Salsa する?

Salsaの力を信じてます。
ココロの核にしみ込んで、カラダの芯が躍動します。

ソマリアの海賊、、二幕目/ 米映画「キャプテン・フィリップス」

2018-06-07 16:40:36 | 映画



世界中の内戦や戦争は、宗教や民族間の争いだったり、、
でも、、ワタシにはさっぱり分からない。
日本のように海の真ん中にポツンとあれば純血種であり、
ピリピリ感を味わう国境線もない、のほほ~んとしたプチ鎖国状態。
なんとなく観ていたソマリアが舞台の映画も、
どちらが真か、正義なのか、全く分からず終い。

それがデンジャラスCrazy作家/高野秀行氏の本にハマり、
うっかり買ったのが「謎の独立国家ソマリランド」。
何度も挫折しながら放置、、
本を読めども読めども増殖するモヤモヤが、
「オッ? これか!!」と解ったのが、実は映画だった。

映画は世界中で作られているが、ソマリアに関する映画は三作品だけ。
前回の「デザート・フラワー」は南部ソマリアの実話。。
今回はど真ん中の一応<プントランド>という国の海賊の実話。

カリブ海の海賊のような、華やかで立派な船は出てこない。
しょぼいボロボロの木の葉のようなボートに、高速モーターを二台。
こんなのが要塞のようなタンカーを襲える、、とは270%思えない光景だった。

タンカーが水を放出し近寄らせないようにしても、この通り。
金属の梯子が船に架かったらアウト!!
あっという間に、僅か数人の海賊に占拠されてしまう。

アフリカの角と呼ばれるソマリアの海域は、今も世界中のタンカーが襲われている。



◇アメリカ映画「キャプテン・フィリップス」◇



アメリカの大型船の船長フィリップスは、海賊地域を護衛艦無しで航行を決断。
ソマリアの海賊の恐ろしさを知る乗組員は、
「話が違う!!!」と船長に抗議。
だが
船長は燃料と時間の節約のため、船会社の利益を優先した。

そして皮肉にも、この大きな事件の発端になった。

「キャプテン・フィリップス」は息もつかせぬほどの緊迫感。
アメリカ海軍の総力挙げての包囲網と海賊4人と人質のフィリップス艦長。
4人の海賊の内、一人は初めて海賊に加わった15歳の少年だった。

映画には
ソマリア人の気の荒さや
何度も拿捕に成功しているのに、豊かさを感じられない空気感が漂う。
そしてアメリカの大艦隊と敵対しながら、
多幸感を感じる<カート>を絶えず噛んでいる海賊。

もしソマリアへ拿捕された場合、多くの船会社や政府は多額のお金を払わざる得ない。
持久戦の末、海賊のリーダーを騙し確保、フィリップス船長以外は射殺された。

皮肉にも
フィリップス船長たちの乗る船は、海賊たちにとってはお金にならない積荷だった。
海賊が狙うのは人ではなく、積荷。。
この映画の中でも、
海賊は石油じゃないと分かっても、手ぶらで帰れない・・・と二度も襲う。

やせ細った海賊たちの中に、ソマリアの深い闇を見た気がした。
生き残った海賊のリーダーは、アメリカの刑務所で33年の刑で服役中だという。

◇プントランドが海賊国家になった理由。。◇

一方、プントランドの海賊は、
海賊の発注がかかると、海岸に集まり各々が海賊の手配師にアピール。
選ばれた数名が同じ船に、武器と食料・水・覚醒植物カートの葉っぱを持ち込む。

プントランドの海賊船にはレーダーもないため、タンカーを求めて一カ月も漂うことも。
乗組員の日給と武器調達費用・食料諸々かかるが、
タンカーを拿捕すれば少なくても数千万、または億単位の身代金が入る。
諸経費を差し引いても、
外貨ドルがプントランドに静かに、そして潤沢に流れる。

海賊たちはもともと漁師。
ラクダ何十頭で物事の清算を行うソマリアでは、遊牧民はナンバー1。
ラクダを持たない漁師は、どうでもよい存在だった。

嫁も来ない、家もない、金もないのが漁師。
それに輪をかけるように、ソマリア海域に外国船が漁場としてやって来た。
漁師たちは行き場を失い、海賊になった。。という。


実は
命を賭けた海賊たちは、誰が雇い主か全く知らない。

海賊は依頼があれば、
日当・斡旋料・諸経費に、
拿捕が成功すると、
仲介者への料金
通訳代
氏族の長老や有力者に売り上げの40%が支払われる。

全てがビジネスライクに行われ、プントランドは海賊の経済効果が大きい。。
こういう背景からか、
政府が海賊を禁止することもなく、海賊は産業と化した。


海賊以外は怖くないか、、と云うと
陸は、もっと怖い。

外国人は護衛を何人もつけないと歩けない。
もし一人で居たら、5分も立っていられることはない。
外国人はむしり取られるカモ葱だからだ。

*参考文献:高野秀行「謎の独立国家ソマリランド」より*


プントランドの海賊は、実は日本だって関係している。
私たちが食べる魚や寿司のため、ソマリア海域で獲ってくる。

遠い国の乱暴な話は、私達も加担していた。。。。。


**返信デス**

のらニャーさんへ

ワリス・ディリーさんの国連での活動は、
アフリカだけではなく、他の国でも割礼禁止に。

でも一番驚かされたのは、
ワリスさんを一番非難したのはソマリアの人でした。
コメントありがとうございます<(_ _)>


人気ブログランキング←ブログランキングに参加してます。応援クリックはとても励みになります。ありがとうございます!!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ソマリアの業、、一幕目/ 映画「デザートフラワー」

2018-05-24 11:36:11 | 映画


世界に類を見ないソマリアの内戦。

氏族間の内戦を早々に終わらせたのが、北部のソマリランド。

資源がない中央は、
漁師が多かったため海賊天国になり、プントランドと名乗った。

そして資源も土地も肥沃な南部は奪い合いとなり、
超デンジャラスな南部ソマリアに。

この三国に分断される前から、
ソマリアには従わなければならない闇があった。


その闇を世界に発信し告発したのが、
ソマリア出身の超スーパーモデル<ワリス・ディリー>だった。
モデルとして世界トップクラスにいたワリスが書いた「砂漠の女ディリー」。

ワリスの魂と人生を賭けた衝撃的な告白、、
そして
本の出版から10年後、この実話は映画になる。


◇映画「デザートフラワー」◇

この映画を観るまで、ソマリアの事はどこか遠くに置き去りにしていた。
氏族の力関係と欲が絡んだエンドレスの内乱。
圧倒的な武力で臨んだアメリカですら凄まじい反撃に撤退してしまう。
そこは
平和で安全な暮らしなどなく、
武力と力を誇示する男社会で成り立っている、、南部ソマリア。
男社会の仕組みにとって、女・子供・年寄りの命はモノ同然だともいえる。


主人公のワリスは、
首都モガディショから砂漠を抜けた荒野で暮らす遊牧民として生まれる。

旧ソマリアでは当たり前に行われていた儀式「割礼」。

幼い子供の陰部を切り取り、
医師の資格もない、そこらの婆さまが麻酔なしで行い縫合する。
凄まじい痛みと出血で、そのまま息絶える子供もいる。
切り取られた部分は、当たり前のように鳥がついばむ。
そして
縫合された部分は、結婚する相手が糸を開くまで閉じたまま。
不衛生で、病気で亡くなることも。

少女たちの結婚相手は、物品とラクダで結婚する少女を親から買う。
少女たちは、見ず知らずの相手と結婚し何番目かの妻になり、
そのまま意思も尊厳もない世界で、一生過ごすという。

もし少女が割礼をしてない場合は、もっと悲惨な現実に直面する。
少女は結婚出来ず、一生娼婦と同じ扱いを受け続ける。

13歳のワリスは婚礼前夜に砂漠に渡り切り、
祖母のいる遠い首都モガディショに逃げ込む。
強運だったのは、祖母が親元へ送り返されなかったこと。
そして
祖母のツテでイギリスのソマリア大使館のメイドとしてイギリスに。

その6年後
ソマリアの内乱が始り大使館は閉鎖、ワリスはホームレス同然の生活を送る。


ワリスの美貌は更なる強運を呼びこみ、
瞬く間にトップモデルへと駆け上がっていく。

その一方で、
ワリスの妹たちは、一人は割礼による出血多量で死亡。
もう一人はお産の時、割礼の後遺症で亡くなる。
ワリス自身も割礼の後遺症で苦しみ、精神的に男性と向き合えない状態だった。

それはトップモデルになり、人並以上の暮らしになっても同じだった。

彼女は
全世界に自分の過酷な体験と
今も尊厳のない世界で暮らす女性たちのために動き出した。

雑誌にカミングアウトし、一冊の本を書く。

彼女は国連で特別大使に就き、
ソマリアの女性たちのために<割礼廃止>を訴え続けた。

その活動の成果はめざましく、
30か国で行われている「割礼」は、徐々になくなりつつある。

女性の「割礼」は主にアフリカに集中。
植民地支配の激しかった時代、純潔を守るための手段だったともいわれている。
が、、
ソマリアの男尊女卑の激しさはとんでもなく、
女性にはノーと言う術もチャンスもなかった。

ワリスのように、
命からがら砂漠を越え生き延びれたのは奇跡と云える。

映画は、現在と少女時代の回想が交互に出てくる。

重いテーマだが、
ワリスが上り詰めていく姿を応援し続ける友人たち。
強欲なアパートの家主がワリスの多額の保釈金払ったり、
尻軽なアルバイト店員だが、ワリスを妹のように思う気持ちだったり。

人から愛を受け、ワリスは立ち向かう勇気と覚悟をした。
ワリス・ディリーの行動は、何百万人の女性を救った。

祖国ソマリアでは、未だ報われていない現実もある。



余談だが、
南部ソマリアは今もって内乱の真っ最中。

色んな氏族が政権を握ったが、こんなに真っ当な時代もあった。

*1969~1991年
 シアド・バーレ政権の時には

 男女平等
 氏族中心主義を廃止。

 ソマリ語表記をアラビア文字からローマ字に変え、識字率を飛躍的に上げた。

 アラブ同盟に加盟。
 
 イスラムの過激思想を抑える。

 道路・学校・病院・工場を多く作った。

   *参考文献:高野秀行「謎の独立国家ソマリランド」より*

実は20年間のバーレ政権の時にだけ、男女平等があった。

現在はかなり酷い、、、、

幼い男の子は兵士として、女の子は兵士の結婚相手として差し出す。

そうしなければ、親たちはその場で殺されれてしまうからだ。

そんな行き場のない負の連鎖が、南部ソマリアで今も続いている。



人気ブログランキング←ブログランキングに参加してます。応援クリックは大きな励みになります( *´艸`)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

戦争と平和の三国志。。高野秀行氏「謎の独立国家ソマリランド」 

2018-05-10 17:25:39 | 


去年、辺境作家/高野秀行氏の本にツボりまくり、
彼の本を片っ端から読んでいた。
その時、
勢い余って、迂闊にもノンフィクション小説「謎の独立国家ソマリランド」を購入。
厚さ4㎝の本の意味することなど分からず、読み始めた。



氏族の名前に複雑な分家構造、さらに血の代償、
ソマリアは三つの国と名乗るモノに分断されている、、と知った。

その三つの国なるモノは、人の業みたいなものを三つに分類した見本のように思えた。



1 ソマリランド(北部)

  治安維持が徹底され超平和で、なんとなく豊か~。

  土地が農業に適しておらず、特産物はこれと云って無し。
  
  産業がないため、
  ソマリランド自体は外国からの援助と海外で働く家族からの仕送りで暮らす。

  独立国と名乗っているが独立出来る地盤がゼロのため、国自体がパラサイト状態。

  ソマリアの氏族はアフリカの中でもずば抜けて攻撃的。
  そのソマリアの中でも一番気が荒い氏族が支配しているのがソマリランド。

  彼らは戦争が好きだと言う。
  だから
  戦争の止め方を知っている。とノタマウ
  
  内乱も氏族の長老たちの話し合いで納め、無駄な血を見ることを避けた。

  長老たちの話し合いは<死者一人幾ら!>で全てのことを、
  お金かラクダで<ヘザーブ>という清算する。

  恨みを復讐で返さない!!!
  ここがソマリランドの平和の凄さだった。


**ヘザーブという優れた清算方法

  殺人の場合
  男はラクダ100頭 女はラクダ50頭という相場で換算される
  が
  実際は血縁関係のある氏族の成年男子の頭割りで現金で支払う

  小さい氏族で1000人
  中くらいの氏族は3000人
  大きい氏族は6000人

  氏族が大きければ、負担額も少ない。
  
  交通事故などもあるため、しょっちゅうヘザーブの取り立てがあるが、
  支払いを待ってもらうことはあっても、支払わない者は皆無だという。**


  ソマリランドの生活には、カートという木の葉っぱが欠かせない。
  椿の葉っぱのようにテカテカしていて、柔らかい部分をバリバリ齧って飲み込む。
  一時間も食べてると、多幸感に包まれる。
  不安は消え、心がリラックスし<人恋しさ>が湧いてくる。
  不思議な葉っぱカートは、ソマリランドの男たちの必須アイテム化している。
    
  朝からお昼まで勤勉に働き、午後の市場で新鮮なカートを買う。
  そこから夕方5時までは、みんなでカートを齧って幸せな時間を過ごす。

これもまた、ソマリランドの平和維持のキーポイントになっているのかもしれない。

  
2 プントランド(中央)

  海賊産業で成り立ってる国。

  諸外国のタンカーや優雅なヨーロッパの金持ちのクルーザーを襲い拉致。

  何カ月も監禁し、交渉国から多額の身代金をせしめる。

  政府もあるが、これはマズイ…と思った時だけ仲裁に入る。

  航海上、アフリカの角のソマリアを通ると最短距離で行けるため、
  護衛艦のないタンカーは確実に狙われる恐怖の海域。


3 南部ソマリア(南部)

  元のソマリア国の首都モガディショがある場所。

  内戦が始まる前は
  肥沃な土地に作物は豊富に実り、産業もお金も全て兼ね備えていた。

  <アフリカのローマ>と呼ばれ、建造物も美しく、文化も盛ん。

  が 
  現時点で27年間の内戦、
  その間殺戮を繰り返し、出口のない世界一危険な地域へ変貌。
  なのにココには、不思議な景色が二つある。

  銃弾の音が響く場所と区画が変わると、
  ハイセンスな洋服や美味しい食べ物があり、活気がある。
  
  全く真逆の不思議な光景が、目の前に…
  高野秀行氏はあまりにも魅惑的な商品に、試着して買おうと迷う、、
  世界で一番危険地域でのルポのはずが、
  「一体俺は何してるんだろうと思った、、、、」というくだりは、
  高野氏の予想とはあまりにも違っていたのと混乱が分かる。




高野氏のルポは、ソマリアの核心を抉りだしていた。
ソマリランドの氏族とは真逆で、南部ソマリアの氏族は戦争を好まなかった。
もともと大人しい氏族が、大量の武器を目の前に戦争を始めた。
ソマリア南部の氏族の複雑な争いが徐々に冷酷非道な制裁の応酬へ。

最悪の事態は、
ソマリア時代の掟<ヘール>は破られたこと、、
女・子供を無差別に射撃するようになる。
戦争のやり取りを知らない者は止め方も知らない、、
これが今も続いてる大きな大きな原因だという。

人の業を色んなパターンにして繰り広げている世界が、ソマリアの三国だと思った。
実は、
高野氏の「謎の独立国家ソマリランド」は、氏族の説明でめげて途中放棄した本。
それが、偶然観た三本の映画でグチャグチャだった頭の配線が繋がった。
そして
高野氏の本のリアルさがフッと分かりかけ、もう一度チャレンジ。

今回は、三本の映画に入る前の前説ですから。。。


**返信デス**

黒蜜きなこさんへ

 丁寧なコメントありがとう( *´艸`)

 「クソ野郎と美しき世界」は

エピソード1の

 マッドドックは ジャニーさん
 ジョーが メリーさん
 フジコちゃんが SMAPのマネージャー
 稲垣吾郎が SMAPの象徴

エピソード3の

 移植した腕は 中居君

このような分析で、自分の中で落ち着いてます。
第二弾の映画が楽しみです!!

人気ブログランキング←ランキングに参加してます。応援クリックしていただけると励みになります(^^ゞありがとう~~🎵
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納得させられた映画、、「クソ野郎と美しき世界」

2018-04-19 10:42:24 | 映画



4月6日
二週間限定の上映映画「クソ野郎と美しき世界」が公開された。

当日チケットは取れず、ようやく観れたのは公開11日目の月曜の夜。
平日の最終回なのに、最前列の席しか取れなかった。

映画の前評判は、なんだかパッとしてない感じ。
が、
映画っていうのは、
大きなスクリーンで、自分の目でシカと見届けると前評判と全然違ってた、、
なんてことが多々ある。

この映画は観ていくうちに、コレは映画だけど、、
ドキュメンタリー…と思えた。
稲垣吾郎・香取慎吾・草彅剛の三人のための。

4人の監督によるそれぞれの物語は、
観客に<オープンエンド>の結末をくれた。
観る側の想像力と察知能力に任せたメッセージのよう。

それは
とっても分かりずらい部分と凄く解りやすい部分と織り交ぜて、、ネ
多分、わざと。。。。。


◇トップバッターは園子温監督/稲垣吾郎 分かりずらさのカオス◇


エピソード1「ピアニストを撃つな!」

のっけからシバラクは、ヘンな園子温ワールド。
とにかく一貫して・・・・が続く。
観終わり、ホッとし、エピソード2~3に入ると、
エピソード1の??が、そういうこと!?という確信に変わる。

意味がないようで、煙に巻いた巧妙な揶揄か、、

そんな中で不変の稲垣吾郎。
金太郎飴のように切っても切っても、どこまでも吾郎ちゃんの存在。

コレは
敢えて分かりずらく仕上げてるとしか思えなかった。

観終わった後、なぜかエピソード1のナゾ謎に引きずられた。
まんまと園子温監督の罠にかかった。


◇エピソード2 山内ケンジ監督/香取慎吾◇

「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」は今置かれてる現状を物語っていた。

警察の取調室で
自宅のアトリエで
そして街角で
香取君の表情が演技とはいえ、
SMAP解散の後遺症を抱えているようで、切なかった。

エピソード2は、
尾崎紀世彦「また会う日まで」と歌喰い女子のキーパーソン。
そして布石だらけ。

ここに沢山のメッセージを託し、ファンへ彼らの再生を誓っている。
そう感じたのは私だけではないはずだ。。


◇エピソード3 太田光監督/草彅剛◇

「光へ、航る」

草彅剛という人は、アップに耐えらえる数少ない役者だと知った。

巨大スクリーンいっぱいの草彅剛の表情は、映画を完全に支配していた。

眉に一本の白髪があることまでも、なぜか自然でカッコいい。。

SMAPの中で一番遅咲だった彼が、ダントツの実力を魅せた映画かもしれない。


◇エピソード4 児玉祐一監督/全員◇


「新しい詩(うた)」

元SMAPの三人のデモンストレーションと決意表明。。じゃないかと。


割り切れない気持ちは本人たちだけではなく、
二度と聴けない、、ファンにとって大きな穴に落ちた感じ。

あと一日で公開は終わる。
それもまた寂しいが、また会う日まで愉しみに待って居ようと思えた映画だった。

←ブログランキングに参加してます。応援のポチクリックをしてくれると嬉しいデス(*ノωノ)



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

どこまでやるの!?∞のフェフ姉さんvs月曜から夜更かし。。

2018-04-05 08:13:16 | ドキュメンタリー・その他




「月曜から夜ふかし」をご存知か?
月曜の深夜
マツコさんと関ジャニの村上君がMCをやってるアレ。

そこから
スター?が出てきた。
バリバリの素人の。。

◇フェフ姉&オオタさん 素人のどこまでやるの⁉◇


なんと三月三十一日のゴールデンタイムに、とうとう特番が組まれた。

この番組は素人イジリがメインだが、
2016年の10月、街頭インタビューで鮮烈なお姉さん二人組が登場
4分33秒からフェフ姉とオオタさん初登場!

誰も追随デキナイ妙な言葉に、
この不思議な二人を見逃さなかったTVのプロたち。

TVサイドはこれを機に、
イジリ甲斐がありそうな珍客を番組に使うことに。

一人は<フェフ姉>、一人は<オオタさん>。
滑舌の悪いフェフ姉の言葉を通訳するオオタさん。
あうんの呼吸がギャグのように面白く、深夜番組にもかかわらず人気が出始めた。

20代前半の若さとは真逆な訳アリの雰囲気と、
実は
派手な見た目に反し、彼女たちの奥行が観る側をジワジワ寝食し始めた。。

最初は
面白い珍客の物珍しさ、、
二人へのスポット企画が進み始めると、彼女たちの背景や経緯が映し出された。

TVは視聴率が取れれば何でもイイわけで、
そこに二人がどこまでやれるか、、晒せるか晒せないか、、の選択がある。
彼女たちはナニカの流れに乗るように<晒す>ことを選んだ。

そして二人は、
番組にも
観る側にも媚びなかった。。
淡々といつものフェフ姉とオオタさんで居続けた。。
邪まな気持ちを全く感じさせない、、

観る側は、そんな彼女たちに共感を感じるように。
それは
オオタさんのドロップアウトした物語りから始まった。。。。


◇オオタさんの物語り。。◇

この表紙の左のアイコスを吸う女性がオオタさん。
フェフ姉さんの同級生。

人生の躓きは誰にも起こる。
彼女はその時、ドロップアウトした。
学校と親の二つを手放し、一人で生き抜いてきた。

美的に整えたマンションに犬と暮らし、そこで安息してるように見えた。

TVの底力は、彼女の本音を見逃すはずはない。
長く疎遠だった母親との和解。
そして
彼女の夢へのステップアップを企画にした。

オオタさんはトリーマー受験資格である高校卒業認定試験にチャレンジ。
とても受かるようには見えない状況だったが、見事合格!!

オオタさんが晒さした人生は、TVに弄ばれることもなく、
夢を叶えるためのスタートを切った。

そんなオオタさんの頑張りは、フェフ姉さんの奥底の鍵を開けた。
TVサイドはまたもや見逃さなかった。


◇フェフ姉さんの無限大∞◇

表紙のフェフ姉さんの独白、、
3月31日の特番

生まれ持った滑舌の悪さゆえに、一番の夢<声優>を諦めていた。

それがTVという媒体がチャンスをくれた。。


才能と云うのは、卓越した個性を磨き上げたものだと思う。

人から見てはみ出した個性は、その人のチャームポイントになる。

フェフ姉さんの滑舌の悪さは、Maxレベル、、

彼女独特の感受性が、
表現力を鋭利に、
そしてダイナミックにし、滑舌の悪さを個性にしていると思えた。

特番は、磨けば光るモノを持っていそうなフェフ姉さんの原石を映し出した。

この後、
企画モノとしてどんな展開をするのか分からないが、、
視聴率のオモチャにはなって欲しくない。

フェフ姉さんとオオタさんの人生が、
綺麗なマーガレットを咲かせる道であって欲しいと思う。

月曜の深夜、TVの前で、
共感し、踏み出す勇気をもらってる人たちがいるのだから。。。。


**返信デス**

小豆ママさんへ

 自分が変わると、不思議なことに周りが変わります
 ワタシは家人が変わりました、、
 驚くばかりの日々ですよ

人気ブログランキング←ブログランキングに参加してます。次回への励みになる応援クリックをお願いします<(_ _)>ありがとうございます!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加