陽出る処の書紀

忘れないこの気持ち、綴りたいあの感動──そんな想いをかたちに。葉を見て森を見ないひとの思想録。

映画「DUST ダスト」

2024-07-21 | 映画──社会派・青春・恋愛
時空を超えて語られる、ひとりの女と兄弟との数奇な運命の物語。語っている今と語られた過去、ふたつの次元が行き来しあうふしぎな味わいのあるストーリー。 . . . Read more

オフィスの温度しだいで働きぶりが変わる

2024-07-18 | 仕事・雇用・会社・労働衛生
猛暑の夏と寒さ厳しい冬にありがちな、社内の空調の温度。快適な体温がバラバラな人が集まれば、差が生じるわけでして。 . . . Read more

アフリカの仮面彫刻には呪いがある?!

2024-07-16 | 芸術・文化・科学・歴史
学生時代に興味本位で買い求めたアフリカ・マコンデ美術館のポストカード。なんとなく不気味なので、スッキリ処分してしまうことに。パブロ・ピカソがキュビズムの創造の源泉としたぐらいに、強烈なエネルギーに満ちた彫刻は、並の一般人が眺めてよいものではなかったのかもしれません。 . . . Read more

二次創作者のおかした、二次創作者のおかしな考えについて

2024-07-15 | 二次創作論・オタクの位相
二次創作をやめたい、飽きた、同人活動にうんざりしたときに。あなたは新しい自分の人生について考えはじめているのかもしれません。 . . . Read more

★★★神無月の巫女二次創作小説「アンサング・ヒロイン」 第二十七話 更新★★★(2024/07/14)

2024-07-14 | 感想・二次創作──神無月の巫女・京四郎と永遠の空・姫神の巫女
第二十七話を更新。売れないアイドルのコロナと売れっ子漫画家のレーコ。喧嘩するほど仲がいいコンビの馴れ初めは雨の日だった。(「ミス・レイン・レイン」シリーズ第三章) . . . Read more

【Image】画像で語る、すこぶるアガる、神無月の巫女

2024-07-14 | 感想・二次創作──神無月の巫女・京四郎と永遠の空・姫神の巫女
神無月の巫女20周年、その前に。二次創作小説の更新時お知らせ記事につけていた画像。 たまにコメントをつけていましたが、いい機会なので、ちょこっと遊んで企画化してみることにしました。 . . . Read more

いにしえのアニオタはビデオテープ命だった

2024-07-13 | 二次創作論・オタクの位相
昭和生まれのアニオタはゴールデンタイムの地上波放送アニメを溜め撮りして、擦り切れるまで何回も視聴していたものでした。 . . . Read more

職場で濡れ衣を着せられた話

2024-07-10 | 仕事・雇用・会社・労働衛生
謂れのない重大な過失をなぜか私だけのせいにされてしまった! 役に立ったのは日々細かにつけていた業務ノートなのでした。 . . . Read more

映画「ゼロ時間の謎」

2024-07-05 | 映画───サスペンス・ホラー
その場に居合わせた者すべてに動機あり! 富豪の未亡人の住む別荘を訪れた者たちが遭遇する不確定な殺人。アガサ・クリスティーの原作で知られるミステリーを映像化。 . . . Read more

欲しいものはネットで見つかりますか?

2024-07-03 | PC・通信・情報・メディア・SNS
すぐに調べられて、すぐ買えて、安く手にできて、すぐ届いて、すぐ反響があって、ときにはタダでコスパが良くていいことづくめ。だけど、なんだか虚しくもあり。自分が欲しいものは、実は、もっともっと苦労して、良く考え抜いてから、手元に置いた方が、末永くお付き合いできるのではないのだろうか。 . . . Read more

社会人なら風邪を気合で治してみたい

2024-06-29 | 医療・健康・食品衛生・福祉
代わりのいない責任ある業務をしていたら、軽々しく会社を休めない。病院に行く時間もなかなかとれない。かつて病気魔で当日欠勤常習者だった私が、ひさびさに風邪をこじらせてしまってとった対処法。 . . . Read more

お仕事着に悩むことがありませんか?

2024-06-27 | 政治・経済・産業・社会・法務
会社指定の制服だとか、女性特有のファッションチェックもない職場は働きやすい! あらかじめ週の出だしだから明るい色を、真ん中はゆったりめのパステルカラー、後半は落ち着いた黒め、などなど服のバリエーションを変えていくことで、仕事に向かう準備が整います。 . . . Read more

手塚治虫の漫画『どろろ』

2024-06-25 | 読書論・出版・本と雑誌の感想
「おめえさん、なぜ生きようとがんばってみねえんだい?」──生まれながらに五体不満足の少年と、孤児のコソ泥小僧っこ。人間として生きるに足る条件とは何かを究極的に突き詰めた、手塚治虫畢生の大作。 . . . Read more

ものが壊れる時は何かの兆し?

2024-06-22 | 自然・暮らし・天候・行事
長らく愛用していたものが壊れてしまうときは転機なのか、それとも危険の予兆なのか。いずれにせよ、買い直すのがめんどくさい、という事実が残りますね(笑) . . . Read more

絵師の心は壊れやすいのか問題

2024-06-19 | 二次創作論・オタクの位相
創作行為はほんらいインドアでできる、孤独な楽しみなのに。売れるためならば目立ってなんぼ、付き合いを広げなきゃ、意見表明してキャラ確立しなきゃ、大手や著名人に評価してもらわねば、という無限のプレッシャー地獄で疲れる人が、この時代のクリエイター志望を病ませているのかもしれませんね。 . . . Read more