ぽたりんぐぅ な日々。

小さな自転車屋「ぽたりんぐぅ」でポタポタ
自転車生活。

SELLE SMP + リアマウントシステム1(プロファイルデザイン)

2016年10月25日 | Tyrellカスタム

大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です!
ミニベロを中心としたカスタム・改造はお任せください!!
定期的にイベント開催中!!

SELLE SMP用 アダプター改良型。





こんな母材から削り出していきます。



プロファイルデザイン製のリアマウントシステム1用です。

微調整完了です。



個人的にはボトルはサドルの後ろに置きたい人なので、この気持ち良くわかりますねー。

Tyrellもフレーム形状からボトルが横向きになってしまうので、サドル後ろに付けるのがおすすめです。



前三角の中だと、ボトルとる時に一瞬前方が視界から消えてしまうんですよね。あれがなんとなく嫌で。
あとは身体が硬い…。こちらの理由が8割がたです。


この記事をはてなブックマークに追加

Tyrell タイレル FSX シマノ105 ブルホーンバージョン

2016年10月24日 | Tyrellカスタム
大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です!
ミニベロを中心としたカスタム・改造はお任せください!!
定期的にイベント開催中!!

同時期にご注文いただきましたTyrell FSXのイタリーレッドとマットブラックです。

今回はブルホーンバージョンでご依頼いただきました!FSXのブルホーンは予想通りめちゃカッコいいです!!!!



もうすでにシマノのSTIレバーはワイヤーをハンドルに沿わせるルーティングですのでドロップハンドルは非常に綺麗な収まりです。
が、ブルホーンハンドルに少々難しい事になってます。



何が難しいかは、書くと大変なのではしょりますが(笑)特に11速は大変です。

ぽたりんぐぅでは、諸々を乗り越えまして無事にブレーキタッチとシフト性能を両立してブルホーン化に成功しております。

ドロップの上ハンドルばかり持って乗っている、下ハンドルはしんどくて持てない、なんて方は一回ご検討下さいね。



上ハンドルのポジションでしっかり体重をかけられて、ブレーキをしっかり握られると言うのがブルホーンの特徴です。

折りたたみの際はステムのハンドルクランプを少し緩めてした向けてやると効果的ですね。



ぽたりんぐぅの得意分野ですので是非ご興味ある方はご相談下さいねー!

この記事をはてなブックマークに追加

Tyrell FSX タイレルFSX カーボンハンドル導入のススメ!

2016年10月17日 | Tyrellカスタム
1日に軽く100キロオーバー、もっと、150〜170キロも走られるタイレルFSXのオーナーさん。

腕周り、肩周りの疲労しやすさをどうにかしたいとのご相談でした。



ポジションの調整とカーボンハンドルの導入で対応させていただきました!



オススメは「ワンバイエス」のジェイカーボンシリーズ。



個人的にはジェイカーボン グランモンローを愛用してます。下ハンドル部分のラインが体重を預けやすく前傾になりすぎない絶妙さでオススメです!



また、フィットゾーンという握りやすさを考慮したデザインを採用しており、グリップの自由度がとても高いです。

剛性感が高く、衝撃を逃しにくいミニベロにオススメしたいカスタムポイントですね!

この記事をはてなブックマークに追加

Tyrell FX FSX用 ケイデンスセンサー台座

2016年09月10日 | Tyrellカスタム

Tyrell FXにケイデンス計測の出来るサイクルコンピュータ「giant NEOS SYNC」を取り付けました。



Tyrell FXは構造的にケイデンス(ペダルの回転数)センサーが取り付けにくいのが難点でした。



センサーの台座を作って問題解決です。
いつもながら重箱の隅ですね。笑。



折りたたみモデルながら、そこはTyrellですから走りは自然にスポーツ走行になっていきます。



となると、やはりケイデンスを把握しながら自分の走りをコントロールしたい方もたくさんいらっしゃいますよね〜。

1つの解決策にいかがですかー!

明日からの輪行旅行に間に合って良かったです!


この記事をはてなブックマークに追加

Tyrell FX ケイデンスセンサー台座

2016年09月08日 | Tyrellカスタム

大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です!
ミニベロを中心としたカスタム・改造はお任せください!!
定期的にイベント開催中!!

Tyrell FX meets cadence sensor .prototype.

Tyrell FXにケイデンス計測機能のついたサイクルコンピュータを導入するための部品の試作品です。



最近ケイデンス重視の走り方を提案してる割にはココを押さえられてなかったので反省です。

ご要望にお応えするべく休日出勤中。
なんか楽しくなってきました!


この記事をはてなブックマークに追加