Fitteの倉本です。

フィッテは熱き魂を持ったロードレーサー達の為の情報発信基地&「お店」です。
カテゴリーより店舗情報をご確認下さいませ。

TIMEのエンドは壊れにくい!

2018年02月09日 00時00分03秒 | TIME
PVアクセスランキング にほんブログ村



リアディレーラーハンガーが曲がってもフレーム側が壊れないようにカーボンエンドが強固に作られている。



だからリアディレイラーのワイヤーやコードの出口が格好悪いところに出てしまう。
カーボンエンドとチェーンステイ&シートステイ部分はカーボンと樹脂の密度が濃い。
つまり、穴があけられない。
質実剛健。

ヘッド周りもPINARELLO のDOGMA F10 のようにスマートにワイヤー処理がされていない。

それがTIME

良くも悪くも質実剛健。

そして他の部分で乗り心地や接地感を作り出している。

だから、丈夫で長持ち。

因みにエンド部分は何十トンもの圧力をかけて成型するCMTという工法が用いられている。



TIMEが地味に進化している部分です。



よろしかったらクリックして応援の程お願い致します。m(_ _)m



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 3人からのスタート | トップ | C64デビュー!!! »
最近の画像もっと見る