巨大ヒロイン・コミック計画

3DCGを使ってデジタルコミックの電子書籍化をめざすブログ

特撮シーンのテストみたいで楽しいです

2017年03月12日 00時47分01秒 | 3D作業


 あれから、怪獣漫画を3DCGで制作するためのテストやら工程表(マニュアル)を作っています。

 怪獣が都会で暴れ回るシーンを、どうやって作るか?
 いろいろ実験しています。





 ポイントは手間をあまりかけずに、それなりの効果が出る方法の習得です。








 こちらはパーティクルで作っていた爆発シーンのテストです。
 手数が多い割に、この方法は割に合わないというか、結果もそんなに良くさせられないのでやめました。私のスキル不足です。
 イチから自分で作るより、ParticleIllusionで素材を貼り付けましょう、そうしましょうと。苦手なことは、とっとと撤退です。





 こちらは、ビルの壁面を怪獣が突き抜けるシーンを想定したテストになります。








 結構、良さげです。





 ついでに、怪獣の尻尾がビルをえぐるという、エグイ(?)シーンのテストもしてみました。











 気持ちいいくらいに、ハデにぶっ壊れてくれています。





























 煙のエフェクトを加えるテストも行いました。














 色の濃さや透明度……どのくらいが丁度いいのか、悩みますねー。




 アップで寄ると、こんな感じになります。
 ここに、事務机やパソコン、会社員がまぎれて落ちているとリアルな絵になるんですが……さすがにそれはエグすぎるので、そこまではやりません。
 あくまでも、それらの恐怖を読者に想像してもらうという方向で……演出していきたいですねー。











 とにかく、いろんなソフトウェアを使うので、それらの操作方法やら作業の流れをテキストに打ち込んで、自分なりのマニュアルを作っているのですが、どんどんページ数が増えていって、ちょっとした論文みたいになりそうな勢いです(苦笑)。


 そんなわけで、怪獣漫画であり、巨大ヒロインの活躍するデジタルコミック『ウルティマゴッテス~巨人娘』の制作準備は、着々と進んでおります。



 最後に、最近読んでる書籍の紹介などをします。


◆Magic Visualizer(マジックビジュアライザー)


 合成(コンポジット)について、丁寧に書かれてあって勉強になりました。
 今まで、カラコレとカラーグレーディングの違いすら私はわかっておりませんでした! その違いを理解できたうえに、使えそうなプラグイン、ソフトウェアの紹介もされていて、それらの操作方法も学ぶことが出来ました。
 だからといって、すぐにプロの方々のスキルに追いつけるものではありませんが、だいぶ今後の制作を楽しもうという気にさせてくれる本でした。


◆マヤ道! !


 これは読み応えのある漫画でした!
 まさか3Dソフトの解説をコミックで行うとは! だいぶ前から読みたいと欲しいものリストに入れていて、ようやく読むことが出来ました。漫画ながら「あっ! そこ知りたかった!」と思えるようなシーンがいくつかあり、今まで謎だった部分がようやく解明できるという、推理小説のような楽しさがありました。個人的には、かなりヒットな本でした。


◆フォトバッシュ入門 CLIP STUDIO PAINT PROと写真を使って描く風景イラスト


 こちらも、前々から読みたかった1冊です。
 合成のための手間をこんなにかけているんだと、読みながら呆然としました……。
 逆に言うと、そこまでビジュアルレイヤーを数多く重ねているからこそ、作例のような美麗なイラストが出来るんだと納得です。
 こちらはレベルが高くて、なかなか自分には真似できそうにない内容でした。しかし、知識として得られたのは大きな収穫です。


◆Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG


 Blenderは前々から気になってるソフトでして、なかなか学習の時間を取れずにいたのですが、これを読むことで理解を深められたらと思って購入しました。
 まだ届いたばかりで、ざっと見た程度なのですが、モデリングのテクニックについて興味がそそられる内容でした。
 漫画の準備作業の合間に、少しずつ読んでいこうと思います。


◆シン・ゴジラ機密研究読本


 こちらも、シミュレーションの待ち時間などに読もうと思って買いました。
 同じく届いたばかりでパラパラと部分読みですが、設定や世界観を楽しめる1冊になりそうです。
 他にも『ゴジラ幻論』とか、設定マニアが喜びそうな書籍が出ていて、気になっているのですが、あまり先に買い込みすぎて積ん読になるのもいけないので、先の楽しみに取ってあります。
 いや、実は『ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ』も、まだ買っていなくて……。あれは本が分厚くて重くて読みにくいという、予想どおりの書籍なので(笑)、いずれ電子書籍版が出るんじゃないかと様子を見ております。
 もちろん電子書籍版が出なくても買うつもりなのですが……まじでプチ身体障害者には、重い本は辛いのですよ……(苦笑)。


 というわけで、久しぶりの更新でした!

 ではではまた! ^▽^/







コメント (3)

本年もよろしくお願い申し上げます。

2017年01月03日 15時51分09秒 | 3D作業

 皆さま、新年あけましておめでとうございます。

 昨年は電子書籍の小説版を多くの方にご購入いただきまして、ありがとうございました。

 今年も、初のデジタルコミック版にチャレンジしていきますので、どうぞ末永くごひいきにしていただけたら幸せでございます。


 さて、昨年の後半からお手伝いで忙殺されておりますが、今もスケジュールが伸びて、だいたい2月までということになりました。
 おかげで自分の作品に取りかかれない日々が続いていますが、しかしおかげで『ウルティマゴッテス~巨人娘』の制作準備に向けて、いろいろ揃えられてきています。

 まずは、液晶タブレットを購入しました!
 3Dペイントをやるのが目的です。
 さらに絵コンテ(ネーム)を直にやったりする予定です。……ああ、これで手描きした紙を1枚ずつ、スキャナーに取り込み続ける作業から解放されるぅ~!
 それからレンダリングした3D画像の修正も、液晶タブレットでやれます。





 例えば、こういう影ラインがあまりキレイに流れていないときは、液晶タブレットで修正するのが有効です。

 他にエキストラのキャラだったら、手描きにしてしまうのもアリでしょう。
 モブシーンなんかでは、3Dモデルをガイドにしてレイヤーを乗せた上から手描きで描いてしまうのがラクです。
 今まで、すべて3Dモデルにしようとしていたので、どうしても時間かかってきていたんですね。
 それを削減するには、もう絵で描くしかない!

 それとテクスチャ作りにも役立ちます。
 私は『ウルティマゴッテス~巨人娘』で、怪獣が暴れる街を3Dモデルで埋め尽くそうと思っていました。

 まずはテストもかねて、シン・ゴジラの画像でビル群の背景を作ってみました。

















 これは「Shade」という3Dソフトのライブラリーを使ったのですが、ローポリすぎて細部が甘くなってしまっています。






 そこで、もう少しディテールのある3Dモデルを使おうと、去年これを購入しました。

















 申し分のない出来です。
 何より、私が苦手とするテクスチャがセットでパッケージに付いているのがポイント高いです!

 これをパソコン画面に並べて、シン・ゴジラの東京駅シーンを再現しようと思ったら……失敗! いきなりフリーズ! 重くて!!!
 調子に乗って、ビルのデータを並べすぎました……。


 以前にDAZで買った、こちらの廃墟の街のデータのときと同じです。









 重くて動かない……。
 ……そういえば以前にも、同じことをしてしまいました。














 これは、渋谷の街を3Dで作ろうとしたときのものです。

 自分で渋谷の街を歩き、デジカメでいろんな場所から撮影して、約400枚にもなった画像を眺めながら作りました。

 しかし細かく作りすぎたせいで、このデータも重すぎて使い物になりませんでした。

 続いてUVマッピング、テクスチャの作成もメゲてしまい、途中で放り投げてしまった失敗作です……。

 この失敗がよみがえりました。


(それじゃいけないんだ……)

 私は反省し、作り方を根本的に考え直すことにしました。


 ビル街のデータを軽くするには、ポリゴン数を少なくして、テクスチャの絵で表現してみたらどうだろう?
 と、考えました。

 最初は絵を描くのがヘタだから頭の中で否定していたんですが、たまたまツイッターの中で見かけた3Dペイントというソフトに興味を持ち始めました。

 それは例えば、絵のパターンを登録して、スタンプのように押していけるのです。
 つまり、四角い箱のポリゴンの壁に、窓の絵をスタンプのように押してビルディングを描いていけるという、簡単設計なわけです。
 これなら、描くというより、コツさえおぼえれば、お菓子のオートメーション工場みたいに、単純作業を繰り返すだけになるかもしれません(まだ自身でやってないので推測ですが……)。

 そう思って、液晶タブレットも購入し、3Dペイントソフトも練習してみようと思い立ったわけです。

 ……でも、まだ液晶タブレットをパソコンに接続すらしていません。
 絵を描くのが怖いからです(笑)。

 なんか緊張するんですよね……。
 箱から出しただけで満足してしまっています。また、パソコンとの接続口の形が違うので変換器を注文して、そのまんまの放置プレーの状態です。

 とりあえず2月以降から、徐々に始めていければと思っております。
 どうか、長い目で見ていただければ幸いでございます。


 ではでは、本年もよろしくお願い申し上げます。




ちょっとお休みします

2016年11月02日 01時10分33秒 | 3D作業



 知人の仕事を手伝うことになりました。
 病の人間でも出来る仕事であることと、その知人が大変そうなのでお役に立てればと。。。。


 というわけで。
 デジタルコミック版『ウルティマゴッテス』の制作準備は、そのお手伝いが終わるまで一時中断します。
 数カ月で終わると思うので・・・。


 また個人制作を再開しましたら、ここでお知らせします。
 ツイッターは気分転換に続けます。
 短い時間で済むから、ちょっとした息抜きになってツイッターは便利ですね。


 以上、ご報告でした。
 いつも応援くださり、ありがとうございます。





9月30日(金)のつぶやき

2016年10月01日 04時50分21秒 | 3D作業

9月29日(木)のつぶやき

2016年09月30日 04時54分06秒 | 3D作業