林檎の唄 ~ アップルビデオ高津店オフィシャルブログ

東京の西の方で活動しているアコースティック・ロックバンド「アップルビデオ高津店」のブログ
毎日更新目指して頑張ってます

トイレのリフォーム

2017年04月04日 12時00分00秒 | VROOOM

こんばんわ。
アップルビデオ高津店 ねこ担当ブルームです。


生後9ヶ月になるコトさん。
どんどん大きくなっていますが
新たな問題発生です。

それは先代のクロさんから受け継いだ猫トイレ

両足を広げ腰を深く落とし、砂に向かって放出する。
しかし、大きくなりトイレが狭くなったので
トイレ内壁に引っ掛けることが増えてきました。
で、砂の量が多い時なんかは特に
壁の継ぎ目付近に向かって勢い良く放出するので
継ぎ目から外に漏れることがあるのです。


これはイカンね。ということで、
猫トイレを新しくすることにしました。


新しいトイレの候補としまして、
最近のトレンドである
システムトイレ型から選んでみようかと。

わかりやすく云えば、猫トイレの進化型

消臭性能が非常に高く、おしっこする度に砂を捨てる必要もない。
上層で濾過して下層のシートに吸収し、それの取り換えも1~2週に1回。
人用トイレに流せるタイプの砂が使えないのが難点ですが
専用砂の粒が大きく、ウ◯コにもくっつきにくいので
ウ◯コだけを拾って人用トイレに流してる
ってユーザーさんも多いようです。


有名どころでは、花王の「ニャンとも清潔トイレ」、



ユニ・チャームの「デオトイレ」、



アイリスオーヤマの「楽ちん猫トイレ」など。



上2つは近所のスーパーでも
専用砂やシートが置いてあるのですが
よく見ると本体形状が良くない。
ともに内壁部分にアッパーとロワーの継ぎ目がある。
これでは買い換える理由から遠ざかってしまい本末転倒。
それに、構造的に他社の砂&シートの使用も
組み合わせさえ間違えなければ問題なさそう。
ということで、「楽ちん猫トイレ」に決定。


猫という生き物は、基本的に環境の変化を好まない
コトさんがウチに来たばかりの小さかった頃には
子猫用の小さなトイレ&鉱物系の砂を使っておりまして、
今のトイレ&流せる砂に移行させるのに少し時間がかかりました。
今回の移行は上手くいくだろうか…


つづく。
『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルースマンへの道! その17 | トップ | THIS I LOVE? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

VROOOM」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL