ほばーりんぐ・とと

ただの着物好きとんぼ、ウンチク・ズッコケ・着付けにコーデ、
あちこち飛んで勝手な思いを綴っています。

訪問診療、初体験

2019-10-30 02:29:04 | 介護・福祉

 

写真は今週の生協さんの花。コスモス。好きだなあやっぱりの花です。

 

台風がどうの、雨がどうのと言っていたら、もうすぐ10月も終わりです。

光陰矢のごとし…どころじゃありません。ロケットみたいなスピードで日がすぎてゆく~。

まぁ今月はあれこれと準備がありましたから、よけいに早く感じるのかもしれませんが、

お歳暮のお知らせ、年賀状のお知らせ、御節のお知らせに福袋のお知らせ…

オネガイ、そんなにお尻を叩かないでぇ…の日々です。

そんなさなかに、突然息子が不調になりました。先に結論ですが、回復して今は8割くらい…です。

 

当日は午前中程度でしたが、カオも唇の色も紙のように白っぽくなり、

動かない、声を出さない、笑わない、食べない、飲まない…あらら、こりゃヘンだわ。

ただ「たぶん」と思われる理由は思いつきました。インフルの予防接種です。

昨年は、接種した夕方に嘔吐しました。翌日くらいまでウダウダしてましたっけ。

今回は嘔吐はなかったのですが、元々心臓病もありますからちょっと不安になりまして、

まずいつもお世話になっている施設に電話。ここにも看護師さんがいますのできてくれました。

バイタルとったら、体温、血圧、呼吸などは異常なかったのですが、

サチュレーション(血中の酸素量)が低い~。97から100といわれるのに、92。

でも少し動くと94くらいにはあがります。それでもこういう状態だと、ちと気になる…。

訪問診療のほうが検査もしてもらえるし、呼んだほうがいいといっていただいて、

つい最近申し込みをすませた「訪問診療」に電話しました。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、高齢者や障害者の家に定期的に診察に来てくれるシステムです。

「在宅診療」といわれますね。つまりは「往診」ですが、昔こんなシステムがないころは、

動かせない、あるいは動かしたくない病人が出たときは、近くの個人医院に電話して、

往診に来てもらったものでした。いつものセンセイがきてくれるだけで、安心したものです。

医療の世界やシステムがかわり、患者のほうもやたらと大学病院など大きな病院に直でいくようになったり、

いろいろな制度ができたりで、逆に気軽に往診を頼めなくなっているのがいまの状況です。

もちろん、高齢者の介護認定だの障碍者認定だのがあるおかげで、訪問診療の申し込みもできるわけですが…。

 

とりあえず本来は31日に、申し込んでからはじめての訪問診療の予定だったのですが、

そういうことなら今日行きます、とのことで、お昼過ぎに医師と看護師さんがきてくれました。

ドクターはとても優しい方で、障碍児をたくさん診てこられたとのこと、心強いです。

思ったとおりで、接種の菌と相性悪い…ということ。

副作用とか、重篤なアレルギーと言うほどではないけれど、やっぱり体に負担はかかるということですね。

知り合いの親子、二人とも成人ですが同じ日に接種して、同じようにめまいやふらつき、不快感などが起き、

一週間ほどは、二人で「やだねぇ」と言い合っていたと聞きました。

薬はすぎれば毒でもありますし、予防接種はごく軽いインフルにかかるのと同じですから、

なにかあっても不思議はないんですよね。

 

一番具合の悪い状態は脱し始めていたようで、顔色も少しよくなり、サチュレーションも「98」、おっけーでした。

特別薬もいらないけれど必要なものは出します、と言ってくださったので、少しおなかにもきているし、と、

整腸の薬と、減っていた風邪薬の処方箋も出していただきました。

我が家は近くの薬局が、処方箋のFAXで、薬をとどけてくださるので、こちらもほんとに助かっています。

 

診察後、まぁ寝るわ寝るわで、起きたら夜10時。それでも食事も水分も摂れるようになってました。

今もまだ食欲は完全ではありませんが、とりあえず脱水にはならずにすんでホッと一息です。

息子が小さいころは、何かあれば私が車で病院へ連れて行けましたが、

今は息子を抱えあげることがかなりキツイ…ので、訪問診療は本当にありがたいです。

医療機関併設の今の施設もありがたいのですが、土日や夜間はこられませんから、

24時間対応の訪問診療は、大きな安心です。だんだんいろいろなことが可能になって、

私もラクになってきました。ので!がんばるわけです、オシゴト。

 

というわけで、なにやら落ち着かずにおりました。

こんなドタバタの前には、不用品の回収にきてもらったのですが、全部つみこんで

「どうも、お世話様でしたー」と、車を見送って家に入ったら…出し忘れたものが「あ、これも、あれも…」

なんてドジなんだ…と言うこともあり、落ち着かない私は益々ドジを重ねているアリサマです。

やっとやっとお天気も回復するとか。まずは大物の洗濯、そしてまだしまいきれなかった夏物のお片づけ。

まだちょっと薄手のものもいりそうな気配?入れ替えしつつ、またまた不用品チェックです。

 

おまけ画像、母の遺影の前のおろうそく。ついこの前まで「カキ氷」、そのあとは「おはぎ」のろうそくでした。

空気が乾燥してくる時期なので、「アメちゃん、なめてね」…あ、仏様はカゼひかないだろけど…。

 

          

 

しかしリアルだ…。

          

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« またまた大雨でした。 | トップ | アタリ年 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まぁ・・・ (陽花)
2019-10-30 18:35:30
息子さん大変なことでしたね。
予防接種の副作用怖いですね。
回復に向かわれているとのこと何よりでした。
とんぼ様も看病疲れが出ませんように!

Unknown (とんぼ)
2019-10-30 21:57:17
陽花様

ありがとうございます。
おかげさまで、普通の食事量に戻りつつあります。
お天気も不順ですし、いいろおこりますねぇ。
私もちょっと睡眠不足で、今日は一日ゴロゴロですごしました。
お互い年齢的にも、気をつけないと、ですね。
Unknown (サザエ)
2019-10-31 06:13:11
予防接種、究極の選択ですね。
予防接種で命を落とすということも、あったりするとのことなので、
大事に至らなくて良かったです。

私はこの仕事について、インフルに罹った時の言い訳のためにだけ予防接種を受けてますが、
打ってもかかる可能性のある予防接種、打つ必要あるのかな~?
と、毎年考えてしまいます(;^_^A
結局罹った時の。。で、受けるのですけれどねw
Unknown (とんぼ)
2019-10-31 20:35:26
サザエ様

そうなんですよね。
息子は持病のため、主治医からやるようにといわれています。
インフルになったら肺炎が怖いのです。
私は元々薬があまりあわないといいますか、頭痛薬も選ばないと
必ずめまいになりますし…なので実は接種がイヤなのです。
漢方薬が一番合うので、なんでも漢方です。
まぁインフルは毎年戦々恐々ですね。

コメントを投稿

介護・福祉」カテゴリの最新記事