山本たかしの連絡帳

2019年4月の平群町議会選挙で当選しました。
2期目も皆さまの声にしっかりと耳を傾け、「平群の未来」を切り開きます!

菊美台土砂流出防止工事

2019年05月25日 | 日記
5月25日(土曜日)菊美台地区東側法面の土砂を撤去する
工事現場を視察させて頂きました。




平成29年10月22日~23日にかけて、近畿地方を直撃した台風23号の影響で
上の写真の左側より土砂が流出し、道路及び住宅敷地内へ侵入しました。
当時の写真です。








今回の工事は、今後予測される想定外の豪雨により、再び土砂が流出しない様に
法面上部に溜まっている土砂を撤去し、埋まっているU字溝を掘り起こして
雨水が適切に掃けるようにします。
土砂流出場所の南側より、重機とダンプを搬入します。






斜面の滑落を防止するためのコンクリートが、重機の行く手を遮断しますが
流出場所まで到達するよう、頑張って下さい。




工期は5月22から6月11日までとなっています。
コンクリートなど、予測していなかった構造物を調べ直す必要があり
時間が掛かると思いますが、住民の生命及び財産を守るために目的を達成
するまで諦めずに頑張って下さい。

第46回 平群町人権教育推進協議会総会

2019年05月24日 | 日記
5月24日(金曜日)中央公民館に於きまして
第46回 平群町人権教育推進協議会総会が開催されました。


会場内では人権関係図書が陳列されています。


たくさんの住民さんが来場して下さいました。


下中会長よりご挨拶。
なぜ差別が行われているのかは一言で表せないが、協議会としては一歩づつ解決していきます
と、述べられました。また、クレパスの「はだいろ」という名前を「うすだいだいいろ」と
変更したのも、社会の差別に対する意識が上がっていることを例に挙げられました。


西脇町長のご挨拶。
最近ではインターネットを悪用したイジメや差別が増えており、行政と協議会が協力して
防止していかなければならない、述べられました。


山田議長のご挨拶。
格差社会が進む中で、様々なイジメや虐待が後を絶ちません。子ども達への人権教育も
行っているがなかなか減少しない。個々の家庭内で取り組むことも重要では?と
述べられました。


総会に入る前に、「夢と出会いとやさしさと」~音楽をとおして人権問題を考えよう~
という題目でコンサートが開催されました。
演奏は宇陀市から駆け付けて下さいました「かぎろひ夢バンド」さんです。
「かぎろひ夢バンド」さんは、阪神淡路大震災の復興イベントがきっかけで結成されて
23年もの長きに渡り、活動されています。


「上を向いてあるこう」「竹田の子守歌」など10曲を演奏して下さいました。


私は日頃より町内を運転中には、子ども同士のけんかやイジメがないか見張っています。
私が小学生の頃は、下校時にじゃんけんをして負けた人が全員のカバンを持つゲームを
して遊んだりしていましたが、決してイジメではなくルールのある遊びでした。
現在ではそのような光景は見えませんが、見たら注意するかも・・(笑)。
むしろ一人で下校している子どもを見ると、友達付き合いが少し心配になります。
差別やイジメ、虐待など、様々な人権問題がありますが、見て見ぬ振りをしない
ことが重要だと私は思います。
本日は、有難うございました。



菊美台農園クラブ

2019年05月12日 | 日記
5月12日(日曜日)菊美台の住民さんで形成される農園クラブのBBQパーティーに
お邪魔しました。少し遅れて参加しましたので、会場は既に盛り上がっていました。


菊美台に隣接する生駒市に農園があり、徒歩で約15分です。
往復するだけでもかなりの運動量です!


丹精込められた農作物が、青々と育っています。




雨水を利用していますが、とても有効的な集水方法です。


トイレも完備されていて、安心です。


倉庫もあります。


広~い事務所(休憩所?)もあります。


昨日のひだまり喫茶がきっかけで、本日のBBQにお誘い頂きました。
皆さんとコミュニケーションがとれたことは、本当に嬉しかったです。
皆さんとお話することで、私の生活では見えなかった視野が広がりました。
これからも新しいことを見つけるために、皆さんとのコミュニケーションを
大切にして行きたいと思う2日間でした。
有難うございました。

菊美台 ネットワークひだまり

2019年05月11日 | 日記
5月11日(土曜日)ネットワークひだまりさんの活動で、ふれあい喫茶が開催されました。
場所は菊美台集会所です。屋根の補修等により足場が組まれています。


可愛い看板が目につきました。


売り切れる前にと思い、昼食には少し早かったのですが、お邪魔しました。


厨房の様子です。菊美台のお母さんたちが私たちのために一生懸命に
支度して下さいました。


本日のランチメニューは「キーマカレー」です。


インスタ映えしてるでしょ?とても美味しかったです。
サラダ付きで、お値段はなんと300円です!ご馳走様でした。
ひだまりさんは、平群町小地域ネットワーク連絡協議会に連携されていて
自治会支援や菊美台地区のコミュニティー向上を目指して、活動をされています。
子育てに奮闘中のパパママ、高齢者の皆さんなどなど、気軽に集える場ですので
是非一度、足をお運びくださいね!

2019年度 平群町長寿会連合会総会

2019年05月10日 | 日記
5月10日(金曜日)中央公民館に於きまして、2019年度 平群町長寿会連合会総会が
盛大に開催されました。


総会のしおりです。
4月1日時点の会員数は、男性896人女性1,259名の2,155名で、町内最大の組織です。
うち88歳以上は263名いらっしゃいます!
健康体操や社交ダンス、俳句やカラオケ等42ものクラブが活動されています。


来賓控室には、綺麗な生け花が飾られています。


会場の様子です。続々と会員の皆さまがご参集されました。


開始直前には、用意した350席が埋まりました。


総会が始まり、私たち議員は壇上からお祝いをさせて頂きましたので、写真はありません。
まず初めに、この1年でお亡くなりになられた75名の会員さんに、黙祷を捧げました。
岡会長からのお言葉には、高齢化率は年々と上昇傾向にあり、元気な高齢者が協力して
近隣の高齢者を支えて行く時代が来る、と述べられました。
今回の選挙活動中に、街頭演説で私から皆さまへお訴えしました内容と合致します。
また、私の選挙ポスターには「協働によるまちづくり 力を尽くします」と記載しております。
介護を必要とする高齢者を孤独にさせない!また、介護する側の介護者も孤立させない!
重要な課題ですので、皆さまから与えられたこの4年間で取り組んで参ります。
本日は、誠におめでとうございます。


第34回 平群町長杯

2019年05月04日 | 日記
5月3日(金曜日)~4日(土曜日)の2日間で、平群サッカー協会主題の
第34回平群町長杯が、平群町総合スポーツセンターグラウンドにて開催されました。


小学6年生までの子ども達で形成されるクラブチームの大会で、石川県や岐阜県
関西地方の16チームが参加されました。


遠方から来られた選手は、平群の選手の自宅で一夜を過ごしてもらいます。
同じ夢を目指す子ども達同士の輪を広げる、とても良い企画ですね!


平群FCの試合が始まります。ガンバレ~!


トーナメント表です。平群FCは・・。
結果も大切ですが、それよりもっと大切なものもあります(笑)。




大会も終盤に入り、遠方の選手たちは閉会式前に帰路につきます。
ゴールデンウィークの渋滞を想定し、疲れた選手たちに配慮しなければなりません。


町長杯の表彰式です。西脇町長よりメダルを授与されました。
選手の皆さん、おめでとうございます。


大健闘した平群FCの選手たちです。


閉会式では来賓を代表しまして、ご挨拶をさせていただきました。
18歳と16歳になる私の長男と次男が、この平群FCで大変お世話になり、現在も
高校サッカーで頑張っています。その当時に教えていただいた体力づくりや友達づくり
が、今日の彼らの基本となっています。
2日間頑張ってくれた選手のみなさんも怪我には気をつけて
末永く楽しくサッカーを続けてくださいね!

第10回 へぐり時代祭り

2019年04月29日 | 日記
4月29日(祝日月曜日)道の駅「くまがしステーション」に於きまして
平群町最大のイベントとなる「へぐり時代祭り」が盛大に開催されました。
前に歩いている3人の女子は、私の娘とそのお友達です。


今回で10回目の節目を迎えること、また平成最後の開催ですので、事前に町外へのPRにも
力を入れて準備を進めて参りました。


運営本部・総合案内では、来町された皆さまに、平群の良さを知っていただくため
様々なチラシやグッズを準備しています。


グルメ街やにぎわい市、お祭りスクエアなどを設置して、皆さまの心を躍らせて
いただきました。






チャイニーズレストラン「ケイズ」さん。近鉄竜田川駅前に店舗があり、本格的な味で
とても美味しいですよ!ぜひ一度、足をお運びくださいね!


那智勝浦町から遥々ご参加下さいました職員さん。有難うございます!


あなたも那智勝浦町から来てくれたのかな?


まだまだ、紹介したいお店が沢山ありますが、舞台でイベントが始まりましたので移動します。
吉本興業所属、奈良県住みます芸人の「十手リンジン」さんが、がっつりと盛り上げてくれました。


そろそろ平群町役場を出発した時代行列御一行が到着する頃ですので、またまた移動します。
いつものポジションを確保し、行列のベストショットを狙います。しぎとら君が子供たちの
相手をしています。


遠くに黄色いスポーツカーが見えます。初の試みですね!


と思いきや、平群町のゆるキャラ「長屋くん」と「左近くん」が乗っているではあ~りませんか。


到着前に降車して歩いてきました。ズルをしたのか~(笑)!




ゆるキャラの後に続くのは、町長、議長、副町長、教育長の皆さまです。




へぐり時代祭り実行委員会会長の玉井さん。町内では、隣りの人間国宝さんで有名な方です。


続いて、マーチングバンド「平群マイスターズ」の到着です。全国大会でも優秀な成績を
収められています。



時代行列の模様です。しばしご覧ください。




こども園児は手作りの鎧を身にまとい、盛り上げてくれました。「お腹減った~」との声が
聞こえてきました(笑)。あと少し、頑張ってね!






















婦人会の皆さま。


窪議員さん(向かって右)も参加されています。天女のように美しい~!


コスプレ軍団。




奈良県警のパトカーが行列の最後尾に着き、安全を確保して下さいました。


笑顔の素敵な警察官。子供たちのあこがれでもあり、お母さんからのファンも増えそう!


行列の到着後も、くまがしステーションではキッズダンスや音楽ライブ等の
イベントで盛り上がっていました。
この行事は平群町の良さを町外に発信する、最大のチャンスです。
「住み良いまちへぐり」を見ていただくことで、子育て世代あるいは
現役引退後の移住先として候補に上がれば幸いです。
全国各地で共通の問題となっている少子高齢化、人口減少に歯止めを掛けて
健全な行財政の運営に務めなければなりません。
本日は町外よりお越しくださいました皆さま、本当に有難うございました。
また、実行委員会の皆さま、出店された皆さま、本当にお疲れ様でした。

第4回 椿台防災フェスタ

2019年04月27日 | 日記
4月27日(土曜日)地元菊美台の近隣自治会であります、椿台地区の防災フェスタにお邪魔しました。
邪魔をしに行った訳ではなくて(笑)、菊美台自主防災会副会長と町議会議員の立場で
見学し、日頃よりどのような活動をされているのかを勉強させて頂きました。
スローガンは「守ろう大切な人を 助け合い椿台」です。


互近助の力、防災に対しての気持ちが上手く込められています。


防災倉庫の中に格納されている備品が陳列されています。
どのようなアイテムが備えられているのかを把握しておくことが大切ですね。






ボーイスカウトさんがロープワーク講習を行われていました。




地域コミュニティーの向上を図るため、子供たちの遊び場も設営されています。




電気・ガス・水道などのライフラインが遮断しても、命綱である食事を確保するために
炊き出し訓練を行います。




美味しいご飯を作るには、水加減や火の調節が肝となります。


防災会長のご挨拶。自助と共助の大切さと、減災についてご説明されました。


来賓の西脇町長から、日頃の防災会活動について感謝のお言葉を述べられました。


防災川柳だそうです。


私にも炊出し訓練で調理した豚汁と焼きそばを振る舞って下さいました。


救急救命のお勉強です。沢山の子供たちが熱心に聞いてくれています。


椿台地区の皆さま、本日は大変有難うございました。
冒頭にも申し上げましたが、私は地元の菊美台自主防災会副会長として
立ち上げ当初より活動させていただいております。
今回の見学で、菊美台防災会には無い新しい発見をしました。
無線の活用と防災会の方たちが統一していた赤い帽子です。
実際に被災したとき、とても有効になるアイテムです。
これらの情報を持ち帰り、早速菊美台防災会に提案したいと思います。
本日は大変勉強になりました。

令和元年からの平群町のビジョン

2019年04月22日 | 日記
4月21日(日曜日)の投開票の結果、令和元年5月1日より2期目を歩み出すことになりました。
(皆さまへの当選御礼は公職選挙法に抵触しますので、控えさせていただきます。)


1期目では、住民の皆さまのお声をしっかり聞きながら議場で質疑討論を行い
住民福祉サービスの向上を目指して参りました。
令和元年からの平群町行政は、財政の課題や超高齢化による介護の課題に
しっかりと向き合って行かなければなりません。
選挙ポスターにも記載しております「協働によるまちづくり」とは
「財政の課題を改善するための住民福祉サービスをカットすることなく
住み良いまち平群を継続していく。」
「介護を必要とする高齢者を孤独にさせないこと、そして介護をする側の
介護者も孤立させないこと。」
そのために、行政や議会と皆さまお一人お一人が協力し合い、一丸となって
住民福祉サービスの向上に働きかけるということです。
私はこの「協働によるまちづくり」に全力を尽くして参りますので
今後とも、皆さまからの温かいご支援を賜ります様
宜しくお願い申し上げます。



平成31年度 平群町立平群北小学校入学式

2019年04月11日 | 日記
4月11日(木曜日)平成31年度 平群町立平群北小学校入学式が挙行されました。
前日の雨も上がり、桜の花びらの絨毯の上を、可愛い新入生が歩いていました。




今年度は49名の新入生をお迎えします。


新入生の入場です。慣れない制服姿がとても可愛いです。


学校長の式辞。毎年、アイテムを出して新入生に教育をされます。


出ました!「あいさつ」これが小学校最初の教育です。
とても分かり易くて、私も毎年楽しみにしています。


植田副町長より祝辞。町長代読の前に、新入生の皆さんに優しい声を掛けられました。


柴田PTA会長からの祝辞。私も同じ場所で経験しましたが、とても素晴らしいご祝辞でした。
新入生には優しく、保護者の皆さんには今後のPTA活動への参加のご依頼をされていました。


上級生は歓迎の言葉と歌で、新入生を迎え入れてくれました。


新入生の皆さん、保護者の皆さん、本日は誠におめでとうございます。
保育園(こども園・幼稚園)とは違い、少し成長した我が子の姿に感動されたと思います。
新しい学校生活に不安もあると思いますが、積極的にPTA活動へ参加していただき、我が子の
学校生活を身近で見るのも、良いものですよ!
子供たちは親の背中を見て育ちますので、活躍しているところを見せてあげて下さいね!

平成31年度 第73回平群中学校入学式

2019年04月10日 | 日記
4月10日(水曜日)平成31年度 第73回平群中学校入学式が挙行されました。
桜の舞い散る通学路を、傘をさした新入生が登校していました。


今年度の新入生は、男子72名、女子52名の124名です。


学ランに身を包んだ新入生の入場です。慣れない襟元が苦しそうです。




学校長の式辞。今日から中学生の自覚を持って・・と、気の引き締まる式辞です。


岡教育長の告辞。


西脇町長より祝辞。


担任のご紹介。新入生を宜しくお願い致します。


124名の新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
今日から小学校とは少し違う、義務教育最終の学校生活がスタートします。
勉強、部活、友達づくりと楽しいことが盛り沢山です!
心も身体も成長する大切な時期でもありますので、保護者の皆さまも大変だと思いますが
「平群町の宝」として、みんなで大切に育てて行きましょう。


平成31年度 第5回平群町立ゆめさとこども園 入園式

2019年04月08日 | 日記
4月8日(月曜日)平成31年度第5回平群町立ゆめさとこども園入園式が開催されました。


お天気にも恵まれ、とても暖かい日差しが入園児を笑顔にしてくれました。




園舎内の様子です。入園児のお迎え準備はバッチリです。


入園児の詳細は、0歳児6人、1歳児9人、2歳児5人、3歳児28人、4歳児1人で、
園児合計は239名となります。


担任の紹介です。


先生が「パンダ うさぎ コアラ」を歌って下さいました。
緊張していた入園児に微笑みが戻りました。


園長先生の式辞。
教育目標は「遊ぼう!学ぼう!はじける笑顔とひびきあう心で」です。


東教育委員より告辞。私が北小PTA会長の頃に、平群中でPTA会長を務めておられまして
大変お世話になりました。


この4月より就任されました植田副町長よりご祝辞(町長の代読)。


保護者の皆さま、ご入園おめでとうございます。
生まれて初めて子どもを預けることに大変不安であると思いますが
子供たちは友達と一緒になってこのこども園で学び、遊び、歌いながら
元気に成長してくれると思います。
子どもが少しだけ親から離れること、また親も子供たちから離れることで
いろんな発見があると思います。
先日の卒園式では、我が子の成長ぶりに多くの保護者が涙を流していました。
毎日のコミュニケーションを忘れずに、子供たちの成長を見守ってあげて下さいね。


第47回 平群町子ども会育成者連合会総会

2019年04月07日 | 日記
4月7日(日曜日)第47回 平群町子ども会育成者連合会総会が開催されました。
本日は統一地方選挙投票日と重なり、商工会議所での開催となりました。




堅尾会長のご挨拶。年々減少する子供たちの問題が深刻で、各自治会単位の子ども会が
今回も減少してしまったそうです。しかし会長は、子ども会が運営されていない自治会の
子供たちにも積極的に声を掛け、地域を超えた子ども達同士の繋がりを大切にしていきたい
と、述べられました。


西脇町長よりご祝辞。昔と現在の子育て環境の違いを話されました。


続いて、岡教育長よりご祝辞。社会・学校教育の現状を話されました。
現在において、保護者が関心を持っていることは「我が子のいじめ問題」だそうです。


そして、森田議長のご祝辞。


47回目の総会が開催されたことは、大変輝かしいことです。
今後の少子化問題にしっかりと向き合い、令和時代へと繋げて行ける様
私たちもお手伝いさせて頂きます。
本日は、おめでとうございます。

山本自動車代車から変身

2019年04月03日 | 日記
4月3日(水曜日)山本自動車開業から支えてくれている、通称”青デミ君”の変身をご覧ください。
青デミ君は今年で18歳になり、ご老体にムチ打って頑張ってくれています。


ルーフキャリアを装着します。


そして室内には、スピーカーへ出力するためのアンプを取り付けます。
街頭演説用のマイクは、4年前は後援会の方よりカラオケマイクを借用しましたが
今回は演説用マイクを購入しました。


4年間倉庫に眠っていた車載看板を引っ張り出してきました。
前後にスピーカーを取り付けます。(選挙法に基づき、名前は告示日まで伏せています。)


いよいよ青デミ君へ合体します。春休みの次男坊に手伝ってもらい、載せることができました。


走行中に脱落しないように、金具をつかってしっかりと固定します。


あとは配線図をみながら、電源やスピーカ配線を接続していきます。


スピーカー&マイクのテストを終えて、完成~!


変身に掛かった時間は、2時間程度です。
今回の費用は8,000円!4年前に機材を全て購入していましたので
演説用マイクのみで済みました。
ちなみに選挙カーをレンタルすると、約20万円とも言われています。
県議会選では選挙カー費用も申請すれば税金で賄われますが、町村議会選は実費ですよ!
経費を節減し、最大の効果を挙げる!議員活動において大切な心掛けです。


第16回 竹あかりの集い

2019年03月23日 | 日記
3月23日(土曜日)プリズム平群に於きまして、第16回竹あかりの集いが開催されました。
本日は真冬のような寒さのなかでしたが、沢山の住民さんがご参加下さいました。


西和消防署のご協力も頂いております。


屋内には、子どもたちが描いた命を守る防災イベントのポスターが展示されています。


午後2時30分より、鎮魂の桜除幕式が行われました。


平群中学校の生徒さんが除幕式を手伝ってくれました。


阪神淡路大震災(平成7年1月7日)の犠牲者と同数の桜の木植える活動(鎮魂の道)が
全国へ進められ、ここに平成17年1月9日、5,819本として植樹した。目標の6,500本は
平成17年3月に達成された。と、記載された碑を建てました。
防災、減災に対する住民さんの意識高揚を図ると共に、犠牲者の鎮魂を願います。


オープニングセレモニーには、金管バンド「平群マイスターズ」が駆け付けてくださいました。


躍動感のある演奏会です。






竹あかり実行委員会委員長のご挨拶。


西脇町長よりご挨拶。


森田議長よりご挨拶。


カップが参加者に配られました。平和への願いを込めて、各自治会さんに作成のご協力を
いただき、ロウソクを入れて火を灯します。




まずは平群マイスターズが準備に入ります。一文字を作り上げます。




並べられたカップに水を入れます。風でカップが飛ばされない為の重りです。
以前は砂を入れていたそうですが、準備が大変なので水に変更されたらしいです。


ロウソクを上手に浮かせていきます。


もうお分かりですね?一文字は「絆」。陽が沈むと幻想的な文字が浮かび上がります。


希望の灯りを神戸から分けていただきました。


希望の灯りを分配し灯します。


綺麗なお花も供えます。


続いて、バケツリレー訓練を開催されました。


住民さんがスタンバイに入りました。


ここで私用のため、退散させて頂きました。
奈良県は比較的に災害の少ない県として知られていますが、未曾有の災害に備えて
様々な活動をしています。
例えば、前町長の出身地である高知県須崎市と防災連携協定を締結し、万が一に備えています。
また、平群町防災ハザードマップの更新や、町内12カ所に防災備蓄品を分散して配備しています。
一度も参加されたことがない住民さんは、ぜひ来年お越しください。
自助・共助の大切さがお分かりいただけると思います。
竹あかりの集い実行委員会、各協力団体の皆さま、本日は有難うございました。