#家を建てる 新着一覧
暮らしの提案デザインと注文住宅に大切な要素を最初の段階で「体験と経験と知識」として経過を通じて意識していただけるように・・・暮らしの存在価値空間のデザイン設計を行う意味。
家を新築する、建てる計画の前に・・・始め敷地(土地)の存在、生活の環境をどのように考えるのか?を紐解くと土地の選定でそれが全く異なる結果につながるという事、勿論土地に対しての建物の計画性も同じですよ。
暮らしをデザインする環境設計という意味・・・毎日の暮らしが程よく心地よい場所となるように「間取り」に含まれる要素の質、人の環境とサイズや見え方、感じ方の意味を提案する様に。
設計と間取りの自由度が持つ意味・・・暮らしの本質をデザインする注文住宅に大切な「住まい手さん自身」の大切な思考と準備の部分、注文住宅だからこそ考えておきたいデザイン設計の基本。
和モダンの空間に包まれる暮らしの空間にデザインと設計の価値で程よく和風の居心地を感じながら洋風の居心地との融合空間に・・・和の意識をデザインする事で感じる事の出来るモダンの意識。
暮らしの計画に大切な最初の部分・・・土地(計画敷地)を探すという事、建てる場所や土地がどんなところなのか?それで暮らしの何割りかは決まるという事、建築計画前の大切な検討要素。
住いの設計とデザイン、シンプルでモノトーンが映える暮らしで居心地よくアーバンスタイルだけど郊外でゆとりを感じながらアウトドア空間のある住まいの設計価値デザイン。
住いの設計とデザインの感度と勘所・モダンに和モダンに暮らしつつも、室内空間での暮らし方、移動の距離と方法と動線計画、部屋と部屋を室内の移動と上下の移動、移動の時間も過ごし方
(仮称)暮らしの趣を時間と一緒に楽しむ和モダンの家新築から数か月・・・住まい手さんご家族からの気持ちのこもった時間と場所の価値を記憶と記録に橿原アトリエで。
住まいの設計デザイン・・・上質の意味を紐解く事は大切ですよね暮らしがラグジュアリーなのか落ち着くという事なのかそれとも?毎日の暮らしを意識から居心地をデザインする様に
インテリアと建築の空間構成で変化する暮らしの空間、間取り設計とインテリア設計での空間価値の差と感度、デザイン設計が毎日の暮らしをより良い空間に、家具レイアウトのコツ。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ