毎日更新!日刊 安頓写真ブログ

日々の出来事、噂のあの記事。画像もふんだんにUP!福山・神辺のローカルトピックスも
By 安頓(あんとん)

BMWと過ごした日々 OPEN 2-SEATER Z3

2010-10-10 | 車関連
BMWと過ごした日々


BMW Z3で気持よくドライブへ 安頓ご満悦


これ、実は…代車なんです!
安頓2号VWのトランクの開け閉めがおかしくなって、修理に出してました。5日間ほどかかったのですが、その時の代車がこれ!
BMWのOPEN 2Seater Z3でした。ほんとうは幌を外して走りたかったのですが、取り付けがわからなかったら困るので、そのまんまで。

注目度抜群でした!
会う人、みんなに「安頓さん、また車変えちゃったの?」
「えっ?何台あるん?」
「ちょっと見せて…」
「運転席、乗ってもいい?」

「いやいや、実はこれ代車なんですよ…」
「カッコいいですねぇ」
「代車でこんなの貸てくれるの?」
反応は様々でした。この車けっこう古いんだけど、見た目は分からない
まぁ、見る人はすぐに分かるんでしょうけど。
はっきり言って、走りは安頓GTIの方がずっと機敏です。
まぁ飛ばすこともないし…ゆったりと秋の空でも眺めながらドライブ♪



まずは、フロントから…


リアビューです。2 seaterですから、後部座席はなしです。


インパネ周り。メーターは240kmまで刻まれている


ふたたび安頓登場 この日はテニスの帰りに芦田川の河川敷へ


横尾の踏切で止まったのでミラー越しにバック確認!


そうそう、ネコがいっぱいいたんです。捨て猫かな?物干しげに見上げるネコ


ほら、こっちの車にも…運転手は犬だったりして…(笑)


最後に1枚後ろから…

PHOTO Canon G10



BMW Z3…スペックはこちらで確認

2010.10.09(土)3,053PV

     
     
コメント (12)

エンジンオイル交換 モンテカルロで「おすすめ攻撃」!

2010-03-28 | 車関連
エンジンオイル交換
モンテカルロで「おすすめ攻撃」

ピットインに入る、安頓2号


エンジンオイル交換だけのつもりで…
洋服の青山関連のノルマの中で、割引チケットで提携企業で購入というのがあるらしい。どこも売上が厳しいなか、その分は社員へノルマが課せられる。
その中の一つがモンテカルロだったので、ちょっと協力する意味でタイミングも良かったので、福山市駅家町のモンテカルロへ。
時間待ちが1時間以上だったので、すぐお隣のジョイフルで時間をつぶすことに。

途中で連絡が携帯へ
事前に申し込みの時に、何か連絡があったら連絡しますので携帯の番号を記入してくださいと。なんの連絡かと思ったら、エンジンオイルをスムーズにするための添加剤を…とか、タイヤの減り方が…などなど。
まぁ、丁重にお断りしましたが、メンバーズカードに加入したら、いろいろと割引やエンジンオイルの工賃など安くなるので…と説明があり年会費1,000円で加入した。従来持っていたポイントカードをそのまま使うので、新たなカードが作られるわけではなかった。その日の買い物も含めてもう、1,000円は「もと」をとったので、勝利宣言!!


タイヤがズラリ…私のVWは205/45R16タイヤ 売れ筋ではないので高い
4本で90,000円ほどもかかってしまう…考えておきますと見積書だけもらった


ちょっと見には、カリフォルニアのショッピングセンターを思い出す
駅家モールの駐車場の風景


正面にはAvailも見える、しまむらもある


キーテナントはハローズ、となりには100均、ザグザグも


いきなり中国へ…又来軒(ゆうらいけん)中華料理屋さん。
中国人の方がやっている。「また来るけん」と読めそう(笑)


裏ではなにやら大根を洗っている店員さんが二人


待っている時間はジョイフルでランチ 好物のチキン南蛮定食599円

PHOTO:Nikon Coolpix S620


今日は、この記事を含めて3つ記事があります。
Twitter、亀田興毅敗れる!の記事です。
コメント (10)

なつかしの「ケンメリ」スカイラインを見た

2010-02-19 | 車関連
なつかしの「ケンメリ」スカイラインを見た

これは、伝説のスカイラインGT-Rか?


スカイラインの古き良き時代
「羊の皮を被った狼」そんな形容をしたケンメリスカイラインGT(GT-R)。直列6気筒L型(S20:GT-R)をおいた長いノーズ。とくにハードトップという形態はちょっとメタボっぽいけど、流線型の美しいボディーだった。
これは、4ドアセダンだが、ケンメリスカイライン with フェンダーミラー。今にして思えば、フェンダーミラーってなんだか動物的な感じがする。
「ケンメリ」…いわゆる「ケンとメリー」の短縮形。
この写真は正確には「ヨンメリ」(4ドアセダンの愛称)。
「ケン」(例:健)と「メリー」(例:芽里)のスカイライン、つまり彼と彼女のスカイラインを意味する。でも、モデルになったのは外国人の男女なんですがね。でも爽やかでBGMのBuzzの歌も大ヒットした。


このくるまのサイドビュー


たしかにリアには2000GT-Rと書いてありますが…

果たして、本物のGT-Rなのか?
スカイライン2000GT-Rには、Rという真っ赤な大きなエンブレムがあるはず。ちょっとおかしいな…。そう思ったのでちょっと本物t比較して検証してみましょうか。


ほんもののスカイライン2000 GT-Rのフロントビュー


こちらリアービュー、たしかに真っ赤なRの文字誇らしげに

R

っていうことは、これは偽物GT-Rなのか…。しかしこの車のオーナーはこよなくあの時代の2000 GT-Rにあこがれ、いまでも忘れられないでいるのだろう。
このRのエンブレムは手に入らない。廃車にでもならない限りは。
それにしてもあの時代はたしか1972年だから今からかれこれ、38年まえということになる。

「愛と風のように」Buzz 日産スカイラインCM



2010.02.18(木) 3,278 PV
コメント (11)

プリウスリコール大変!TOYOTAがんばれ

2010-02-13 | 車関連
プリウスリコール
ピンチはチャンス! TOYOTAがんばれ


福山南蔵王にあるネッツ中国福山


トップにいるものは叩かれる
今のマスコミの話題といえば、小沢さん、朝青龍、そしてトヨタ…
どれも現時点で「一番!」という共通点があるように思えて仕方がない。
もうひとつの共通点は、「グレー」だということ。「疑わしき」点があるということ。マスコミはそれこそ、鬼の首をとったかのような勢いで情報を流し続ける。これでもか!というくらい。

テレビのニュースから、ワイドショー、新聞まで、それ一色。
ちょっと見ている方も不愉快なくらい。
まぁ、それでもトヨタのリコールという英断は、評価できると思っている。
リコールということは不具合を認めることで、社会的イメージは落ちることは間違いない。しかし、安全と言うことを考えれば優先せざるを得ない。

一部にはアメリカのトヨタバッシングという噂もある。アメリカBIG3のGMがあんな状態になったのも、トヨタのせいだと言わんばかりの風潮も伺える。トヨタ社長の謝罪の頭の下げ方の角度までクレームを付ける始末。(もっと下げろと ワシントン・ポスト)
回収の台数はトヨタの1年間の販売数に匹敵するという。

ところが、今度はトヨタ擁護の動きも出始めた。トヨタ車の7割が米国内で製造されている。17万人がそこで働いているのだ。これが引き金でレイオフ、工場閉鎖などあっては雇用が悪化し、米国市民に大きな打撃が出そうだからのようだ。このジレンマ、なんとも情けない。
ピンチはチャンス!トヨタ頑張れ!


問題のプリウス


販売用はすでに対策がとられているそうだから、安心だ


ネッツ中国福山


こちらには写っていないが「サイ」もリコールの対象


よく見ると芝生の上にはドナルドダックがいる


商談風景 トヨタの営業マンは肩身が狭いだろうに…頑張れ!
誠意を見せて、非を認め一生懸命説明する姿にかえって信頼を感じる。


巨人勝ち組企業がここでどう、切り替えして行くか、見ものでもある

1枚(iPhone3G)を除き 帰ってきた“Nikon S620”で。

2010.02.12(金) 4,069 PV

コメント (18)