台ドラ+韓ドラで探せ!

台湾ドラマや中国ドラマ、韓国ドラマ、海外ドラマのあらすじなどが中心です。

イタズラなKiss(1話)ー韓国版ー

2011年06月09日 13時49分37秒 | ドラマ置き場
ペク・スンジョ役…キム・ヒョンジュン(IQ200の天才)
オ・ハニ役…チョン・ソミン(明るくてドジ)
ポン・ジュング…イ・テソン(ハニに片想い)
チョン・ジュリ役…ホン・ユナ(ハニの親友)
トッコ・ミナ役…ユン・スンア(ハニの親友)
ファン・グミ役…チョン・へヨン(スンジョの母)
オ・ギドン役…カン・ナムギル(ハニの父)



◆あらすじ◆

小鳥がさえずる森の中。木の下で寝ている少女(ハニ)に優しくキスをする王子様(スンジョ)。そのキスで目覚めると、白馬が少女を呼ぶように歩き出す。白馬を追いかける少女の前に王子様が。森にお花が咲きだし、王子様が少女の前へ。そしてキスを…しようとしたところで目覚めてしまうハニ。
授業に遅れそうになって、慌てて3年7組に向かいます。

成績が貼り出されても、落ちこぼれのハニには無関係。親友のジュリとミナと工事が終わった新築のお家の話しに。忙しくて、まだ荷物も片付けていないとハニが言うと、ジュリが「じゃあやらせれば?ポン・ジュングに」と言いました。

後輩のジャンミが自動販売機にお金を入れたけど出てこない。それを見ていたハニ。ここは私の出番ね、という顔で自動販売機の前までくると、耳をつけてコンコン。狙う場所が分かって、ちょっと離れると、えいやって感じで自動販売機をキック。カランコロンと音がしてジュースが出ます。

ジュリたちの元に戻ったハニたちの耳に、3年生の模擬試験のトップがまたスンジョだという声が。ジュリがスンジョのことを人間じゃないみたい、と言うと、スンジョが大好きなハニは、ぽ~っとしながら、たしかに人間じゃなく妖精、と言いだします。そして見た夢の話しを始めて…。

そこにスンジョが。歩いてるだけで女子たちはざわざわ。その姿を見たハニもドッキドキ。そして、ハニの後ろを通ってスンジョは自動販売機でジュースを。だけど、さっきの自動販売機で、やっぱりスンジョのジュースも出てこない。それを見たジャンミ。「ハニ先輩、また出ないって」と名指しの呼び出しを…。やばい、やばい、やばいって顔のハニだけど…さっきと同じようにして、えいやっとキック。ジュースは出てきたけど…スンジョはあきれ顔に…。

顔も見せられないと背中を向けてしまったハニに、黙ってスンジョは立ち去ろうとします。見ていられなくなったジュリが大きな声で"ハニ"を連呼。そしたら振り向いたスンジョがハニの顔を見ながら戻ってくる。ハニがまたドキドキしていると……ただおつりを取りに来ただけでした。

美術の部室。ジュリは、コクっちゃいなよ、とハニに。そうだ、私の気持ちが分からなくて彼も言い出せないんだ、とハニは思います。

ハニの事が好きなジュングが今日のモデル。ハニにサムゲタンをプレゼントして、苦しい格好のポーズもハニが自分を見て描いていると思うだけで頑張っちゃいます。

職員室。7組の担任ガンイは、教頭から模擬試験の結果を見せられて、おたくのクラスのせいで全校生徒の平均点が下がっている、と怒られて…。特に、ハニ、ジュリ、ミナ、ジュングの4人が足を引っ張っていると。この4人がお荷物なんだって言われてるところにスンジョが。

ジュングがあれだけハニのために頑張ったのに、ハニったらポーズをとってる顔をスンジョにしちゃってました。

"ソ・パルボク ククス"というお店をやっているハニの父親ギドン。そのお店を手伝うハニは、麺を乾かしながら、お母さんにお父さんがどう告白したのか聞きます。友達に好きな人が出来て…と。だけど、お父さんの話しは参考になりませんでした。でも、告白するなら真心をこめた手紙が一番だと聞き、これだ!とハニは思います。

スンジョの下駄箱に手紙を入れたハニ。でもいっこうに返事がきません。そんな話しをジュリたちとしていると、スンジョが。ドキドキのハニだけど、スンジョは何も言わずに階段を上がって行きます。それを見かねたジュリがまたまた大声でハニの名前を連呼。振り向いたけど、やっぱり何も言わず行ってしまうスンジョにハニはガッカリ。そんなハニの様子を見て、今度はミナの方が名前を連呼し始めます。すると、上から「あんたがオ・ハニか」というスンジョの声が。

階段を下りてきたスンジョはハニに手紙を。返事だと思って喜んだハニだけど…開いた途端に顔色が変わります。その手紙を取ってしまうジャンミ。手紙はハニがスンジョに出した手紙で、しかも字の間違いをいっぱい直されDマイナスまでつけられてるものでした。そうと分かってジャンミは大勢の前でハニを笑い者に。そこにジュングが来て手紙を奪い返します。

スンジョは「頭の悪い女は嫌いでね」とさらにハニにダメージを与えて行こうとするのを、ジュングが止めました。そして、ハニに謝るように言います。ここにこいつのどんな気持ちが書いてあったのか、ちゃんと読んだのかと。それでもバカにしたように笑うスンジョをジュングが殴ろうとするけど、スンジョは軽々とよけてしまいました。

今月の特別自習室へ入れる上位50名のリストの前で、ヘラヘラとおしゃべりばかりして間違いだらけの手紙を書くなんて、頭がからっぽか、そうとう図太いかだろ、悪いが俺はどっちも嫌いだ、とスンジョは言います。

2階建てのお家へいよいよお引っ越しのハニ。ジュリやミナ、ジュング達もお家を見に来ました。大きくて立派なお家に。友達は羨ましそう。そして、皆でお食事を。

お店の名前の由来が、ハニの母方のおばあちゃんの名前からだと話すギドン。お店を受け継いだ話をし、ハニが継いでくれたらと思ったけど、ハニには料理の才能がなくて…と言います。するとジュングが、この俺がハニと一緒に店を継ぐと言い出します。だけどギドンはまともに聞いてくれないし、ハニも全くその気なし。ジュングが「そんな~」と言いながら家に頭をガンガン叩き付けると…メキメキっという音が。テーブルの上のコップに入った飲み物も何だかナナメに…。

手抜き工事が原因で、震度2の地震でハニのお家は壊れてしまう。それをニュースで知ったギドンの友達が、今日から泊めてくれる事になったと、ハニはジュリとミナに報告。でも、ニュースで流れた事で学校で指をさして笑われてしまうハニ。しかも怪しく写真を撮る女まで出現。

ジュングは頼んでもいないのに勝手に募金集めを。恥ずかしくて顔を隠して行こうとしたハニたちだけど、それを見逃さないジュング。さらに間の悪い事にスンジョも通りかかって…。ジュングはハニのために募金しろとスンジョに。お金を募金箱に入れようとしたスンジョに「やめて!」とハニは言います。「あんたからお恵みをもらうくらいなら、死んだ方がまし」と。

見下すスンジェの態度に「勉強くらいしてやろうじゃない」と大見栄をきってしまうハニ。なら証明しろ、と言われ、次の模擬試験で50番以内に入ると。
もし50番以内に入れたら、スンジョがハニをおんぶして一周することに。

父の友達の家に着いたハニたち。ギドンは友達と再会して大喜び。そしてお友達の奥さんグミは、女の子のハニが来てくれて大はしゃぎ。実は怪しく学校で写真を撮っていた女性は、うれしくて家に来るまで待てなかったグミでした。

荷物を運びをグミは"お兄ちゃん"にも手伝わせると、息子を呼びます。そしてハニが車から荷物をおろしていると「手伝います」と言う声が後ろから聞こえてきました。大丈夫です、と言ってハニが振り向くと、そこにいたのはスンジョで…。驚きすぎて夢だと思ったハニ。自分の頬を叩くけど、当然スンジョは消えません。ハニはスンジョに指をさして「ペク・スンジョン」と言いました…。




~感想~

さくさくっと見れるラブコメですね

ジュリもミナも友達思いで良い人だなぁ
ジュングも
それに比べてスンジョは……
スンジョの両親は
明るくて優しいのに~~~

そんなツンツンスンジョとの同居
まさかハニからしたら
お父さん同士がお友達だなんて
思わないものね

そうだ
ハニがお母さんにどう告白したか
お父さんに聞いてる時
麺を乾かしていたけど
その麺がすごくキレイでした

最後に出てきたクマさんには
"あれっ?"って感じだったけど…
どこか(笑)で見たクマさんたち





もどる 







↓励みにさせていただきます。
 よかったらポチッと押してください
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへにほんブログ村

 人気ブログランキングへ




コメント   この記事についてブログを書く
« 8月に降る雪(11話) | トップ | 8月に降る雪(12話) »

コメントを投稿

ドラマ置き場」カテゴリの最新記事