ぽたりんぐぅ な日々。

小さな自転車屋「ぽたりんぐぅ」でポタポタ
自転車生活。

タルタルーガ タイプ-S

2019年08月05日 | 自転車こんなんどうですか?タルタルーガ
大阪府堺市にあるスポーツバイク、ミニベロショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です。
自転車カスタムはお任せください!ミニベロカスタム、ブルホーンハンドルカスタムなどなどお任せくださいませ!
定期的にイベント開催しております!

TARTARUGA type-sをご用意させていただきました。



ツーリングに最適な機能と、走行性能を備えた旅バイクです。

長距離ライドでも体の負担が少ないダブルサス仕様。サスペンション も大きな衝撃よりは細かな振動を吸収するように作られており、ペダリングのロスもほとんど感じられません!



パニアバック装備を前提としたリアキャリアは、折りたたみ時には車体を転がすためのキャスターの脚として活躍します!

勿論、折りたたんで輪行も可能です!

秋のツーリングシーズンのお供にいかがですか?

タルタルーガ type-S 輪行お出かけ仕様

2019年02月11日 | 自転車こんなんどうですか?タルタルーガ
大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です!
ミニベロを中心としたカスタム・改造はお任せください!!
定期的にイベント開催中!!

タルタルーガtype-Sをご用意させていただきました。



ドロップハンドル化にコンポはティアグラ、ホイルはハブをR7000の105に組み替えています。



タルタルーガは構造、折りたたみシステムが複雑でメーカー認定のマエストロ制度があり認定者(認定店ではありません!)にのみ販売が認められています。不肖、わたくしぽたりんぐぅ代表のとうまもマエストロに認定いただいています。

タルタルーガはそのコンセプトを現代版ランドナーとうたっており、折りたたみ輪行含め旅することにフォーカスされた自転車になっています。



独特のフレーム形状はフルサスペンションの影響で、一般的なサスと違い沈み込みすぎて力をに逃がさない構造である上に、路面からの小さな衝撃を効果的に吸収するようになっています。
タイヤの路面抵抗はナロータイアのそれで、衝撃吸収性はファットタイアのそれと言われます。
今回はオルトリーブのパニアバックを装備していただきました。
タルタルーガにはこのスタイルがよく似合いますね!!!
慌てず、急ぎすぎない大人の旅の相棒にいかがでしょう?

ユーザー登録キャンペーン開催中!

ぽたりんぐぅでは愛車を長く楽しんでもらうためにユーザー登録システムをスタートいたしました。
登録特典として「アップグレードクーポン パーツ購入20%オフ」をプレゼント!!
詳しくはこちら
https://blog.goo.ne.jp/potteringood/e/0882b94bf57180bb6625b72a04f4f76d

タルタルーガ type-S

2017年08月19日 | 自転車こんなんどうですか?タルタルーガ
大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ「自転車処ぽたりんぐぅ」です!
ミニベロを中心としたカスタム・改造はお任せください!!
定期的にイベント開催中!!

タルタルーガ type-Sをお求めいただきました。
独特のスタイルが楽しいタルタルーガ。
横浜のデザイナー、吉松さんのプロジェクトです。




考え抜かれたスタイルはツーリングに最適。
豊富なオプションで様々な遊び方に応えてくれる自転車です。

実は、タルタルーガはフルサスバイクなんです。
リアのショックとフロントのパンタグラム構造は、衝撃に対し沈み込む、と言うよりは、微細な振動を吸収する感じです。





高圧タイヤ装備なのに、乗り心地はファットバイクの様とよく言われる所以です。

今回のオーナーさんは折りたたみをあまり考慮されず、リジットバイクの様に扱われるとのことです。それもまたアリなのですね。

メーカーさんから無料の盗難補償が提供されるので、心配が少なくなりますね!

Tartaruga Type Folding

2011年11月30日 | 自転車こんなんどうですか?タルタルーガ

大阪府堺市の ミニベロとスポーツバイクショップ 「自転車処 ぽたりんぐぅ」 です。

紅葉もきれいでツーリングにはもってこいの季節かもしれません。
師走の足音が聞こえてきて、気分はすでに忘年会!!!って感じですか?

ある意味、ツーリングの究極形ではないかと思っている自転車です

「Tartaruga Type Folding」 です。



リカンベントほど寝てはないですがリラックスして座れるタイプの自転車です。
理屈を言いますと、ペダルからの反力を背中の背もたれで受け止め、逆に推進力へ変えてしまうという優れた構造。

実際に乗ってみると、背中のパッドに押されているような感じで新鮮な乗り心地を感じられます。

ペダリングに無駄な力のロスが無いので重いギアで走る方が安定して走れます。



今回は背もたれ部分の「パワーサポート」(これはおススメ、これがあることで力を受け止めれるようになります。)、「泥よけ」、
「フロントキャリア」、「専用輪行バッグ」を購入いただきました。
フロントチェーンリングも大型の物で走行性能もバッチシ。



輪行するにはまずシートを抜いてしまいます。



リアスイングアームを前の方へ畳んでしまうとあっというま! 「Type Sport」 は折りたたみが少し手間がかかりますが
こちらは一瞬で完了してしまいます。

ハンドルだけ起こしてしまうと駅の構内などは押して歩くことの出来る形態になります。
輪行時は出来るだけ押して歩ける状態が長い方がいいので便利な機能です。



専用輪行袋を使うとこんな感じです。車両本体とサドル部分を別の袋に梱包してしまう形式です。
輪行バッグは下半分にもファスナーがついており右の写真のように下だけめくると押して歩くことが出来ます。

リカンベントだと乗車姿勢が寝てしまうので、怖い面も多いですが「Tartaruga Type Folding」の場合は
視線も比較的高く安心して乗ることが出来ます。操作性も非常に軽く、ハンドリングも慣れれば非常に楽に出来ます。

ちょっと特殊な自転車ですが乗ってみると楽しめますよ~!年末年始の休みはコイツでツーリング旅なんてどうですか?!?

 


Tartaruga Type Sport SD ハイスペックバージョン

2011年09月03日 | 自転車こんなんどうですか?タルタルーガ

大阪府堺市にあるミニベロとスポーツバイクショップ 「自転車処 ぽたりんぐぅ」 です。

取り扱い開始以降記事になることが少なかった Tartaruga ですが、原因は僕が写真をしまいこんでいたようです…。
北海道に住む友人がこちらへ来た時に購入してくれました。

タルタルーガの重装備盤です。
新パーツのイージーフォールディングアダプタもついていて、簡易的な折り畳みが可能になった分、自動車輪行などは格段にやりやすくなってます。



折りたたみを考えておられる時は専用キャリアを装備した方が格段にはかどります。
その上、輪行に便利なパニアバッグ等の取り付けも安定して行えるので必需品と言えるでしょう。

イージーフォールディングアダプタを使うと後輪を外さなくても折り畳みが可能です。
自動車輪行などではこちらが便利ですし、時間短縮にもなります。



こちらは完全に折り畳んだ状態と専用輪行バッグに収まった状態です。重量は10Kgとフルサス折りたたみバイクとしては軽量。
折りたたみは最初は難しく感じますがポイントがわかると結構あっという間に出来ます。

旅の最中は折り畳む工程も実は大事なポイントですよ~。
だいたい自転車好きの方が声を掛けてくれるのはこの作業をしている時で(声を掛けやすいタイミングなんでしょう。)
折りたたみの話から始まって話が弾むこと請け合い!!
遠くの町で同じように自転車が好きな人に出会えてコミュニケーションが出来るって凄く楽しい体験ですよね。

僕は、よく全然自転車に乗らないようなオジサンやオバサンから声を掛けてもらうことが多かったですね。
個人的には地元の話が聞けてこっちの方が楽しかったりしましたが(笑)



意外とロングツーリングで重要になるのがグリップとバーエンド。荷重を分散してくれるエルゴノミクス(人間工学を使った)系の
グリップと大きすぎない小型のバーエンドがおススメ。
写真のモデルはERGONのGC2と言うモデル グリップとバーエンド合わせて4千円台なのでお買い得!!
使い勝手もGOOD!!後々のグリップのネバツキが気になる方は上位モデルを(そんなに弱くは無いですが、一応デメリットも言っときます!)。フラットバーを選択する場合はこちらのグリップがGOODです!!!

秋の行楽シーズン、現代型ランドナー Tartaruga で小旅行はいかがですか?
輪行はクセになりますよ♪

輪行のやり方、詳しくレクチャーします!!定番型から強引に行ったものまで結構経験豊富ですよ!!レースは弱いけど…。