「身の丈」経営,「身の程」人生

身の丈,身の程を知って生きる・・・・・

『続・発想法』

2020-11-10 10:45:41 | 書房
  『続・発想法』-を読み返しよみかえしてみて。  現代の危機的状況を打開するために   体系だった知識そのものをかりに科学とよぶならば、「科学」と「科学する」ということはおなじではないのである。「科学する」とは、すなわち、混沌とした現実のなかから、なんらかの秩序を見出して、体系づけることを指している。     1『続・発想法』 p6~p7 Ⅰ現代の危機 . . . 本文を読む
コメント

「ホスト万葉集」-世相を反映,そして喜怒哀楽が一杯詰まっている!!

2020-08-29 19:07:39 | 書房
      見つめ合い あ、 これダメだね 照れ笑い カラダは離すもココロは密で ホスト万葉集 嘘の夢 嘘の関係 嘘の酒 こんな源氏名サヨナライツカ コロナ禍にあって,「三密」「夜の街」だのと,とかく風当たりが強いホストクラブ業界。そんな夜の歌舞伎町で生きるホストたちの短歌が,『ホスト万葉集』(短歌研究社/講談社)です。この歌集には,6店のホストクラブを構える「スマッパ!グループ」会長の手塚 . . . 本文を読む
コメント

『ホタル帰る』-そうだ,新コロナウィルス禍がおさまったらホタルを見に行こう。

2020-05-06 16:06:14 | 書房
 今朝方,我が家から約二十キロ先を震源地とする震度4の地震にたたき起こされた。どうにも寝付かれなくて,本棚の奥にしまい込んでいた『ホタル帰る』を久しぶりに読み返した。 ◇ 一九四五年六月,出撃の前夜,特攻隊員の宮川軍曹は「小母ちゃん,死んだらまた小母ちゃんのところへ,ホタルになって帰ってくる」と鳥浜トメさんに言い残して鹿児島県知覧基地から出撃していった。ところがその夜,トメさんの家に,本当に一匹 . . . 本文を読む
コメント

人類の意識を変えた20世紀

2019-10-26 10:06:33 | 書房
歴史が未来を映し出す鏡であるなら、20世紀は私たちに何を見せてくれるだろう?本書はとくに人類の意識・精神が、この激動の世紀にどのように変容したのかを描き出す。 . . . 本文を読む
コメント

伊東光晴・「私にとっての加藤周一」『図書2019年9月号』

2019-09-16 16:29:00 | 書房
恩師伊東光晴先生が,『図書 2019年9月号』岩波書店発行の冒頭で「私にとっての加藤周一」と題して,戦後日本を代表する国際的な知識人である故加藤周一氏にの人となりについて畏敬の念を込めて綴っておられます。今年92歳,心臓発作で倒れ,医師からは99%助からないとの宣告から奇跡的な回復を遂げられ,年齢を感じさせない健筆をふるっておられます。 . . . 本文を読む
コメント

六月を綺鹿な風の吹くことよ  子規

2019-06-09 23:20:38 | 書房
「六月を綺鹿な風の吹くことよ」    正岡子規 この俳句は子規が神戸・須磨の療養先で詠んだものだとされる。「奇麗な風」とは,涼しいすがすがしい風だという。 . . . 本文を読む
コメント

掃除で心は磨けるのか-その是非を考える-その3

2019-06-06 22:23:21 | 書房
掃除で、美しい日本人の心を育てる ー。そんな価値観を持った先生を通して、"トイレ掃除運動"を採り入れる学校が増えている。 . . . 本文を読む
コメント

トランプvs中国 - 石平著,『トランプvs.中国は歴史の必然である』

2019-06-04 12:44:41 | 書房
トランプ大統領の対中強硬姿勢から,今の事態を見通した論評が,平成29年2月発行の石平著,『トランプvs.中国は歴史の必然である』の「中国は敵」の項で簡潔明快に論じている。さらに石平氏は,「中国経済は骨の髄まで絞られる」(p186~pp188)で,中国は大きなダメージを負い,国内を揺るがす大乱に発展すると予測している。 . . . 本文を読む
コメント

掃除で心は磨けるのか-その是非を考える-その2

2019-05-26 00:05:31 | 書房
"トイレ掃除運動"について,朝日新聞記者杉原里美氏は,自身の著書『掃除で心は磨けるのか』で,懐疑的・批判的な見解を示している。そこで,この運動の意義や是非を私なり考察する。まず,提唱者の鍵山秀三郎氏の著書『掃除で心は磨けるのか』から,鍵山氏の説く掃除の意義,その「志」に迫っることとした。 . . . 本文を読む
コメント

掃除で心は磨けるのか-その是非を論じる-その1

2019-05-23 01:26:58 | 書房
掃除で、美しい日本人の心を育てる ー。そんな価値観を持った先生を通して、"トイレ掃除運動"を採り入れる学校が増えている。 埼玉,奈良、兵庫、石川、茨城など全国各地の高校や中学校でも、「素手トイレ掃除」が行われている。宮城県の中学校では、PTAも巻き込んで素手でトイレ掃除が行われている。横浜市は2010年度から、中田宏前市長の肝いりで市内の全小中学校計500校で、用務員の仕事であるトイレ掃除を生徒が行うことが奨励されている。 . . . 本文を読む
コメント