は比較的ほこりのないように見える。この評価は、カッシーニが4月26日にこの地域で最初のダイブ中に収集したデータに基づいています。

この情報を手に入れて、カッシーニのチームは、科学観測の優先計画を進めます。

カリフォルニア州パサデナにあるNASAのジェット推進研究所(Jet Propulsion Laboratory)のカスティーニプロジェクトマネージャー、アール・マイズ氏は、「リングとサターンの間の地域は「空が大きく空いている」と明らかにした。「カッシーニ氏はコースにとどまり、科学者はダストレベルがなぜ予想よりもずっと低いのかについての謎に取り組んでいる」

隙間のよりきれいな環境は、宇宙船のソーサー形状のメインアンテナがリング面を通る将来のダイビングの際にシールドとして必要とされることを意味するかもしれない。これは、カッシーニの楽器がいつ、どのようにして観測を行うことができるのかを強制的に変更したことになります。幸いにも、 "プランB"オプションはもはや必要ではないようです。(21個のダイビングが残っています。そのうち4つは土星のリングの最も内側の縞を通り、アンテナはそれらの軌道上の盾として使用する必要があります)

カッシーニの画像に基づいて、土星とそのリングの間の約2,000キロメートル幅の地域のリング粒子環境のモデルは、この領域には宇宙船に危険をもたらす大きな粒子がないことが示唆された。

しかし、これまでに宇宙船がなかったので、カッシーニのエンジニアは、宇宙船の方向を指し示す幅4メートルのアンテナをリング粒子の方向に向けるように指向させ、その4月26日のダイビング中に。

カッシーニのラジオとプラズマ波の科学(RPWS)機器は、アンテナの保護シールド(カッシーニの磁力計である)から突き出たセンサーを備えた2つの科学機器の1つでした。RPWSは、土星のメインリングのすぐ外側のリング面を横切ったときに毎秒数百のリング粒子のヒットを検出しましたが、4月26日にはわずかな数のピングが検出されました。

RPWSデータがオーディオ形式に変換されると、機器のアンテナに当たった埃はポップや亀裂のように聞こえ、機器が検出するように設計された荷電粒子環境の通常の笛と音を覆い隠します。RPWSチームは、ギャップの中でリング飛行機を横断する際に多くのポップと亀裂があると予想していましたが、代わりに4月26日に驚くほど奇妙な音が聞こえました。

アイオワ市アイオワ大学のRPWSチームリーダーであるウィリアム・カース氏は、「ちょっと見当違いな話でした。「私は最初のダイビングから何度もデータを聞いてきました。私が聞いたダストパーティクルの影響の数は、おそらく手に入れることができます。

チームの分析によると、カッシーニは隙間を横切って少数の粒子に遭遇しただけで、煙中のもの(直径約1ミクロン)。

カッシーニチームがコントロールに座り、画像のダウンロードを待ちます
CassiniプロジェクトマネージャーEarl Maizeは、2017年4月26日にJPLで任務管理の宇宙飛行士オペレーションチームとカッシーニの信号を待ちます。
クレジット:NASA / JPL-Caltech

カッシーニは、5月2日火曜日、午後12時38分(EDT午後3時38分)に、前回のダイビングで通過した場所に非常に近い地域で、リング飛行機を通過します。この軌道の間、交差点に先立ち、カッシーニのカメラはリングをよく見ていました。さらに、宇宙船は、エンジニアがこれまでに許容していたよりも、磁力計を較正するために、回転(または「ロール」)しています。最初のフィニカルダイビングと同様に、カッシーニは土星への最接近時に接触しなくなり、5月3日にこのダイビングからデータを送信する予定です。

カッシーニのグランド・フィナーレ(画像とビデオを含む)の詳細については、以下をご覧ください。
https://saturn.jpl.nasa.gov/grandfinale

Cassini-Huygensミッションは、NASA、ESA(欧州宇宙機関)、イタリア宇宙局の協力プロジェクトです。パサデナのカルテックの一部門であるNASAのジェット推進研究所は、NASAの科学ミッション・ディレクター、ワシントンの任務を管理しています。JPLはカッシーニ惑星を設計、開発、組み立てた。

カッシーニについての詳しい情報:

http://www.nasa.gov/cassini

http://saturn.jpl.nasa.gov

最終更新日: 2017年5月2日
タグ: カッシーニ、ジェット推進研究所、惑星、土星 太陽系
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釜山提灯祭りのハロービーナス2 | トップ | 映画「保安官」の試写会のラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

土星系」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。