ハッシーの日記

旅行、音楽、温泉などについての日記です。

2018年 オリックス さよなら福良監督、小谷野選手 (京セラドーム大阪)

2018年10月05日 21時14分44秒 | 野球
 2018年度の最終戦、オリックス対ソフトバンク戦に行きました。





 18時過ぎに球場に着きましたが、ライト下段席は満員で座れなく、立見観戦でした。





 ソフトバンクの先発は千賀投手です。





 オリックスの先発は東明投手です。


















































 ソフトバンクのラッキーセブンです。





 オリックスのラッキーセブンです。
























































 9回裏二死で小谷野選手が代打で登場しました。























 小谷野選手はショートゴロの倒れ、ソフトバンクが勝利しました。






































 福良監督の挨拶です。





 周りのヤジで福良監督の声は聞こえません。












































 小谷野選手の挨拶が始まります。




















































































































 福良監督は一度もCSに出れなかったので、辞任して当然です。











 今日も逆転負けでした。








 2018年の前半は3位で折り返したものの、後半は失速し4位でした。





 ソフトバンクの中村晃選手のファールがホームランに判定を覆されて、今年の勢いが止まりました。
監督が代わっても審判を味方にしないと勝てません。
いつまでも八百長試合をするな、ソフトバンク!






********************************************************************



1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
ソフトバンク 0 0 0 4 0 0 0 1 1 6 9 1
オリックス 1 0 0 1 0 0 0 2 0 4 8 1

勝利投手:[ ソフトバンク ] 千賀(13勝7敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] 東明(1勝4敗0S)
セーブ :[ ソフトバンク ] 森(2勝4敗37S)

本塁打
[ ソフトバンク ]:柳田36号(4回表ソロ)
[ オリックス ] :吉田正26号(4回裏ソロ)、T-岡田13号(8回裏ソロ)

バッテリー
ソフトバンクバッテリー:千賀、石川、森 - 甲斐、高谷
オリックスバッテリー :東明、山岡、山田、岸田、澤田 - 若月、伏見

観衆数 :35775人
試合時間:3時間15分
コメント

2018年 オリックス T-岡田、久々に空砲 (京セラドーム大阪)

2018年09月27日 21時26分24秒 | 野球
 オリックス対日本ハム戦に行きました。





 救助ぬ着いたには1回裏のオリックスの攻撃で、日本ハムの先発は上原投手です。




















 オリックスの先発は東明投手です。




































































 6回表に日本ハムが2点を取り、日本ハムのラッキーセブンです。





 オリックスのラッキーセブンです。
























































 9回二死で代打、T-岡田選手です。








 ライトスタンド上段へのホームランで1点差となりました。











 しかし、後が続かず日本ハムが勝利しました。





 T-岡田選手は空砲でした。








 本日、引退発表した小谷野選手が登場しました。
































 ヒーローインタビューは宮西投手で、小谷野選手のことを語っていました。





*********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
日本ハム 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 6 0
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 0

勝利投手:[ 日本ハム ] 上原(2勝0敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] 東明(1勝3敗0S)
セーブ :[ 日本ハム ] 石川直(1勝2敗15S)


本塁打
[ オリックス ]:T-岡田12号(9回裏ソロ)

バッテリー
日本ハムバッテリー :上原、井口、宮西、浦野、石川直 - 清水、鶴岡
オリックスバッテリー:東明、澤田、岸田 - 若月、伏見

観衆数 :18856人
試合時間:2時間57分
コメント

2018年 オリックス 中島の逆転タイムリーヒットで日本ハムに勝利 (京セラドーム大阪)

2018年09月26日 23時02分25秒 | 野球
 オリックス対日本ハム戦に行きました。





 球場に到着したのは1回裏のオリックスの攻撃でした。





 日本ハムの先発は加藤投手です。














 オリックスの先発は榊原投手です。














 清宮選手にセンターオーバーの三塁打を打たれ、日本ハムが1点先制しました。





 渡邉選手がライトへの犠牲フライを打ち、日本ハムが1点追加しました。


























 西川選手のセカンドゴロで、三塁ランナー中島卓選手がホームオウトととなり、栗山監督からリプレイ検証のリクエストです。

















 判定はアウトでした。






































 宗選手はデッドボールで怪我の手当にベンチに下がりました。





 すぐにベンチから出てきて、一塁に中田選手に尻を叩かれてました。





 日本ハムのラッキーセブンです。








 オリックスのラッキーセブンです。





 加藤投手から浦野投手に交代です。








 二死二塁一塁から、安達選手はセンター前ヒットで1点を取りました。




















 8回裏に宮西投手が投げました。








 中島選手のタイムリーヒットでオリックスが逆転し、9回表に増井投手がマウンドが上がりました。




















 オリックスが日本ハムに勝ちました。

















 ヒーローインタビューは安達選手と中島選手です。



































 福良監督も今年で見納めです。





*********************************************************************

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
日本ハム 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0
オリックス 0 0 0 0 0 0 1 2 X 3 5 0

勝利投手:[ オリックス ] 澤田(4勝0敗0S)
敗戦投手:[ 日本ハム ] 宮西(4勝3敗0S)
セーブ :[ オリックス ] 増井(1勝5敗33S)

バッテリー
日本ハムバッテリー :加藤、浦野、宮西 - 清水
オリックスバッテリー:榊原、吉田一、山田、澤田、増井 - 若月、伏見

観衆数 :18868人
試合時間:2時間41分
コメント

2018年 オリックス 福田、プロ初ホームラン (京セラドーム)

2018年09月25日 09時48分30秒 | 野球
 オリックス対ソフトバンク戦に行きました。





 球場に着いた時は1回裏のオリックスの攻撃でした。





 1回表にソフトバンクが2点先制していました。





 ソフトバンクの先発は東浜投手です。














 オリックスの先発はローチ投手です。



























































 5回表にローチ投手から青山投手に交代です。











 青山投手から斉藤投手に交代です。




















 ソフトバンクのラッキーセブンです。








 オリックスのラッキーセブンです。

















 8回裏に福田選手がライトスタンドへプロ初ホームランを打ちました。




















 ソフトバンクが勝利しました。





 オリックス先発のローチ投手がソフトバンク打線に打たれ過ぎでした。





 唯一、試合を楽しめたのは福田選手に初ホームランでした。






**********************************************************************

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
ソフトバンク 2 0 0 0 4 2 0 0 0 8 15 0
オリックス 0 1 0 0 2 0 0 1 1 5 8 0

勝利投手:[ ソフトバンク ] 東浜(5勝5敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] ローチ (2勝3敗0S)
セーブ :[ ソフトバンク ] 森(2勝4敗34S)

本塁打
[ ソフトバンク ]:上林22号(1回表ソロ)、デスパイネ27号(6回表2ラン)
[ オリックス ] :福田1号(8回裏ソロ)

バッテリー
ソフトバンクバッテリー:東浜、モイネロ、五十嵐、森 - 甲斐
オリックスバッテリー :ローチ、青山、齋藤、吉田一、澤田、山田 - 若月

観衆数 :19351人
試合時間:3時間14分
コメント

2018年 オリックス ロッテ、安田に打たれまくり (京セラドーム大阪)

2018年09月24日 23時27分35秒 | 野球
 オリックス対ロッテ戦に行きました。














 オリックスの守備練習です。








 ロッテの守備練習です。











 ロッテの指名打者はドライチの安田選手です。





 ロッテの先発は土肥投手です。





 本日のスタメンです。





 オリックス福良監督とロッテ井口監督とのメンバー表の交換です。











 オリックスの先発は西投手です。










































































 明日のオリックスの予告先発はローチ投手です。











 6回表に西投手は3点取られて、吉田一投手に交代です。











 6回裏に安田選手の先輩、T-岡田選手が代打で登場しました。








 ショートゴロでした。





 ロッテのラッキーセブンです。












































 8回裏にロメロ選手がホームランを打ちました。








































 ロッテが逆転勝ちでした。








 試合は西投手が好投してましたが、中継陣が打たれました。
また打線も繋がりませんでした。

















 安田選手は地元で大活躍でした。






**********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
ロッテ 0 0 0 0 0 3 0 3 2 8 11 0
オリックス 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2 6 0

勝利投手:[ ロッテ ] 土肥(2勝0敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] 西(9勝13敗0S)

本塁打
[ ロッテ ]  :平沢5号(6回表ソロ)
[ オリックス ]:ロメロ24号(8回裏ソロ)

バッテリー
ロッテバッテリー:土肥、東條、唐川、益田、高野 - 田村
オリックスバッテリー:西、吉田一、山田、比嘉、岸田、岩本 - 若月

観衆数 :22475人
試合時間:3時間29分

コメント

2018年 オリックス 楽天に逆転勝ち (京セラドーム大阪)

2018年09月18日 20時21分03秒 | 野球
 オリックス対楽天戦に行きました。





 しかし球場に着いたのは9回表で、増井投手が出てきた場面でした。








 試合はオリックスが5対3で楽天に勝っています。














 増井投手が抑えて、オリックスが勝利しました。




















 試合はほとんど見ていないので詳細は分かりませんが、オリックスが3回裏に逆転して、そのまま逃げ切りました。





 ヒーローインタビューはT-岡田選手です。





 彼がもっと活躍しないといけません。





























 2019年も福良監督は続行でしょうか?





*******************************************************************

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
楽天 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 6 0
オリックス 0 0 5 0 0 0 0 0 X 5 11 1

勝利投手:[ オリックス ] 松葉(2勝1敗0S)
敗戦投手:[ 楽天 ] 安樂(0勝2敗0S)
セーブ :[ オリックス ] 増井(1勝5敗32S)

バッテリー
楽天バッテリー   :安樂、菊池、森 - 山下
オリックスバッテリー:松葉、吉田一、澤田、山本、増井 - 若月

観衆数 :21900人
試合時間:2時間56分


コメント

2018年 オリックス 東明、久々の勝利 (ほっと神戸)

2018年09月12日 21時22分19秒 | 野球
 オリックス対西武戦に行きました。





 19時過ぎに球場に着きましたが、両チームともに無得点でした。








 オリックスの先発は東明投手です。




















 西武の先発は榎田投手です。



































 5回裏にロメロ選手はライトフライかと思いきや、風に乗ってホームランとなりました。








 続く吉田正選手もレフトへの弾丸ライナーでした。











 榎田投手から齊藤大投手に交代です。








 2018年度、最後の花火です。













































































 6回表は山田投手がマウンドに上がりました。








 岸田投手に交代です。














 6回裏に齊藤大投手から相内投手に交代です。








 西武のラッキーセブンです。














 7回表は吉田一投手が投げました。








 オリックスのラッキーセブンです。








 8回表は山本投手が投げました。








 9回表は澤田投手が投げました。














 オリックスが西武に快勝しました。














 2018年の西武は強かったので、CS、日本シリーズを制して、日本一になって欲しいです。
急遽、阪神からトレードされた榎田投手は先発になって9勝をあげて、大活躍しました。
新天地での活躍はとえも嬉しいです。





























 ほっと神戸での最終戦なので、オリックスの選手も勢揃いでした。
































 試合はオリックスが快勝でした。





 ヒーローインタビューは東明投手と若月選手のバッテリーです。





 東明投手は久々に勝利です。












































 2018年度最後のほっと神戸でした。





*********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
西武 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 2
オリックス 0 0 0 1 2 3 0 1 X 7 16 0

勝利投手:[ オリックス ] 東明(1勝2敗0S)
敗戦投手:[ 西武 ] 榎田(9勝4敗0S)

本塁打
[ オリックス ]:ロメロ21号(5回裏ソロ)、吉田正22号(5回裏ソロ)

バッテリー
西武バッテリー:榎田、齊藤大、相内 - 森
オリックスバッテリー:東明、山田、岸田、吉田一、山本、澤田 - 若月

観衆数 :15491人
試合時間:3時間21分
コメント

2018年 オリックス 西武、多和田に完封負け (ほっと神戸)

2018年09月11日 20時33分05秒 | 野球
 オリックス対西武戦に行きました。





 19時前に到着し、西武が2点リードしていました。











 西武の先発は多和田投手です。























 オリックスの先発は松葉投手です。












































 5回裏が終了し、花火が上がりました。

















































































































 6回表は比嘉投手が投げました。













 近藤投手に交代です。








 栗山選手のファーストゴロに抑えたが、ファーストのT-岡田選手がトンネルで、西武が1点追加です。





 その後も西武に得点されました。






 西武のラッキーセブンです。





 7回表は澤田投手がマウンドに上がりました。





 オリックスのラッキーセブンです。








 9回表は吉田一投手が投げました。











 9回裏も多和田投手に抑えられました。





 西武、多和田投手に完封負けです。





 0では勝てません。





*******************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
西武 0 0 2 0 1 4 0 0 0 7 10 0
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 2

勝利投手:[ 西武 ] 多和田(14勝5敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] 松葉(1勝1敗0S)

本塁打
[ 西武 ]:秋山19号(3回表2ラン)

バッテリー
西武バッテリー   :多和田 - 森
オリックスバッテリー:松葉、比嘉、近藤、澤田、吉田一 - 伏見、若月

観衆数 :18455人
試合時間:2時間53分
コメント

2018年 オリックス 楽天に完封リレー負け (ほっと神戸)

2018年09月06日 19時41分32秒 | 野球
 オリックス対楽天戦に行きました。





 球場に着いたのは4回表です。





 オリックスの先発は東明投手です。








 本日のほっと神戸の観客は1,000人くらいで、楽天ファンは50人くらいで、まさに消化試合です。











 ウィーラー選手に厳しいインコース責めでした。





 乱闘寸前でした。














 楽天の先発は則本投手です。





























 5回裏終了後の花火です。











































































































 6回表二死になったところで東明投手から山田投手へ交代です。























 楽天のラッキーセブンです。





 近藤投手がマウンドに上がりました。








 オリックスのラッキーセブンです。








 8回表は澤田投手が投げました。





 8回裏にT-岡田選手が代打で登場しました。





 振り逃げで出塁しました。





 代打、鈴木昂選手がきっちり送りバンドを決めました。
しかし後続の福田選手、宗選手が則本投手に抑えられ、得点できません。





 9回表に黒木投手が登場しました。





 しかし黒木投手は楽天打線に捕まり、アウトも一つも取れずに3失点で岸田投手に交代しました。














 9回裏は松井祐投手が登場しました。





 楽天が勝利しました。





 0では勝てません。





 福良監督はピッチャーの使い過ぎです。



 

**********************************************************************

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
楽天 0 0 0 1 0 0 0 0 3 4 10 0
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0

勝利投手:[ 楽天 ] 則本(7勝10敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] 東明(0勝2敗0S)

バッテリー
楽天バッテリー   :則本、松井 - 山下
オリックスバッテリー:東明、山田、近藤、澤田、黒木、岸田 - 若月、山崎勝

観衆数 :10057人
試合時間:2時間58分
コメント

2018年 オリックス 増井の悪送球で楽天に負ける (ほっと神戸)

2018年09月05日 06時41分10秒 | 野球
 オリックス対楽天戦に行きました。





 前日の台風21号が近畿地方を通り抜けて、JRのダイヤもかなり乱れており、ほっと神戸に着いたのは19時半でした。





 試合は4回裏で6対3でオリックスが勝っていました。








 オリックスの先発は松葉投手です。
































 5回表に島内選手に四球を出し、二死二塁一塁になったところで松葉投手から比嘉投手に交代しました。











 ウィーラー選手にレフトへの二塁打を打たれ、1点差となりました。





 内田選手はセカンドゴロに抑えてチェンジとなりました。














 5回裏に楽天は森原投手に交代しました。














 5回裏が終了し、花火の始まりです。













































































 6回表は近藤投手が投げました。





























 7回表は黒木投手がマウンドに上がりました。





 楽天のラッキーセブンです。











 なんと島内選手にライトスタンドへツーランホームランを打たれ、楽天に逆転されました。





 オリックスのラッキーセブンです。











 8回表は澤田投手が投げました。











 8回裏のオリックスの攻撃です。








 一死二塁一塁で吉田正はセカンドゴロでダブルプレーかと思いきや、セカンド村林選手が悪送球し、二塁ランナーがホームインしてオリックスが同点に追いつきました。





 楽天は青山投手に変わり、中島選手は四球を選びました。





 二死満塁で安達選手はセンター前ヒットを打ち、オリックスが勝ち越しました。





 続く伏見選手は空振り三振、T-岡田選手はセカンドゴロで追加点は取れませんでした。





 9回表は威風堂々、増井投手が登場しました。








 しかし、代打今江選手にセンター前ヒット、田中選手はセカンドゴロで抑えましたが、銀次選手にライト前ヒット、島内選手にライト前ヒットを打たれ、同点に追いつかれました。
その後、ウィーラー選手の打席で悪送球し、楽天が勝ち越しました。











 9回裏は松井裕投手に抑えられました。





 楽天がオリックスに競り勝ちました。





 勝てる試合を落としたのは、もうCS絶望です。





 福良監督のピッチャーの使い過ぎで、投手陣が疲れ切っています。






********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
楽天 1 2 0 0 2 0 2 0 2 9 11 2
オリックス 4 1 0 1 0 0 0 2 0 8 10 0

勝利投手:[ 楽天 ] 青山(4勝1敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] 増井(1勝5敗30S)
セーブ :[ 楽天 ] 松井(4勝7敗3S)

本塁打
[ 楽天 ]   :銀次4号(1回表ソロ)、山下2号(2回表2ラン)、島内8号(7回表2ラン)
[ オリックス ]:中島4号(1回裏3ラン)

バッテリー
楽天バッテリー:辛島、森原、宋家豪、高梨、青山、松井 - 山下
オリックスバッテリー:松葉、比嘉、近藤、黒木、澤田、増井 - 若月

観衆数 :14657人
試合時間:3時間50分
コメント

2018年 オリックス 中島、3打点で西武に勝利 (京セラドーム大阪)

2018年09月02日 08時15分19秒 | 野球
 オリックス対西武戦に行きました。








 西武の先発は今井投手です。





 オリックスの先発は西投手です。





 本日のスタメンです。








 吉本新喜劇座長・小籔千豊さんの特別始球式です。

















 オリックス福良監督と西武辻監督とのメンバー表の交換です。











 読売テレビアナウンサーの林マオさんの始球式です。









 西投手がマウンドに上がります。














 1回裏のオリックスの攻撃です。





 宗選手はライト前ヒットで出塁しました。








 ロメロ選手は死球でした。





 一死二塁一塁のチャンスに吉田正選手です。








 吉田正選手はショートゴロでしたが、源田選手がエラーして満塁となりました。





 一死満塁で中島選手です。








 中島選手はサードゴロを打ち、中村選手がホームへ悪送球を投げて、オリックスが2点先制しました。





 安達選手はダブルプレーに倒れ、チャンスを潰しました。












































 4回裏に若月選手のツーランホームランでオリックスが2点追加しました。








 5回表の秋山選手のセカンドゴロで辻監督からのリクエストがあり、試合が中断しました。











 判定はアウトでした。





 6回表無死三塁二塁で栗山選手がライトへの犠牲フライを放ち、三塁ランナー浅村選手がホームインしましたが、今度は福良監督のリクエストでビデオ判定です。




















 判定はアウトに覆りました。











 西武のラッキーセブンです。








 斉藤選手に犠牲フライを打たれて、西投手から山田投手へ交代です。











 オリックスのラッキーセブンです。























 中島選手のセンター前ヒットでオリックスが1点追加しました。





 8回表は山本投手が抑えました。














 9回表は増井投手が東条しました。











 オリックスが西武に連勝しました。

















 試合は中島選手の3打点と若月選手の2打点ですが、投手陣、守備陣も立派な守りでした。





 ヒーローンタビューは西投手と若月選手のバッテリーでした。






































 福良監督も若月選手のホームランに驚いていました。





*********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
西武 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 8 2
オリックス 2 0 0 2 0 0 1 0 X 5 5 0

勝利投手:[ オリックス ] 西(8勝11敗0S)
敗戦投手:[ 西武 ] 今井(3勝4敗0S)

本塁打
[ オリックス ]:若月1号(4回裏2ラン)

バッテリー
西武バッテリー:今井、齊藤大、増田、野田、平井、伊藤 - 岡田、炭谷
オリックスバッテリー:西、山田、山本、増井 - 若月

観衆数 :30134人
試合時間:3時間12分
コメント

2018年 オリックス 中島のサヨナラホームランで西武に逆転勝ち (京セラドーム大阪)

2018年09月01日 08時09分19秒 | 野球
 オリックス対西武戦に行きました。








 オリックスに先発はローチ投手です。





 本日のスタメンです。





 仮面女子のパフォーマンスです。





 猪狩ともかさんも車いすに乗っていました。




 K-1ファイター、皇治選手のプレ始球式です。











 オリックス福良監督と西武辻監督とのメンバー表の交換です。











 国歌斉唱は仮面女子で猪狩ともかさんも歌いました。








 オリックス先発のローチ投手です。

















 西武の先発は十亀投手です。









































 2回裏一死三塁二塁のチャンスでT-岡田選手です。








 ショートゴロの間に三塁ランナーがホームインでオリックスが1点先制しました。








 3回表にローチ投手が西武打線に捕まり、5失点です。








 4回表は澤田投手がマウンドに上がりました。








 この回の先頭打者の源田選手にライトスタンドへホームランを打たれました。





 澤田投手も西武打線に打ち込まれ、3失点です。











 5回裏にロメロ選手がレフトスタンドへツーランホームランを打ちました。











 6回表は比嘉投手が投げました。








 西武のラッキーセブンです。





 7回表は岸田投手がマウンドに上がりました。








 オリックスのラッキーセブンです。








 西村選手のライトへの犠牲フライで1点を追加しました。





 ロメロ選手がレフトスタンド上段へ運ぶ本日2本目のホームランで1点追加しました。























 8回表に山川選手がレフト前ヒットを打ち、代走の金子侑選手が盗塁を決めましたが、福良監督からのリクエストがあり、試合は中断しました。





 球場内のビデオではアウトのようでした。








 結果はアウトとなりました。





 8回裏に西武のピッチャーはマーティン投手に変わり、安達選手は四球を選びました。





 続くT-岡田選手はレフトスタンドへツーランホームランを放ち、1点差まで追いつきました。








 代打杉本選手はレフトオーバーの二塁打でチャンスを作ります。





 マーティン投手から小川投手に交代です。








 無死二塁でチャンスに代打鈴木昂選手が出て、送りバンドしました。
ここは宗選手に打たした方がよかったのでは。





 案の定、続く福田選手、西村選手は小川投手に抑えられ、同点に追いつくことができません。





 9回表は黒木投手が投げました。











 9回裏はヒース投手がマウンドに上がりました。





 ロメロ選手はレフチ前ヒットで出塁しました。





 吉田正選手がセンターへの二塁打でサヨナラのチャンスで中島選手です。





 中島選手は初球を振り、レフトスタンドへサヨナラホームランとなりました。


























 7点差を覆しての勝利です。





 ヒーローインタビューはロメロ選手と中島選手です。















































 自力CSが無くなりましたが、勝ち続ければCS進出も可能性があると思います。





 試合後に女子プロ野球がありましたが、応援に疲れて観戦しませんでした。















*********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
西武 0 0 5 3 0 0 0 0 0 8 16 0
オリックス 0 1 0 0 2 0 2 2 3X 10 12 0

勝利投手:[ オリックス ] 黒木(1勝1敗0S)
敗戦投手:[ 西武 ] ヒース (3勝1敗8S)

本塁打
[ 西武 ]   :源田3号(4回表ソロ)
[ オリックス ]:ロメロ19号(5回裏2ラン)、ロメロ20号(7回裏ソロ)、T-岡田11号(8回裏2ラン)、中島3号(9回裏3ラン)

バッテリー
西武バッテリー:十亀、野田、平井、マーティン、小川、ヒース - 森、岡田
オリックスバッテリー:ローチ、澤田、比嘉、岸田、黒木 - 若月、伏見、山崎勝

観衆数 :28642人
試合時間:3時間20分
コメント

2018年 オリックス 中島、ヒーローになれず (京セラドーム大阪)

2018年08月31日 23時33分52秒 | 野球
 オリックス対西武戦に行きました。





 オリックスの先発はディクソン投手です。








 西武の先発は菊池投手です。


























 2回表に外崎選手が二塁へ盗塁し、アウトの判定ですが、西武辻監督のリクエストでビデオ検証で中断しました。





 球場内のビデオではセーフかもしれない感じでした。





 判定はアウトでした。

















 2回裏に菊池投手がベンチに下がりました。








 しばらくしてマウンドに戻りました。


























 二死満塁で若月選手です。





 空振り三振で菊池投手を攻略できません。

















 5回裏、二死三塁一塁のチャンスにロメロ選手です。








 ライトフライで得点できません。





 6回表は近藤投手が投げました。








 西武のラッキーセブンです。





 7回表は8月18登坂の山田投手が投げました。








 続いて比嘉投手に交代しました。














オリックスのラッキーセブンです。





 8回表は黒木投手がマウンドに上がりました。
































 8回裏一死満塁のチャンスに中島選手です。











 セカンドゴロ、ダブルプレーで得点できません。





 9回表は澤田投手が投げました。




















 9回一死で代打、T-岡田選手です。














 見逃し三振で期待に応えられません。





 西武が勝利しました。





 試合は5回表に炭谷選手のヒットで1点取られたのみで、オリックスは再三のチャンスがありながら、完封リレー負けです。





  昨日のヒーロー、中島選手も一死満塁でダブルプレーとなり、ヒーローになれませんでした。





 菊池投手のヒーローインタビューでした。





 今日の負けで自力CSが消えて、明日からは本当の消化試合です。


********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
西武 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 8 0
オリックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1

勝利投手:[ 西武 ] 菊池(10勝4敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] ディクソン (4勝6敗0S)
セーブ :[ 西武 ] ヒース (3勝0敗8S)

バッテリー
西武バッテリー   :菊池、マーティン、ヒース - 炭谷、岡田
オリックスバッテリー:ディクソン、近藤、山田、比嘉、黒木、澤田 - 若月

観衆数 :22469人
試合時間:3時間25分
コメント

2018年 オリックス 中島、5打数4安打でヒーロー (京セラドーム大阪)

2018年08月30日 22時02分45秒 | 野球
 オリックス対日本ハム戦に行きました。





 オリックスの先発は山岡投手です。








 中田選手にライト前ヒットを打たれ、日本ハムが1点先制しました。








 指名打者の清宮選手です。





 セカンドゴロでチャンジです。





 日本ハムの先発は村田投手です。











 ロメロ選手のライトへの犠牲フライで同点に追いつきました。








 中島選手のレフトへの二塁打で1点追加し、オリックスが逆転しました。





 さらに安達選手のライト前ヒットで1点を追加しました。








 T-岡田選手の打席で日本ハムは村田投手から加藤投手に交代です。

















 T-岡田選手は四球を選び、二死満塁となりました。





 山崎選手は空振り三振で、1回裏に3点を取りました。























 5回裏に日本ハムは加藤投手から鍵谷投手に交代です。








 マレーロ選手は四球を選び、一死満塁となりました。





 このチャンスにT-岡田選手です。











 T-岡田選手はライト前ヒットでオリックスは1点追加しました。





 さらに山崎選手のサードゴロをレアード選手がエラーをして、さらに2点を追加しました。








 日本ハムのラッキーセブンです。














 二死満塁にり、山岡投手から山田投手に交代です。








 西川選手をセカンドゴロに抑えて、ピンチを脱出しました。





 オリックスのラッキーセブンです。





 7回裏はトンキン投手が投げました。








 8回表は比嘉投手がマウンドに上がりました。








 8回裏は公文投手が投げました。





 9回表は近藤投手が投げました。














 オリックスが日本ハムに勝利しました。

















 試合の決め手は1回裏の小田の送りバンドがフィルダースチョイスによりオールセーフになり、その後の打線が繋がったのが大きかったです。





 ヒーローインタビューは3人で、山岡投手、中島選手、山田投手です。












































 毎日、このくらい打って欲しいでっせ、中島選手。






*********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 7 1
オリックス 3 0 0 0 3 0 0 0 X 6 11 0

勝利投手:[ オリックス ] 山岡(5勝10敗0S)
敗戦投手:[ 日本ハム ] 村田(5勝3敗0S)

バッテリー
日本ハムバッテリー :村田、加藤、鍵谷、トンキン、公文 - 鶴岡、石川亮
オリックスバッテリー:山岡、山田、比嘉、近藤 - 山崎勝

観衆数 :22263人
試合時間:3時間10分
コメント

2018年 オリックス 八百長ソフトバンクに屈辱3タテ負け (京セラドーム大阪)

2018年08月19日 21時19分24秒 | 野球
 オリックス対ソフトバンク戦に行きました。











 ソフトバンクの先発は大竹投手です。











 本日のスタメンです。





 オリックス福良監督とソフトバンク工藤監督とのメンバー表の交換です。











 オリックスの先発は松葉投手です。












































 1回裏二死満塁のチャンスでT-岡田選手です。














 押出しの四球でオリックスが1点先制しました。








 続く安達選手はセンターフライで倒れ、1点しか取れませんでした。






































 ソフトバンクのラッキーセブンです。





 オリックスのラッキーセブンです。








 大竹投手から加冶屋投手に交代です。








 代打、小田選手はセカンドゴロに倒れました。








 8回表は山本投手が投げました。








 松田選手にセンターへの二塁打を打たれ、ソフトバンクが勝ち越ししました。









 9回表は山田投手が投げました。














 今宮選手にライトスタンドへツーランホームランを打たれ、ソフトバンクが勝ち越しました。








 岸田投手が登場しました。








 松田選手に打たれました。











 大山投手が登場しました。








 オリックス投手陣崩壊で6点も取られました。





 9回裏に2点を取りましたが、オリックスはソフトバンクに負けました。
































 屈辱の3タテされました。








 この勢いでソフトバンクが優勝したら、八百長に極みです。





********************************************************************


1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安失
ソフトバンク 0 0 1 0 0 0 0 1 6 8 13 1
オリックス 1 0 0 0 0 0 0 1 2 4 12 2

勝利投手:[ ソフトバンク ] 加治屋(3勝1敗0S)
敗戦投手:[ オリックス ] 山田(1勝1敗0S)
セーブ :[ ソフトバンク ] 森(1勝4敗22S)

本塁打
[ ソフトバンク ]:今宮6号(9回表2ラン)

バッテリー
ソフトバンクバッテリー:大竹、加治屋、五十嵐、森 - 甲斐、高谷
オリックスバッテリー :松葉、山本、山田、岸田、大山 - 若月

観衆数 :30495人
試合時間:3時間51分

コメント