オドラデクの心配事

日常にゆるやかに乱入する舞踏家の由無し事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子ども舞踏

2009年12月27日 | 道路劇場のお知らせ
昨日から小学校4年生の男子と踊り納めの稽古をしている。

舞踏をほかのダンスと違うものとして認識し始めるのは、
いくつぐらいからだろう。
自分の身体が、ほかの人と違うのだと思い始めることが
踊りの始まりだ。
踊りは自分の身体のコンプレックスを見つめ続けることから
始まる。

今年最後の公演は、バリトンサックスの攻撃に真正面から対峙
しながらも、子ども舞踏への目覚めに密やかな期待を込め、
正ちゃんダンスは、大いなる懺悔にまみれます。

どうぞ、その瞬間にお立ち会いください。

オドラデク踊り納めの会

日 時 2009年12月29日(火)・30日(水)
    両日とも 開演19時 開場は18時
   (公演終了後、引き続き懇親会を行います。)
場 所 生成空間オドラデク(青森市安田字近野134-15)
舞 踏 福士正一 慎之介  
音 楽 浅原ガンジー(バリトンサックス) 久慈奈保子(ピアニカ) 
木 戸 投げ銭 

お出でになる方は、下記にメールをください。両日ともまだ少し席に余裕があります。
odorade@actv.ne.jp






コメント

踊り納めの会

2009年12月19日 | 道路劇場のお知らせ
学生時代に舞踏という不可思議なものとかかわり35年が経過した。
その間青森の地で試行錯誤しながら、ひたすら踊りつづけてきた。
今年は、長年の伴走者であるカミさんの進行がん治療のため、暗雲たちこめた年明けだった。
春に一念発起し、西洋医学的治療に頼ることを止め、自力で自然治癒力を高めることに方針転換した。
幸いなことに、秋口の道路劇場公演などに写真撮影で随行できるまで元気になった。

今年はNHKの「熱中時間」という番組に「舞踏熱中人」として取り上げられた。
あがた森魚さんのナレーションをはじめ、多くの方々の協力をいただいた。

番組は好評でNHKには全国から反響があったようだ。
このブログにコメントをお寄せくださった皆様方には、深く感謝いたします。
とても元気づけられました。ありがとうございました。

新居移転から6年目にして、家の大がかりな改修工事を行い、これに併せて稽古場も
一部リニューアルした。
工事は2ヶ月近くかかったが、なんとか終わりそうだ。

昨年は、稽古場を開設してから25年、新しく移転して5年、自身も齢55歳という節目の年だったが、
踊り納めができないまま年を越してしまった。
今年は諸諸の報告も兼ね、踊り納めの会を開催することにした。

       オドラデク踊り納めの会

日 時 2009年12月29日(火)・30日(水)
    両日とも 開演19時 開場は18時
   (公演終了後、引き続き懇親会を行います。)
場 所 生成空間オドラデク(青森市安田字近野134-15)
舞 踏 福士正一  音 浅原ガンジー(バリトンサックス)ほか 
木 戸 投げ銭 
 
※要予約(両日とも30名限定)
※懇親会参加の方は、千円程度のカンパをお願いします。
(その他、酒・肴の持ち寄り大歓迎)

このブログをご覧の方で、参加されたい方は、下記にメールください。
メールには、必ずお名前、連絡先アドレス、参加日時を明記してください。
こちらからご連絡を差し上げます。
メールアドレス odorade@actv.ne.jp
 
コメント (1)

なんとか間に合いそう

2009年12月09日 | 道路劇場のお知らせ
家の改修工事がほぼ終盤に入った。
あと数日で終わりそう。
土間と稽古場が大工さんの作業場と化し、
荷物置き場にもなっていたのが、
昨日からひと月半ぶりに普通の床にもどった。

去年はカミさんが、がんの治療で入退院を繰り返していたので。
年末の踊り納め公演は中止したけど、今年はなんとかできそう。

あと3週間もないが、稽古場も少し雰囲気がかわったので、
リニューアルのお披露目も兼ねて久しぶりに稽古場公演します。

12月29日【火】・30日【水】 
開演は夜7時
詳細は決まり次第お知らせします。
コメント (1)