「身の丈」経営,「身の程」人生

身の丈,身の程を知って生きる・・・・・

SF作家 眉村卓さん死去- あなたは言えますか?「また一緒に暮らしましょう。」と・・・

2019-11-06 18:13:56 | 男ぷり
妻に捧げた1778話 (新潮新書)
 amazon
新潮社発行 眉村卓著

 

 がんで闘病中だった妻の悦子さんを励ますため,毎日一話ずつ書き続けた作品『妻に捧げた1778話 』が,話題を呼んだSF小説で知られる作家の眉村卓さん(85歳)が誤えん性肺炎のため,3日朝,亡くなった。本名 村上卓児さんは昭和9年,大阪市に生まれ,大阪大学経済学部を卒業後,コピーライターを経て作家としてデビューした。

 

 眉村さんは数年前からがんを患い,先月8日から体調を崩し入院していた。亡くなる直前までベッドの上で執筆活動を続けていたという。常々眉村さんは「年月と体験を重ねれば考え方も変わる。その時々にもか書けない作品がある」とも話っていた。正直いって眉村さんの愛妻ぶりとは正反対の我が身ではあるが,自分の活動分野では,"生涯現役”を貫くつもりである。

 家庭を省みない身勝手な我が身の不遜を恥じて,『妻に捧げた1778話』を読み返し,その一節を以下に綴る。

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

妻に捧げた1778話 (新潮新書) [ 眉村 卓 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2019/4/27時点)


楽天ブックス



余命は一年、そう宣告された妻のために、小説家である夫は、とても不可能と思われる約束をする。しかし、夫はその言葉通り、毎日一第のお話を書き続けた。五年間頑張った妻が亡くなった日、最後の原稿の最後の行に夫は書いた ー 「また一緒に暮らしましょう」。妻のために書かれた一七七八篇から選んだ十九篇に、闘病生活と四十年以上にわたる結婚生活を振り返るエッセイを合わせた、ちょっと風変わりな愛妻物語。

1778「最終回」 194ページ~197ページ
とうとう最終回になってしまいました。
きっと、迷惑していたことでしょう。
きょうは、今のあなたなら読める書き方をします。

いかがでしたか?
長い間、ありがとうございました。
また一緒に暮らしましょう。
(一四・五・二八)

あとがきより 203ページ~204ページ
そして……私は思うのである。人と人がお互いに信じ合い、共に生きてゆくためには、何も相手の心の隅から隅まで知る必要はないのだ。生きる根幹、めざす方向が同じでありさえすれば、それでいいのである。私たちはそうだったのだ。それでいいのではないか。



楽天Kobo電子書籍ストア



コメント   この記事についてブログを書く
« 第61期 王位戦 藤井聡太七段 ... | トップ | くまモン10歳・成功要因その... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

男ぷり」カテゴリの最新記事