オドラデクの心配事

日常にゆるやかに乱入する舞踏家の由無し事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フラメンコ大使ぺぺのこと

2008年03月16日 | 道路劇場の記録
ボレロの喧騒がようやく納まってきたと思ったら、
それを待っていたかのように南仏から1通のメール
が届く。3年前、南仏ニームでの道路劇場公演でお
世話になったKADOTAさんからのものだ。
そのときジョイントしてくれたフラメンコギターの
ぺぺさんの初来日コンサートを企画コーディネート
しているという。ぺぺはニームの人たちから親しみ
を込めてフラメンコ大使と呼ばれている人気者のお
じさんだ。ニームでの道路劇場は結局4回行われた。
中でも市内のジプシー特別居住区にあるジプシー酒場
でのぺぺとのセッションは忘れがたい。
そのぺぺが来日するので、青森でも協力してくれという。
二つ返事でOKをだしたが、経費に余裕があるわけ
でなないので、少しでも足しになるよう、コンサートを
立ち上げねばならない。
高知からだと関西、東京と北上して、青森までたどり
着くようにすればいいのだろうけど、他の町でコンサート
の企画を立ててくれるよう、これからお願いしなけれ
ばならない・・・。
来日は11月を予定しているのだが。

写真は、南仏ニームの市場での公演(2005年)
ギターで歌っているのがフラメンコ大使のぺぺさん



コメント   この記事についてブログを書く
« 弘前はたっぷり踊った。さて... | トップ | 急きょ再演! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

道路劇場の記録」カテゴリの最新記事