乳がん☆乳ガン☆乳癌☆日記

●05年5月乳癌左乳房全摘腋郭清手術●13年6月再発 失くしたモノより今を見つめ前に歩くナリ♪  再発しちゃいましたぁ~

感謝を胸に歩もう

2018年09月16日 18時43分43秒 | ♪日常♪


本日 また ひとつ 「」を 重ねました

カンバラ ありがとねぇ〜

楽しみなコトがひとつ増えました(๑>◡<๑)
看護師さんから提案していただいた
『ワンコと一緒に車椅子でお散歩』
実現しそうデス(ヤッタァ〜)
今から ものぉ〜スッゴク楽しみです(^ ^)ヘヘヘッ
ドッグランに行けるかなぁ〜

あとね
最近いろいろと思うことがあり
これからも
社会と関わりながら生きていく事を意識しています
病気でも生活していかねばならない
どんなコトが自分にできるのかな……
生きていく為の現実
直面しています(今更ですが(−_−💧))


看護サービス開始からソロソロ2ヶ月になり やっと担当者の方に慣れてきた様です ←← カラダからのサインで判断しているのでこの様な表現になっちゃいます(^ ^)

7月に倒れてからまだまだ微熱が続いているようで
とにかく循環器内科の主治医から低血糖を起こさないように言われています

昨夜は消化不良を起こして胃液が鼻まで出たり引いたり…嘔吐したくても出ないくせに……油断するとチビっと出てくるのでなかなか朝迄辛かった
こういう時に
油断すると【 ドバッと 】嘔吐するから…キチッと用意します

嘔吐と発作が重ならない様に祈りながらの就寝は疲れたよぉ〜

楽しいこともツライ事も全部ひっくるめての人生だから

今迄と同じく嫋やかに生きていくのでありまする

テケテケと歩みます
コメント

7/11 水曜夜に倒れたコトの 後日談

2018年07月31日 20時48分09秒 | 乳がん12年生
何が原因かわからない「あの世を」覚悟した苦しみから、奇跡の生還をしちゃったらしい私。
今更ですが生きていることに戸惑ってマス

あの時院内のベッドで
血糖値測定結果が【 35 】
ブドウ糖をしこたま飲まされても
血糖値測定結果【 35 】から上がらない
ビスケットやポカリを飲んで
4回目でなんとか血糖値測定結果【 60 】に

コレを
10日以上経って
やっと思考がまともになってから振り返ると

どんだけ
その時の自分の身体が「まとも」じゃなかったかがわかった

何故ならば

普段血糖値が下がり【 値が50台 】になると
脂汗や
震え
めまい
カラダが ガクガクとなる【 症状 】が出ます

それなのに
あの時、血糖値測定結果【 35 】で
普通に居た
本当に何の具合も悪くなく

そのことが どんなに 恐ろしい状態か

今考えると
本当に
本当に
死にかけていたんだ…私…

カラダ中の筋肉が痙攣し引き裂かれるように
痛くてもがき苦しみながら
気絶し
意識混濁を起こしていたのは
本当に事実死にかけてたんだ

主治医は
「何らかの細菌かウイルスが入ったのか
原因は不明だけど、心筋が大きく壊れた値ではないから…それでも用心の為に1ヶ月間血糖値を悪くしよう」

……原因は不明ナンかいっ………チッ(苦笑)


こうして記述していると
今、
食事を摂るのも更にゆっくりで
食べる事がツライのも
普通にしていても以前より息苦しいのも
納得がいく…(´⊙ω⊙`)


倒れた日
夜迄、結花ちゃんと寿悦が居てくれて
夕方御近所に普段の御礼がしたく2人に手伝ってもらいながらやっと出来て安堵して居たのデス


ここからは私情デス

今迄何年も
同じタクシー会社の同じドライバーさんに病院の往復をお願いしていたのですが諸事情で利用できなくなった後の
..... 初めての病院

精神の影響で
知らない人と長時間一緒に居られず
現在本当に困っています(ノ_<)………
この先どうしよう……凹……

7/13 金曜
朝、さっちゃん(弟の奥さん)に病院に付き添ってもらい、帰宅後お水と氷を2階に用意してもらい、御飯を炊いてもらった。
現金の持ち合わせがなく
この日の支払いは全てさっちゃんに立て替えてもらいました。
診察費と薬代とコンビニ代等々

7/20 木曜
ヘルパーさんが入る日ですが、病院があるのでヘルパーさんはお休みデス。
この日も、さっちゃんに付き添ってもらい主治医に診てもらいに病院に。
行く前に銀行で現金を用意したく引出しをさっちゃんにお願いする。
主治医の診察。
病院の診察費は自分で支払えた。
薬代は薬局が外にある為、さっちゃんに立替えてもらいました。
帰り道
明後日(土曜)の母の法要について「私は無理だから弘とさっちゃんだけでお願い出来るる」と訊ねると「えっ…(弟)仕事だって言ってたよ」
「 ‼️ 」「 それは困ったね、弟が帰って来たら確認して連絡してね 」

【 仕事が入った時点で連絡して欲しいゾォ 】

ヘルパーさんが休みの為、またさっちゃんにお水とお米をお願いする。
一度自宅に戻り自転車で来てくれたさっちゃん
そこへ
弟から私の携帯に電話が入る
御礼を伝えなきゃ(^ ^)と、先に述べると
たたみかけるように
弟から思いもしない言葉が……

「 うちの母ちゃんはまぁーちゃんの飯炊きじゃないんだけど、自分でメシも炊けないの?
あのさぁ
うちのは体が小さいのに重いまぁーちゃんの車椅子押して腰を痛めてんだよ、俺でも大変なのに何勝手に使ってんの?
それに
まーちゃんお金ないんだってぇ?どんな生活設計してんの?俺なんか1円も手を付けてないのに。
あと
病院代もうちの母ちゃんが払っているって
どういう事?
まぁーちゃんお金ないから払わないつもりでいるんじゃない?
だから
タクシー代わりにうちの母ちゃんを使ってんの?何やってるのさ 」

「 弘さぁ…悪いとは思うけど
私、精神的にもたないから
あまりそんな風に言わないでもらえるかな…」

「 誰だって好きで精神病にならないよね。誰だって好きで心臓も悪くしないよね。誰だって好き好んで癌になったりしないよね。」

横に居たさっちゃんが
【 もう切っていいよ 】って
ジェスチャーくれたんだけど…
電話の向こうの弟の話は饒舌だった

ナンカ…悲しくて涙声になったら
何も言わずに切られた……

その後2階でさっちゃんに立替えてもらっていた分を渡して、気にしながらさっちゃんは帰宅
本当に助かった

さっちゃんの立場もあるのに…
うちの弟は何であんな事が言えるのか……

以前なら一喝出来たけど
それも
今はしんどい

「 話し合い 」 という言葉をしらないのかな

虚しくて涙が止まらなかった
友達にワンワン泣きながら話したらスッキリ
それでも…
トラウマがひとつ増えたのは事実デス
私にとっては障壁は危険なんだ…精神的に


こんな事
一度や二度じゃないから

本当に虚しい……大切な弟だから尚更デス

姉弟だから甘えもあるのはわかるけど
悪意のない「 自己中心的正論 」を
振り回すのは己の為にならないと悟って欲しい
社長の大変さは自身が選択した道なのだから
他者に何かを求めるのは筋違いなのだよ……
孤独で大変でキツイのが「 社長 」なのだよ……

どうかいつまでも幸せでいて欲しい
大切な弟

でも…私が生きている間は静観しててね
私も出来限り頼らずに頑張るから
弘に迷惑をかけたくなくて頑張ってきたんだけど
チョット今限界超えてるから
立て直し出来る様になるまでゴメンね





コメント (2)

乳がん転移部の痛み 遺影の意味

2018年07月18日 17時46分04秒 | 乳がん12年生
昨日夕方に突然胸が痛くなる

「もしや…心筋梗塞

ほんの数秒で癌の方だと理解。
気がつけば腋窩リンパ節部も痛みと熱がある。
慌てて痛み止めを飲んだが熱と痛みは一晩続く。

発作も起きちゃって

全然寝られない…

格闘(⁉️)の果てには睡魔が勿論あり。
その先にはワンコの「起きよう♫」攻撃が…
フラフラで派手に倒れたが腹部の打撲で済む。
早めに対応出来たので腕に腫れは出なかった。
しかし…
食欲がわかない(私も歳だ)。
13年生に進級しただけ有り難い。

遺 影
この時の写真は特別なんです(〃ω〃)ノ💚
乳がん1年生 を乗り越え。
母の心不全 を乗り越え。
自分自身の陳旧性心筋梗塞 を乗り越え。
その後
母が笑顔で送り出してくれた沖縄旅行の時のモノにしました。

自分が死ぬかも知れなくても、母の命は守りたいと一心に願った沖縄から東京への航空機内。
母の手を握りしめながら、
強張った身を母の肩に寄せて少し甘えた事。
今思えばチョット嬉しかったのかなって。

母の診察手続きが出来た途端に苦しみ倒れた時。
緊急入院後、
診察後の母を送り届けたくて、

Dr.に無理を承知でお願いしました。
私【 入院に必要なモノを取りに戻りたいので数時間外に出てもいいですか❓ 】
Dr.【 やってくれる人誰もいないの⁉️ 】
私【 母と二人ですし…私の事はまったくわからないので 】
Dr.【 。。。3時間以内で❗️少しでも具合が悪くなったら救急車で来る事‼️ 】

そして入院に必要なモノを用意。
あと預けていた
メグさんを駅まで迎えに構内を登り降りし、
自宅に戻り、
お母さんの食事を考えてお金を渡し、
やっと
心おき無くタクシーで病院戻った。

今思えば楽しかったなぁ〜.
動けたんだもん‼️

今は

今の自分を
嫌いにならない自分でいてあげたい。


振り返ると
みんな…いい想い出ばかり
コメント

体調悪くなる

2018年07月13日 23時31分39秒 | 乳がん12年生
体調を壊しました

突然具合が悪くなって
昨日から今日にかけて
頭からつま先まで
痛くて悶絶してました

昨日は冷たい水をゴップ一杯飲むのも苦しくて
このまま死んじゃうんじゃないかと諦めて耐え続けた
初めて体験するなんとも言えない痛み…トイレにまでいくのに….
°(ಗдಗ。)°.痛い
激痛で歩けん

初めて弟達に頼りました

義妹にお願いして
病院に薬をもらいに行きました

検査結果が悪くて
心筋の値普通0〜0.7
それが
8.5 迄出たので
病院側としてはこのまま緊急入院して検査しないと帰せません
…ずっと諭された
数時間も…
このまま帰ったら一人で倒れて
よくて救急車です

精神もと考えるのであれば
今この病院から救急車を手配して「国立病院機構災害医療センター」に行ってもらいます
って………_:(´ཀ`」 ∠):……

入院(い)(や)だから

どこでどうなるかは承知の上で私は生きてきたから

とはいえ
医師「帰せない」
わたし「帰りたい」

結果
どうるかは責任負えませんが
それでもご承知で
ご家族もご承認いただけるのでしたら
お薬は出しますね

折れてくれたの(〃ω〃)

ありがたかったぁ〜

ただ来週の木曜に受診して下さいと
念を(釘を)ぶっ刺されて
帰宅

今に至りますです
コメント

終活ももうすぐ終えます

2018年07月10日 21時29分30秒 | 乳がん12年生
今日はヘルパーさんと「いざ」という時の話をしました
夜中ツラくて下に降り母の位牌を抱いてうずくまってます
一回のニトロ使用量は限度があるからその限度内で落ち着かないと…例えようもない恐怖で体が震えてきます
この状況が
ありえない頻度で出てきたので

ヘルパーさんが来てくれた時に
倒れていた場合の処置を再確認致しました

臓器提供をするつもりでおりますが使えるか使えないかは医師の判断に委ねられます

発見しやすくわかりやすい様
お薬手帳に癌の情報を記載した文書を入れておく
それと
今迄の病歴を記載しておく

少なくとも短時間にスムーズな対応が可能なようにしておかねばならず
私の場合は
確実に発見者はヘルパーさんです(

弟家族に渡したい遺品も用意出来

後は
わんこムクのことについて細かく書いておかねばと…
ここはチョットいろんな意味で難儀です
また
泣きながらの作業になります

当たり前ですが
やっぱり…みんなと…別れたくないです
ボロボロの身体でも生きていたいです

それでも「この恐怖感」からは逃げられ無い

今は
生きているからこその「恐怖感」なんだと
自分に言い聞かせています【暗示デスww】
コメント