⑦パパの「頭の中は575」

元は「子育て日記」だったが、子供達も全員大人になっており、最近「俳句」の記事が増えたのでタイトルを変更しました。

助詞「の」の話

2021-09-17 15:27:05 | 創作・俳句など

広島ブログ
広島ブログ ランキングに参加していますので、1日1回ポッチンの応援よろ
しくお願いします。

毎月楽しみにしているNHK俳句10月号が届きました。真っ先に見る「佳作

」コーナーに今月は名前がありませんでした。クスンw 今月は珍しく全国の

SNSで繋がっているいつき組の皆さんの名前も発見できませんでした。知り

合いの句がゼロと云う、こんな月は珍しいのですが・・・

ただ、DMでもよくお話しするし、岩波では名前のあいうえお順が近いので、

よく隣同士で掲載される某Nさんのお名前を「気になる投稿俳人、放送回数ベ

スト10+α」で見付け、大変うれしくてDMを出しました。

 

今回の面白かった記事に、片山先生の助詞「の」の中にこう云う記事があった。

六月の花のさざめく水の上  飯田龍太

秋風の和紙の軽さを身にも欲し  林 翔

この2句の「の」は、「六月の花」「秋風の和紙」と繋がっていない「の」で、

「や」では強すぎるので「の」を「軽い切れ字」として使っている。と云う部

分が新しい発見でした。使いたくなってきたw どこかで近いうちに絶対に使

ってみようと思うw

 

 

★ 今月の同じお題で書きましょうは「昭和の歌姫」でお願いします。20日

にお願いします。

↓ ラインスタンプ ➜ 購入画面

広島ブログ


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 5年前のフィリップは、女装... | トップ | あるコンビニスイーツ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

創作・俳句など」カテゴリの最新記事