品川区大井町愛D歯科&矯正歯科(抜かない、削らない、神経を残すや顔や口の健康美容を目指します。)

歯を抜かない子供の矯正治療や矯正歯科、むし歯や歯周病予防、歯科ドックなども行い、顔や口の健康美容を考え治療を行います。

関節リウマチと歯科(歯周病だ!)

2022-05-31 06:36:23 | 治療法
【関節リウマチと歯科】
どれだけの人が、
関節リウマチで
悩んでいるか不明ですが、
痛みと不安があると
考えています‼️
治療は、
薬を中心に行われています。
痛みをとるために
整体に行く方がいますね。
わかりやすくいうと対症療法💦
しかし、
関節リウマチの方は、
歯科に関係しています。
特に、
歯周病に
かかっている人が多い🤩
まず、
歯周病のケアをする
必要があります。
中には、
「きちんとやってますよ!」と
いう方もいますね!
口腔内細菌のたくましさを
知らないです。
薬を使用すると
耐性菌が発生し、効果が薄れます!
実は、
薬を使用しない方法があります。👏
また、
同様に薬ではなく、
幹細胞上清液を用いたケアを
併用するとより、👏
関節リウマチのケアや
症状軽減になります。👏👏
薬の使用量は減る
可能性があります。
では✌️✌️

出っ歯の治療

2022-05-29 14:47:52 | SH療法 食育 腸育 口育 足育
出っ歯を気にしている人は多いが、
なかなか治療を言い出せない人も多い。

マスク時代だから、出っ歯を気にしないをいうかもしれないが、
マスク外せば、今まで通り。

出っ歯を直すのに、歯を抜いて矯正歯科したくないが、
あなたは、ほかの治療法を知らない。

歯を抜いて矯正歯科をやる歯医者は、多いが、
歯をに抜かない矯正歯科をやっている先生もいます。

出っ歯の治療を放置していると健康上の問題が出てくるが、
あなたは気にしてるのならば、
出っ歯の矯正歯科をやってください。

出っ歯の治療のサイトを紹介します。


口の中の金属は電気が流れてアンテナになっていますよ!!

2022-05-27 11:05:48 | 治療法

このサイトよろしくお願いします。
https://my-site-102244-107055.square.site/

歯科と美容

2022-05-26 10:26:01 | 美容
美容と歯科が密接な関係ですが、
このことに気付く方は少ないです💦

美容と言えば、
お化粧
エステサロン
フェイシャルエステ
美容整形
と思いつくでしょうが、

歯科からでは、
美容を思い浮かべる方は
ほとんどいないです💦

しかし、

歯科では、
審美歯科という治療が、あります✌️

代表的例は、
矯正歯科です。

また、

ホワイトニング、
被せものを白くする、
メタルフリーで
セラミックスや
ジルコニアを用いて治療します✌️

これは、口の中でしょ❗
と思われる方もいるでしょうが、

それは、違います‼️

口は、顔から見ると口元!
顔の一部です。

口元が不自然では、
どんなに素敵なお化粧をしても、
どんなに素晴らしいエステや
フェイシャルエステに通っても、
調和が取れませんし、
きれいに見えないです。

歯並びが、不正では、
顔の評価が下がります💦

歯が白くないと顔は、
暗いイメージです。

ならば、

矯正歯科をして、
歯並びをきれいにして
整えることを考えてますね❗

しかし、

安易に考えてはいけません❗

なぜか?

矯正歯科には、
大きく分けて、

歯を抜く矯正歯科と
歯を抜かない矯正歯科があります。
(親知らずは抜く場合があります。)

あなたはどうしますか?

美容から考えると

歯を抜かない矯正歯科を
考えると良いです‼️‼️

なぜか?

一般に矯正歯科は、
若い人が、治療します。

この半世紀日本では、
歯を抜く矯正歯科が主流でしたが、

医学の進歩で
歯を抜く矯正歯科には、
様々な問題点があることが
わかりました😰

美容という点では、
若い時は気になりませんが、

年を重ねるごとに
口元が、ゆるみ、たるみ、
さらに、
顔がくぼんできたりしてきます。

その他にもたくさんの
問題を引き起こします‼️

最近、

抜歯矯正を行った方が、
口元が、みすぼらしいので、

元に戻す矯正歯科を
行ってほしいという要望があります。

なぜそうなるかというと、
実は、

顔の骨、顔面骨は、

20歳代から年齢を増すと、

徐々に骨が薄くなったり、
細くなったりします。

また、

重力の影響もあり
肌がたるんできます。

ほうれい線、
マリオネットライン、
シワが目立つわけです!

ならば、

少しでも
美容にとってマイナス部分は
減らせばよいのです。

歯を抜かない矯正歯科を
考えることが良いですね‼️

美容と歯科には、
重要な関係があります。

身体に優しい矯正治療

2022-04-14 07:30:03 | SH療法 食育 腸育 口育 足育
コロナ禍下で、マスク生活が長くなり、人前で歯を見せる機会が少なくなった事で、歯の矯正治療を希望される方が

増えていると聞いています。

それは、日本では一般的なブラケットとワイヤーを用いた固定式のマルチブラケットタイプはもちろんの事、

最近多くなってきたインビザラインなどのマウスピース矯正や夜間8時間~10時間装着するタイプの”SH療法”

小児のさまざまな矯正装置もしかりです。

日本では、今では基本的に、子供たちの虫歯は激減していますが、半面で顎が小さくなり(狭窄歯列)一方で一つずつの歯のサイズは大きくなっていることから

歯並びやかみ合わせは、相対的に悪くなっている傾向にあります。

また、若い人の見た目を気にする層や大人の健康志向の層の間では、欧米諸国のように「歯が命」という傾向があります。

そこで、見た目の歯並びと健康増進の歯並びやかみ合わせにアプローチする”SH療法”が、注目されるようになりました。