稲敷資料館日々抄

稲敷市立歴史民俗資料館の活動を広く周知し、文化財保護や資料館活動への理解を深めてもらうことを目的にしています。

秋季資料館講座① 木村修先生の講演会をおこないました!

2022年09月04日 | 日記
去る9月3日(土)、あずま生涯学習センターにおいて、


令和4年度稲敷市立歴史民俗資料館 秋季資料館講座の第一回講座として、


木村 修先生(香取市文化財保護審議会会長)による

「鹿島・香取神宮と八龍神の信仰」についてのご講演を頂きました。

「八龍神」という言葉は、現在の私たちには聞きなれない言葉かもしれませんが、
様々な宗教改革がおこなわれた明治維新を機に失われた信仰の一つで、江戸時代まで
は、鹿島・香取の両神宮と切っても切れないほど密接な関係にあった神だったことが、
木村先生の調査により明らかにされています。

講演会では、はじめに「龍」とはどのようなものか、その始まりのインドから中国を経て、
仏教の伝来と共に日本に持ち込まれたと考えられること、それ以来、『豊後国風土記』や
『万葉集』に「龗(おかみ)」がみられることや奈良県室生に伝わる龍穴信仰、
源実朝の『金槐和歌集』に詠まれた八大竜王などから、古代・中世の日本における
龍神のとらえ方を概観いたしました。


そして、地域を常陸国(今の茨城県の大部分)に限定してみると、たくさんの龍神が祀られ
ていることが分かったのだそうです。

稲敷市においても、当館の北側すぐ近くにある「結佐神社」(稲敷市上須田)は、
高龗尊(たかおかみのかみ)をお祀りしていることから、龍神信仰のあったものと考えられ
ているとのことです。

茨城県内にもたくさん八龍神がお祀りされていますが、県内の特徴として鹿島神社と一緒か、
その近くにお祀りされている傾向が把握できるそうです。

ここから鹿島神宮と八龍神の関係を考察するため、鹿島神宮と近しい関係にあり、史料の保存
が比較的に良好な香取神宮と八龍神の関係を調べることとして、中世(鎌倉時代から戦国時代)
の香取神宮で八龍神がどのように扱われてきたのかを探りました。

すると香取神宮においても八龍神は、社殿の造営や遷宮、神幸祭とも深く関わり、
天正20年(1592)の「諸社人連名起請文」に香取神、その御子神と共に誓約の対象となる
神威であるなど、とても重要な神であったことが分かりました。


おわりといたしまして、明治期の祭祀改変により鹿島・香取両神宮における八龍神の役割が
終わったことや、八龍神が鹿島・香取の神の勧請にあわせて常陸・下総国の各地に勧請され
ていること、奈良県の春日大社では、第一殿(祭神は鹿島神)の後ろに八龍(八雷)神社を
祀っていることを示されました。

天候、特に雨をつかさどるとされ人々の信仰を集めた八龍神の信仰の興亡を通じて、この地
に住んでいた私たちの先人たちが有していて、現代の私たちが失ってしまったものを
考えさせる内容でした。

当館の講演会では、受講生からの質問に講師が答える質疑応答を設けています。
受講生の方も、ご自分が疑問に思う点を質問され、講師の的確な回答にご納得
されたことと思います。




これから「鹿島神社」や「香取神社」の境内や周辺に、失われた「八龍神」はあるかな?や、
先人たちは八龍神にどのようなことを願ったのかな?など、
私たちの歴史と文化を見つめる目が豊かになったように思います。

受講されたみなさんが、失われたものを知ることにより、
何かを大切に思える気持ちになって頂けましたら幸いに思います。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

またがま作り教室をおこないました!

2022年08月29日 | 日記
8月28日(日)、歴史民俗資料館で「まがたま作り教室」が
午前の部、午後の部と開催されました。

講師は当館職員が務めました。


① まずロウ石の石材に型紙を使って形を書きます。


② 次に糸のこで大まかに切り出し、





③ 次に金棒やすりであら削りをし、



④ 耐水ペーパを120番、240番、400番、800番、1500番、2000番
  と徐々に細かくして削り目を消していき、


⑤ フェルトで磨いて光沢を出すところまでおこないました。

⑥ 最後の工程として、まがたまの穴にテグス糸を通して赤・青・緑・黄色の染料を入れ
  たカップに浸し、着色をおこないました。


中には、2色以上の染料に浸し、色の混合の変化や、グラデーションの変化を楽しむなど、
自分の思い通りの色を出すために試行錯誤される方もおられました。

参加者数は、午前の部が16人、午後の部が20人と、お子様からお父さん・お母さん、
おじいさん・おばあさんまでご参加いただき、大盛況のまがたま作りで、みなさん黙々と
作業に没頭する楽しみを味わい、更に「もう一つ上」を目指す工芸の喜びを体験すること
ができたようです。


毎年参加されている方もおられますので、来年度以降は、まがたまの間にはさむ管玉など
も用意して、古墳時代の「首長」が首にかけたような豪華なネックレスになるような、
リピーター向けの教材も用意できるとおもしろいかもしれないなぁ…と、
担当者として感じるところがございました。

今後、当館の夏休みの講座の一つとして、育てていきたいと思います。

ご参加くださりました皆様、誠にありがとうございました。
来年もお待ちしております!!

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紙ひこうき教室をおこないました!

2022年08月07日 | 日記
令和4年8月6日(土)くもり

この日は、資料館の夏休み教室として、
「紙ひこうき教室」を午前の部、午後の部と2回開催いたしました。

講師は、つくば模型飛行機同好会の秋元靖史さんに来ていただきました。


教室の内容としましては、まず皆さんになじみの深い「折り紙」の紙飛行機を作りました。
もちろん、教室でつくるのですから、いつも作っている普通の紙ひこうきとは、ちょっと違います。


作りましたのは、「ヘソひこうき」と呼ばれるもので、大正時代には存在していたということです。

講師の秋元さんからは、折り紙でひこうきを作る際の注意点をいくつか教えていただきました。

これを、知っているのと、知らないのでは、大きな差になるようですよ!

紙のひこうきの次に、発泡スチレン製のひこうきを作りました。
こちらは、輪ゴムの発射台(カタパルト)もあわせて作りますから、見るからに良く飛びそうです。




こちらも先生に作り方の注意点や、飛ばす時の注意点などを教わりました。
羽や胴体がゆがんでいると、急旋回して視界から消えて、見失ってしまいます。
また飛びすぎて、木や屋根の上にのってしまった飛行機も、秋元先生や資料館のスタッフがなんとか取ることができました。


そして、実際に資料館の芝生の広場に出て、みんなで飛ばしました。
慣れてくると、滞空時間が10秒近くなることもあり、秋元先生に滞空時間を計測していただき、「認定証」を発行していただきました。


この日は、くもりでしたが、芝生の広場でひこうきを追いかけて走り回ると、たくさんの汗が流れ落ちました。
夏の日の良い想い出になっていただけましたら、幸いです。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「秋季資料館講座」のお知らせ

2022年07月30日 | 日記
秋の資料館講座、開催のお知らせです。

今年で通算3回目をむかえます

稲敷市立歴史民俗資料館「秋季資料館講座」を開講いたします。


稲敷市や近隣地域には、私たちが知らない、埋もれた魅力がまだたくさん

ございます。歴史民俗資料館の講演会で稲敷地域の歴史的な魅力を学んでみませんか?



第一回「鹿島・香取神宮と八龍神の信仰」
▽講  師:木村 修 先生(香取市文化財保護審議会 会長)
▽日  時:令和4年9月3日(土) 午後2時~4時分
▽会  場:稲敷市あずま生涯学習センター 大ホール
▽定  員:250名(応募多数の場合は、抽選)
▽受 講 料:無 料 (テキスト代は実費)
▽〆  切:8月26日(木)



第二回「稲敷市満願寺所蔵の「両界曼荼羅図」について」
▽講  師:佐伯英里子 先生(中央大学理工学部非常勤講師)
▽日  時:令和4年9月18日(日) 午後2時~4時
▽会  場:稲敷市あずま生涯学習センター 大ホール
▽定  員:250名(応募多数の場合は、抽選)
▽受 講 料:無 料 (テキスト代は実費)
▽〆  切:9月8日(木)



第三回「常陸国江戸崎『大念寺日鑑』にみる駆込寺」
▽講  師:佐藤孝之 先生(東京大学名誉教授)
▽日  時:令和4年9月24日(土) 午後2時~4時
▽会  場:稲敷市あずま生涯学習センター 大ホール
▽定  員:250名(応募多数の場合は、抽選)
▽受 講 料:無 料 (テキスト代は実費)
▽〆  切:9月14日(水)

※お申し込みは、電話または来館にてお申込みください。
※新型コロナウイルス感染症のため変更となることがあります。

お問い合わせ先 〒300-0736
        茨城県稲敷市八千石18-1
        稲敷市立歴史民俗資料館

        電話 0299-79-3211

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏休み「まがたま作り教室」開催のお知らせ

2022年07月16日 | 日記
歴史民俗資料館では,恒例の「まがたま作り教室」を今年も開催いたします。

「まがたま(勾玉)」とは,縄文時代から古墳時代にかけて作られた
古代のアクセサリーで,祭りの道具として使われたと言われています。

夏休みの思い出に,まがたま作りを楽しんでみませんか?

▽日  時:令和4年8月28日(日)
      1部 午前10時~11時30分
      2部 午後1時30分~3時
▽会  場:稲敷市立図書館 2階会議室
▽対  象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
▽定  員:各回10組(稲敷市在住の方,稲敷市内の職場に勤務する方優先)
      ※多数の場合は抽選
▽材 料 費:1個400円(当日徴収します)
▽申込方法:電話または来館にてお申し込みください。
▽申込締切:令和4年8月14日(日)

       
稲敷市立歴史民俗資料館

   稲敷市八千石18-1
☎ 0299-79-3211

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする