goo

教育を「不当な支配」から守る~前川喜平氏講演会、大成功~



9月12日(水)夜におこなった前川喜平氏講演会に、「タクト(鶴岡市文化会館)開設以来最多」という1300人もの人が詰めかけてくれました。
(第二会場に回って頂いた200人近い方には申し訳無いことになってしまいました)

特に心に残ったお話は、

森友・加計学園問題で、首相が嘘をつき、与党・官僚機構がそれを庇うために嘘と隠蔽に突っ走っている、国政が憲政史上空前の異常事態となっている。何とかしなければならない!

 戦前の「国のための教育」から、戦後は「国民一人一人のための教育」へ、転換したハズが今逆回転。
何よりも大切な教師の自主性・主体性が損なわれてしまっている重大事態。

 中高一貫校について、文科省の意図は必ずしも進学校にする事ではなかった。学力による入試はしないハズが、ほとんど全部何らかの形で学力による選抜となっているのは脱法行為。
(今日オープニングで披露された)鶴岡北高の合唱。彼女らの学びを大切にし地域で支える学校でなければならない。進学を推進するために一貫校をつくるのは間違い。

 教育への政治的圧力がかつてなく強まる中で、それを排し、国民に直接責任を負っておこなわれる教育をつくるのは住民と学校の共同。頑張っていきましょう。

 私は、いじめ、暴力、不登校、自殺が広がり、国連から「過度に競争主義的で子どもの発達が妨げられている」と勧告が出される日本の教育を全体的に総括し、根本転換を図ることが日本社会の最重要課題の一つと考えているところですが、それはこの講演のもう一つ先にあるものと思っています。
 まずは、安倍政権を終わらせ、政治権力による教育の不当な支配を跳ね除けることが当面する緊急重大課題であり、それが教育に新たな地平を開くものとなるに違いありません。

 もう一つお話ししたいのは、講師の立ち居振る舞いのこと。
 9時過ぎに講演が終わってからのサイン会に並んだ、5,60人はいたかと思われる方々の一人ひとりに、相手の名前も含めて丁寧にサインし、握手・撮影にも最後までにこやかに応対。
 その後、10時過ぎから始まった懇親会でも、(失礼ながら)ちょっとめんどくさいような質問・意見にも、耳を傾け、穏やかで誠実な対話を貫かれました。
 一度会った限りの印象ではありますが、「主催者ができる範囲」という安い講演料で全国どこでも出かけていく活動、夜間中学設置推進の活動などとも重ね合わせて、私は尊敬の念が湧いてきました。

 
 ともかく、鶴岡でこれだけの人が詰めかけたという事に、教育を変えていく展望、政治を変えていく希望を感じた講演会でした。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鶴岡市大雨被害状況



先週も県内で豪雨被害がありました。

鶴岡でも先月15~17日に引き続き、各所で被害が発生、午前中に被害調査に回りました。

田麦俣では、月山に通じる道路が陥没。民家の裏の斜面の崩落もありました。
大針でも県道に土砂が崩落して片側交互通行になっています。
それぞれ、行政の方でも現地確認にきていますが、私としても早急な対処を求めていきます。

なお、田麦の崩落現場は、近くの市道工事をやっていた伊藤組がかけつけて応急処置をしてくれていました。
朝日地域に貢献する企業としての面目躍如です。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

73回目の終戦記念日、暑い中で熱く訴える


 今日は73回目の終戦記念日。朝から鶴岡市内各所で街頭演説をおこないました。

 山形県でも20万人が戦場にかり出され、38000人が生きて帰る事のできなかった戦争、中国・アジア諸国にとっては、国土・国民が蹂躙され尽くした、許しがたい侵略戦争でした。

 その痛苦の反省の上に、戦後進められてきた平和な国づくり、安倍政権はその歩みを覆そうとしています。

 過去最高を更新し続ける軍事費、自民党はさらに「GDPの2%」を求め首相は「しっかりと受け止めたい」と応える。 
 全国の米軍基地の4分の3が集中、飛行機・ヘリらの部品の落下や墜落、米兵犯罪などに苛まれてきた沖縄に、県民の意思を無視して進められる新たな米軍基地建設、
 秋田・山口に、同時に複数発のミサイルを撃たれたら落とせず、完成は5年後、1兆円以上かかるというミサイル迎撃システムを配備する、
 核兵器禁止条約の否定、中学・高校の教科書から過去の戦争の誤りの記述を削除、
 憲法9条を踏み躙る安保法制を制定し、更に今、憲法の条文そのものの改編をおこなおうとしているのです。

 しかし、21世紀の世界は、国家間の紛争を武力に拠らず解決する方向に大きく進んでいます。
 北朝鮮問題での南北首脳会談と板門店宣言、それに続く米朝首脳会談と宣言、日本も当事国とする歴史的な歩みが進められようとしています。

 世界の流れに取り残され、国民の平和の願いに敵対する安倍政権を退場させ、国際社会の先頭に立って平和外交を展開する新しい政府を作るために力を合わせようと力を込めて訴えました。

 先週の原爆投下の日から、終戦記念日の今週まで、山形新聞、TUY、YTSなどでも戦争体験などの特集を組む特別な期間。
 街頭で訴えていても、振り返る人多く、手を振り、声をかけてくれる方を絶えず、関心の高さを実感しました。

 それにしても今日は朝から暑かった!
 3時間半の行動で500mmのポカリスエット2本飲み、その分の汗をかいて水をかぶったかのようになりました。
 日焼け止めを怠ったので、両腕は茹でたタラバガニに(画像は自粛)。反省の夜を過ごしています。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

山形県議会6月定例会終わりました

遅くなりましたが、先週までおこなわれていた山形県議会6月定例会の特徴についてご報告します。

 農業者戸別所得補償制度復活、主要農産物種子法復活、最低賃金制度改善、核兵器禁止条約批准、森友加計問題糾明などを政府に求める請願が提出されました。
最賃と核兵器は私が所属する商工労働観光常任委員会に付託されましたので、「県民の声であり、採択すべき」と主張しましたが、自民党議員の多数意見により継続審査となりました。
 他もそれぞれの同様の扱いとなりました。
 県議会自民党は、政府方針を擁護する立場からこれらの請願の採択を受け容れませんでしたが、県民世論を怖れて否決はできず継続に逃れたものです。
 ライドシェア導入に反対する請願は全会一致で採択されました。

 種子法廃止への対応は、日本共産党渡辺ゆり子議員が一般質問で取り上げた他、県政クラブの代表質問、自民党議員の一般質問でもテーマとなりました。
 県は、優良な種子の開発・確保等に今後とも責任を果たしていくと表明、条例化も視野に入れるとしました。

 私が県議会で初めて問題点を指摘した、田川地区への中高一貫校設置については、自民党佐藤聡議員が一般質問で設置を主張、文教常任委員会では、県政クラブ、自民党議員から設置に対して疑念が表明されました。

 私は、常任委員会で、精神障害者を始めとする障害者雇用率の引き上げについて、人材育成対策特別委員会で、高校での発達障害者の生徒に対する就労支援について取り上げました。
(詳細は後日報告します)

 安倍政権の悪政の下でいかにして県民の暮らしを守るか、政権の暴走にどういう態度をとっていくか、引き続き問われる議会となりました。

 最後に、飲酒運転による議員の辞職があり、最終日に議長のお詫びがありました。
 率直に言って、違法行為等は議会でどうこうする以前の問題と言わざるを得ませんが、議員の行動が社会に与える影響を改めて痛感し、自ら戒めていく議会と致します。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オウム問題と死刑制度

被害者・ご家族のお気持ちは、お察しすると言葉が出ません。
しかし、社会の在り方として考え、宇津宮さんのご意見に深く共感します。

死刑囚の中には、悔い改め懺悔の日々を送る者も少なく無いと言います。それでも、執行の時には足腰立たず大小便を垂れ流す者もある。
それを刑場に引摺り首に縄を掛け、絶命を見届け、骸を片付ける。そういう仕事をしなくてはならない刑務官がいる。
冤罪で執行された人が数多あることも明らかです。

そんなことを知らされない一般の方々が、「あんな犯罪をおこなったんだから殺して当然」「人を殺した者のために刑務所に金を使うのは無駄」と、街角でインタビューされて平然と喋っている。
このままではいけない。

死刑廃止問題も、一人一人が社会の在り方を深く考える、そういう社会を作っていくための大事なテーマの一つと思います。


https://dot.asahi.com/amp/dot/2018070600027.html?
__twitter_impression=true

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1773669092715040&id=100002158996509

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2074205326150847&id=100006841982484
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

医療で働く人の人権を守ること~理学療法科学生、パワハラ自殺~

理学療法科、作業療法科の学生達から、同様の話を聞きました。

「実習生の報告書を黙って何度も突き返す」「成績の良い、誰が見ても真面目で優秀な学生なのに、『札付き』の厳しい医療機関での実習になって、合格点を貰えず留年」などという例もあったといいます。

「実習を受け入れてもらう」という学校と医療機関の関係の中で起こっている事ですが、学校もパワハラに対しては学生の人権を守るために毅然とした態度をとらねばなりません。人権侵害を容認してどんな理学療法士を「育てる」と言うのでしょう?
優越的地位の上に立って、学生を自死に追い詰めたこの医療機関には、自らの有り様を根本から総括するか、それができないのなら廃業を勧めたいとさえ思います。絶対に許されません。

と、この二つだけ断罪するだけではすみません。技師会など関係者の方々には、この問題を重く受け止めて、実習にみならずリハ技師養成校の在りかたを問い直す機会にされる事を強く期待します。

https://www.pt-ot-st.net/index.php/topics/detail/897
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ポーランド戦の采配で問われていること

 サッカー協会役員、元日本代表などマスコミに登場する名の知られたサッカー関係者は、勝ちを目指すことを止めたポーランド戦の西野監督の采配を良しとしているようです。
 「関係者」が、決勝トーナメントに進出する事を至上命題とするのなら、部外者がどうこう言う必要はありません。
 しかし、日本サッカー協会は、その目的として「サッカーを通して人々の心身の健全な発達と社会の豊かな発展に貢献する」と謳い、ワールドカップで、国民に感動を与え日本を励ますアピールしてきました。(私もそのことに期待しています)
 今、サッカーとスポーツの社会的価値が深く問われる事態になっていることを自覚すべきです。

 勝敗よりも成績よりも貴重なものをひたむきに追い求める姿(フェアプレイの一つですさ)にこそ、競技の好き嫌いやスポーツへの関心の有無を超えた感動が生まれます。
 それをコロンビア戦、セネガル戦と見せてくれていた訳です。
 その中で起こった今回の事態。
 西野監督自身は「自分の信条とは違う」と苦渋の判断であったことを隠していません。
 選手たちもそう。

 今回の問題をサッカー界、スポーツ界が、スポーツの社会的価値(それはフェアプレイだと、日体協と日本オリンピック委員会は宣言を出しています)について掘り下げる機会にすることを願います。
 今すぐに深い総括はできないでしょうが、 ただ監督をかばおうとする「あれでよかった」という表明は止めて、考察する姿勢を見せなければなりません。
 誠実な姿勢は、国民に好感を持って受け止められるでしょうし、そうでないと、サッカーファンを超えて拡がっていたワールドカップへの期待は、しぼんだまま終わってしまいます。

 その事と併せて、日本代表が決勝Tでひたむきな戦いを見せてくれることを心から楽しみにしています。

 https://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20180629/786114.html 
   
https://www.nikkansports.com/m/soccer/russia2018/news/201806290000380_m.html
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

山形県2018年度予算案、県議会2月定例会について

 2018年度山形県当初予算案等が全会一致で可決・成立しました。山形県議会は「全員賛成の場合は討論を行うことができない」という不適切なルールとなっているのですが、同じ賛成であっても日本共産党県議団と自民党では考えは全く違います。
 そこで、日本共産党県議団としての2018年度山形県一般会計予算(当初予算)等について見解を、遅まきながら、私の思いも含めて記載します。
1)安倍晋三政権は、戦後最大の軍備拡大を進めながら改憲を狙い、社会保障は過去最大の自然増抑制の大方針によって、介護サービス利用者負担3割拡大、70歳以上の患者負担限度額の引き上げ、後期高齢者医療保険料の低所得者特例軽減の縮小、国民健康保険の都道府県化、生活保護の生活扶助引き下げ等に連動した施策を進めています。それらは、平和と県民の暮らしを大きく脅かすものです。
 農業分野では2018年度からコメの直接支払い交付金が廃止されることによって、37.7億円(2016年県分支払い実績)のお金が本県に入ってこなくなりますが、農家経営に与える影響は甚大であり、全国有数の農業県である本県経済にも重大な影響を及ぼすものです。
2)そのような国政の動向のもとで当初予算には、懸念される事業があります。
 教育分野では、過度な競争と教員の多忙化を助長する小中学校の全斉学力テストに加えて、県独自テストも引き続き実施されます。教育の民間活力の導入で高校施設整備にPFI手法の導入が検討されます。
 田川地区高校再編で、鶴岡南通信制と鶴岡工業定時制を廃止して余目にある庄内総合高校に集約・設置することは、鶴岡市を中心にした生徒に通学の困難をもたらし、温海・朝日地区などは入学を断念する人を生むことになると考えられます。なお、中学受験競争をもたらす鶴南・鶴北統合による中高一貫校設置が期限を定めない延期となったことは、関係者の反対意見が反映されたものとして歓迎します。完全に断念することを求めていきます。
 「起業家精神の基盤となるようなマインドを推進する」という子どもベンチャーマインド育成事業は、営利事業への意欲喚起だとすれば、人格の完成をめざす教育の本来の趣旨から逸脱するものとなります。
 豊かな人間性を育む上での基礎を担う施設の一つである、県立図書館の図書費の縮減も問題です。
 商工分野では、有機エレクトロニクス関連企業の県内進出に、国の地域総合整備資金を活用して企業に50億円の貸し付けを予定しています。企業誘致は多くの場合一定の意義を認めますが、有機エレクトロニクスバレー構想で県が当初試算した「地方税収7億~10億円、1400人の雇用」の実現の見通しが無い中で、多額の貸付・支援をおこなうことには疑問が拭えません。
 介護では、自立支援型地域ケア会議でサービス利用の縮小・打ち切りが促進される恐れがあります。昨年9月時点で要介護認定者の減少割合で山形県が大分県に次いで全国2位となっていることなどは、その重大な現れと見なければなりません。(昨年度から大分県の介護関係者を招聘した研修会等を展開してきました。)
 医療分野では、地域医療構想に基づいて県立中央病院50床、河北病院24床の病床削減が行なわれます。その理由として挙げられた「病床利用率の低下」は、国の政策に沿って平均在院日数短縮を進めたことによるものであり、そもそも、生活苦や患者負担増によって「病人が患者になれない」事態が進んでいることに目を向け、対策を講じなければなりません。
 奥羽・羽越新幹線整備事業では、並行在来線の存廃、既存交通インフラへの影響、建設費用と県負担、費用対効果、環境への影響など様々な課題について、県民に情報を提供しながら検討する必要があります。ただ「新幹線実現=山形創生」などという幻想を振りまくようなことがあってはなりません。
他に、税金等の未収金回収業務を民間委託することは、生活相談の機能が失われる懸念もあります。最上小国川流水型ダム・常勤の中国帰国者支援員削減には引き続き反対であり、議員を含む特別職の報酬引き上げには本会議で討論を行って反対しました。
3)一方、予算には県民生活を守るための事業が盛り込まれ、吉村県政の「子育て支援充実」「いのちと暮らしを守る」「貧困ストップ」など、「県民の暮らし最優先」の姿勢が具現化されています。その多くは、共産党県議団が県民運動と連携して粘り強く要求してきたものです。
 小中学校の少人数学級制(さんさんプラン)、住宅リフォーム助成、私立高等学校等授業料の軽減、非正規雇用労働者の賃金引き上げと正社員化支援奨励金、中小企業トータルサポート(小規模事業者への事業費助成が拡充)、学童保育利用料軽減支援など、これまでおこなわれてきた主要な先進的事業が継続され、一部は拡充されました。
 子どもの貧困の実態調査、ひきこもりなど若者等の実態調査の実施、医師修学資金の貸付の拡充、児童養護施設入所者等への私学入学金・車の免許費用の拡充、介護休業代替職員確保の支援(東北初・新規)、減反制度が廃止される中での中小稲作農家支援事業(県単新規)、子育て世代・高齢者の住宅要求に資するセーフティネット住宅供給促進事業(新規)、教員の多忙化に目を向けた学校に事務スタッフや部活動指導員の配置(新規)などは、各事業の拡充額は大きくはないものの県民の暮らし福祉・教育に資するものです。
 また、人手不足が深刻化するなか、「都市部と地方の所得格差の拡大が人口流出を招いている」として、県独自に最低賃金を一定額引き上げた小規模事業者への奨励金事業に着手すると同時に、国に対して最低賃金の「ランク制度の見直し」や「全国一律の適用」を小規模事業者支援と合わせ提案したことは特に意義深いものです。
4)以上のような、吉村県政の「県民の命と暮らしを守る」姿勢に沿った前向きの施策を評価し、総合的に判断して2018年度山形県一般会計予算に賛成しました。
5) 県議会の問題では、議員の海外行政視察が全国的に監査請求・裁判や住民の批判にさらされ、山形県議会も2010年から中止し、県議団としては議会に制度そのものの廃止を求めてきました。ところが、今議会で制度を一部改変しながら、再開することを決めてしまいました。
県議団としては、この事案を決める3月15日の議会運営委員会に出席し、異議を申し立てるため挙手して番外発言を求めましたが、それを認めず、再開を決めてしまったものです。次期改選後から「4年に1度、一人80万円以内」で実施されます。
県議団はそれには参加せず、引き続き廃止を求めていきます。
 副議長選挙が行われましたが、第2会派から選ばれることが適当と考え、県政クラブ:石黒覚議員に投票しました。
6)私自身の新年度の配置としては、2年間続けた厚生環境常任委員会と産業振興対策特別委員会から、商工労働観光常任委員会と未来を担う人材育成対策特別委員会に所属が替わりました。予算特別委員会での質問は9月定例会に決まりました。
 引き続き、県民の暮らし福祉優先、県民が主人公の県政を目指して、吉村県政の前向きな側面を更に伸ばしていく立場で、チェック機能と政策実現に全力を挙げる決意です。
                                     以上
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鶴南を中高一貫校にしてはならない

 今年度中に検討されることになっている、庄内地区への中高一貫校の設置について、去る6月議会で取り上げました。

進学型の中高一貫校の問題点
 鶴岡市は、「進学を見据えた併設型の中高一貫校の設置」を県に求めています。
 中高一貫教育は、「6年間の計画的・継続的な指導により、生徒の個性や能力を十分に伸ばす。選択の幅を広げる」などを掲げて導入されましたが、地域によっては受験競争の低年齢化が発生、しかも、受験対策は高校受験以上に経済力など家庭環境が左右しています。
 遊びを含めた豊かな体験を通して、人間性や多様な能力を発達させるべき小学生期を受験で潰してしまう中学受験競争については、制度導入時に国会決議でも「受験競争の低年齢化」とならないことが求めています。
 競争主義を推進する規制改革会議は(規制改革会議でさえ)、「エリート進学校への併設等は、中高一貫校が受験エリート校化する蓋然性が大きく、(中高一貫校の)設置の趣旨に反する。・・高い進学実績を誇る地域のトップ校への併設等は行わないこととする」と提言しています。
 鶴岡市で言えば、鶴南を中高一貫校にすると中学受験競争になる、そのような形の中高一貫校は設置すべきでは無い、と警鐘が鳴らされているのです。
 更に、その場合の問題は中学受験競争だけではありません。
 リーダー的な役割を果たすことの多い学力の高い生徒が中高一貫中学に行ってしまうため、既存の中学校と大きな格差が生まれます。
 また、旧町村地区からの子育て世代の流出の動きも加速させ、地域の衰退に拍車をかけることが強く懸念されます。
 何より子ども自身が、中学で地域との結びつきを失うことになります。
 教育は本来、地域の歴史と文化を受け継いで、学校と住民が共同しておこなう個性豊かな営みでなければなりません。
 中等教育が地域から離れてしまうことは、教育の質の低下と言えるものです。

目的は先端研・バイオ産業支援
 加えて指摘しなければならない問題は、鶴岡市が進学型の中高一貫校の設置を求める理由です。
 H26年3月議会の新政クラブ佐藤聡議員(現県議)の一般質問に対して、教育長はこう答えています。
 「(先端研関係で)多くの研究者やその家族が鶴岡を訪れ、鶴岡で生活することになります。すぐれた人材の流入や定着、そして交流のためにも、教育環境が整備されることは大変必要なことと考えておりますし、その選択肢の一つとして中高一貫教育校の存在は大きな意味のあることと考えている」。
 先端研の研究者のために必要だというあからさまな答弁に、私は自分の耳を疑いました。
 更に、「グローバル人材にとって必要な生活環境の一つに、子弟への教育にもグローバルな教育を求めるのは当然のことというふうに思います。なかなか地方都市に行きますと、そういった教育の水準を懸念しまして、東京に残して単身赴任せざるを得ないとか、そういった実態が人材の中にもあるようですけれども、そういった懸念を払拭できるような形での学校教育といったものも企業の集積には必要なことだろうというふうに思います」という質問を受けて、
「言い方は少しおかしいかもしれませんけれども、中学校も全ての中学校が受験校なわけですね。進学校なわけです、考え方によってはですね。そういったことも含めて、どこに進学をするかということについて、現在の子供たちの小学校から中学校へ行く際の進学先、それから中学校から高校へ行く際の進学先の高校教育ですね、そういったところを、これから経年変化をたどって、影響がどのようにあるものかを・・庁内の検討委員会を早急に開催し、考えていきたい」などと、中学から受験競争が進むことを肯定すると読み取れる答弁をおこなっています。
 
教育は誰のために、何のために 小学生に与える弊害から国会決議でも戒められている進学型の中高一貫校を、先端研支援のために設置しようといる鶴岡市。
 教育は、子どものためにあるのではないか、行政は誰のためにおこなわれるのか、この問題でも厳しく問われています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

障がい者の仕事を開拓する


鶴岡市障害者地域自立支援協議会しごと部会の研修会「障害者と仕事」に出席。
障害者相談支援センターの方から「障害ごとの特性と関わり方」、ハローワークの方から「障害のある方の就労支援」のお話。
一般企業の関係者が10人位は出席した模様です。

障害者も健常者も共に生きる社会とは、障害者が働いて自分の能力を活かすことのできる社会であることは言うまでもありません。
それは、企業のみならず、社会のあり方全体に係わるとても大きな困難な仕事ですが、こうした地道な取り組みを積み重ねることが何よりも大事です。
県は今年度、バリアフリー推進員の養成事業に着手、農業での仕事の開発などにも取り組んでいますが、私も、そうした啓発の事業、具体的な仕事を広げる事業などなど県に求めてきました。
厳しい福祉の仕事の中で、企画し、準備された関係者の皆さんに心から敬意を抱きました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ