毎日更新!日刊 安頓写真ブログ

日々の出来事、噂のあの記事。画像もふんだんにUP!福山・神辺のローカルトピックスも
By 安頓(あんとん)

彼岸花、その赤が緑の中で存在感をアピールしている

2021-09-18 | ちょっとおでかけ

彼岸花、その赤が緑の中で

存在感をアピールしている

 

この存在感、どうだろう?緑の背景に真っ赤なボリューム感をもって

アピールする彼岸花が、あちこちで目に入ってくる

この彼岸花、ちょっと何日かするとすぐに先のほうが白っぽくなり、その

鮮やかな「赤」がスポイルされてしまう。だからそのタイミングを逃してはいけないのです

この圧倒的なボリューム感は、同じような秋の花「菊」の艶やかさとは

少し違う「派手さ」は「曼珠沙華」といったほうが似合うのかもしれない。

この呼び方は仏教の用語からつけられたらしい

田んぼの畦道などでもよく見かけるこの彼岸花ですが、これは球根で

繁殖していくらしい。

ちょうどお彼岸の頃、咲くか「彼岸花」なんだろう

また、これを食べた後は「彼岸(死)」しかない、から彼岸花という説も有るようです。

ここでは、まだ咲き初めのところも残っていて、もうしばらくは鑑賞できるのでは?

こちらは、神辺の国分寺の参道の横に咲いている彼岸花

緑に赤は本当によく目立つのですね。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっちまった~! 私のシャツは血のりがべったり??

2021-09-17 | トピックス

やっちまった~! 

私のシャツは血のりがべったり??

やっちまったぜ!「不覚だった…無念!」

釘が指を貫通!「たいへんだ!」

どうしよう…

こんなにしっかり血のりが染みてる

下のシャツまで

家に帰って「メイク落とし」+「洗剤」でやってみたけど

だめだった…結局、燃えるゴミが次の日だったので、二枚ともおさらばということに…

 

まぁ、ここまで読んできて、写真見てきて本当にやっちまったって思っている人はいないと思いますが、

ポケットに水性サインペンを入れていて、気がついたらすっかりペンにイングがシャツと下の肌着

まで、しっかり浸透していたというとんでもない「間抜け」な話です。みなさんはこんなことなかった?

当然のことで、帰ったら「大怒られです」「ばかじゃない!」…とほほ…

 

※ちなみに、指を釘が貫通しているのはおもちゃのびっくりグッズです。

釘が指のところで湾曲していてうまく貫通しているように見えるのです。(笑)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海風の「風」の歌です。お聞きください。 「君の育ったふるさとを訪ねて」

2021-09-16 | 海風 オリジナルソング 動画・記事

海風の「風」の歌です。お聞きください。

「君の育ったふるさとを訪ねて」

3日ほど前に、相棒からこの曲を、もう一度アップしたいんですが、この写真を全部入れて

ふるさとシリーズを、自分の思いをしっかり載せて歌ってみたので、かつて海風として

You Tubeにはアップしているのですが、シンプルにギターとハーモニカだけで生録りで

やってみたので、時間のある時に動画を作っておいてもらえる?そういって、写真と

歌詞カードと、自分で録音した音源の入ったmini SDカードを渡されたのです。

彼は昔、写真を取るのが好きだったようです。彼の友人をよくSLを撮りに行ったそうです。

その写真の一部をここに紹介しておきますね。動画の中にも入れていますけど。

ちなみに、当時の相棒(星くん)は音楽など興味がなく、ギターなどはまったく弾けないで

友だちが弾くギターを聞きながら、漫画を横で読んでいたという素朴な少年だったそうです。

 

モノクロというのがいいですね、思い出はモノクローム、色をつけてくれ♫

 

というのがありますけどね、大滝詠一の歌でCMで流れていますね

この曲は海風を結成した頃の初期の作品で、今、あえてこの曲を取り上げました。通常なら

リメイク曲は楽器をプラスしたり、コ―ラスやリバーブを工夫したりして厚みのある

レコ―デングに仕掛けるのですが、あえてsimpleに仕上げています。

 完全にギタ―1本で一人だけの弾き語りで一発生録りです。マイクもエフエクタ―も無しです。

その表現力にはフル楽器には無い何とも言えない魅力を感じる事があり、その醸し出す音には

素晴らしい力があると信じています。だから今でもアコギは離さないし、そのアコーステックな

音色には最高に気持ちが落ち着くのです。それを少しでも感じ取って欲しいですね。

今、コロナ禍の中で家庭料理に目覚めたり、キャンプ場に出かけてアウトドアを楽しんだり

している人達が増えています。同じ様に楽器をこれから始めている人達も増えていてとても

嬉しく思います。アコギの魅力にも夢中になって欲しいですね。 

 今回、星くん(風)だけのソロにこだわり、特にBメロからのサビの部分への移り変わりの

ギタ―ストロークには力が入りましたね。さらに懐かしい気持ちと寂しい気持ちを込めて表現

しています。感じ取って頂ければ嬉しいです。 


 この曲のモデルに成っているのは、福岡の学生時代に4年間付き合った彼女(女子大生の英文科)

との経験を元にその体験からの実話なのです。当時の私は、興味がある事と言えば食べる事と

音楽しか有りませんでした。ひょんな事でバイト先のライブハウス(まだ営業していたら訪ねたいです)

で知り合い彼女の実家(ふるさと)を訪れてその素朴な生活観を見せ付けられましたね。

凄く衝撃を受けました。


 うわさには聞いていたんですが本当にあるんですね?ポッンと一軒家見たいな家が…。

そんな曲です。是非星くんの一発録りの弾き語りを聴いて見て下さい。そしてリスナ―の人達が

体験した田舎(long long ago~)の事が思い出せて良いきっかけに成れば嬉しいです。ありがとう!星くん

 

相棒のこのコメント、もらった原稿のまま載せていますが、いいんかい?全部のせて…と私のほうが

ちょっと、思ったり…まぁ、誰でも若い頃の青春グラフィティを懐かしく思い出すものですから。

 

かくいう私も先日、「夕立」という大学時代の北海道旅行の思い出を歌った曲をかつて

アップしていますから、人のことは言えません(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

急に冷えてきたら食べたくなった 鳴門鯛焼本舗の「たいやき」

2021-09-15 | グルメ探訪

急に冷えてきたら食べたくなった

鳴門鯛焼本舗の「たいやき」


この秋初めて食べるたい焼き。井原

313号線、スーパー「ティオ」の手前にある鳴門鯛焼本舗


ここです。鳴門鯛焼き本舗、年中やっている…あたりまえかもしれないけど

たい焼きってなんか、冬のイメージなんですけど、夏場でもけっこう

お客さんが並んでいるのを見かけます。並んでいる、待っているっていうのは

たくさんお客さんがいる=待たせるというのも、また一つの作戦なんですよね。

それと焼きたてを食べてもらうというのも、そうだし、注文を受けてから焼くというのも

ポリシーなんだそうだ。それがまた、評判になる。さすがによく考えられていると感心


今日の狙い目は、安納芋、小豆の2匹


先客がいました。何やらたくさんお買い上げのようで、残っているのはあとわずか。


さてさて、お買い上げです。


さて、頭から食べる派か、シッポから食べる派か。
私はシッポ派ですが。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京MER最終回…いや、ある程度予想していたが、白金大臣、土壇場の寝返りが見事!

2021-09-14 | 音楽・映画・TVドラマ

東京MER最終回…いや、ある程度

予想していたが、白金大臣、

土壇場の寝返りが見事!

東京MER 最終回の視聴率は19.5%立派なもの、とは言え日曜劇場の化け物ドラマ

半沢直樹の視聴率は異常だった32.7% 半沢直樹は社会現象になりましたから、別格でしょうね。

私は個人的には初回からずっと、楽しみに、一回も逃さず全開見ていました。

賀来賢人の「音羽厚労省医系技官」は、ヒールにはなりきれないから、最後はきっと喜多見チーフの

味方にきっとなると思っていましたが、おそらくもう一つ逆転劇があるだろうと思っていました。

ネットでもその辺りは、同じようなことを考えている人も大きったみたいです。そう、あの

赤塚都知事のライバルの白金厚労大臣、まさか、桂文珍扮する天沼幹事長(まさか2F幹事長?)

そんなことはないでしょうが、そこは間違いなく、勧善懲悪のパターンで追い詰められるのは

予想できたいましたけどね。みんなさんどうでしたか?

喜多見チーフの妹の喜多見涼香さんが、最終回の一つ前に死亡者「1」にカウントされるのは

まったく、予想を裏切られた。せめてケガぐらいにしてほしかったと思うのは私だけだろうか?

 

 TOKYO MER (Tokyo Emergency Room) FINAL

ネットで見つけたこの動画、いつまであるかわからないので、お早めに…

 

さて、次は「日本沈没」とか…小松左京原作のあの名作を再びドラマ化。

最初は、藤岡弘、次が草なぎ剛、今度は小栗旬だが、設定は官僚ということ、面白い役柄は

これまでは硬めの「小林桂樹」とか…だったりしたが「香川照之」扮する田所博士、これも見逃せないな。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする