ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

マリー・アントワネット…写真素材を別で使いたい映画(女優除く)

2007-09-24 14:56:21 | 映画・DVD
昨日も今日も昼過ぎまで寝てしまっているピロEKです。
連休は何の予定もなく、ダラダラと過ぎて行っています。
少しだけ予定はあったのですが、そちらもお流れになりそうですし

昨日、初めて「まんだらけ小倉店」ってところに行ってきました(私の怠惰な連休生活の中では、こういうインドア派な場所に行くのが関の山)。
行っての感想ですが、
割と商品は少なめ。
福岡の天神店と比較したら、規模は1/10ぐらいかもしれません。
規模が小さい分、キモ度もお低目だったけど、もう行かなくて良い感じかなぁ
ここ、セガサターンの旧ソフトとか買い取ってくれるのかなぁ



さて、今日は映画の記事です。
今回もずいぶん前の鑑賞の映画。
何も考えずダラダラ書いているだけの記事ですが、最近はなかなかに時間がかかってしまいます。



「マリー・アントワネット」
(監督:ソフィア・コッポラ、出演:キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、リップ・トーン、2006年アメリカ)

TSUTAYAさんで「ナイト ミュージアム」と一緒にレンタル。
2007年9月15日(前週の土曜日)鑑賞しました。



ストーリー
政略結婚により、オーストリアからフランス王太子のもとに嫁いできたマリー・アントワネット(キルステン・ダンスト)。彼女を待っていたフランス王室での生活は、衆人環視の中の極不自由なものだった。夫とも心が通じず、充足感を得ようと贅沢三昧な生活を始める…
詳しくは…http://www.ma-movie.jp/index.html





ピロEK的感想&点数
中年男性が感想を語るような映画では無い(と思う)作品。
多分、一番の見どころは、カワイイ靴とかカワイイドレス。カワイイスイーツ…これらを奇麗に映している映像なのだと思います。
ケーキの写真とかは、具満タンとかフォト満タン(※フリー素材ソフト)に入れてたら使用頻度が高そうな素晴らしい出来でした。

ストーリーは、
マリー・アントワネット視点でだけ描かれていて、
贅沢・出産・浮気
以外には、何も起こらないまま
淡々と進んで、
知らないうちにフランス革命。
で、マリー・アントワネット視点だと一番劇的になるはずの部分移る前に映画は終了。

てな感じです。
結構CMやってて、
配給会社がワイドショー等とタイアップして、著名人にコメントさせて、
レンタル屋にも結構な本数が並んだこの作品ですが、
中身はミニシアター系風味かな(お金はかかっていそうだけど)。

点数は3点(5点満点中)
歴史作品を作りたかったわけではない感じ(?)
どちらかというと美術作品(???)かな?



補足・蛇足
最初にスパイダーマンのヒロインとしてキルステン・ダンストを見た時は、何でブサ○クがヒロインなのか?という疑問に苛まれたわけですが、
彼女も色々がんばって美しくなろうとしている様子。
スパイダーマンの頃より随分見れるようになってきました。
といっても、まだお婆ちゃんみたいな感じの顔だけどね。
今回は彼女が主演で、カワイイ靴とか、カワイイケーキが引き立った部分もあるので(暴言)、良いキャスティングでした
もしも別の女優さんが主演で、マリー・アントワネットがキュート過ぎた場合、別の感想になった可能性が高いです。



今日はこのあたりで…
もうすぐブログ2周年のピロEKでした





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

コメント (9)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
« 四連休じゃなくなっちゃいま... | トップ | 明日より出張 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB有難うございました。 (エクスカリバー)
2007-09-24 18:11:18
やっぱりコレ、女の子向けの映画ですよね?
キルスティン・ダンストは結構好きですし(笑)、期待していたのですが、どうも自分が観るような映画ではなかったようで・・・。
どうもです (sakurai)
2007-09-25 14:43:35
中年おばさんも、だめでした・・。
と言うより、一応世界史教えてるし、とりあえず抑えておいて、勉強にもなるかな・・・などの期待を一応は持ってたわけですよ・・・。
・・・・・・・・・でした。今年一番の時間と金返せ!映画かも。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2007-09-26 04:37:10
こんばんは~♪
歴史ドラマを期待してたら単なるガールズムービーで・・・orz
まぁ、豪華絢爛な美術や衣装や装飾品を堪能出来ましたし、何よりもダンストがダンストのくせに可愛かった(ダンスト病発病中)ので良しとします(^^ゞ
ぶっちゃけ、コレ観るんだったら池田理代子の『ベルばら』読んだ方がずっと楽しいですけどねw

っと、ワタクシ二ヶ月ほど前にサターン、ドリキャス、PCエンジンのソフトを某全国チェーンの古本&中古ゲーム店に80本強買い取って頂きました(^^ゞ
が、何と買取価格は1600円・・・。:゜(。ノω\。)゜・。
確かに中古でも需要はないでしょうけど、さすがに微妙にヘコみましたw

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
こんにちは♪ (ミチ)
2007-09-26 09:26:07
その昔、池田理代子先生のベルバラに熱を上げ、ついでに宝塚のベルバラにまで熱を飛び火させていたオバサンとしてはかなり楽しみました。
もう見てるだけでいいんです。
キレイなお洋服とお菓子と宮殿を!
イケメンが出ていなかったけど、それは仕方ないですよね。
いろんな感想を読みましたが、ダンストはホント日本で人気無いな~と実感した作品でした。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(エクスカリバーさん、sakuraiさん、Aki.さん、ミチさんへ))
2007-10-07 10:50:33
★エクスカリバーさんへ★

はじめまして(ですよね?)
コメントありがとうございます
返事が大変遅くなってスイマセン。

> やっぱりコレ、女の子向けの映画ですよね?

だと思うんですよね。
私のようなオッサン向きの映画では無かったように感じました。

>キルスティン・ダンストは結構好きですし(笑)

結構ファン多いみたいなんですよね。いろいろな方のブログ読ませていただくと…
私には魅力が伝わってこないんだけど、何か魅力のある方なんでしょうね。
そのあたり解説されて納得したい気もするので、良かったら今度教えてくださいませ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます
返事が大変遅くなってしまってスイマセン。

>と言うより、一応世界史教えてるし、とりあえず抑えておいて、勉強にもなるかな・・・などの期待を一応は持ってたわけですよ・・・。

専門家的には全くダメってな訳ですか(?)
政治に疎かったマリー・アントワネットの実情…的な描写なのかなぁ??なんて思っていたのですが、そんなこともないんですかねぇ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます
いつも返事が遅くなってしまってスイマセン。

>何よりもダンストがダンストのくせに可愛かった(ダンスト病発病中)ので良しとします(^^ゞ

私はダンスト病に対して強めの抗体を持つ一般的日本人男性(※ただしメタボ気味)な私としては、Aki.さんの気持ちが伝わらない訳ですが、何某かの魅力がある女優さんなんでしょうなぁ。

>ぶっちゃけ、コレ観るんだったら池田理代子の『ベルばら』読んだ方がずっと楽しいですけどねw

気高く咲いてる私ですが、実はベルばら読んだことないです。
…少女マンガって読まなかったなぁ…「赤い牙」シリーズぐらいかな。読んだことあるのは。

>が、何と買取価格は1600円・・・。:゜(。ノω\。)゜・。

といっても買い取ってはくれるんですね。ゴミに出すよりはマシって感じですが。
セガサターンは名作ゲームが多いので動きの良いハードが欲しいと思っている私です。
でも、当時のゲームって駄作も多いですね。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます
そして、いつも返事が遅くなってしまってスイマセン。

>池田理代子先生のベルバラに熱を上げ、ついでに宝塚のベルバラにまで熱を飛び火させていたオバサンとしてはかなり楽しみました。

世代なのに「ベルばら」に意外なほど触れていない私です。
やはりこのあたり、性別差があるんですかねぇ??
ちなみに仕事柄、宝塚にはあんまり良い印象のない私でもあります。

>もう見てるだけでいいんです。
>キレイなお洋服とお菓子と宮殿を!

という映画なのでしょうねぇやはり。

>ダンストはホント日本で人気無いな~と実感した作品でした。

あちらでは人気あるんですかねぇ??
美人基準って割とグローバルスタンダードが出来つつあると勝手に感じていた矢先のダンスト出現なので心境は複雑です。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
TBありがとうございました (can)
2008-05-07 00:53:38
私もキルスティン・ダンストの良さが良くわからないです

少なくとも私の周りには、"好きな女優"として、彼女の名前を挙げる人はいません

でも、今からオバサン顔の彼女はきっと年を取ってもあまりフケないのかも・・・・なんて思い始めている私です

★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(canさんへ))
2008-05-24 14:53:35
★canさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>でも、今からオバサン顔の彼女はきっと年を取ってもあまりフケないのかも・・・・なんて思い始めている私です

私の場合、彼女はオバサン顔というよりも“おばあちゃん顔”に見えてしまいます
老けないって言っても、おばあちゃんになって顔に追いつくってのはオイシイポイントは無いですねぇ
あちらではウケるタイプの顔なんですかねぇ????

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
^^; (まっき)
2010-02-18 16:41:45
こんにちわ
キルスティン・ダンスト・・・小さい頃はとてもキュートだったんですよ。なんとかバンパイア(名前忘れた。トムクルーズとブラピがでてます)
女優は顔もそうだけど、一番は演技ですよ^^;
★★コメントありがとうございます~その3~★★ (ピロEK(まっきさんへ))
2010-03-14 03:00:35
★まっきさんへ★

当ブログへのお越し&コメントありがとうございます
反応が遅くなってすいません。まっきさんの目にこのコメントが触れていると良いのですが…

>なんとかバンパイア

その映画は観ました。
子役時代の彼女もなんとなく覚えているような…一番は演技なんでしょうけど、彼女と異性である私はつい記事内の評価をしてしまっちゃいますねぇ。
反省する部分もあります。

では、ぜひまた来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

41 トラックバック

マリー・アントワネット (Blossom Blog)
マリー・アントワネット MARIE ANTOINETTE 監督 ソフィア・コッポラ 出演 キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン アメリカ 2006
マリー・アントワネット (Akira's VOICE)
淡白なドラマに眠気を誘われるも, 主演女優の魅力と,本物の背景のおかげで最後まで楽しめる。
マリー・アントワネット (ネタバレ映画館)
オスカル(oscar)が見えた?
「マリー・アントワネット」 (NAOのピアノレッスン日記)
2007年、最初の映画はこの作品を見てきました。「ベルバラ」ファンは必見!? 2006年 アメリカ・フランス・日本製作    2007年1月20日公開[監督・製作・脚本] ソフィア・コッポラ[原作] アントニア・フレイザー[総指揮] フランシス・フォード・コッポラほか...
マリー・アントワネット/キルステン・ダンスト (カノンな日々)
ソフィア・コッポラが描くポップでロックな青春映画。舞台は18世紀のベルサイユ、主人公はあのマリー・アントワネット。でもこの作品は史劇でも伝記映画でもないんですよね。14歳という若さで母国オーストリアのためにフランス王家のちのルイ16世に嫁ぎ、慣れない生活様式...
マリー・アントワネット (とんとん亭)
「マリー・アントワネット」 2007年 米/仏 ★★★☆☆ 「ベルばら」世代の私は、マリー・アントワネットの事は結構知ってるつもり でした。でも、立体性や色や動きのない平面の「漫画本」では味わえない、 濃厚な「マリー・アントワネット」のセレブな...
『マリー・アントワネット』最も愛され、最も憎まれた伝説の王妃 (銅版画制作の日々)
  MOVX京都にて鑑賞しました。1日のファーストディーということもあり、19:00からの上映もたくさんのお客さんで、いっぱいマリー・アントワネットと言えば、フランス革命を思い出す。オーストリアの皇女マリーが若干14歳の若さでフランス王太子の元に嫁ぐのだが...
『マリー・アントワネット』(2006) (【徒然なるままに・・・】)
監督がソフィア・コッポラだということよりも、「マリー・アントワネット役がキルスティン・ダンスト!?」ということで興味を惹かれて観に行った作品。 この組み合わせ、発表になった時からなかなか面白そうだな~と思っていたんだけど、もう数年前ならもっと良かったか...
マリー・アントワネット (Diarydiary!)
《マリー・アントワネット》 2006年 アメリカ映画 - 原題 -MARIE
「マリー・アントワネット」 (the borderland )
歴史劇(特に西洋)は重厚な雰囲気が苦手なので、最初はパスするつもりでした。でも「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラが監督なのと、予告編の元気良さを見ると、俄然興味出てきたんですよね。 そこで先週「世界ふしぎ発見」のマリー・アントワ...
【2007-7】マリー・アントワネット(MARIE ANTOINETTE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
14歳で結婚、 18歳でフランス王妃、 彼女の名は、マリー・アントワネット 恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語。
マリー・アントワネット (映画鑑賞★日記・・・)
『MARIEANTOINETTE』公開:2007/01/20(02/09)製作国:アメリカ監督:ソフィア・コッポラ出演:キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、リップ・トーン、ジュディ・デイヴィス、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、ローズ・バーあんなにケーキ...
『マリー・アントワネット』 (ラムの大通り)
----ソフィア・コッポラ監督の新作だよね。 まだ3作目だけど、こんな歴史劇を撮るとは ちょっと意外な気がするニャあ。 「うん。でも観てみて納得。 これまでの宮廷映画とはまったく異なる。 まず、その色使いからして全然違うんだ」 ----へぇ~。どういうところが? 「18...
マリー・アントワネット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語』  コチラの「マリー・アントワネット」は、1/20公開になった世界一有名な王妃マリー・アントワネットを描いたヒストリカル・ロ...
涼風真世『お由羅』役 (篤姫(あつひめ)大河ドラマ)
1960年9月11日日本の女優、声優、歌手。本名:森永佳奈女(もりなが かなめ)。宮城県石巻市出身。愛称は本名のかなめ。個人事務所の名称にもなっている。身長165cm、血液型O型。大阪薫英女子高等学校卒業。
マリー・アントワネット (シャーロットの涙)
マリー・アントワネット生誕250周年ということもあって、(モーツアルトもそうなのよ)色んな記事やいく種もの舞台も見てきたけれど。。。 これはソフィア・コッポラのカラーで描く、等身大の娘っ子マリーのお話{/hikari_pink/}{/hikari_pink/} 私はべるばら漫画も大好き...
★「マリー・アントワネット」 (ひらりん的映画ブログ)
衝撃っ ひらりん、ダンスト派に転向か??? 今週も、見たい作品が目白押しなのに・・・ついついこの映画をチョイスしちゃうとは・・・。
マリー・アントワネット(映画館) (ひるめし。)
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら・・・
マリー・アントワネット (迷宮映画館)
ソフィア版マリー・アントワネットはやっぱりいかにもソフィアだった。
マリー・アントワネット (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) CMや予告編がかなり良い感じだったり、実はこっそり『ベルばら』好きだったり、 今更言うまでもなく重度のダンスト病だったりといくつかの理由からこの作品を 観るのをかなり楽しみにしてました。 が・...
映画~マリー・アントワネット (きららのきらきら生活)
 「マリー・アントワネット」公式サイト久しぶりの映画館鑑賞でした恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。14歳のオーストリア皇女(キルスティン・ダンスト)は、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令でフランス王太子(ジェイソン・シュ...
映画 【マリー・アントワネット】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「マリー・アントワネット」 ソフィア・コッポラ監督が描く世界一有名な王妃マリー・アントワネットの物語。 映画全体がピンク色であふれかえるほどのガーリームービーに仕上がっている。これはもう池田理代子の『ベルサイユのばら』と共に青春を送った私には...
マリー・アントワネット (夫婦でシネマ)
ソフィア・コッポラの待望の第3弾やっと観てきました!
#15.マリー・アントワネット (レザボアCATs)
暗さのカケラもないガールズ・ムービー。色彩が綺麗で、可愛くて、見ているだけでウットリするような世界。生きているだけで無駄そのものの、言って見れば究極のセレブのハシリが、この王妃マリー・アントワネットだったんだな、なんて思った。女性以外に、あまりオススメ...
マリー・アントワネット ( オタク部屋)
 2006年 米 監督・製作・脚本 ソフィア・コッポラ 出演 キルステン・ダンスト/ ジェイソン・シュワルツマン/リップ・トーン/ジュディ・デイヴィス/アーシア・アルジェント/マリアンヌ・フェイスフル/ローズ・バーン アントワネットのことは、往年の名作「ベルばら...
「マリー・アントワネット」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
マリー・アントワネット (通常版)東北新社このアイテムの詳細を見る 14歳のオーストリア皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は、母マリア・テレジアの 意向によりフランス王太子のもとへ。王太子妃マリー・アントワネットとして、ヴェルサイユ 宮殿での結婚生活...
マリー・アントワネット (レンタルだけど映画好き )
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語 2006年アメリカ 旧作落ちの半額デーにレンタルしてよかった。孤独な王妃とも思えなかったし、結局何を伝えたかったのかわからなかった...
マリー・アントワネット (★YUKAの気ままな有閑日記★)
キルスティン・ダンストは苦手です。。。でもマリー・アントワネットは、とても興味のある女性。。。え~い、ガタガタ言ってないで観に行こうっと―【story】わずか14歳で単身オーストリアからフランス王家へ嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット(キルスティン・...
マリー・アントワネット (こんな映画見ました~)
『マリー・アントワネット 』 ---MARIE ANTOINETTE --- 2006年(アメリカ) 監督:ソフィア・コッポラ 出演: キルステン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、リップ・トーン、ジェイミー・ドーナン わずか14歳でフランス王家に嫁ぎ、以後24時間衆人環視の不自由...
「マリー・アントワネット」(12) (映画とワンピースのこでまり日記)
マリー・アントワネットを、軽~く知るのにはいいかもね’06 アメリカ 121分監督・・・ソフィア・コッポラ出演・・・キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン  オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。...
マリー・アントワネット (映画を観たよ)
彼女に憧れていました。
マリー・アントワネット (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ファンキーロックなプリンセス青春物語 
マリー・アントワネット (みるき~うぇい)
原題:MARIE ANTOINETTE 2006年度作品/アメリカ <監督&脚本> ソフィア・コッポラ <出演> キルステン・ダンスト(「スパイダーマン2」など) ジェイソン・シュワルツマン リップ・トーン(「メン・イン・ブラック2」など) ジュディ・デイヴィス アーシア...
マリー・アントワネット (mama)
MARIE ANTOINETTE 2006年:アメリカ・フランス 原作:アントニア・フレイザー 監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト、アーシア・アルジェント、オーロール・クレマン、リップ・トーン、ジェイソン・シュワルツマン、スティーヴ・クーガン、モリー...
マリー・アントワネット (mama)
MARIE ANTOINETTE 2006年:アメリカ・フランス 原作:アントニア・フレイザー 監督:ソフィア・コッポラ 出演:キルスティン・ダンスト、アーシア・アルジェント、オーロール・クレマン、リップ・トーン、ジェイソン・シュワルツマン、スティーヴ・クーガン、モリー...
マリー・アントワネット (奥様的部屋)
ベルばらを知ってるだけに・・・・マリー・アントワネット  鑑賞してから随分時間が経ってしまった(単なる怠慢のため)で、さてREVIEWを書こうか、と思ったときに、真っ先に頭に浮かんで来たのはお菓子・料理・ドレス・ベッド・・・・う~ん・・・印象に残っているセリ...
マリー・アントワネット (シェイクで乾杯!)
ロック調の音楽で始まり、次々と現れる美しい衣装と、美味しそうなお菓子。 観ていてワクワクさせられた。 マカロンでも頬張りながら観たかった。
マリー・アントワネット (☆A・B・CINEMA☆)
「マリー・アントワネット」≪Story≫オーストリア・ハプスブルグ家の末娘マリー・アントワネットは、14歳でフランスのルイ・オーギュスト(後のルイ16世)と結婚。格式を重んじるヴェルサイユ宮殿での生活に始めは戸惑うものの、盛大な晩餐会やファッションリーダーとし....
マリー・アントワネット (Recommend Movies)
『マリー・アントワネット』 恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 【出演】 キルスティン・ダンスト、 ジェイソン・シ...
マリー・アントワネット (Addict allcinema 映画レビュー)
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。
マリー・アントワネット (むーびーふぁんたすてぃっく)
「マリー・アントワネット」 感想 マリー・アントワネット 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユに暮らす孤独な王妃の物語。 ...