When I Dream

~気侭な戯言日記~

聖おにいさん17、秘密8、百恵さん。

2019-07-28 23:40:20 | 書籍/コミック
昨日の朝のワイドショーで見たんだったかな??←もう忘れている鳥頭(バカ)→一昨日に三浦百恵さんの本…“Bouquet du temps”…が発売された事を手短に紹介していた。たぶんそこそこは話題にされるとは思うけど、その番組ではおかしな取り上げ方をしてなくてよかった~。かつての百恵さんファンで、これまでに製作したパッチワーク/キルト作品を本で目にする事ができる事を楽しみにしている人はそうは多くはないかもしれないけど、パッチワーク/キルトの好きな人なら手に入れたい一冊だろうねぇ。手芸系(キルト)の本で初版が10万部というのはけっこう多い部数なんじゃないかと思うけど、今でもネームバリューが高い百恵さんだし、きっと初版が完売するのは早いだろうなぁって思う。さて、これまでに展示会に行った事がなく、netで画像検索すらした事がないlevieは、発売される事を知ってからすぐに買う気満々になったけど、本は日本全国の書店に配本されるんだし、都市圏の大きな書店でも何冊届くのかは不透明だから、府中の大きめの書店で予約なしでも買う事ができるのかが心配になって、水曜日に一応予約をしたのだった。店員にチラッと聞いた限りでは、問い合わせや予約は既にけっこうあるような話で、…入荷数が解らないから発売日の金曜にはお渡し出来ないかもしれないです…って言われちゃった。 . . . 本文を読む
コメント

百恵さんの本:Bouquet du temps

2019-06-26 11:55:15 | 書籍/コミック
芸能界を引退してから何十年も経つというのに、今なお語り継がれ、歌われ継がれている山口/三浦百恵さんが、7/26に…時間の花束:Bouquet du temps…という、これまでに製作したキルト作品を紹介した本を出版するそう…。ずいぶん前にキルトの展示会に出品した作品も掲載されるのかな??当時、…これは絶対に見に行かなければ…っと思っていたのに…、なんだかんだで日々が過ぎ、結局は行かずじまいになってしまったんだよなぁ…(爆)ので本を買おうと思ってるけど、なんか…、本の出版に関して批判的な人もいるようで…、二人の息子を引き合いに出したり、復帰か??みたいな憶測まで出ているらしい…。ったく、性懲りもなくというか、飽きもせずというか…、なんでいちいちケチをつけるような事になるかなぁ(呆れる)そんな狭い了見でどうすんだっ…と思っているlevieだけど…。個人的には今でもファンの一人として、ちょっとした事でも話題になるのは嬉しいし、歌手の道を選んだ長男の祐太朗、俳優の道を選んだ次男の貴大が、母である百恵さんのちょっとした話をしてくれる事も期待してしまう…(爆)けど表舞台に復帰するとは思わないし、期待もしていない。百恵さんの引退後数年は、…せめて芸能生活丸10年まで残ってくれたら…とか、年に数枚のベスト10ヒットシングルを世に出せていたら、ザベストテンやオリコンでの記録(数字)をもっと伸ばせていたに違いないのに、って勝手に妄想してた。復帰については…たぶんないだろう…と思いつつも、心のどこかでは淡~い期待は残していた感じだったけど…(微笑) . . . 本文を読む
コメント

Angle Heart 最終話を読んで

2017-05-31 23:30:00 | 書籍/コミック
月刊誌:コミックゼノンに連載されていた…エンジェルハート…が、5/25に発売された7月号でとうとう幕を閉じてしまった。←毎月読むのを楽しみにしてたんだけどなぁ→いつかは最終回を迎えると思ってはいたものの~、いざ終わってしまうのはやっぱり残念だなぁ…。levieはシティハンターにはあんまり思い入れはないんだけど、シティハンターのキャラに新キャラを加えて連載されていた事を知ってちょっと読んでみたら、ハートウォーミングな面白さにはまってネットカフェでコミックの1巻から読みあさったモノだったなぁ。それから少しすると手元に置いて読み返したくなって、少しづつ買い揃えるに至ったマンガだった。生粋のシティハンターファンを公言していた昔の知人はエンジェルハートには全く興味を示さなかったけど、シティハンターには触手が伸びなかったlevieとは真逆の感性の持ち主だったから、その違いの現れなのかもしれないなぁ。内容的にも近くて遠くて似て異なるだろうし、時が進んだ分なのかなぁ??タイムリーに読んでいた頃のような、少年の目から大人の男の目に変わったせいなのか、作風が大きく変わった事が残念だと言ってたのを思い出した。シティハンターからエンジェルハートにすんなりとシフトした人も大勢いると思うけど、個々のファンで思い入れは大きく違うんだろうねぇ。どのキャラに共鳴していたかでも違ってくるのかもしれないなぁ。大人になったシティハンターキャラに違和感を覚えるかもしれないし…。 . . . 本文を読む
コメント

秘密 season 0 の4巻

2016-08-28 15:15:15 | 書籍/コミック
清水玲子女史が白泉社のメロディで連載している・・・秘密/THE TOP SECRET/SEASON 0・・・の4巻が8/5に発売された翌日から映画が公開されたけど、原作ファンには物凄く不評のよう。昨日に映画ネタを書いた後、ネット検索して映画の感想を少し読んでみたけど、・・・だよなぁ。貝沼と絹子の2つのエピソードをムリヤリ新興宗教でくっつけてたり、主要登場人物の性格や資質も原作とは違えてしまっているからなぁ・・・。←世界観も壊されている→まっそれは置いといて、4巻のコミックスは、過去と未来が複雑に交差してて、まるで映画のような構成になっていたぁ。この緻密さは、名の通った漫画家でもそうそう描ける人はいないんじゃないかなぁ??原作を読んだ事がない人で、公開された映画を面白く感じた人には、是非とも、インターネットカフェでもいいから、コミックスを読んで欲しいな~。薪と青木、それを取り巻く第九のメンツ、三好雪子、鈴木らの、映画とは全く違う人間模様とか、死んだ人の脳をMRIスキャンする事の庶民の反感や政治的要素など、映画では描いていない・・・秘密・・・を(微笑) . . . 本文を読む
コメント

海街diaryの実写映画化

2015-05-23 15:30:00 | 書籍/コミック
好きな漫画がアニメーション化されるのは、ファンには嬉しい事だと思うけど、キャラの声が、自分が読んで感じているイメージと違う場合が少なくないと思う。実写映画化となると役者の風貌で、漫画の中のキャラのイメージが壊されてしまう場合が多いと思う。その意味でも、コミックスの実写映画化には、正直、あまり期待はできないと思っている。けど、来月劇場公開される・・・海街diary・・・にはちょっと見てみたい気にもさせられ、2016年に公開予定になっている・・・秘密 THE TOP SECRET・・・にも、期待感が大きく膨らんで楽しみになってきちゃった(微笑)まっ、映画館でちゃんと観るか、CATV落ちを待つかは、その時の気分次第だけど、二つとも何度も読み返している漫画だし、連載が始まった当初から、きっといつかは実写化されるだろうなぁって思っていた2本でもあるし、原作ファンとしては、どんな風に描かれるのかはすごく気になる所でもあるから。・・・海街diary・・・はカンヌのコンペティションにも出品されてるけど、海外の人の目にはどう映るのかも興味深いところだなぁ。←パルムドールは難しいだろうねぇ . . . 本文を読む
コメント

海街Diary 4:帰れないふたり

2011-08-13 15:40:09 | 書籍/コミック
自宅でimacが使えない不便さにすっかり慣れてしまったものの~、週1でブログくらいは更新したいよなぁ~って思って、ネットカフェには来ているけど、書きたいネタはリサーチが必要なモノばかりで時間がかかるし、・・・1週くらいは書かなくてもいっか・・・って思ってから、なんだか書くのが面倒くさくなって間が空いちゃった(爆)さて、タイトルの・・・海街Diary・・・は、吉田秋生さんが小学館の月刊FLOWERSに3~4ヶ月に1度掲載している漫画で、待ちに待っていたコミックスの4巻が8/10にやっと出る事が解ったのが7月末だった。その時は、発売日に仕事の帰りに新宿の本屋に寄って、スバルビルのマクドナルドで堪能しようと思ってたけど、発売日前日にどうしても手に入れたくなって久々に神保町に行ったlevieだった。定期券では行けない街だから、寄り道して新宿に戻る為の交通費に420円もかけちゃった。その金額は社員食堂の1回分に相当するんだよねぇ。←ケチ(爆) . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

のだめカンタービレ25巻

2010-12-13 22:00:00 | 書籍/コミック
ついにと言うか、待ちに待った•••のだめ•••の最終巻がやっと出た~(嬉)講談社のKISS本誌をネットカフェで読んでいたから内容は解ってたけど、仕事帰りに喜び勇んで買いに行き~、1冊にまとまったモノをマックで一服しながら通しで読んだんだけど•••、ん~、雑多に駆け足で詰め込みすぎている感じが強くて、な~んか微妙な後味だった。早く終わらせがっていたのは•••のだめ•••じゃなく、急いでいたのは•••オクレール先生•••じゃなく、二ノ宮先生ご本人じゃなかったのでは??って思ってしまった。まっ、元々は23巻で本編は終わっているんだし、24、25巻はファンのアンコールに応えたおまけっていう位置付けに当たるんだろうけど、本編で出たキャラの多くを登場させて、さらにオペラ要員の新キャラがどっさりと出たからか、ちょっと読み疲れちゃった(爆) . . . 本文を読む
コメント

ANGEL HEART 33巻

2010-09-11 20:20:20 | 書籍/コミック
休刊する新潮社の週刊コミックバンチの最終号を手にして、•••Angel Heart•••の扉ページを開いたら最終話と書いてあって驚いた。なんだか凄くあっけない最後で、•••えぇ~これで終わり??•••っと、好きな漫画がまた一つ終わってしまう事にがっかりしたんだけど、その最終号には来年の1月に新たに創刊する•••@バンチ•••の予告も載っていて、そっちに移行して描いて欲しいなぁ??と思った。コミックスの33巻が9月の出る事もその時に知ったんだけど、うっ、なんたる不覚、たまたま近所のセブンイレブンに行って•••Angel Heartの33巻•••の現物を見るまで、9月に発売される事をコロッと忘れてたぁ(汗)チェックしてるコミックはたいてい発売に買って読むのに•••(苦笑)そして帯を見て驚いた。•••第1シーズン最終巻•••って??ん~、新潮社のコミックバンチ休刊に合わせての表現みたいだけど、•••第1シーズンというにはあまりにもエピソードが多すぎるよ~。強いて言えば、シャンインが新宿に馴染んでCHになるまでが第1シーズンと言うにふさわしいよねぇ(笑) . . . 本文を読む
コメント

秘密-The Top Secret- 8巻

2010-07-29 22:23:23 | 書籍/コミック
清水玲子さんが白泉社の月刊誌:メロディで描いている人気漫画・・・“秘密-The Top Secret-”・・・は、日本が世界に誇れるかもしれない・・・“犯罪心理捜査モノ”・・・と言えるかなぁ。近年の日本国内のドラマは、人気漫画をドラマ化する事が多くなってるけど、もう一方では、CATVで見る事ができるアメリカの海外ドラマの、医療モノや犯罪心理/刑事モノが2番煎じで作られる事も決して少なくはないよね。海外ドラマは一部しか見ていないけど、死んだ人間の脳をMRIでスキャンして、記憶映像を探って辿って事件を捜査/解決するモノは、今の所はないんじゃないかなぁ??霊能力的要素のモノは、映画を含めたら結構作られているけどね。その意味でも、一歩先を行ってる科学捜査モノと言えるんじゃないかなぁ。っと、8巻を読んで思った。ん~、毎回のネームを構想して作り上げるだけでも大変な労力だと思うけど、編集の人もかなりの苦労してるんだろうなぁ。 . . . 本文を読む
コメント

聖☆おにいさん5巻

2010-05-24 23:30:00 | 書籍/コミック
昔のlevieだったら、絵柄のタッチで敬遠するマンガ、それが•••聖☆おにいさん•••です(苦笑)好きな漫画家で•••水星茗さん、松苗あけみさん、成田美名子さん、清水玲子さん、青池靖子さん•••を挙げたら解るよね(爆)←少女漫画家ばっか(笑)→だいたい共通して言える事って、描写が細かくて丁寧でキレイな絵柄ってトコかな~。•••Dr.クマひげ、沙流羅•••を描いていた、ながやす巧氏のタッチも好きだし、バスタード初期の萩原一至のタッチも好きだし、•••童夢•••の大友克洋氏や吉田秋生女史のタッチも好きだけど、この手のタッチは元々苦手で興味すら持たなかったんだけど、いつの間にやら、新刊の発売日を意識してチェックするようになってしまいました(微笑) . . . 本文を読む
コメント