マイ・Joon・メモリーズ

🌸いつも心にはヨンジュンさん🌸

素顔のヨンジュナ

2007-01-31 12:02:13 | ヨン様


偶然見つけて素敵だったのでお借りしてしまいました
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、

2001年にファンが主催したチャリティバザーでの王子だそうです。
残った品は、王子が全部買われて行かれたそうです!!
男前は顔だけじゃなかった!!分かりきったことですが


         
        素顔も男前                                                                       

         
        ラフな横顔が良いね                                                          

         
        ファンを撮影!?私も撮られてみたいよ                             

         
        スタッフ風ヨンジュナ。
        しゃがんで食べているものは、たこ焼き
        ちょっとチャヌにも似てる…しつこいね、あたしって

     
2001年というと「ホテリアー」の頃ですね。
ドンヒョクとは、まったくの別人です。
王子は、完璧にその物語の役柄に成りきってしまうから凄い!!
それも分かりきったことでしたね



いいなぁ~こんなアットホームなファンとの集いに参加したかったよ。
今の王子には、出来ない相談だよね…
王子がしたくても、周りが許さないよね…
パニック・イン・ザ・ファンミになっちゃうよね、きっと…
寂しいな・・でも、王子はもっと寂しいんだろうな…


ヨンジュンサマヘ
「公式のファンイベントがあるまで、大人しくしていますから、
貴方も、体に気をつけてお仕事頑張ってくださいね!!
いつでも陰ながらそっと応援しています!!」
                                さやかより


届けてほしいこの想い

 

 




        

コメント (6)

PS2ぱちんこ 冬のソナタ実践報告=(^~^!)/

2007-01-30 11:42:29 | 日記

    携帯が古いので、小さくて、見ずらくてすみません

アンニョンハセヨ

「ぱちんこ冬のソナタ」とても凝っています

攻略モード、鑑賞モード、チャレンジモードの
3種類があります。

 

私は、まだ攻略モードしかやっていませんが、
このモードに関しては、ゲームじゃないみたいです!
殆どコントローラーを操作しないで、
見ているだけで良いのです
たまにボタンをポチッと押す位で良いんです!


だから、とても楽をして楽しむことができるんです

 

内容は、パチンコの実機と同じに出来ている様です。
但し、ゲームなので好きな設定にする事が出来ます。
私は、設定を甘めにしてしまったので買ってから
ずっと連荘が続いています
気がつけば、86連荘
嬉しい悲鳴とは、こういうことを言うのですかね
このまま何処まで続くか試してみようと思いマス

 大当たりラウンド中は、物語の内容が楽しめます。
リーチ演出も、とても豊富です。
プレミア映像も満載です
   
物語は、1話~21話までになっていて、
最終話の「不可能な家」はスペシャルムービーになっています。

他にも様々な演出とお宝ムービーが用意されています

これはパチンコの域を越えた
新たな冬ソナの世界です!!

 

大当たりラウンド中のお話が進むにつれて、

懐かしい名場面と美しい映像に

胸がキュン!キュン!!

あの時の冬ソナの感動が蘇ります

後半は、デス!!

胸キュ~ン胸キュンしたい方お勧めデス

 

何だか急に「微笑みの貴公子」という
ミニョンさんだらけの
お宝ムービーが恋しくなってしまいました

それでは、鑑賞モードに浸って参りマス

 
このお顔が最後に出ます
「ユジン受け取って!」まるで自分がユジンになったかのような
錯覚を起こしてしまう←要注:妄想おばさん
吸い込まれてしまいそうな、ミニョンさんの優しい笑顔ですね

 

 

 

 

 

 

コメント

買っちゃった=(>~<)/

2007-01-28 14:42:32 | 日記

  
  

ぱちんこ冬のソナタ買っちゃたの!!

うちの王子クンお勧めのゲームショップで

ポスター2枚ついてました

1枚は、ユジナとミニョンシの2ショット。

そしてもう1枚はミニョンシの胸キュンショット!!
素敵~~

でもね、ポスター一番下まで広げたら、なんと!!

右下にパチってちょんまげ達人10のもじが

何かミニョンさんと似合わなすぎて思わず苦笑プフッ

でも欲しかったから、最高の気分デース

王子のポスターは、もったいなくてまだ1枚も貼らずに大切に保管してるの!今度、私の部屋になってる洋間をヨン様部屋に改造しちゃおうかと密かにもくろみ中なんだけど、その時はどれか貼っちゃおうかしら

さてと!では、早速ゲームを実践してみますね!!

ゲームの実況ができたら良いけど、私の携帯古くて写真撮っても画像が悪くて、載せるのは無理かもです

携帯買い換えたいなぁモバイルサイト加入したいし

んじゃ!さっそくパチそなの世界にいざ出発

 

コメント (9)

ヨン様、5人の主人公を徹底分析

2007-01-28 08:39:51 | ヨン様作品

今日も、ぽかぽか陽気でなによりです
さて、先日買った別冊コリアルの内容を一部ご紹介したいと思いマス
王子が、今までに演じた主人公達のデータが出ていました。
=========================
  初恋
  

  
ソン・チャヌ
初恋同じクラスのヒョギョンに転校初日に一目ぼれ

初デートヒョギョンと学校や湖のほとりで自転車デート

特技鉄棒に足をかけての起き上がり腹筋

くせ怒った時、照れたとき、困った時に前髪を撫でる

性格正義感が強く勤勉な完璧主義者。家族愛に溢れ、自己を犠牲にしても家族を守り抜くが、反面、堅物で融通が利かないという短所も。
初恋を長く胸に秘め続けるなど、静かなるロマンチスト

好きな食べ物姉のチャノクが焼いてくれたお魚
           姉のチャノクが淹れてくれたくれたコーヒー他

好きな歌ナフナの「プリョジャヌン ウムニダ」父の愛唱歌

最大の恩人ナ社長
=========================
  愛の群像

  カン・ジェホ
生い立ち少3の時、父を自動車事故で亡くし、12歳の時、貧しさに負けた母に、妹とともに遊園地に捨てられる

初恋の人伯母のジンスク

好きな食べ物アイスクリーム

好きな飲み物コーヒー、ビール(ラッパ飲み)、焼酎

趣味ナシ
病気悪性腫瘍
愛妻イ・シニョン
=============================

ホテリアー

シン・ドンヒョク
性格クールでキザで理屈っぽい、負けず嫌いで強引

クセポケットに左手を突っ込む
     笑う時右手でメガネを触る
     考え事をする時、外を眺める
     怒るとモノを投げる

キス目をつぶる

移動手段ヘリコプター、白のリンカーンリムジン

初恋の人ソ・ジニョン

学歴ハーバード大学ロースクール卒業

好きなお酒ブルーマルガリータ、マティーニ
============================
冬のソナタ

カン・ジュンサン
10年後のジュンサンデータ
住まいホテル暮らしから、広くシンプルなマンションへお引越し

性格高校時代のクールさと不器用さの代わりに、人を思いやる優しい気持ちと穏やかさが。かつてのチュンサンとミニョンのいいとこどりの性格に

初プロポーズ夜にこっそり忍び込んだ教会で「僕と結婚してくれる?」とユジンに。
           ここで3度目のキス  
 
2人きりの初旅行チュンサンが1人、別れを心に決めながら行った海辺の海岸

事故歴7歳で川に落ち、死にかける
       高2の大晦日、春川でトラックに轢かれ意識不明の重体
       10年後、ユジンをかばいソウルで再びトラックに轢かれ意識不明の重体発覚した病気慢性硬膜下血腫(2度目の事故の後遺症)

3年後の再会場所外島に完成させた、ユジンの設計による「不可能な家」
=============================
 四月の雪

  インス
好きな季節

好きなもの酒、かなりいける口、お気に入りは、「山(サン)」
         たばこ、ヘビースモーカー
         カップラーメン「辛ラーメン」が好き?

スジン

趣味映画鑑賞、自宅のテレビの前には、見終わったばかりと思われるDVDやビデオが散乱している。ソヨンと映画館でデート。

愛車ダイムラークライスラー社のジープ「チェロキー」

眼鏡ポール・スミスの「スペクタクルズPS-270]

ファッションステージの裏方の仕事をしているだけに、普段の服装もあまり目立たないダーク系の上着に丈夫なジーンズが基本
============================
うーん、こうしてみると5人それぞれに個性があって
皆さんとても魅力的ですね
この5人をヨンジュンさんが1人で演じたと思うと
あらためて、我らが王子様の凄さを感じます
誰か、一人を選ぶとなると困ってしまいますね
全員素敵で
でも、結婚するとしたら、条件的にはドンヒョクかしら。
穏やかに幸せに暮らせるには、やっぱりチュンサンかしら?
だけどインスも家事とか手伝ってくれそうだし、
あ~んすっごく迷っちゃう~
でも、もし私があと歳若かったら、
鉄棒足掛け腹筋が特技のチャヌと結婚してみたいな
今のところ強力なライバルもいなそうだし、
ヌナやオッパやアボジやジャングンともうまくやって行けそうだから

さてと、PC2でも買いに行こうかな・・ポスター貰えるかな?

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

コメント (2)

アニョハセヨ!!

2007-01-25 15:31:55 | 日記

皆さん、今日はお天気のわりに風が冷たく寒いようですが、

お変わりありませんか?

今日は、朝から用事が詰まっておりまして、PCに集中できずに

バタバタしております。

 

取り急ぎ、私の好きな王子のフォトを3枚載せますので、

お楽しみ下さい

  始めはやっぱりチャヌ

          

 撃沈ドンヒョク

 

 素の王子

先ほど用事の途中で買った、コリアル別冊「黄金のペ・ヨンジュン、7人の愛おしい主人公たちを徹底分析」の感想を明日以降にでもアップしたいと思いマス。皆さん買いましたか?

では、では、今日はこの辺で!!用事に戻ります

コメント (5)

もうひとつの冬のソナタ

2007-01-23 10:55:43 | 冬のソナタ

   夕べ、私の部屋の本棚を整理していてふと目に付いたこの本 
   ※本の画像はお借りしたもので、私の本ではありません。

   チュンサンの瞳に思わずジーン、本当に見えない人のようで       

      

 この本は、お持ちの方も多いと思いますが、私がこの本を手に入れたのは
ちょうど、今から一年前だったと思います。
なにせ、冬ソナを見たのが一昨年の暮れだったわけで、当時エンディング後のストーリーがとても気になりまして。
終わり方が今ひとつ納得できないというか、ハッピーエンドにしても余韻が残りすぎて、後を引きずったまま、切ないのなんのって
チュンサンは失明してしまったし、またすぐにアメリカに発つような話をキム次長としていたし、ユジンはパリから帰国して、またポラリスで仕事を始めるようだし・・
せっかく再会しても、また離れ離れになっちゃうんじゃないかとか、要らぬ詮索をしてしまって。モヤモヤがずっと取れなくて。

冬ソナ関連の本が、色々出版されているのは把握できて、

その後のストーリーを書いたものも、幾つかあったようだけど、

やっぱり、作者が書いたその後のストーリーが一番知りたいと思って、

いくつかの大型店をあたってみたけれど、出版されてから1年以上も

経っているので、何処もお取り寄せになってしまうとかで悩んでいたら、

ナント!隣町のブックオフに一冊だけ置いてあったの!!

早速、愛車のチャリをとばすこと約10分、
中古だけど、めでたくゲットできたんです
でも売っちゃう人もいるんですねもったいない

さて、本の詳細ですが、

第一章~三章までは、冬ソナ誕生から全20話までの撮影エピソードと

作家さんから見た、出演者の素顔といった内容で構成されていて

空白の3年間と2人のその後が描かれた第四章は70Pほどでまとめられています。

   

わずか70Pとはいえど、やっぱり泣きました

こうして書いている間もウルウルしています読んだの一年前なのに

以外だったのは、チュンサンがアメリカへ治療に行ったにも関わらず

手術をうけなかったということ・・

手術後に記憶障害などの副作用があることがわかったチュンサンは

ユジンとの約束を守ったんです!視力を失ってしまったけれど・・

「何があっても君のことは忘れないよ」と約束したチュンサンは、

3年間ユジンのことだけを思いながら、病魔と戦ったのでしょうか・・

「何があっても君のことは忘れないよ」この言葉を聞くだけで、

チュンサンの深い愛情と強大な包容力が思い出されて

そして、チュンサンは薬での治療により奇跡的に病魔に打ち勝ったのです。

次に大感動したのは、サンヒョクが写真を捨てていなかったこと

2人が一番幸せなその時を記念に、写真屋さんで撮ったあの写真・・

海辺でチュンサンが、電話でサンヒョクに「ユジンが見る前に捨てておいてくれ」と頼んだあの写真・・

サンヒョクは捨てないで、ずっと大切に持っていてくれたんです
コマウォヨ!サンヒョクシ。

また、空白の3年間のうち、2人が会えるチャンスが1度だけありました。

二人の想いを一番良くわかっている、キム次長とチョンアさんが

二人を再会させてあげようと、二人には内緒で粋なお膳立てをしてくれたのです。
(この二人もゴールイン間近のようもう結婚して子供もいるかな)

しかし、間際で感づいたチュンサンは、ユジンに会わずにそっとその場から
姿を消します・・失明してしまったことをユジンにだけは知られたくなかったから。
二度目の事故の後遺症によるこの結果をユジンが知って悲しまないように・・
チュンサンよ、貴方はなんて思慮深く、強い人なんでしょう

そしてやっと・・二人は不可能な家で運命の再会を果たします。

「もう運命は私たちの味方なの」ユジンが海辺でコインを張り合わせて
言った言葉・・あの言葉が長い時間を経て、現実のものになりました。

二人は、皆に祝福されながら、未来へ向けて歩みだしました。

愛しています……、永遠に愛し続けます。
おめでとう良かった、良かった

 

今でも、チュンサンとユジンは何処かで幸せに暮らしているのでしょうね・・

2人の幸せ一杯の笑顔が浮かぶようです。

 

愛しています…永遠に愛しつづけます…冬のソナタ

やっぱり、冬のソナタは最高です

 

                   
                   

 

 

コメント (2)

乙女の心で夢をみて

2007-01-22 11:33:37 | 日記

 ○お知らせ~チュンサン・ミニョンさんに恋をして第三章は修正後、再アップいたしました。今後とも宜しくお願いいたします。
 ==================================

     いい響きですねぇ~ 

恋する乙女、夢見る乙女、乙女の祈り、乙女の誓い、恥らう乙女・・・色々な乙女さんがいらっしゃいますが、貴女は今どんな乙女の気分でしょうか?

ちなみに辞書で調べてみました。
乙女とは、若いむすめ。少女。・・・以下省略

さすがに若くはありませんが、少女という言葉は好きですねぇ
いつまでも、少女の気持ちを持ち続けたいですよね。
そんな忘れかけていた、純粋な少女の頃の気持ちを呼び起こしてくれたのが、他ならぬ王子ことペ・ヨンジュンさんでした。
      

        ヨンジュンさんはとても不思議な人 

 ヨンジュンさんのことを考えるだけで、
                                                 気持ちが明るくなるんです。

 ヨンジュンさんのことを思うだけで、幸せになれるんです。

 ヨンジュンさんのフォトを見ただけで、
                                                          笑顔になれるんです。

  ヨンジュンさんの声を聞いているだけで、
                   優しい気持ちになれるんです。

こんな気持ちになるのは、いつ以来なんでしょうか…

実はその昔、私が本当にまだ若くて少女の夢見る乙女だった頃、宝塚が好きで好きで夢中になってた時代がありまして、お小遣いを貯めては仲良しのJちゃんと、東京宝塚劇場や新宿コマ劇場に足を運んだものです。

とくに、中学生の頃の話ですが、
あの感動は今でも忘れられません。
ベルサイユのばら、風と共に去りぬ、誰がために鐘はなる、星影の人、ボーイ・ミーツ・ガール、白夜わが愛etc,etc

子供ながら、舞台の幕が上がって、華やかなステージが始まると、身震いするほどの興奮と感動を覚えたのを、今でもしっかりと覚えています。

もちろん、宝塚で特に好きなスターさんはいましたが、歌劇団としての宝塚の舞台に魅せられたんです。

しかしながら、ヨンジュンさんには、その頃の宝塚の大舞台をも凌ぐものすごいオーラと惹きつけられる魅力があります。
 大変な人を好きになってしまったのかもしれません

また、私の母は、もうすぐ70歳になりますが、もうかれこれ2年以上も某韓国若手俳優さんに恋をしているようで、その方の話になると途端に少女の顔に変身してしまうんです!!
すごく可愛いんです,

人を好きになるのに理由はいらない、年なんて関係ない・・
ミニョンさんの言葉を胸に
これからも、乙女の心で、清く正しく、美しく、
      ヨンジュン家族であり続けたい

    

最後に、少女時代の私は宝塚の地元に行って宝塚大劇場で
宝塚歌劇を観るのが夢でした・・でも、まだその夢は叶えられていません。

けれど、現在の私の夢は、ヨンジュンさんの生まれ育った国へ
行くこと・・まだ1度も韓国へ行ったことがありませんが、
この夢だけは、必ず叶えたいと思っています

皆さんは、今どんな乙女な夢をお持ちですか?

 

 

                                               

 

 

コメント (6)

休日のひとりごと

2007-01-21 10:45:58 | 日記

昨日は、日中に雪がチラホラ舞って、いよいよ冬本番をうかがわせる寒い一日でしたが、皆さんはいかがお過ごしですか?

我が家は、夕べは鍋料理を食べました。

ダシだけとって、ごまだれやポン酢につけて食べるだけなので、とても簡単ですが、

体が暖まってとても美味しかったです。

入れた食材は、白菜、ねぎ、椎茸、しめじ、にら、お豆腐、牡蠣、鯛のあら、豚肉、牛肉、おとといの残りの中とろのお刺身3切れ、そしてきしめん・・結構豪華でした。

鯛のあらは、200円でゲット!頭と骨ぎしのみだけど、結構身が沢山ついていて食べ応えがあるんです。何よりダシが良く出るんですよ~。但し、うろこがついてるとお鍋が不味くなってしまうので、必死にうろこを取りました・・でも、頭の部分は、なかなかキレイに取れないので、最後の最後に他の具材がなくなってから入れました。

凄くお腹いっぱいで、大満足でしたぁ

あまりに美味しくて、赤ワインを一人で1本空けちゃいましたぁ

夫は、ビールと日本酒派なんです。あまり好みが合わなくて、それぞれ勝手にやってます。

夜寝る前に、また小腹が空いちゃって、残った汁をこしてお味噌とねぎだけのお味噌汁を作っていたら、息子が「何かいい匂いするねっ」というので、よそってあげたらお代りしてました・・相当気に入ったらしく、今朝も「昨日のお味噌汁まだある?」といって、朝ご飯はハムエッグとトーストだったのですが、一緒に飲んでました。

何でも、喜んで食べてもらえると、作り甲斐があります!

お料理は腕が良いとは言えませんが、作るのはすごく好きなので、

いつかヨンジュンさんに、手料理を食べてもらえたらなんて、かなわぬ妄想を描いてしまう、今日この頃です

そういえば!ヨンジュンさんって、お料理がお得意なんですよね!!

彼の手料理が食べられる人が、むっちゃ羨ましいデス

王子が釣ったお魚、生でもいいから食べたい

 

 http://contents.innolife.net/cafe/list2.php?ac_id=8&ai_id=5047

コメント (2)

チュンサン・ミニョンさんに恋をして~第三章

2007-01-19 15:33:00 | 冬のソナタ

こうして、冬のソナタ第1話を観た私だったが、

この1話が、想像していたよりも遥かによかった。

映像の美しさ、バックに流れる音楽の心地よさ、そして話の展開に惹かれた。

それより何よりも意外だったのは、ペ・ヨンジュンという俳優さんへの印象だった。

「えっ?この人が巷で騒がれていた微笑みの貴公子と呼ばれているヨン様?

これを機に私の思っていたヨン様という人の人物像が変わっていくことになる。

1話を観終えた私は、さらに話の続きを見るべく、電子マネーを購入して、冬ソナのパソコン視聴を続行することになる。そして・・新たな衝撃をうけるのであった!!

どこか影があって、憂いのある高校生のチュンサンに母性本能を刺激され感情移入しそうになった矢先に、チュンサンは事故にあって姿を消してしまう。そして、一気に10年後に話は飛んでそこに現れたイ・ミニョン!

マジで驚いたのなんのって!!

う・うっそお!!

ど・どちら様ですかぁ

す・すすすす素敵ぃでも、それより何よりも、私が初ミニョンさんを見た時の感想は!

 美・し・すぎる!!

                    この一語に尽きます

そして、あっという間に全20話を完走←3日くらい した私は、

冬のソナタの余韻に浸ったまま、チュンサン・ミニョンさんを求めて、連日連夜パソコン視聴を繰り返す日々を送り、気づけば1ヶ月が経っていた。夫(今後はインボムと呼ぼうと思う)も、めずらしく協力的だった。←普段パソコンはインボムの部屋においてあるので、深夜のみリビングでみて良いと言ってくれたのだ。

が!しかーし
  
人生はそんなには甘くはなかった!

 家事もおろそかに、ますます冬ソナ鑑賞に浸るわたし

 こんな横顔も

 不敵なお顔も

 冷たい視線も

 こんな眼差しも

 寝起きの視線も

 わたしの思い描いていた、微笑みの貴公子とはまったくの別人だった。

 そしてさらには・・

 涙するお顔

 切ないお顔

 哀と優の眼差し

 と思えば・・

 おどけた表情

 優しい笑顔

 色っぽい視線

 明るくふざけたり

 もう挙げたら無限になってしまうが、

 気がつけばチュンサン・ミニョンさんの虜になってしまっていたのでした。

そして手痛いしっぺ返しを、うけることになるのでした・・、

 ※注:私は、この時点でまだパソコンでしか冬ソナを見る手立てを知らなかったのです←ナンテ愚かな人なの

 ある朝、私は衝撃をうけます・・そうなんです! 

朝起きたらナント!

パソコンが無くなっていたのでした!!

が・が~~~~ん

私の中のポラリスが、砕け散った瞬間でした

 ←このシーンは辛すぎた

結局、パソコンはインボムさんが酔って帰った勢いで、私が寝た隙に自分のかばんにしまってしまっていたんです。(人間お酒が入ると大胆な行動をとるものです。恐らくいたずら心と、意地悪ごころが同時に働いたのではないでしょうか?)さらに翌朝、急いでいてパソコンを持って会社へ行ってしまったんです。何も知らない私はパソコンがなくなっていることに気づき、とてつもない悲愴感を味わいましたが、こうなったら何が何でも観たいという気持ちに歯止めが効かなくなり、とうとうレンタルビデオ屋さんの門をくぐることになったのでした・・

お恥ずかしい話ですが、ビデオ屋さんに行ったのは、息子が5年生の時におたふく風邪になって以来なので、この時は約2年ぶりだったんですしかも、2年前に行った時なんて、それこそ息子が幼稚園の時以来ですから、会員カードも作りなおす始末でして・・幼稚園の時は、男の子なのでカクレンジャーとかオーレンジャーとか戦隊ものがメインで、しかしながら、これが結構面白くて一緒になって観てましたっけ

有言実行シスターズ「シュシュトリアン」なんて、最高でしたよ

当時、三軒茶屋おばさん役で柴田理恵さんとお父さん役で佐伯しげるさんが出演されてたんですけどネ・・見た方いらっしゃいますか?面白いのなんのって

こうして、ビデオ屋さんで冬ソナDVDを借り、これがまたTVの大きい画面で観ると魅力も倍増でした。(NHK版を字幕で観ました)

それでも、1週間レンタルを3回以上繰り返しましたね・・返してまた借りてを繰り返して、毎日見続けました。何度観ても全然飽きなくて、観れば観るほどもっともっと嵌ってしまったんです。

ある日思いがけずに、韓国版の冬ソナDVDをいただきまして(PCと一緒の)

大感激でしためちゃめちゃ欲しかったんです!!

それをまた1話から見ちゃって!何度でも観ちゃうの!!中毒になったくらいに

もうチュンサンとミニョンは、なくてはならない存在になってしまっていたんです

本当にインボムさんこと夫と、ミヒさんこと母には感謝デス

母に、韓流検索を頼まれなければ、ゆっくり冬ソナを見る機会はなかったように思うし、夫がたった1日でもパソコンを持って行きさえしなければ、あえてビデオ屋さんまでは行かなかったと思うから・・ビデオ屋さんで他のヨンジュン作品を見るキッカケをつくってくれた、夫の功績は大きいですから・・そうでなければ、私の年がいもない一方的な恋は、チュンサン・ミニョンさん止まりで、ヨンジュンさん自身に惚れることはなかったかもしれないんですから・・・!

これからは、自分の家族を大切にしつつ、ますますペ・ヨンジュンさんを応援して行きたいと思います(今脳裏にセコムのCMが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)

チュンサン・ミニョンさんに恋をして~第二章

2007-01-19 09:02:45 | 冬のソナタ

 その前に、家にあったペ・ヨンジュンさん関連のコリアン雑誌の中に書かれていた      一文をご紹介したい。

  人はかならず運命の人に会う。それが現実であろうと夢であろうと、

あるいは、映像の世界であろうと・・・。会うべく人に会って新しい人生が始まる。

  そう、私の日常にも正にこの言葉どうりのことが現実に起きようとしていた。

                                                      

  きっかけは、やはり母だった。(今後、母をミヒと呼ぶことにしたい)

 ある日、ミヒから一本の電話が入った。

ミヒ「さやちゃん(私)、お願いがあるんだけど!韓国の映画が今どこかで        やっていないか、インターネットで調べてほしいの・・」

私「何で?」←観たいからに決まってるだろうがァ

インターネット・・しばらくご無沙汰だったわとりあえず、調べてあげようかしらん                       ということで調べた結果、再上映のミニシアターものしかなかったが、                                    それなりにミヒも喜んでくれたようだった。

ところが!!                   

この一件で味をしめたミヒは、ことあるごとに「ねぇ~さやちゃ~ん、調べてぇ~」と、調べて攻撃を連発し、しかも!あれだけ冬そな、冬ソナ、冬ソナ~!いいわよぉ~観なさい、観なさい、観なさ~い!!と、しつこくしつこ~く耳にたこができるほど薦めたくせに、おかげで全然見る気がしなくなっちゃってぇ

ハッ!私がヨン様ブームに乗り遅れた原因は、                                               ミヒの押し付けがましい行動にあったとか!?

そんなミヒさんは、知らぬ間にヨン様から                      某若手韓国俳優にすっかり乗り換えていたの!

ま、しかしお年寄りは大切にしないとと思い直して、                                                    ミヒさんのために韓流ネット検索をぼやきながら続けていた                                               ある日のこと、                                             とうとうチュンサン・ミニョンさんとの運命的な出会いがやってきたのです!!             それは・・韓国ドラマ視聴、冬のソナタ第1話無料お試し視聴というもので、よくわからないけど、大ブームを呼んだドラマという認識は一応もっていた私は、無料なら1話くらい見てみようかナ?とホントに軽い気持ちで観てしまった!!                            まさかこれが人生をかえる重要な契機になろうとは、思いもせずに……

           

   次回は、チュンサン・ミニョンさんから、              ついにヨン様へ走るきっかけとなった、大事件が起きるのでした・・

                               ~第三章に続く~

コメント (4)