アトリエVerde

猫と七宝と四季のくらし

春の始まり

2019-03-13 21:21:38 | 日記

すでに3月も半ばとなり2828展の準備もありますが、少しずつ暖かくなり野の花が咲いてきました。
「セツブンソウ」は辰野町に群生している所があり行ってきました。



今年は花の時期が早かったのかすでに開花も後半の様子、数も少なく思えました。
5cmにも満たない小さな花ですが一番に春を教えてくれる可憐な花です。
そしてうちの食虫植物「サラセニア」が今年はなんと3個の蕾を付けたのは驚きです。



冬に株分けしたのが良かったのか、毎日蕾が伸びていくのがわかります。
庭の「クロッカス」も今年は早く咲き始めました。





好きな花なので何とか七宝で作りたいと思っています。(毎年思っていても難しい)
チャコが寄って来ては花の上にゴロゴロするのが困ります。すっかりうちの猫になったようです。

2828展は「魔女猫」を主人公に4点プラス1点、額絵をつくりました。
これはスノードームにしてしまいました。スノードーム好きなんですよね。



後、ボックス型の額を手に入れたのでとりあえず1点制作。





七宝のバックは水彩色鉛筆で描きました。
2828展は来週21日~24日までです。(ギャラリー「ねこの引出し」)

コメント (2)

オアゾが終わり3月イベント

2019-03-03 13:22:28 | 七宝焼

2月20日~26日までの恒例CAtアートフェスタが終わりました。
来てくださったお客様、本当にありがとうございました。
猫愛あふれる楽しいお話ができてかけがえのない時を過ごしました。
猫作家の皆さんにも毎日お腹がよじれるほど笑わせてもらって楽しかったです。

宿泊が浅草のビジネスホテルで毎日外国人で賑わう浅草寺を通って通いました。
夜の浅草寺もライトアップされて美しかった。

朝、近くの今戸神社にお散歩に行きました。
名物猫さんが居ると聞いて行ったのですがいました!

良く寝ていてお顔を見ることができず残念。
境内には河津桜も咲いて春が近いのだなー、と実感しました。

そして、もう3月…
3月21(木・休)~24(日)まで東京の「ねこの引出し」
松風直美・東早苗・ゴーあや・平林利依子
「はじめまして2828(ニヤニヤ)です」というグループ展を予定しています。
全員全日在廊します。


大好きな作家さんたちと一緒で楽しい展示になりそうな予感…
しかーし、作品がまだ…
とりあえず、DM作品をのせておきます。

最近、メルヘンにめざめて今回初めてのメルヘン調でいってみようと思います。(えへへ)
主人公は猫魔女です。
ちょっと恥ずかしかったりしますがどうぞお出かけください。

今日の猫写真はルルとマタタビの入ったキッカー。


最初は興味なさそうだったのが大興奮へと…

コメント (2)

来週は「Catアートフェスタ」始まります。

2019-02-13 21:13:09 | 七宝焼

2月は珍しく体調不良で制作も思うように進まなかったけど少しづつペースを上げてきました。
さて、2月20日~26日は毎年恒例の丸の内丸善4階ギャラリーでの「Catアートフェスタ」が始まります。




今回はパワーアップして前半は13日~19日 後半20日~26日までの2週にわたって開催します。
作家も大勢参加するので楽しいイベントになると思います。
平林義教・利依子は後半参加します。
ギャラリーは9時~21時まで(最終日16時閉場)ですが作家が在廊するのは12時~20時(初日は9時~)です。
お気軽にお声を掛けてください。
それから同時に「ギャラリー猫町」で「猫町文庫」という企画展が21日~3月3日まであり、参加しています。
16人のアーティストがおすすめの文庫本にちなんだ作品を展示します。



文庫本も一緒に展示販売するという面白い企画です。
平林は川上弘美の「神様」より「春立つ」を題材にしました。
猫を6匹飼っているカナエさんというおばあさんが一人でやっている「猫屋」という飲み屋での
どこか神話のような不思議なお話です。深ーい雪を思わせます。
写真はオアゾに出品するものです。
「夜桜の猫」と「カマキリ(私はカマキリが何故か好きです)との出会いの猫」





こんな寒い時期に食虫植物の「ムシトリスミレ」の花が咲きました。



濃いピンク色(七宝ではマゼンタの色を使いたい)で可憐です。
長く咲いている花なので楽しめます。

コメント (2)

雅叙園の作品

2019-02-03 21:24:48 | 七宝焼

早くも2月となり比較的暖かく雪も少ない1月でした。
今年の諏訪湖の御神渡りは全面結氷にはほど遠く「明けの海」という事になったようです。
今日は予想外の雨だし、季節が定まらない感じがします。
1月半ば頃から風邪をひいてしまい(いつも気管支・鼻)なかなか治らない。
良くなってきたかと思うと次は胃腸の風邪、さすがに厳しくて医者に行きました。
近くの小学校ではインフルエンザの猛威で学級閉鎖が続いているようです。
自分もどこでもらってきたのかさっぱりわからない。
作品の制作も遅れがちになってしまいました。
4月から始まる雅叙園百段階段である「猫都のアイドル展の作品を2月中に作らないといけないのです。
やっと、図案と色が決まってきました。
メインの七宝の周りに今までオーダーで作った猫の顔を選抜で14匹作り配置します。
どの子が入るかは作品を見ていただいてのお楽しみです。



後はこれの図案をもとに七宝で作っていくことになります。
少し大きめの額作品になる予定です。

チャコもムーチャ・ルルとの距離が少しずつ近づいてきたようです。



上の写真はハウスの中にチャコがいます。





春になれば仲良く3匹で並んでいる写真を載せたいものだと思っています。

コメント (2)

前宮参拝

2019-01-18 21:24:53 | 七宝焼

毎年、正月の混雑している三が日でなく少し時期をずらして諏訪大社の前宮に参拝に行きます。
上社は近くにあり広くて人気のある有名な神社ですが、何故か前宮の方が好きです。
前宮は上社の手前にあるという事でなく、上社よりも古い時代からの場所という意味だそうです。
私が興味のある「ミシャグジ」とも関係しているらしいのです。
「ミシャグジ」とは一言では言えないのですが昔からある土着の信仰のかたちのようなものです。
いくつか古い祠が点在していて、注意してそこの歴史を読むとわからない事ばかり出てきます。
なかなか資料も少なく、その分想像力が膨らむ「ミシャグジ」です。





ここの水は流れが速く清冽で豊かさを感じさせます。飲むと少し甘いように思えます。





年何回かは前宮に行っていますが、すっきりした気持ちになり新たに制作に向かえるような気がします。

七宝電気炉の温度の上りが一定せず、製造元に電話をして部品3個を交換しました。
もう30年近く使っているのでどこかしら壊れてくるのも仕方がないようです。
自分でできる交換ならまだ良いのですが、電気関係は苦手な仕事です。
結局半日ほどかかってしまいました。

今この時期は梨の剪定を少しずつ進めています。梨が休眠している時にやります。
梨の次はリンゴの剪定です。これを怠ると秋の収穫が望めないので寒いけれど大事な仕事の一つです。



ムーチャのくつろぎポーズ。ゴヤの「裸のマハ」の絵に似ていると思うのですが…

コメント (2)