ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

メガネできました。

2021-05-07 19:59:46 | つれづれ

 

まぁ古いメガネで耳の横を痛くしたり、壊れたメガネをセロテープで貼り合わせてなんとかしたり…

この一週間がんばりましたー。ようやく出来上がり、ホッとしています。

ちょっと華やかに、と思ってレンズの横に透かし彫りが入っているものにしました。

お花のような紅葉のような…着物の四季柄みたいでいいわぁと思ったのですが…

持ち帰ってよぉく見たら…「手裏剣じゃん…」。

 

        

 

今日からとんぼはニンジャになりますっ!だははっ。でもとっても気に入ってます。

 

昔の人は、のお話。メガネそのものは江戸時代にはすでによく使われていたもの…です。

但し、高価でしたから、庶民はもっぱら「リサイクル品」を利用しました。

それにしても眼に問題があるのは「近視」「老眼」で、理由が違いますから、

なかなか大変だったと思います。おまけに「ツル」ではなく「紐」で、今のマスクみたいに

耳に紐をかけて使うものや、鼻に乗せて使うもの…めんどくさいことだったでしょうね。

 

私はド遠視でしたから、メガネをかける習慣が全くありませんでした。

そのため見える見えないの前に、メガネというものが顔にあるというだけでうっとおしく、

更に何か読むときだけしか用がない…そのたびにメガネを探すのがもう面倒で面倒で…。

古い友人に、ずっとメガネ愛用者がおりまして、私が老眼鏡が面倒だと言ったら、

老眼はそのうちずっとかけていることが多くなる、そうなったら「メガネは鼻の一部」と

思えるようになるわよ、と。

「顔の一部」というCMソングは知ってましたが「鼻の一部かい」と思いました。

けど、今やほんとにそうです。年寄り臭いと言われようとなんと言われようと、

外すのがめんどくさいので、かけっぱなしで必要な時ちょっと鼻眼鏡にして見ています。

 

さて、接種券のお話ですが、横浜市で受け付けのサイトも電話もパンクして、初日は45分で終了。

で、ようやく再開したわけですが、父が何度かけても通じなかった…と。

その日は私が午後2時半ころサイトに入ったらすでに「本日の受付終了」になっていました。

試しに予約センターに電話をすると「本日の受付は終了しました…次回は」と、

すでに次回のお知らせ、それが間をあけて5月10日です。またまた混むでしょう。

ニュースで、身内親せき総がかりでネットとスマホ、電話をかけ続けて、

1時間半でしたかかかってやっと予約できた、なんてやってました。

一応、父の接種券ナンバーを聞いてきたので、私がネットでもやってみることにしていますが、

まったくいつになったら…です。ほんとに手順も要領も悪いですねぇ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 接種券…やっぱり | トップ | お母さんの振袖再び…です。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

つれづれ」カテゴリの最新記事