荒川三歩

退職したので益々自転車で走り回っています。
相変わらず近場中心ですが、これからは故郷でも。

遊子水荷浦の段々畑ー2

2017年06月09日 | 散文
登り口の案内板に従って段畑へ行ってみます。


民家の間の狭い道を上がって行きます。




水路に水はありません。


城壁のようですが、約1m幅の畑の集合体です。


膨大な量の石を組み上げています。
暮らしの年月の集積です。
このレールはモノラックという作物や農機具を運ぶモノレールです。


この石垣が太陽光を吸収する保温効果で、作物の育ちが良く甘くて美味しいと言われています。


この畑は主要作物ジャガ芋を収穫した後に薩摩芋を植えていますが、この時期殆どの段畑は何も植えていません。


段畑の中段辺りから集落を眺めます。


この石段を上がってみます。
狭くて怖いです。
日常的に石段を使う暮らしは常に危険と背中合わせです。


石段の上です。
1m幅位の狭い畑が1~1.5mの高さで続いています。


遊歩道(地元民家の農道)を振り返ります。


頂上を見ます。
石垣に圧倒されます。
人の営みの連鎖の迫力です。


田舎には集落の頂上に墓を設けている事がよくあります。
先祖が集落を見られるよう、生家を見られるよう、そして先祖に見守られるよう頂上に設置するのだと思います。


農作業と墓参の道です。


この話、続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遊子水荷浦の段々畑ー1 | トップ | 遊子水荷浦の段々畑ー3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。