篠窪の四季写真

神奈川県大井町篠窪(しのくぼ)から見える冨士山は超きれいで感動します。
春夏秋冬それぞれ見所があります。 現代版頼朝?

篠窪(しのくぼ)より 三嶋神社のご神木(椎の木)のホコラにあった「石のさい銭入れ」を再び製作しました (2018/05/20)

2018-05-26 13:17:47 | 11_篠窪・三嶋神社

 こんにちは
先日、三嶋神社のご神木(椎の木)のホコラにあった「石のさい銭入れ」が盗難にあった件をアップ致しました。
三嶋神社の「椎の木守」をやっておられるi.iさまが、新たに石を入手して、御自分で加工して再度設置してくださいました。
また、いつもの矢倉沢往還途中の三嶋神社の景色に戻りました。

御心配をおかけしました。
いつでも足をお運びください。

三嶋神社の森は一般的には「鎮守の杜」と言われ、神社の周りを囲んでいる木々には神様が住んでいると言われています。
篠窪では神社は椎の木で囲まれており、更に椎の木の御神木が祭られているので「椎の木杜」と呼ばれています
特に御神木の椎の木は樹齢846年と言われています。
・・・源頼朝が活躍した鎌倉時代(1192年:イイクニツクロウ カマクラバクフ)より前の(1172年:承安(しょうあん))時代になります。


「椎の木杜」全体の木はほとんどの木が太陽方向に向いて大きく傾いています。
鳥居横の御神木である椎の木も太陽方向に大きく傾いています。
いまは、鉄骨の杖で支えて貰い、なんとか生き延びている状態です。
長く長く生き延びてほしいです。
なお、新たに「石のさい銭入れ」を設置した写真を撮影していると、御神木が光り輝いてお礼を言っているような写真が撮れたことは幸いでした。


【生まれ変わった御神木のさい銭入れ】

05/20/2018 新しく作成された「石のさい銭入れ」
が設置されました


設置した状態は頭の部分しか見えませんが、大人がやっと抱えるくらいの大きな石で作られています






大分倒れかけているので鉄骨で支えられています。


子供と比べてもこんなに大きな木です


木の傍にはいわれを書いた看板があります。


風格がある見事な木です


両手を広げた様なすごい椎の木です


新たに「石のさい銭入れ」を設置した写真を撮影していると、御神木が光り輝いて
お礼を言っているような写真が撮れたことは幸いでした。

【普段の三嶋神社】



このすごい石碑も「御神木のさい銭入れ」を彫られたi.iさまの作品です


人の背丈ほどもある大岩です






銀杏の季節はこんなに素敵






倒木を使用して彫りあげた作品もあります。 山北のチェーンソー彫刻家の蘭二郎さんさんの作品



境内には神楽殿もあるとても広い場所です。





おおいまちあそびばの子供達も遊びにくる場所です






本殿わきから更に上に登り「椎の木杜 巨木巡り」が楽しめます














倒木の傍にはシャガの花が咲き乱れてくれます

【椎の木杜を楽しむ】
同じ山の景色なのに春夏秋冬 色んな表情を見せてくれます

04/08/2018


05/12/2017


05/17/2017


05/17/2017


11/18/2016


11/24/2016


11/25/2016


12/10/2015


12/19/2017


05/14/2014

【その他】
  時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
  http://nposhinokubo.web.fc2.com/

コメント

篠窪(しのくぼ)の三嶋神社にフクロウが2匹住みついたよ

2017-11-16 15:56:25 | 11_篠窪・三嶋神社
 こんにちは
給水塔付近から見ると紅葉しているのに、三嶋神社の境内に入ると緑一色で覆われています。・・・鎮守の森特有の不思議な感覚です。

篠窪の三嶋神社にフクロウが2匹住みつきました。
三嶋神社は篠窪のお祭りでは、子供たちが神輿をかつぐ場所として活用しています。
とても広い場所なので、色んなイベントはできるかも。
また、境内を取り囲む「椎の木杜」の観察なども不思議な自然に触れることが出来ます。
11/13には篠窪の方々が、三嶋神社をピカピカに清掃してくれていましたよ。

【三嶋神社の椎の木杜を遠くから見る】

11/13/2017 篠窪の三嶋神社付近の紅葉


遠くから見ると綺麗に紅葉

【三嶋神社の清掃風景】

11/13/2017 篠窪の方による清掃作業 
さすがに女性ですね。ピカピカに清掃されていました。 大事にされているんですね


御神木の椎の木の前で


記念写真

【境内へあがっていく】



男坂(急な階段)を昇っていく 杜の中は緑一色で不思議な感じ


神楽殿


本殿


銀杏の木が色づきはじめる







【フクロウが住みついた】

新たに向かって左に2匹






祭りのときはこんな感じ

【三嶋神社の散策コースの様子】








【富士見塚付近の様子】

11/13/2017


11/13/2017




皇帝ダリアが咲いています






いつもの見晴らし休憩所から見る富士山

【昨年は11/24に大雪がふりました】
 今年の初冠雪は昨年と全く同じ日でした。
 でも、今年はその後に富士山の雪は溶けてしまいました。
 予測できない今年の天気です。
 落葉していない時期に雪が降ると、葉っぱに積もった雪の重みで
 木が折れてしまいます。 車のタイヤは早めにスタッドレスに切り替える
 などの準備が必要と思います。

11/24/2016 私は九州育ちなので 雪を見ると犬みたいに嬉しくなって出かけてしまいます。










11/25/2016 大雪の翌日





【その他】
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/
コメント

篠窪(しのくぼ)の「三嶋神社椎ノ木杜」の中で「光り輝く葉っぱ」は何の木

2017-06-22 13:38:32 | 11_篠窪・三嶋神社

 こんにちは
先日、篠窪(しのくぼ)の「三嶋神社 椎ノ木杜」に巨木群の散策順路の確認に行って来ました。
スダジイ、スギ、タブノキ、ケヤキ、イチョウ、カゴノキ、ムクノキ、ヒノキなど約40本もの巨木がありました。
その中には含まれていない木ですが、高さが約10メートルほどの木の真上で蛍光色に近い光り輝く葉っぱを見つけました。
「トチノキ」に似ていましたが、いまひとつ違うと思えたので三嶋神社の椎ノ木守をやられているi.i様に教えを乞いました。
さすがに木の事を知りつくされている博識な方でした。
ホオバミソや、ホオバ下駄で使われる下駄の歯の「ホオノキ(朴の木)」だよ。
何処とどこにもあるから見てみてねとお教え下さいました。

「ホオノキ(朴の木)」とは想像もしていない木でした。
「ホオバ味噌」、柏の代わりに使った「ホオバ餅」などは有名で知っていましたが、マジマジと本物の葉っぱ全体を見た事はありませんでした。

ホオノキ(朴の木)は落葉高木で最終樹高は30m以上、幹の 直径は1m以上にもなるのだそうです。神社や製鉄に関係あり、そのそばにはホオノキが植えてあったそうです。
製鉄?と思いますが、昔は炉の中を見るのに足が熱くならないように堅いホオバの木を下駄の歯に使った(背丈の高くても丈夫な下駄)ホオバゲタを使っていたそうです。木と製鉄が関係していたなんて興味深いですね。
篠窪は昔、金属精錬、武具農具の一大生産拠点だったとの事であり、関係があるのかもと夢は膨らみます。

昼間の順光写真とは異なる逆光で見る「ホオの葉」の写真ですが、薄暗い森の中で光り輝いて見え、まさに精霊たちの通り道かと思えました。
行かれた際は是非見つけてね。(一番天辺付近で見えますよ)
・・・今の時期だけ楽しめます。

 【光り輝くホオ(朴)の葉】

06/19/2017 13:38 光り輝く葉っぱを発見。椎の木杜の中でこの葉っぱだけが光り輝いていました。









 【椎ノ木守の木達】 















薄暗い椎の木杜の中で「ホオの葉」は光り輝いて見えます。
何百年と経つ木の根達も毎年楽しんでいた事と思えます。
・・・精霊の通り道の様にも見えました。

 【(参考)ホオの花】 

05/22/2017 以前、たまたま何の花だろうと思って撮影していました
       偶然にも「ホオノキの花」でした。

(参考)ウキペディアよりホオノキの説明
葉や花、果実、種の写真があり興味深いですよ。 クリックして見てね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%82%AD



05/22/2017 「ホオキの花」 モクレン科の落葉高木ですのでモクレンの花そっくりですね

 【(参考)モクレンの花】 

05/22/2017 「モクレンの花」さすがに「ホオノキの花」に似ています。
       地福禅寺で見ました。


05/22/2017 「モクレンの花」 

 【その他の雑草達】 

06/19/2017 10:58 ネジリソウ 今はこんな雑草が咲き誇っています。


06/19/2017 アザミの花


06/19/2017 ホタルソウ


06/19/2017 枇杷は沢山なっています。 
       しかし、篠窪は美味しい野菜が多いので鳥は枇杷をつつきませんね。

 【その他】  
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/

コメント

篠窪(しのくぼ)三嶋神社「椎の木杜」は深緑へと変化したよ

2017-06-05 06:23:45 | 11_篠窪・三嶋神社

 お早うございます
6/2(金)に篠窪の三嶋神社へ行って来ました。
三嶋神社の「椎の木杜」には、新たに巨木観察用の順路が整備されています。
この時期は雑草も思いっきり生え、巨木観察用の順路が草に覆われ分かりにくくなってしまいます。
この為に、散策しやすいように順路となる道の草刈りをやっておられました。
三嶋神社の椎の木守をやられているi.i様がお一人で作業を実施されていました。

三嶋神社は大多数の「椎の木」以外にも「スギ」「タブの木」「ケヤキ」「イチョウ」
「カゴの木」「ムクの木」
などがあります。
散策する人がもっと楽しめるように、木名の名札をつける準備も並行してやられていました。添付している「巨木群見取り図」もi.i様が作成されており、それを頂き今回アップしました。

三嶋神社の「椎の木杜」は何度も写真を撮らせて頂いていますが以前に比べて、
淡い黄緑から深緑に変わってきている
事が感じ取れます。
都会では巨木を見る機会は少ないと思います。
ぜひ、緑の中の美味しい空気を吸いにいらして下さい。

 【除草風景】 



木の種類を入れた「巨木群見取り図」も椎の木守をやられている
i.i様が作成され頂いたものです






人と比較すると木がいかに大きいか分かります。


椎の木の倒木も直径は人の高さ程もあります。








癒されますよ






倒木の良い部分は彫刻の材料などに活用されています。
新たな命を吹き込まれて次の世代へと引き継がれます。 
・・・本殿に飾られている彫刻もそうです。


山北の彫刻家「蘭二郎」様に命を吹き込んで貰った倒木達


やはり水蒸気が多いんですね。苔と共存しています。

 【遠くの景色】 
富士見塚付近から見るいつもの富士山
雪がだいぶ少なくなってきました


三嶋神社の椎の木杜を見る。何とも言えない色の移り変わりを楽しみます。
成長を見守る感じかも。


椎の木杜の向こうにはいつもの様に丹沢が見えます。

 【大井町の様子】 
篠窪からブルックスコーヒーを経由して大井町役場の方へ向かう途中の景色です。
昔は足柄平野で田んぼや畑だったと思われますが、今は東京のベッドタウンとして
家がビッシリです。
秦野市も同様ですが、昔、平野(畑や田んぼ)だった証として、「大きな木が何もない」風景に異様さを感じます。
平野だったため、神社などもなく大きな木が一本もない。田舎育ちの私には異様な世界に見えます。
里山である篠窪近辺にだけは、まだ、昔と同じ景色が見られるので少しは心が落ち着きます。


 【その他】  
 時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
 http://nposhinokubo.web.fc2.com/

コメント

篠窪(しのくぼ) 三嶋神社の「御神木の椎」に「椎ノ神様」が祭られました

2017-05-14 09:21:26 | 11_篠窪・三嶋神社

 こんにちは
三嶋神社の「椎の木杜」が整備されてきました。
鳥居横の「御神木の椎」に「椎ノ神様」が祭られました。

久しぶりに状況を確認に行って来ました。
三嶋神社の椎の木杜をやられているi.i様が「椎ノ神様」を祭っておられる最中でした。
先祖が残してくれた広大な三嶋神社の椎の木と言う財産を後世に残す上でも大事な事だと思います。
人間の何倍も生きている「椎の木杜」は人間にも何かを語りかけ教えてくれます。
倒木となってしまった「椎の木」でさえ語ってくれます。

椎の木守をやっておられるi.i様は倒木の一部を切り出して大事に保管しておき
山北の彫刻家である「蘭二郎さん」に椎の木杜にちなんだ作品に仕上げて貰い
また後世に引き継ごうとしていらっしゃいます。

篠窪(しのくぼ)の三嶋神社は生まれ変わってきました。
篠窪にいらしたときは是非足をお運び下さい。
また、草花や木々も季節ごとに表情を変えて迎えてくれますよ。
 【「御神木の椎」に「椎ノ神様を祭る」】 
【祭った後】

地元の方が早々に「椎ノ神様」を見つけて手を合わせてくださいました。
杜の鎮守の神様の今日はめでたいお祭り日♪♪♪♪・・・・・の歌が聞こえてきそうです。

 

 

【祭る前の作業】

祭る前に清掃して清めます。









【三嶋神社を見る】






 【彫刻となるまえの倒木】 

彫刻の元となった倒木




こんな素敵な 木菟(ずく)のお宿 になりました


これも三嶋社内の倒木(杉の御神木)から切り出して活用したものです。
左右、2枚の板ではなく、真ん中が空洞の丸太の半分側にカンナをかけてそのまま活用しています。





 【神楽殿の文字は読めないの】 

向かって左側が神楽殿


何とか読みたいな


左側には「明治甘五年菊月」の文字 (すごい表現ですね)
ーーー>明治25年10月だと判りました

(ご参考)明治25年はこんな時代
 第二次伊藤博文内閣、北里柴三郎、福沢諭吉、 正岡子規 などが活躍した時代
 明治時代年表より
 http://meiji.sakanouenokumo.jp/1892.html



右側には「神明」の文字

 【椎の木杜の巨木巡りの入口を作ったよ】 



これからはこんな凄い景色も見られますよ。
盆栽好きにはたまらないと思います。
三嶋神社を鉢に見立てて自然が作り出した自然は盆栽のお手本の様な景色と言えます。
盆栽の様に抱えて持って帰る訳にはいきませんが、心の中をゆさぶってくれると思います。

 【石碑の文字も読みたいな】 








(ご参考)
ブログ記事より三嶋神社の庚申塔 クリックして見てね
https://blogs.yahoo.co.jp/board_woccha/34357663.html


 【心和む草花】 







桜のあとはサクランボが実り始めました








ジャガイモの花も綺麗


富士見塚の見晴休憩所の木々たちはとてもきれい


天気が悪くても霞んだ景色もとても綺麗です

 【その他】 
時間が許せば「NPO法人しのくぼ」のホームページも見てくださいね。
http://nposhinokubo.web.fc2.com/

コメント