毎日更新!日刊 安頓写真ブログ

日々の出来事、噂のあの記事。画像もふんだんにUP!福山・神辺のローカルトピックスも
By 安頓(あんとん)

9月も半ば、彼岸花が咲きだした(井原」嫁入らず観音参道)

2018-09-12 | 植物を撮ってみる
9月も半ば、彼岸花が咲きだした(井原」嫁入らず観音参道)

この時期咲き出す彼岸花は、あの定番の赤い彼岸花とは形状も色合いもちょっと違う。
一足先に咲き出した井原の嫁いらず観音の参道傍に咲く鮮やかな彼岸花たちに足を止めてみた。


いちばん目についた鮮やかな濃いめのピンクの彼岸花は「アイドル」という品種だと思います。


別アングルから撮ってみました


白い彼岸花は種類が多く、素人にはちょっと区別がつかない。「カチューシャ」だろうか?


これもまた目を引く淡いピンクの彼岸花
「センチメント」だろうか、「夏水仙」だろうか?
いや、さっぱりわかりません。

★彼岸花の種類図鑑…こちらでご覧ください


よく見るとこの濃いピンクもまた、一味違うような


ずらり整列した白い彼岸花です。


こうして山道の両端に植えられた彼岸花。まだ満開ではありませんが、これからでしょうか?


もう一枚出しておきます。


観音さま、今日も私たちをお守ください。


帰りに買った、たこ焼き、思わずソフトクリームも!(^_^)
コメント (2)

タチアオイって、あの縦に大きな花が並んでついてるアレ!

2018-06-12 | 植物を撮ってみる
タチアオイって、あの縦に大きな花が並んでついてるアレ!


ほんと真っ直ぐに茎は伸びて、縦に花が付いてるでしょう?


日本には、古くから薬用として渡来したといわれている。





花がきれいなので、園芸用に様々な品種改良がなされた。草丈は1~3mで茎は直立する。花期は6~8月で、花は垂直に伸びた
花茎の下から上に咲き上っていく。ちょうど梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わる(花茎の頭頂部まで開花
が進む)ことになぞらえて、「ツユアオイ(梅雨葵)」という別名も冠されている。花は一重や八重のもあり、色は赤、
ピンク、白、紫、黄色など多彩である。花の直径は品種によるが大きなものでは10cmくらいである。本来は宿根性の多年草で
あるが、品種によっては一年草でもある。アオイの名から会津若松市と静岡市が市花に制定している。


花弁の根元が粘着質であり、引き抜いた花弁を顔などに付けてニワトリを真似て遊ぶことができるため、北海道の一部では
コケコッコ花、コケコッコー花青森県の一部では"コケラッコ花"などと呼ばれる。花弁や根を、薬用として利用する。
(※From Wikipedia)


ここはね、486号線の八尋に手前


この景色が見えるセブンの横に咲いています。

【花言葉】
平安、単純な愛、熱烈な恋、威厳、高貴、大きな志、大望、野心、率直

なるほど…多すぎてどれが該当するか、わからんね。

コメント

鮮やかに、自己主張する草花にエールを送る

2018-05-24 | 植物を撮ってみる
鮮やかに、自己主張する草花にエールを送る


コントラストよく効いた写真となりました。

今回もiPhoneX一本で撮っています。望遠はちょっと苦手ですが、こうした接写や通常の距離
での被写体の捉え方では、並のデジカメよりも遥かにいいということが、出来上がった写真を
見ているとわかります。世の中ではカメラメーカーがデジカメから撤退という流れです。
先日も、デジカメとしては先行メーカーだった「カシオ」がデジカメ撤退というニュースが
流れたばかりです。さすがに、被写界深度では一眼や、ミラーレスには及ばないものの、十分
通常の撮影では、ブログに載せる写真では満足行くレベルです。とくに、画素数だけでは語れない
iPhoneXのレンズは逸品です。何よりもいつも肌身離さず身につけているスマホだから、シャッター
チャンスを逃すことがないという点が、強みだと思います。


緑と赤という全くの「補色」がインパクトある鮮やかさを見せてくれています。


ちょっとやさしい淡いピンクで癒されてみます


最後はこのショッピングピンクで、どーんと決まり!
コメント

5月の花は鮮やかに、気合を入れて撮ってみました

2018-05-04 | 植物を撮ってみる
5月の花は鮮やかに、気合を入れて撮ってみました


GW後半、あちこちでかけ続けるのも、ちょっと休憩、今日が朝から竹ヶ端に今度笠岡であるテニス団体戦の練習に出かけました。
出かけて、ちょっと時間があったので、近場の5月の花を撮ってみました。草花の色は発色がよく、楽しませてくれます。


ちょっとズームで近寄ってみます。ほんとは小さな花びらなんですけど、こんなにでかく写ります


かわいらしい、赤い花も…名前はわからないんですけど


これは「ホトケノザ」だということはたしかです


あやめも季節を迎えています。すべての花の開花が今年は早まっているようです。


ちょっと、カメラの目線を下げて写してみました


まぁ、どこにでもあるたんぽぽです


フジも見頃となっています。ちょっと近場を歩いて見るだけでこんなに、季節感を感じ楽しめるとは…
コメント

最近あまり見かけませんよね、「レンゲ畑」

2018-04-23 | 植物を撮ってみる
今ではあんまり見なくなった「れんげ畑」

通りがかりに目に入ったので車を停めて、カメラを持って畑に降りて行きました

いまではれんげ畑ってけっこうめずらしい光景です。あちこちではレンゲ祭りっていうのがあるくらいですから。
まだ、近くにこんなに広い面積のれんげ畑があったなんて、ちょっとうれしくなってしまいます。
昔はレンゲは田んぼの肥料になっていたと思うのですが、最近は化学肥料が普及してあんまり使わなくなっているのかな?


一面に広がるれんげ畑です


いったい全部でどのくらいあるのでしょうね?


イラストをお借りしてきました。(こちら)



いやぁ、無理ですね、数えきれません


色んな近さで写してみます


ぐっと近寄ってみました。風が強くでじっとしていてくれないんです。


こんな広いれんげ畑で寝転んでみたいと思ったのは昔のこと


コメント

目を見張る「新緑」に命の息吹を感じてしまう

2018-04-21 | 植物を撮ってみる
目を見張る「新緑」に命の息吹を感じてしまう

つい数週間前までは「さくらの道」たったのに、いまはご覧のように緑に包まれています。鮮かなグリーン一色


この場所では大勢の人で埋まり花見でごった返していました


これは梅の木です。1月ほど前に、満開でした。白梅だけですけど。


この小川にも緑が満載です。どこもかしこも新緑で、目にいい「Green」でいっぱい!


この辺りを散歩してみました。


ふと足元をみると、そこにはタンポポがいっぱい!そしてすでに綿帽子を付けて、拡散準備に入っているものもありました


もう一枚撮ってみました。息を吹きかけると飛んで行きそうです


この時期まだ色物がありました。八重桜です。


青空を背景に撮ってみると、ピンクが鮮かです


黄色の花と一緒に撮るとこれもまた色のコントラストが心をなごませてくれます。


水辺の緑も心が落ち着きますね


こんな風景も、のんびりこの辺りを歩くと、見落としそうないい写真が撮れます。


この山の向こうに行けば、リフレッシュ公演から、井原のイズミのほうへ抜ける事ができます。
今日はゆっくりと時間が進むのを楽しんでみました。Weekdayでもこういった時間が取れるのは、ありがたいです。
コメント

秋桜(コスモス)を本気で撮ってみた

2017-10-13 | 植物を撮ってみる
秋桜(コスモス)を本気で撮ってみた


うすいピンク、濃い赤、白、黄色…色様々なコスモスが咲き乱れている、秋を身近に感じる。
でも、この3日間ほどは真夏日が続き、しまっていた半袖を取り出す始末、今日からは少し冷え込むらしい


秋桜と感じで書けば、どうしてもあの曲を思い浮かべる「山口百恵」の秋桜
たしか、さだまさしがこの曲を提供したはずです。

今回は、山口百恵じゃなくて、さだまさしバージョンでお聞き下さい。




これは、黄色のコスモス、「キバナコスモス」繁殖力が高く、いたるところで見かけます


でもやっぱり秋桜と言えばこの色でしょうか?


今日はコスモスしか出すものがないので、いっぱい紹介しちゃいます


背景が変わると、ちょっと同じ色の花びらでも変わってしまうものなんですね


先日は、備北丘陵公園までコスモスを見に行ってきましたが、身近なところにもたくさんきれいなコスモスが
咲いていますね。ちょっと車から降りて写してみました。

上でも書きましたが、今日からちょっと冷え込むらしいので、みなさんも体調管理に気をつけてお過ごしください。
コメント

春日池公園「菖蒲」の季節

2017-06-28 | 植物を撮ってみる
春日池公園「菖蒲」の季節

きれいですね、紫と緑のコントラストが


わかっちゃいるんだけど… やっていませんよ、お弁当、全部私が食べましたからね


「太陽の雫」のモニュメント


花菖蒲のあるところから池を臨む


一面、花菖蒲が広がる


色んなネーミングがあるんだね。「江戸系…○○」とか


もう一枚ね


そして、最後にもう1枚アップしておきます。


「てんとう虫」みつけた!


おまけ 春日池バス停(中国バス)
コメント

桜開花後、初めての青空が見られた日  ペギー葉山さんが亡くなった

2017-04-13 | 植物を撮ってみる
桜開花後、初めての青空が見られた日


この青空を待っていたんだ、桜の淡い色は青空い映えるから


ずっと、曇りと雨だったから、こんな晴天を待っていた、でも遅すぎた It's too late !(トランプ大燈籠も言っていた)


まだ、十分花びらは残っているので花見が出来ないこともない。見るくらいなら…
でも、よく見るとそこには緑っぽい感じがします


花びらはまだ残っていてボリューム感は感じる


やっぱり、青空が似合うなぁ、ソメイヨシノいは


部分的には花びらが散ってしまって、若葉が出てきているろころもある。


駅家の雇用促進団地の桜でした

散る桜 残る桜も 散る桜

そう言えば…


昨日の訃報…歌手の「ペギー葉山さん」が、亡くなられた。
最近、昭和の有名人の訃報が目につきすぎる


「学生時代」…昔、よく耳にした曲だ、名曲ですね




コメント

きれいな紫の「ぶどうムスカリ」が淡いピンクの桜とコラボ

2017-04-12 | 植物を撮ってみる
きれいな紫の「ぶどうムスカリ」が淡いピンクの桜とコラボ


目にも鮮やかな「ムスカリ」と淡いピンクの桜のコラボレーション、いい構図で撮れました。

地中海沿岸-南西アジアにおよそ40種が分布する球根植物です。水栽培でおなじみのヒヤシンスとは非常近縁の植物です。
英名のグレープヒヤシンスは花姿がブドウの房のように見えるところにちなみます。
参考


これは、ぐっと迫ってマクロ撮影です。


あらら、ここはもう、少し枯れかけています…残念!


ちょっと構図を変えて、もう一枚! カメラをグラウンドゼロに近づけて、大体の見当でシャッターを押します。

ムスカリ、たしかに葡萄のように見えますから「ぶどうムスカリ」と言われることもあります。ほんとに鮮やかで目を引く色です。
早い時には2月の終わりから3月初めには咲き始めますが、今年は寒くて桜の開花も遅れたように、ムスカリも咲き始めるのを
少しずらしたようで、4月のこの時期でもこんなにきれいな姿を見せてくれています。
コメント

今は、主役は「梅」ですよね。鮮やかに咲き誇る

2017-03-03 | 植物を撮ってみる
今は、主役は「梅」ですよね。鮮やかに咲き誇る



マクロでいきます!ここはやっぱりGRD-3の出番です。RX100はマクロがちょっと弱いんですね。全体的なパーフォーマンスは
高いし、センサーサイズも「1」型なので描写力に文句はないのですが、久しぶりにGRD面目躍如です。


これでもかっていうくらいのボリューム、紅梅の広がりにちょっと感動


今の時期、ところどころに見られる「梅」のピンクはとってもよく目立ちます。
私もフラフラとこの色にひかれて、よく車を止めてしまいます。


ちょっと、空も入れてみました


今度は反対方向に向けて


ちょっと離れて、全体を写してみました。


通り過ぎる車もちょっと意識的に入れたりして…

撮影場所:福山市神辺 御領~道上線
Camera: GRD3


コメント

いま、桜の花見?そうジュウガツザクラが見頃です

2016-10-12 | 植物を撮ってみる
いま、桜の花見?そうジュウガツザクラが見頃です

こうやって見ていると、また春がやってきたような錯覚に陥ってしまいます。


10月なのに日中の気温は30℃近くも上がったかと思えば、朝晩の冷え込みは確実に、秋の到来を肌で感じるこの頃。場所は神辺~坪生へ
向かう路線、福山市神辺町上竹田、今は黄金の絨毯が広がっている時期。そんな時期に桜というのが、ミスマッチというか
不思議な感じがしますが、この桜、もちろん春にも花をつけますから、1年に2度開花するのだから、忙しいでしょう。
かと言って、ソメイヨシノのように、枝いっぱいに花を咲かせるボリュームはありません。とっても小ぶりな花びらがちらほら見える程度。
それがまた、控えめでかわいらしい「彼岸桜」なのです。



秋晴れの青い空を背景に開いた小さな花びら、季節は秋!


川面を背景に、小さな花びらなんですが、ちょっと大きめに撮ってみました


この葉っぱも新緑の鮮やかさを見せてくれる


ちょっと引いいて、全体をおさめてみます


もう一枚!


ちょっと色濃い花びらも


ぽつんと一人咲き


おかやま国際音楽祭 ウエルカムコンサート記事と写真+動画ここで見られます。

(クリックしてみてください)


2016.10.11(火) 8,957 PV

コメント

めずらしいピンクの彼岸花(曼珠沙華)アマチュアカメラマンがいっぱい!

2016-09-14 | 植物を撮ってみる
めずらしいピンクの彼岸花(曼珠沙華)
アマチュアカメラマンがいっぱい撮りに来てる



久しぶりに井原の運動公園にテニスに向かう途中、恒例の嫁入らず観音の湧水「浄瑠璃冷水」を汲みに行っていると
沿道から見える場所にピンクとホワイトの彼岸花がきれいに咲いていて、そこではお花と会話をしながら写真を
撮っているアマチュアカメラマンたちが見えた。帰りに私もちょっと撮りに寄ってみた。


ちょっと間を失礼して、私も何枚かちゃチャット撮らせてもらいました。


白い彼岸花も清楚できれいですね


向こうには本来の赤い曼珠沙華もあります。


みんないいカメラ、一眼レフに三脚。
本気度が伝わってくる。


低いアングルから、ピンクの彼岸花を捉えているんだろうな。


ピンクろ白が仲良くコラボレーション


もう少ししたら、堂々川にも彼岸花が咲き乱れるはず。こちらもお見逃しなく!

Taken with SONY RX100


2016.09.13(火)3、689PV
コメント

梅雨の時期の花といえば…アジサイ(紫陽花)

2016-06-16 | 植物を撮ってみる
梅雨の時期の花といえば…アジサイ(紫陽花)



昨日の晴天、そして30度近くまで上がった気温とは打って変わって、梅雨前線が北上し、西日本はどこも大雨となる模様

でも、この時期は雨が振るものですから、受け入れなければなりませんね。雨降りは嫌だけど、でも必要なんですね。

人間にとっては嫌でも草木にとっては恵みの雨ということでもありますから。それに農家の方にとっては雨は歓迎かも。

リフレッシュ公園(井原)から嫁いらず観音院へ向かう途中、桜の名所があります。その中の湿原には今紫陽花がきれいに

咲いています。車からちょっと降りてその様子を撮ってみました。今回もNikon D80で。かなり古い機種ですが現役です。



こういったアスレチックみたいな通路ってワクワクしてきませんか?


アジサイたちがこちらを見て笑っています


紫陽花は色が変わるっていいますが、そうなんですね


こっちはピンクに移り変わろうとしているタイミングなのでしょうか


いつも見慣れたほとんど乗客のいないバスが今日も走っています


大きな音が聞こえると思ったら大排気量のバイクがドドドドド♪って通り過ぎて行きました。


足元を見るとトンボがとまっていました


向こうの方では親子で網を持って何かを捕まえていました。ほほえましい風景です


2016.06.15(水) 6,103 PV
コメント

いま、「タチアオイ」が鮮やかに咲いています

2016-06-15 | 植物を撮ってみる
縦に咲く花、「タチアオイ」


とても鮮やかな大きな花が縦に並んでいる、これは噂のタチアオイ。(噂じゃないか!)


ほら、どの花も縦に並んで咲いています、タチアオイの名前の由来もこんなところから来ているのかな
ちょっと、調べてみました。

花がきれいなので、園芸用に様々な品種改良がなされた。草丈は1~3mで茎は直立する。花期は6~8月で、花は垂直に

伸びた花茎の下から上に咲き上っていく。ちょうど梅雨入りの頃に咲き始め、梅雨明けと共に花期が終わる(花茎の

頭頂部まで開花が進む)ことになぞらえて、「ツユアオイ(梅雨葵)」という別名も冠されている。花は一重や八重の

もあり、色は赤、ピンク、白、紫、黄色など多彩である。花の直径は品種によるが大きなものでは10cmくらい

(From Wikipedia)



やっぱり、このピンクの濃いのが一番鮮やかです


淡いピンクのものもきれいですね


ホワイトも清楚な感じがして他の色とのバランスがまた見栄えがよろしいです


情熱の赤も存在感をアピールしています


色々混ざっています。ここまでは、御領のセブンの近くにある民家の大きな庭に咲いているものです

少し場所を変えて、付近の高屋川です


ここにもまとまって咲いています。背景が変わるとまた違った感じを受けるものです


すごく大きな花弁のものもあります


ちょっと離れてみるとけっこう密集しています。夏になるとここにはひまわりが咲きます


コメント