勝手にしょうかい?!

独断でチョイスした好きな音楽、映画、B級グルメ、フィギュアなどを勝手に紹介するブログです。
TBやコメントもお気軽に。

映画 「少林少女」

2008-05-10 12:06:22 | 邦画



中国で少林拳の修行を終えて帰国した少女が、祖父の道場再建に向けて奮闘する姿を描くアクション・ムービー。「踊る大捜査線」シリーズの亀山千広プロデューサーと、
『少林サッカー』のチャウ・シンチーが共同プロデュースという形式で手を組み、邦画史上初の本格武術映画に挑んだ。監督は同じく「踊る大捜査線」シリーズの本広克行。
主演は『県庁の星』の柴咲コウ。1年間トレーニングを積んだ柴咲が繰り出す本格アクションは必見。(WEBより)





~以下、ネタバレ注意~
まず、この主人公 柴咲コウ演じる凛が非常にカッコいいです。腰の入ったしっかりとした構え、実に決まっています!
大勢を相手にしての立ち回りは、まさに女ドラゴン!




そして、この眼光鋭い表情も良いです。





凛の師匠の江口洋介、なぜか今は中華飯店の店主。
存在感もあり上手いです。
流れる水のように・・・ラクロスを通して少林拳の心を指導しています。






「少林サッカー」、「カンフーハッスル」にも出演しているこの二人も登場しています。後半、凛とともに敵地へのりこみます。




少林拳のような、あくまで個人競技に対し仲間を信頼し、ともに競うチームワークというものを、ラクロスを通して凛は学んでいきます。




さりげないシーンにも木人が登場したりしています。





敵のボス、国際星館大学学長の仲村トオル。鍛えられた上半身を披露しています。
凛とのアクションシーンでは、さすがに体が少し固い(?)




そして岡村隆史、昔からジャッキーチェンやブルースリーが好きだけあって、凛との闘いはこの映画の大きな見所でしょう。
満足な役が与えられて喜びに溢れているように見えます。




そしてなんといっても、柴咲コウの闘いに臨む時の表情!
まさに闘志溢れる闘う者の顔になっています!





そして、ラスト敵地の五重塔(?)の最上階に待ち構える学長、仲村トオルとの激闘は、最後の最後相手を打ちのめすのではなく、慈愛のこもった母性で相手の心を優しく包み込みます。

少林拳とは、相手を倒すものではなく、自分の身を守るもの・・・

このラストの闘いは闘わずして勝つ!といえるでしょう。

この映画・・・ヤフーのユーザーレビューでは、さんざんな酷評を浴びていますが、なんのなんの、充分に楽しめる良い内容の映画だと思います。
興味ある人は酷評に惑わされることなく観てほしいと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« フィギュア迷作劇場第一回 ... | トップ | フィギュアが来た!③ インデ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事