甲子園きっぷ  yama’s stadium☆彡

~球児たちの あしあと~

2014 小部東ARROWS 卒部おめでとう☆彡

2013-12-23 | がんばれ!球児くん



今日はARROWS 6年生8名が巣立ちの時を迎えました。

キャプテン昭範くん! 祥真くん! 零央くん! 玲於くん! 央士くん! 暉斗くん! 亮輔くん! 海都くん!

卒部おめでとう   いい笑顔です^^

暉斗くん母様 写真ありがとうございます♫

ARROWSで過ごした日々の中で1番心に残ったことななんだろう?

お父さん、お母さん、監督さん、コーチの皆さん、たくさんの人たちに応援してもらって、大好きな野球ができましたね^^v

中学に行っても、野球をみんな続けるかなぁ~♫

ARROWSでたくさんの大事なことを教わったと思います。

野球を続ける選手たちも、違う道へ進む人も、ARROWSで学んだたくさんの事を生かして

これからも笑顔を忘れずがんばって欲しいなぁと思います^^。

これからみんなが進む道には、辛い時も、逃げ出したくなる時もあるかもしれません。

そんな時は、一人で悩まず、仲間に相談したり、ARROWSのグラウンドに笑いに行って下さい!

きっと良い光が見えることでしょう


先日は、今年最後の大会に応援に行くことができました。

試合前日、大西監督さんとメールのやり取りをさせて戴きました。

「6年生にとってはあと一つ、勝てば1月まで野球ができますが、負ければ引退となります。

勝たせたい気持ちはありますが、結果よりも、お世話になった父兄に元気よく楽しくプレーしている姿を見てもらいたいと思っています」

・・・と、こんな言葉を戴きました。


私を見つけた選手たちは、こんな私にも一人ひとり帽子を取り挨拶してくれました。

試合では、小雨降るとても寒い中、そして相手チームの大量先制の劣勢の中、みんなが声を掛け合い

最後まで諦めない一所懸命な姿がありました。

春・・・まだ新チームになったばかりの時、一人ひとりが自分自身で一杯いっぱいだった彼らが、

たくさんの経験の中で「チーム」に成長したのだなぁ~と、微笑ましく頼もしく思いました。

監督さんの言われた通り、ご両親、指導者の皆さんへ、元気に一所懸命に野球をする姿を魅せてくれたと思います。

まだ来年1月の大会へのきっぷが繋がっているそうですね!

またその時には、ぜひみんなの元気いっぱいの野球を応援しに行きたいと思います。


今年の6年生は、あまり応援にも行けませんでしたゴメンナサイ。

卒部のお祝いに気持ちを込めて、ご父兄と私が撮影した写真を使い、贈る言葉を添えました。

これからいろんな道へ進む彼らですが、大人になり、またいつか仲間とARROWSで過ごした日々を懐かしく思い出して、

語り合う時が来た時に、少しの華になれば嬉しいです^^。


 昭範くんへ                             祥真くんへ             
  
 零央くんへ                              玲於くんへ    
 
 央士くんへ                              暉斗くんへ
 
 亮輔くんへ                              海都くんへ
 

今日は、モッチー宅へ中学組も集まって、恒例の卒部&Xmasパーティーをしているそうですね

中学組のみんな~元気にがんばってますかぁ

モッチー、この前は応援お疲れ様! ひなたくん、亮太くん久しぶりだなぁ~^^*

またみんなの野球も応援に行くからね!楽しみにしてますよ~♫

今日は、みんなで思いっきり楽しい時間を過ごしてね!

6年生のみんな!卒部おめでとう☆彡

 

☆*::*:☆MerryXmas☆:*::*☆

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

第9回タイガースカップ~2013少年野球 関西NO.1決定戦~準決勝 観戦記

2013-12-08 | 中学野球



昨日は、お天気にも恵まれ野球日和の中、タイガースカップ準決勝、決勝を観戦するため甲子園に行って来ました^^v

タイガースカップは、ボーイズ、シニア、ヤングのリーグで勝ち抜いてきた上位チームが関西NO、1を賭けて戦います。


昨日は準決勝二試合、決勝が行われました。

準決勝 第一試合 奈良葛城ボーイズ vs 龍野ボーイズ

準決勝 第二試合 忠岡ボーイズ vs 生駒ボーイズ

ボーイズ強し!で準決勝4チームともボーイズ同士の対戦となりました。


道中、大渋滞に巻き込まれてしまい・・・

準決勝第一試合 奈良葛城ボーイズと龍野ボーイズの対戦は観戦することができませんでした

結果をお聞きすると、奈良葛城ボーイズ 7ー0 龍野ボーイズ

ピッチャーも不明ですが(ご存知の方お知らせ戴ければ嬉しいです^^)ノーヒットノーランを達成したとのことです。

すごいですね~

観れなかったのが本当残念です><;



久しぶりに甲子園に行きましたが、やはり甲子園に流れる空気は、どこの素晴らしい球場にもない風が流れていて、

野球をしていない私でさえ特別な場所だと感じるほどです。

選抜や選手権に出場する高校球児でも、甲子園という彼らにとって聖地、大舞台に、緊張する姿を見掛けますが、

中学球児たちの、堂々とのびのびしたプレイを観ていて頼もしく、清々しさを感じました。

すぐ先の、未来の高校球児たちの熱い戦いを、甲子園で観ることができて、とても充実した素晴らしい一日を過ごすことが出来ました。



試合の観戦は準決勝 第二試合 忠岡ボーイズと生駒ボーイズの対戦 1回裏 生駒ボーイズの攻撃からでした。


忠岡ボーイズ 先発は中野投手(7)

先制を取ったのは生駒ボーイズで、1番東本捕手のショートゴロから、送球が少し高く入ってしまい先頭打者が出塁。

2番小畑選手が四球を選び、3番小邨選手が送り・・・1死2・3塁

そして4番河本選手の初打席

2B2Sから、ライトへ2点タイムリーで先制。

初回から上手く流れに乗っての先制でしたね。


二回にも2死2・3塁から、3番小邨選手が3球目をライトへ2点タイムリーで4-0と大きくリードします。

この小邨選手、決勝でもキーマンとなった選手です。


忠岡ボーイズも2回表、7番猪殿選手のライトへの2ベースヒットで1死2・3塁 巻き返しのチャンスが訪れます。



8番中野投手のライトフライでタッチアップか!と捕球とスタートを見守っていましたが、生駒ライトの三河内選手の返球が素晴らしく、

スタートのタイミングが難しかったですね・・・ホームへ向かうことがでず得点することができませんでした。


3回表にも、2番大久選手のヒットと、3番山本選手の四球、素晴らしいスタートだったWスチールで

2死2・3塁のチャンスを再度作りましたが、生駒先発 常本投手にフルカウントから三振で得点することができません。


その後、4回から忠岡ボーイズはエース藤井投手へ継投し、ヒットと四球、そして生駒の積極的なスチールで2死満塁、

5回には四球、PBで2死3塁とピンチを招きましたが、ここぞ!の投球で三振に捕り、追加点を阻みます。

藤井投手ナイスピッチング!でした


流れが変わるかなぁ~と思いましたが、生駒ボーイズの堅守と、継投した小田投手に長打が出ず、

生駒ボーイズが最後まで流れを掴んで6回には1得点追加点が入り5-0 生駒ボーイズが決勝進出となりました。



この対戦を観戦して、生駒ボーイズはチャンスでタイムリーが出た、忠岡ボーイズはチャンスで1本が出なかった差に

勝敗が分かれたかなぁの感想ですが、緊張の中、両チームノーエラーの堅守に拍手です


今回、初めてタイガーズカップを観戦しましたが、選手の皆さんには勝敗はもちろん良い結果になれば

更に素晴らしい大会であったと思います。

でも、勝敗を置いても、甲子園という大舞台でプレイができたこと、そして、ここへ来るまでのリーグでの過程、

関西NO、1、全国大会出場という目標に向けて、仲間と練習に一生懸命に取り組んだこと・・・

先輩の協力、親御さんの応援などたくさんの方々に支えられていることを感じられたこと・・・

誰もができない良い経験をされたなぁと感じます。

この経験を生かし、これからも一生懸命野球に取り組んでがんばって欲しいなぁと思います。

忠岡ボーイズの選手のみなさんとの出逢いができたことを嬉しく思います^^。

ユニホームの着こなしが抜群でしたよ

ご父兄のみなさん、温かいご接待ありがとうございました。

またお会いできることを楽しみにしています


決勝は、奈良葛城ボーイズと生駒ボーイズの奈良同士の対戦となりました。

決勝では、生駒ボーイズの初球を狙った積極的な攻撃と、葛城ボーイズの選手の勝負強さを感じ、

そして一打席毎の勝負がとても見応えがあり、内容の濃い対戦でした。

決勝の観戦記は、また改めて書きたいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回タイガースカップ~2013少年野球 関西NO.1決定戦~準々決勝

2013-12-04 | 中学野球

先週末、タイガースカップ準々決勝が行われました。

ボーイズ4チームが準決勝進出を決め、7日 準決勝・決勝が行われます。


準々決勝の一戦

生駒ボーイズVS姫路アイアンズ戦では、最終回0ー0 生駒ボーイズの攻撃

2死ランナーなしからサヨナラで生駒ボーイズが勝利し準決勝へ進出しました。

結果は、お知り合いの方からお聞きしたので、一発HR!でサヨナラだったのか・・・?

ランナーがどう出てサヨナラに繋がったのか・・・?の詳細は分かりませんが・・・

(どなたかご存知の方、お知らせ下されば嬉しいです^^)

2死ノーランナーからのサヨナラ勝ちの結果を聞いて、やはり最後まで諦めない!という気持ちが大事だなぁと感じました。

野球は最後まで何が起こるかわからない!と言われますが、ひとつのプレイで、あっ!という間に流れが変わることありますよね。

劣勢に立たされているチームも、優位に優位に立っているチームも、最後まで油断と諦めは大敵です。


また、準々決勝 忠岡ボーイズVS神戸リトルシニアとの一戦

試合のダイジェストを見ましたが、初回、神戸リトルシニアの先制から忠岡ボーイズが逆転し勝利した対戦でした。

試合開始直後は、関西NO.1を賭けて違うリーグの上位チームとの対戦、甲子園という大舞台での対戦で緊張もあったと感じましたが、

忠岡ボーイズの好守備から流れを引き寄せ、攻撃に繋げていけたなぁと感じた一戦でした。

ピンチの後にはチャンスが・・・

好プレイの後には波に乗って・・・

忠岡ボーイズの選手のガッツあるプレイで、チームがひとつになって勝利を引き寄せたなぁと感じた対戦でした。

ぜひ、球児のみなさんには対戦ビデオをご覧戴きたいと思い紹介したいと思います。




準決勝はボーイズ4チームの戦いとなりました。

選手のみなさん!甲子園でプレイできることを楽しんで関西NO.1を目指してがんばって下さい
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加